オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

ステアリングラックの現物修理がようやく終わって・・・あとは取り付けるのみ!

 

と言う事で早速意気揚々と午前中から取り掛かってました。

 

社外の変な取り回しのホースも外して、修理済みの純正ホースに交換。

 

いざ取付!

 

 

って感じで作業を進めていたのですが、この車両何故かクリアランスが取れない状態で

どうもエンジン本体が少し下がっているみたい。

 

 

ラックを入れてセンター出しをした後にホースを入れようとしたら入らない・・・

なのでラックをまた外して先にホースを入れて、、とか、それでも位置が微妙に決まらないので

両腕がかなりヘロヘロになったところで午後2時。

 

強制ランチタイムに突入。

 

 

暫く休憩して、ほんとに試行錯誤しながら、ホースとラックの位置合わせと

ネジ締めに気を遣って、、、ようやく先ほど組み付けが終了。。

 

いや、まじ疲れた。

今までこんなに苦労した事無かったな・・・

 

ラックの受けのグロメットも新品に交換して、左右のブーツも純正の新品に入れ替えて。

配管のクリアランスもチェックして、シャフトの取付ネジもしっかり締めた。

 

ラックに入る2本のホースも舐める事なくしっかりと取付です。

このネジ1本はめるだけで2時間掛かったよ。。

 

途中でイラッとしたけど、そう言う時こそ気を静めて、

一度休憩して他の事して気分転換。

取り掛かる際は最初から予定通り入らない事を想定して

ほんとにビタッっと合う位置が出るまで無理せず繰り返すってのが大切。

これさえ締められれば後はラックとか全部締め付けすれば良いからね。

 

ちょうど上の画像に入ってるんだけど、メンバーが割れてる箇所があるので

そこだけ広がらない程度のトルクで固定。

 

これからタイヤを装着してバッテリーも戻してパワステオイルを入れればリフトが空きます。

もう疲れちゃったので明日やりたい所だけど・・・

 

残った作業は、メンバーの溶接とアライメント調整って感じかな。

 

ラックを外している時にターボオイルホースを交換すると超楽だったんだけど

残念ながら完売の為、今回それが出来なかったのが残念だ。

 

地味な事なんだけど、それを繰り返すから普段気にせず使えるようになります。

旧車って言うか、工業製品はやはり古くなると細かい所が色々と寿命を迎えますからね。

 

とりあえず、ここまで出来てほっとしました。。

 

 

追記

タイヤも装着しパワステオイルも入れてお試し。

エンジン掛ける前にステアリングを左右に切ったけど、全くエアが出てこない状態

だったからポンプは逝ってると思ってたけど、やはり重ステですw

少しは効いてるって感じではあるけれど。

やっぱりポンプも交換しなきゃダメよ、O君。

(一応、先にそれは伝えてあったんだけどね!)

今お預かりしているO君の車両に355ブレーキキットを装着。

18インチに変更したしちょうど中古の出物があったので!

 

左側は無加工だったけど右側のブレーキのフレアがかなり潰れてたので

また削りました。。

 

それにしても、ラックがまだ直らないなぁ。

それが終わらないとこの車、リフトから降ろせないんですが(涙)

 

思わぬところで時間を使ってしまっていたのでした。。

次の入庫予約がいれられません。。

(オーナーさんの責任じゃないですからね。)

リフトに上がっている車がなかなか降ろせなくて作業が中断中。。

ステアリングラックさえ出来上がればそんなに時間は掛からないはずなのに

これで次の入庫が確定出来ないのがむずがゆい。。

 

最近、めっきり寒くなりました。

またまた急に寒くなったので日が落ちてからのガレージが寒いですw

 

 

さて、ちょっとしたご連絡。

ウィルウッド社の反応がコロナの影響からか、最近めっきり遅くなってまして

在庫が無い分の入荷時期がなかなな読めなくなってきました。

これ、ちょっと困りますね。今年の途中から入荷が遅れるようになったなぁ

とは思っていたのですが、現在発注分も未だに届いていない状況です。

一応、今月出荷とは連絡は頂いているのですが・・・

 

 

別件で個人的に残念な事が今日ありまして、

長い間私の胃袋を満たしてくれていた地元の美味しい弁当やさんが

もうすぐ閉店すると。こちらもコロナの影響が大きかったようで。。

チェーン店じゃない美味しい所だったから、そこが消えると流石に私も

痛いなぁ〜と。。

去年からこの地元では、いきつけの飲食店が次々と閉店していってます。

店主の急病とか、人手不足でとか。

全て私よりも年配の方が経営されてましたので順番で考えると仕方がないかもしれないけれど

重なると残念だなぁとしか思えない感じですね。

逆に、今年オープンしたばかりで凄く美味しいチャーハン専門店が出来たりもしましたが。

 

と言う感じで、なにやら胃袋事情のお話になってしましましたが

今週はこれにて!

 

今日はヘリテージパーツで再販されたドアハンドルの考察です。

ようやく新品を入手致しました。

 

まずは70のドアハンドルから。

これ、主に金属で出来ているので、長年の金属疲労により内側

ひんじ部分が破損するのです。

 

オーナーさんは大抵は自分の車両しか見てないから「え、そうなの?」

って思う人もいるかと思いますが、数多くのスープラを毎日のように触っている私からすると

どうしても再販、もしくは製造して欲しいパーツでした。

 

壊れたら直せない部品の一つでしたからね。

しかも生産廃止だと毎日触る部分だけに困る事になってしまいます。

 

それがヘリテージパーツとして販売開始されました。

当店のオリジナルでのラインナップも考えていたのですが、それよりも

流石に純正品番が付くだけあって、精度はこちらの方が高いです。

 

裏側

縁取りのゴム部品もしっかりと構成されており、全くの純正品として

リリースに至っております。これは素晴らしい。

 

当時と違うのは、塗装がされていないために、この状態で部品を購入した後は

塗装と言う作業が必要になりますね。

今回は素地のまま販売になりましたので。

 

素地は写真だとつや消しブラックのように見えるけれど、実際はざらざら感があったりする

本当に素地のまま。

これを塗装するには、一番良いのは分解なんですが、構造上それが出来ない為

バネをフリーにして隙間を作ってから塗装する事になります。

その作業は70のレストアを既に随分と経験を重ねてますので、こちらは特に私は問題ありません。

手に取っただけで、足付け、下地、塗装の工程が頭の中に浮かびました。

 

 

この部品、実際「買い」です。

ヘリテージと言えどいつまでも常駐して販売される訳ではなく、恐らく

初期ロット製品のみになると思われるので、現在壊れてない人にもとりあえず部品として

押えて欲しいパーツになります。

右ハンドルの人ならば最低運転席だけでもストックが欲しい所。

 

過去のレストア時にこれを塗装する際に、毎回ひやひやしながら作業してましたしね。。

 

 

 

お次は80のドアハンドル。

こちらもこのような状態で再販されました。

土台部分はそのまま金属素地ですが、実際に手が触れる部分は樹脂部品なので

そこはさすがに素地のまま販売には至らず、ブラックで塗装されています。

 

80の黒って何気に少ないので、これは丸っと塗装が必要になりそうですね。

 

ただこちらの部品は、バネをフリーにしても塗装が入りにくい部分があるので

塗るのは苦労しそう。

完璧な状態で塗装するのはかなり厳しい隙間までしか出来ない所がありました。

 

80では盗難等の被害で最近は部品が必要になった経緯が多いようですが

後付けの塗装の場合は若干妥協が必要になりそうな感じです。

 

この大きな二つの部品の構成素材が違う所も大きなポイントで

足付け作業も分けたい所なんだけど、これも分解出来そうにない造りになってますからね。。

 

とは言っても、これで「部品が無い」とか、いつ壊れるか分からない中古部品を探す

と言う手間と心配はもう不要。

 

これに関してはひとまず安心出来る日がやってきたことに感謝したいです。

 

 

さて次にリリースされる部品は!?

近日、GRさんのWebが更新されると思いますので要チェック!

来月の何処かでもう一つ安心出来る部品が掲載されると思います。

今日はこのGRスープラのエンジンオイル交換。

 

この車両をリフトに上げるのに、既にラックを外してある70を移動するのが大変。。

 

レベルゲージはデジタルです。

ちょうど良い位置になった?

そうそう、今まで彼の燃費は11kmくらいだったのが、

このオイルを使ってから0,9km伸びたみたいです。

 

因みに私は11,3kmが平均燃費。

 

そろそろ車高を落としたくなったとか、エアロ関連を考えだしているようで。

私もそうなんですけどねw

 

ノーマルの足が思いのほか良いので、下手にゴツゴツ感は出したくないし

でも車高はちょっと下げたいなぁって思います。

HKSの落とすだけのアレを行ってみようかな?

 

リセットは彼にやり方を教えてあるので、ご自身でどうぞって感じでw