オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

まずは朝一で常連のTさん。

今日はオイル&エレメント交換。

そして、もう少し先に車検の打ち合わせ。

リアタイヤ交換とステアリングラックのオーバーホール等。

3か月後くらいなので私も忘れそうです(笑)

 

 

こちらの車両の仕様変更。

この色、本当に撮影時間(太陽の照り具合)で全然写真の色が変わって見えます。

おおよそ2週間くらいで完了予定!

 

午後からは

湘南ナンバーの車両が入庫です。

こちらの納期はおよそ1か月〜・・・と言う感じ。

 

週末にお預かりした岐阜ナンバーのO君の車両は現在リフトに乗ってます。

木曜日には完了予定。

 

この間にも来客が二組。

ちょうどお話ししている所だったから気を遣って帰ってくれたけれど

実はディーラーの営業の方でした。

内容はGRスープラ黒SZの件だったな、あれは(笑)

 

 

その後、地元のオーナーさんのご家族の方。

噂には聞いていたけれど、お姉さん確かに美人でした。

何気に初対面。

早くオーナーさん本人にもお会いしたい所ですね!

 

 

と言う訳で祭日でしたがご予約のお客さん待ちでした。

今日はもう少ししたら帰ります。

 

 

あ、あと直近の頂き物。

今日のお土産、ありがとうございました!

 

そして、先週末だったんですが、カフェ山田君のシュークリーム。

相変わらず美味しい☆

このシュークリームが某所で羽ばたくかもしれませんね〜!

 

 

今日が普通の火曜日だったら、色々と部品の発注とか出来たんだけど

祭日なのでそこが滞ってます。

メーカーへの問い合わせも出来ないし・・・

 

明日出勤したら忘れないように色々せねば。。

 

 

追記です。

地元オーナーさんのご家族からの頂き物もUP

栗きんとん 来たーーー

しかも川上屋さんのでした。

今年まだ食べて無くって、そろそろ買いに行こうかな?

って思ってたので素直に嬉しいです。

皆さま、いつもありがとうございます。

共通在庫なのでこの店舗には無いのですが、

GRスープラ SZが入荷しました。

 

現在、未登録車両です。フルノーマル。

GRスープラはオプションがほとんど無いのでこちらの車両も全く付いていない状態ですが

未登録車両なのでこれからオーダー可能な状態です。と言ってもETCとドラレコくらいなんですけどね。

 

超急ぎで納車して欲しい〜って思っている人には良いかも。

 

色は黒・ブラックです。17インチホイール。

まだナンバーも付いてない状態ですので、新規登録。

税金関連もそのまま加算されますが完全1オーナー車両となります。

 

ご興味ある方はお問い合わせ下さいませ。
 

 

 

 

もう一台。

久々に・・・在庫車として来週入庫が決まりました。

2,5GTツインターボR  2オーナー 修復歴無し 実走行99,000km、
18インチアルミ、タイヤほぼ新品。アブフラッグのリップスポイラーにボメックスのサイドスカート。

左右に社外レカロ(運転席破れ小)5速、MAIマフラー&Fパイ、インタークーラー付き。

HKS V-pro現車合わせセッティング済み、大容量燃料ポンプ(レギュレータ制御有り)

実測ブースト1kg/㎤ 322,7馬力達成。(2016年11月)

現在、絶好調です☆

 

こちらも合わせてお問い合わせ下さいませ。

 

朝、出勤したら、既に店頭に置いてありました。

鍵をつけっぱなしで窓全開。。

オーナーさんがいない・・・

 

車、置いて帰っちゃったのかなぁ?

それにしても不用心だなぁ、、と思ってたらひょっこりと自転車に乗って現れた(笑)

 

仕様変更の為、今日からお預かりです。

 

 

10時半には若手オーナーのO君が登場。

車検入庫。

こちらもこれからどう触って行く?って言う相談をしてたら

TE37が欲しい〜って言う事になって、その商談も(笑)

しかしやっぱり37はお高いですね。。

 

 

これからランチ。

 

そしてもう一台本日入庫してきます。

これで代車は全て出払ってしまう事に。。

 

来週も3台入庫予定があるので、暫くは超バタバタしそうです。。

 

 

今日は彼らとお話ししている最中にも電話が鳴りやみません。。

何度も何度も連絡が入って来てます。

とある1台の車両に付いて。

 

 

 

既にHPには先行でUPしましたが、また後程☆

今日は姫路のMさんの車両に、アブフラッグさんのサイドスカートを取り付け。

 

アブフラさんのは精度が高いエアロなので、大幅に位置がずれたり

大きな加工は必要としません。

純正部品はこの前側の泥除け?ここの部品を外すだけ。

(取り付けにあたってスカッフプレートの着脱は必要ですが。)

 

リアはエアロに最初から開いている穴を利用するならば、ボディにも1か所穴あけが必要となります。

 

取説にはサイドもビス留めを推奨されているけれど、実際ドアが閉じていればそこが落ちる事は

まず無いかと。グラグラになっている車両だったら必要かもしれないけれど。

 

しかし・・・ボディが黒なので撮影しても分かりにくい写真になっちゃいましたね・・・

 

Mさんは先ほど帰られました。

所々で雨が強い所もありそうなので、気を付けてお帰り下さいませ。

 

また来年この時期にお会いしましょう(笑)

GRスープラが正式名称のようなんだけど。

90スープラではないのなら(開発コードはA90だったが)

気は早いけど、この次のスープラが出るとしたらGRスープラ「新型」とか

どのような名称になるのでしょうかね?

A100系とか言われるようになるのか、はたまた、これが最後のスープラになるのだろうか?

 

 

と言う前置きは置いておいて、

新情報でGRスープラのリコールが発表されていました。

これは北米トヨタのGRスープラです。

何故か北米では日本より先に次々と納車に至っているようですが

日本の場合はこのリコールが出る前に対処しているのかもしれませんね。

 

 

さて、気になるリコールの内容は!?

バックカメラがバック中に作動しなくなるとか。

要はオフになってしまうようです。

運転にはほぼ影響ないけれど、バックカメラの観点からすると確かに致命的なエラーっぽいですよね。

その意味が無くなってしまうので。

 

これはBMW社が責任を持つようなのですが、このバックカメラがロールスロイス製。

(同BMWグループ)

つまりはGRスープラは、ロールスロイス社と同じの部品も使われているという事です。

なんか響きが良いかもw

 

 

この部品は他の車両にも導入されているようでインフィニティ、も先日120万台のリコールがあったそうで。

 

この不具合の修正にはプログラムの入れ替えのみで対処出来るようで軽微なリコールの部分ですね。

 

出たばかりの車両を購入すると、時々このようなトラブルに遭遇する事もありますが

それも新型車購入の醍醐味か。

 

 

日本ではこのリコールは発表されていないので、ほとんどが納車前と言う状況の中

納車までに対策された車両が納車されるのではないか、と推測しております。

 

つまりは・・・まだまだ納車は先延ばしの可能性があるって事かもしれませんね。

 

 

 

 

因みに最初のリコールはシートベルト関連でした。

シートベルトガイドループマウントの溶接が不完全で、事故の際に完全に機能しない可能性があるとか。

ただこのリコールの対象車両は7台のみという事。

現在納車待ちの方は問題ないと思われます。

 

GRスープラの未来を作るのは、これから乗る新しいオーナーです。

BMWが〜とかの批判は多く見られますが、当たり前なんですが

そもそもそれらを言っている人はほとんどの場合一度も乗ったことが無い人なんですよね。

BMWと呼ばれなくなるようなトヨタ色を強めていく今後の活動は既に計算済みなんでしょう。

 

個人的にはBMW社との提携と言う部分は色んな部分で賛成している所があり、

GRスープラの認識がこれから変わって行くにあたっては間違いなくオーナーで無ければ

携われない部分があります。

BMW車もトヨタ車も乗ってきた私的な意見ですが、新しい戦闘機の立場を思うと

GRスープラの購入に至る決断は容易な事だったのです。