彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

本日はこちらのお車。

東京オートサロンも見に来てくれたヘビーオーナーのUさん。

 

早速細かい所からチェック&点検です。

 

オイルホースはこういう時に交換を。

相変わらずこの作業は効率が悪い・・・もう少しなんとかならんかなぁ。

クランプ外すのはちょっと楽になったけど、まぁ色々と。。

今回は5速車両で良かったって感じです。

(AT車両だともっと大変なので。)

 

ホースの劣化もカッチカチで交換出来て良かったですが

エンジン本体からのオイル漏れもいつか直したいなぁ。

クランク下が随分と漏れているようでした。

 

とりあえず、エンジンオイル、MTオイル、デフオイルは全て交換済みで

現在クーラント交換してエア抜き中です。

 

オートアンテナが遂にお亡くなりになりましたね(苦笑)

 

ヘッドライトをLEDに交換して、ハイビームのランプが点かないのは

車検は不合格になるのでご自身でここで元に戻されました。

そんなトコより車検の合否で重要な部分はあるんだけどなぁ。

因みにヘッドライトはハイビームでの走行が本来通常の条件だったりします。

そんな走行してたらそれこそ対向車に嫌がられますけどねw

 

明日はIさんの車両が入庫予定。

 

そろそろエア抜き大丈夫かな〜?

 

本日はこれにて。
 

先ほど燃料ポンプの動作確認をしたものを装着しなおしてガソリンタンクを戻しました。

リレーも大丈夫。

 

次は中古のスターターを装着してみたんですが、エンジン掛かりません。

変更点は、スターター交換前は「カチッ」っと鳴ってたけど

交換後はその音も消えた。

となると交換したスターターがダメだったのかもしれない。

元に戻してカチッって言う音がしたらこの中古スターターはリビルトに回すしかないか。

 

ただスターター交換している時に気が付いたことが1点あって、

何やら配線が1本繋がってないのがぶら下がってます。

 

元を辿っていくと、途中でビニテで延長してある。

更にそこを辿るとエンジンハーネスに入っていく・・・

なんだろう、これ?

コネクターが割れたりして端子だけ残った状態ではあるけれど、明らかに

加工してある配線が1本だけあるんだよね。アース取ってる形状にも見えないし

何処かのコネクターに入っていくための端子なんだが。

 

 

 

この車両はATなので、シフトがPかNのレンジに入ってないと

スターターに電源が入らないのでまさかその配線じゃないだろうなぁ?

ランチ後に確認予定。

 

現状、ガソリンは回ってて電源も入るようになったんだけど

スターターだけ回りません。

 

 

スターターに電源が入らないのか、本体がダメなのか・・・

 

 

 

その間にラジエターのロアタンクのサイズ等の確認は終了。

今日の取れ高はそれくらいか。

ATオイルクーラーの出入り口は思ったよりコンパクトに作ってあると思ったら

アンダーカバーに当たらないように設計されてたんだね。

 

まだ原因は不明。

エンジンが掛からなくなった車両の修理。

 

当初はセルが回ってたけどエンジン掛からなくなった記憶があるんだが・・・

その時、ECUを交換してその後しばらくしたらまた掛からなくなったんだったかな?

 

ECUが大丈夫だとして、それで駄目なら燃料ポンプだろう。

と言う事で先ほどタンクを降ろして中を確認。

 

割と綺麗な状態でガソリンも特に腐って無さそう。

恐らく一度ポンプが交換してあるっぽいです。

ポンプからパイプを通って車体側にネジ込むフレアの所が少し舐めてて

外すのに苦労したので(苦笑)

 

ポンプを取り出してコネクターを装着してキーをスタートの位置まで捻ると

弱弱しいけどポンプが動作したのは確認。

ついでに中古のポンプと交換したらそっちだと全く動かなくなった。

 

更に、キーを回すたびに「カツッカツッ」って音がして

バッテリーの端子がちゃんとついてない時みたいな感じになって

電源が落ちる。

バッテリーを触ると導通するので端子も良くない状態かもしれない。

アースがちゃんと取れてないかな?

 

暗くなってしまったのでとりあえず今日はここまでだけど、現在バッテリーを充電中で

明日ポンプが回らなければ中古ポンプを外して元の物に戻しガソリンタンクも戻す予定。

燃料が空に近かったからこぼれてくるガソリンは少なくて済んだ。これはラッキー。

 

でもなぁ・・・何が壊れてるんだろう?

 

カツッって言ってセルは回らないので、セルも駄目なのかもしれない。

以前は動いてたんだけどな。今日は全く回ってない。

 

一応中古あるのでそれも明日試してみよう。

 

それでもエンジン掛からないといよいよ謎が深まる。

 

 

最近は手持ちの中古パーツも使ってみるとダメになっている可能性もあるので

なおさら作業が困難になってるけどねぇ。

 

ガソリンが来る、来ないと、セルが回る・回らないは関係ないので

両方ともチェックしないとダメだな、こりゃ。

 

それで駄目なら、点火系も疑わなければならないし、

燃料ポンプリレーも怪しいかも?


なんとか直したいねぇ。

今回はキャリパーキットではなくて、普通にパッドとローターの交換です。

 

6本スリットローターと・・・

エンドレスのCC-Rのパッド。

 

CC-Rは現在生産終了でCC−Rgとか出ていたんですが、70用は受注生産で

金額をあげられての対応とかだったので今回はもう少しストリート用のパッドを

用意してたんですが・・・

 

なんと当店、在庫持ってました(汗)

箱が古くなっていたので中古かな?と思って開けてみたら新品。

 

オーナーさんと相談してCC-Rを使う事に。

 

取り外したパッドとローター

パッドは純正風のものでこっちはまだ溝がありましたが

ローターは波うち状態。おそらくローターは初交換だったんじゃないかしら?

 

ブレーキのシムキットは70はリアは純正でまだ部品が出るので新品を投入。

 

 

今週は部品の開発やってたりしてるんですが

今日来たK君はラッキーだったのか?新しく開発中の部品を二つとも

確認しちゃいましたね(笑)

 

ある意味貴重な瞬間だったかもしれません。

まだ製品化される前の部品の生形状と言うか、開発中はどんな事やってるとか

見られちゃいましたが早ければ来月にもリリース予定なのでそれは構いません!

 

しかも欲しいと言ってくれたのでこちらも気合入ります〜

 

明日の金曜もそれら部品の位置とか構造の確認でリフト使います。

週末は土日で2台の70をお預かりの予定ですので、ガレージはそれで満タンに。

日曜は夜まで新パーツの取り付け位置等の最終確認も行ってます。

来週はちょっと忙しいかも?


新しいのをリリースするのってこっちもワクワクするんですよね!

 

定番のトラブルですね。

どっちがダメかな〜?と思ったけれど、どっちも同時交換しとけば良いです。

そう思うようになったこの数年。

 

運転席足元をチェックしたら見事に漏れてました。

マスターシリンダーは新品が出ない為、現物のO/Hになります。

 

さくっと取り外し、O/Hキットを用意。

 

この車、クラッチ踏んでも戻ってくるくらいはあったので

完全にスッカスカでは無かったけれど、フルード入れても変わらなかったので

手押しで対応。

 

うぉ、、けっこうなドロドロ具合。。

 

完全分解。シャフトになる棒以外は全部交換になります。

 

カップも外してこちら側も清掃&ブーツ?交換。

それが終わったら車体に組み込み・・・

 

レリーズシリンダーはまだ新品が出るので、本体ごと交換です。

 

更に

ここのホースも新品が出るのでこの際交換!

 

フルードが通るラインのパイプ以外はこれで全部手を入れた事になります。

 

エア抜きも終わって既に走行テストも完了です。

 

これくらいは朝飯前・・・とか言いながらランチ前に終わらせました。

年間数台は同じトラブルで修理に入りますね。

流石にそろそろ年式的にゴム系は漏れが起こるようになってきたかと。

パイプとか全部揃えばもっと良いんだけどなぁ〜・・・

とか思いながら、O/H出来るだけでも悪くないか。

 

車検とかで入庫してくる際に頼まれたらやりますよ〜。

完全に壊れる前にやりたい作業の一つです。