彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

こちら、ちょっと前に当店に届いたターボAダクト。

社外品です。

 

今回は裏側にネジが3か所だけ付いてました。。

う〜ん、昔は6本ついてたんだけどなぁ。

 

前回入荷したものはネジが付いてなかったのでそれを考えると今回少しだけ楽になるけど。

 

そして先週の土曜に入った純正の本物のターボAダクトです。

 

良い機会なので比較してみました。

内側へ入っていく所のサイズが全然違いますね。

 

まぁ見た目が大事な部品なのでこれで良いのでしょう。

 

 

今日は色々とバタバタしちゃいましたので簡単にUPだけしときます!
 

パワステポンプからリザーバタンク、リザーバからボディのパイピングに繋がるホース。

ここは油圧が掛からないホースなので代用品でカバー出来そうです。

ポンプからラックまではいつもの高圧ホースなので既に当店では修理対応済み。

 

ラックからボディのパイピングに繋がるホースもご覧の通り。

ラックにボルト留めになっているので高圧かと思いきや、実はそんな事ありません。

これもカーブが緩いので代用品で対応可能そうです。

 

油圧ファンのリザーバからW/Pに行く太目のホースも既に当店では対策済みです。

細い方も2か所のカーブが付いているけれど対応可能そう。

 

と言う感じでJZA70の場合はパワステ関連のホースは全て生産廃止でも

今後の修理は問題無さそうです。

 

そんな考察してるの?

って思われるかもしれませんが、考察は今後の部品の対応で大事なお仕事ですからね。

と言うよりも・・・

 

エンジン降ろして〜

 

この状態にしてから取り外したのである意味「ついで」作業でした。

エンジンを降ろしたのも「ついで」だったりします。

 

 

なんのついででしょうかね!?

 

 

実はこれから大掛かりなお仕事に取り掛かる前の最後の準備だったにすぎません。

3月半ばまでには仕上がるんじゃないでしょうかね。

完成したらUPします(笑)

 

気が付く人は少ないでしょうけど、エンジン降ろしてる時はボンネットを外していますが

一番下の写真だと既にボンネットも装着済みだったりします。

3人いればもっと楽なんだけど二人で作業するとこう言う大物は割と大変。。

 

この車両のエンジン、既に何にも残ってないな。

ブレーキマスターシリンダー、マスターバッグ、最後にステアリングラックは外しておきたいな。

アブソーバは純正ビルで走行3万劼諒だったりしますけど、その辺は捨てちゃう予定です。

外すとこの車、移動が不可能になるので。。


 

例の自走出来ない車両の続きです。

今日はこの状態から続きをスタート。

先ほどのレリーズ交換ではリフトを使うので一旦これを降ろして

作業が終わったらまた押してリフトに上げてって感じで。

 

既にダッシュボードを外しているからそこそこスムーズに行きます。

 

まずはエアコンのエキパン・エバポレータを外して。

配管はエンジンルームに繋がってるし、ダッシュボードが付いていると上の方のネジが

外しにくいのでここまで取れてれば少しは楽出来るもので。

 

そしてヒーターコアに。

このど真ん中にあるのがヒーターコア。

当然ですが先にヒーターホースを外さないと抜けないですからね。

更に左右に付いてる純正の補強バーも外して噴きだし口からリアに行く通りも

ずらして左右にあるオーディオ関連等のステーのような物を外せば

あとは本体に付いている4つのナットを外して引っこ抜くだけ。

 

そうやって書くと簡単そうですが、何気にめっちゃキツイんです(笑)

 

全部抜けたぞ!の図。

 

左右の補強バーは戻さないとステアリングのチルトが無くなるのでハンドル付けても動かせませんw

 

 

ダッシュボード外すと3つの白い大きなボックスタイプの部品が装着されてます。

上の画像で一番左の物が残ってますが、これがブロアモーター関連。

エアコンの冷風・温風の風を起こして送っている部品。

 

真ん中のがヒーター関連の部品。

電子パーツも幾つか入っていて、ヒーターコアが駄目になると水漏れが出たり

電子パーツが壊れると温風が出なくなります。

 

その二つの部品に囲まれるようにあるのがエアコン(冷風)の部品
エキスパンション・バルブ、エバポレーターがあります。

 

 

冷風と暖房は一つのコントローラーで操作するのですが、作られる所は全く別の構造です。

それを一つのブロアモーターで風を起こして送っているだけ。

なのでどっちがが壊れたら違う内容の修理になります。

 

 

どっちも金額高い部分が多いのですが、設置されている場所を見ると

工賃高いのがお分かりかと。

 

修理する部品を外すために辿り着く段階でまずはダッシュボードを外したり。

ダッシュボードを外すためにステアリングも左右のピラーの内装も外したり、

下側のステップも外したり更に内装部品やらECUやらオーディオやら

それらを取り付けする為のステーやら本当に色んな部品を外さないと辿り着けないんですよね。

 

 

なので個人的には好きじゃない作業だったりしますw

 

 

 

ここまで外して元に戻す作業もありますからね〜(笑)

 

 

最近のように古くなった状態だと例えばヒーターコアの修理のために

ヒーターホースも交換しなければならなくなったりとかで部品代も増えて行きますしね。

 

 

昔ながらの旧車だともっと楽に部品をばらせるのですが

70スープラくらいの年式のネオクラシカルって言われる辺りの車両の整備は

色々と大変だったりするんです。。

今回はASSY交換です。

最近多いですね、レリーズシリンダーの交換。

まだ新品が出るので今のうちに交換するのが良いですしね。

 

で、現状はなかなかの錆び付いた状態。

パイプとの接続が舐めないように細心の注意を払って・・・

 

 

でもそれさえ出来ればあとは簡単。

エア抜きするだけだし。

 

今はクラッチホースも生産廃止になってしまったのがちょっと痛いけれど。

ホースは生産しようと思えばそんなに難しくないので、その時が来たら作りますね。


 

当店の在庫車両が本日売約済みになりました。

JZA70です。

来月初旬に茨城県に納車予定となっております。

 

ありがとうございました☆

 


今日は午前中からたくさんのご来店頂きました。

三重県のMさんの納車から始まり次回はブレーキ交換の打ち合わせとか

午後からはこちらの車両の商談と、大阪のKさんも来店され

トヨタのテストドライバーEさんまで立ち寄って頂き

先ほどまでいろんな話をしておりました。

 

途中、雪もちらつきましたが夕方からは晴れ、慌ただしいながらも

楽しい一日になりましたね!

 

またよろしくお願いします。