彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

今日もにぎやかな日曜日でした・・・

日曜は来客が多数の場合が多いので基本作業の続きはしないように段取りしてます。

 

本日は注文車の商談が2件と、来週の作業確認が1件。

9月が終わってしまうなぁ・・・相変わらず早いなぁ。。

ちょっと札幌と広島と福岡に遊びに行きたいんだけどなかなか。。

 

特集ページを久々に更新。

忙しかったのもあって更新出来てなかったなぁ。

JZA70のステアリングラックの情報です。

 

では、今日はこの辺で・・・

今日は午前中から常連ごろちゃんのオイル交換。それと保険の更新ですね〜

この車両は新車の頃から当店でメンテしてきた車両。

随分と古くなったけれど2代目オーナーのごろちゃんが乗り続けております。

 

保険は去年の更新時に車両分を保険会社と交渉して大幅にUPさせたので

不運にも事故とかに遭遇してもこれで少しは安心感が。

車両保険は年々原価償却みたいに減っていきますので、車両価格が上昇している今は

保険会社も交渉に応じてくれる所もあるとおもいますので、不安な方は問い合わせてみてください。

 

この車はターボの6速なので盗難の方が怖いかも?

 

 

それが終わって、ネッツトヨタさんと暫く商談。

ランチ後には完成したラックの再装着を。

 

降ろしている間にもいくつか撮影しましたので、以前書いたJZA70専用のラックと

そうでない物の違いを近日公開予定です。

上記の画像でも間違い探しみたいに見れば分かるんですが、

相当分かりにくいのでこれだけで分かる人はマニア認定を・・・

 

今回タイロッド、ブーツそしてグロメットも左右新品で交換しております。

若干ポンプの鳴きは残ってるけれど、もともとラックからのオイル漏れだけの症状だったので

これでパワステ復活と言って良いでしょう。

 

来週木曜に4輪アライメントを取って完了予定です!

 

 


 

午後の部

部品が納品されたので作業再開です。

磨いたのでピッカピカです☆

 

タイベル、テンショナー、アイドラを組んで・・・

このカバーが新品に交換。むっちゃ綺麗に見えます。上側も新品入れたかったけど生産廃止でしたw

エンジンマウントを新品に。

左右両方とも交換。マウントは同じものなんですが、左右でステーとか取り付け状態が違います。

これこそエンジン降ろした時に是非交換したい部品の一つ。

サーモスタットを新品に、オルタネーターも再度装着してエンジンを移動。


こちらが元々乗っていたエンジン。

これからブーストコントローラーの配管とかブローオフを移植になります。

ブローオフはこの際、外すんだったっけ?(要確認ですなw)

 

塗装ブースにエンジンが鎮座の図w

 

明日は午前中からオイル交換の予約が入っているのでまずはそれを。

そのあとラックを現物リビルトしたものを車両に入れ込みます。

 

エンジン関連は純正部品関連は先ほど完了したので、あとは社外品の入れ替え等をして

来週積み込む予定。

 

明日は何気に来客予約等が詰まってるのでエンジンは触らないかと。

日曜も比較的来客多いので触れないかもしれないから来週まとめて完成させるつもりです。

 

午前中の内容ですが・・・現在部品待ちの状態になってしまってやることが無い。。

エンジン降りてると、いつものように大変な所があっさり出来てしまうのは最大の利点ですが

作業が早く終わりすぎて逆に部品待ちで時間をロスしてしまう諸刃の剣だったり。

 

カムカバーのガスケット×2、シールワッシャー×16、それらに繋がるホース3本

後ろのオーグジュアリーホース×2、プラグ6本交換して点火コイルも付けてコネクターも6本既に付け終わってます。

 

スロットル周辺ですが、ここにきているウォーターホースNo,4も交換済み。

その奥にある燃料ホースも交換済みです。

比べても分かりにくいホースw

燃料ホースは生産廃止だったのでヨコハマ製の物を使いました。


ホース類って規格とかいろいろあって、それぞれ用途を考えられたゴム製品なんです。

ホースだからなんでも良いやって事は全然無いので馬鹿に出来ない部品なんですよ。

で、燃料ホースはその最たる例になるので、同じく専用の製品を使用致します。

こっから漏れてたりすると火災の原因になりますからね・・・

 

ゴムホースは当店も幾つかリリースしているのですがそれぞれ考えられて製作して貰ったり使用しております。

ヒーターホースとかは圧力掛かる部分なので変に形を変えたりとかユニバーサルで繋ぐ方がリスクが高いので

シリコンで型から製作したりとか。

エンジンファンに行くオイルホースは形状的に無理させないようにレイアウトして

機械オイルを通しても素材が劣化しない製品を使ってたりだとか。

昔修理で使ったシリコンにワイヤー入りのホースはレイアウト変更を余儀なくされた所だったので

ワイヤー入りと言うお高い製品を使ったりだとかです。

 

現在生産中のとあるホースは作業部分がそもそも手が入りにくい所なので

規格に沿った品質でレイアウト変更をさせずに取り付け出来るように型から生産している物もあります。

これは入荷したらすぐに発表予定。

 

触り手(主にメカニックさん)の視点で作ったり使ったりするので一般のオーナーさんには分かりにくいかもしれませんが

ホース類は用途に合わせて考えてるって事なんですよ。

 

 

 

 

話は反れるけど、エンジンオイルの交換と使うオイルに関して色々と意見がありますが

エンジンを実際に開ける人だったら大抵私と同じ結論に至ると思います。

この数年間でも何度か1JZ・2JZを軽く開けたりしてましたが、まぁスラッジ等が凄いエンジンと

距離は20万匚圓辰討討眞羶箸歪九採錣覆里箸曚鵑箸忘垢出てます。

これの理由はほんとに単純で使っているエンジンオイルと使用期間だけの話。

エンジンオイル交換がキモってのは、ここまで古くなってくると本当に差が出てますから。。

 

と、ここまで書いてもまだ午後便の部品が来ないのでこれから昼休み取りますね!

昨日の続きです。

部品が全部そろってないので出来る所を・・・って感じなんですが。

 

ホース類とか。これも全部まだ届いてないんですよ。

これはターボウォーターホースNo,1と2

 

ISCVのフィルターとかガスケット類

水温センサー エンジン降りてると工具で苦労しなくて済みますw

ウォーターポンプ、ハイドロホース(MAIリビルト)、クランク前&カムオイルシール×2、

その他、細かい部分も多数とりあえず組み上げました。

タイベルのテンショナーが来てないのでベルトが張れない。。

 

 

エンジンのカバーも劣化で見た目も悪かったので事のついでに新品発注してたんですが

下側は今もう納品されてますが上側は生産廃止でした。

 

今日だけで画像はたくさんあるんですが、あんま時間も無いのでこれくらいで。。

本日はこの作業じゃない所で残業の気配(笑)