彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

N森君の車両にインタークーラーキットを装着致しました!

 

バンパーを戻すと

こんな感じになります♪

 

 

そしてフレンドリーさんの車両は、

一応、作業は完了致しました☆

今の所、水漏れも無いのでちょっと心配していたOリングも大丈夫だったかと。

一度エンジン掛けてアイドリングでエア抜き、その後キャップを締めて

空ぶかし等で温風が出るのも確認して、少々負荷も掛けてみましたが

今の所、水もオイルも漏れはありません。

 

念の為今夜はこのまま寝かせて、明日もう一度最終確認致します。

なので現在、アンダーカバー等だけ装着されてない状態です。

 

 

 

さて、今夜はすいません、市役所に行かなくてはならないので

定時で失礼致します。

 

メールの返信が滞ってしまいますが、明日返信いたしますね!

 

 

通販は、パワステ高圧ホースとリビルトECUは発送済みです。

明日には到着すると思いますので、受取よろしくお願いしますね。
 

昨日の続きです。

今回、ハイドロホースも新たに製作しておいて。

 

今日の夕方便で到着しましたよー

これが新品の名前は分からないけれど、金属のパイプ部品。

Oリング2個は持ち込みで新品頂いてますので、それを使います。

 

先に昨日取り外しておいたパイピングに水温センサー×2を装着。

これが少々失敗で、このパイピングは普段は取り外さない部分だったので、

順番考えてなかったんですが、センサーが邪魔で装着が困難な状況に(苦笑)

 

ターボウォーターホースNo.1とNo.2です。新品に交換。

これが先ほどのパイピングに入っていくんですよね。なので昨日外した際に

ホースの劣化で再使用が厳しい状況だったので新品に交換する事に。

 

こちらがターボウォーターホースNo.3

これはウォーターポンプ本体に入って行きます。

こちらも固着しててなかなか外れなかったので、ついでなので新品取って交換しました。

 

ようやく新品のウォーターポンプの出番です!

エンジン真ん中のOリングを留めるのにはコツがあって、それは秘密w

 

W/Pをある程度位置決めしてから上のパイピングを入れようとしたら・・・

これがほんとに手間が掛かって、クリアランスが無いので結局エアクリとか

ターボ関連のパイピングとか全部外す状況に。。

 

ようやくハメコミ完了・・・

この中にも新品のガスケットをちゃんと入れてます。

そう、これをはめ込むだけで水温センサーも引っ掛かったり、クリアランスが無かったりで

結局ターボ関連のパイピングを外しての作業になったんですよね。。

良い勉強になった。次回から覚えておこう(笑)

 

エンジンファンフルードがW/Pに行くホースも現在は生産廃止。

当店ではこちらのホースを代用しております。

 

W/Pを完全に装着、ネジ留め。ここはトルクレンチ使うけど、そこまで気を遣わなくても良いかな?

上のパイピングを装着するのに手間取ったのでOリングがずれてないと良いけれど。

ずれてたら水漏れするから最初からやり直しになる。。

 

オルタも装着し、サーモは最近交換されたようなので、ガスケットだけ新品を使いました。

それらパイピングとホースも装着完了。

 

ハイドロホースもW/Pに装着し、ターボ関連のパイピングも元に戻して。

 

今日はここまで(笑)時間切れです。

それでも午後過ぎてから部品が揃った後に作業開始して、ここまでこれました。

 

明日はタイベル等を装着して完成予定!

頼むよ、Oリング。それが大丈夫だったら全て完了だ(笑)

(逆にそれが駄目だったらやりなおしだw)

 

これからメールの返信作業に入ります・・・

 

 

最後に、もう一台お預かりしているN森君のスープラですが、

本日車検合格です♪

なんとか段取りずれた分は取り返しつつ今週も頑張ってます!


 

頼まれてたブロアモーター(新品)入荷してます。

また週末にでも取りに来てくださいね、Eさん。

 

そして

本日届きました。

三河の修理屋さんから、JZA70用のパワステ高圧ホース。

今日は午前中から時間があったので、先ほど製作完了です。

明日の発送が可能な状態です。

 

とりあえず部品関連を。
 

W/P交換で思わぬ作業変更(部品待ち)になったので、今出来ることを。

 

と言う事で、カムポジセンサーの交換です。

相変わらずこの作業・・・腰にダメージが・・・(苦笑)

2個とも無事に入れ替えました。

 

今回はカムカバーから出ているブローバイ関連も対策品に交換。

カバーに刺さっている受け側のゴム部分が既にゴムじゃなくなっていて

あえなく破壊状態に。。ま、そんなことは分かっているので部品は用意してあるんですよ。

 

でも交換するのに・・・

このカバーの内側のフタを外さなければなりません。

 

フタを外して先ほどの部品(一応見えてます)をとります。

 

新品は普通に弾力性のあるゴムっぽい感じです。

 

車輛に装着されていた社外のブローバイのキャッチタンクもこれで取り外します。

 

先ほどカムカバーも無事に装着して本日の作業はちょっと早いけどこれで終了。

部品待ちが辛い。。

ちなみにこのカムカバーを外す時は点火コイルも外さないと抜けないので注意ね。

これも一度交換してあるので、真ん中のベンチレーションホースも柔らかくて良かった。

 

それにしても腰が痛い。。

 

 

さて、部品待ちでも明日の朝来る訳じゃないので、明日はちょっと片付けして

もう一台の車両の整備を先にやっちゃいます。

そう、何気に週末もう一台お預かりしてたんですよね。。

2台とも今週末のお返しの予定なので木・金曜はかなり忙しくなっちゃうかも。
 

今回はウォーターポンプ交換から。

既にクランクとカムオイルシールは交換済みとの事で、エンジン開けて行ったら

確かにその辺はオイル漏れも無く綺麗な状態だったんですが、

今回交換予定のウォーターポンプはけっこう汚れた状態です(笑)

ベーンポンプのオイル漏れが始まっている感じですね。水漏れはほぼ無いですが。

 

 

午前中から取り掛かって、なかなか抜けない・・・取れない・・・

確かにちょっと面倒な作業だけど、クリアランスがほとんど確保出来ない。。

 

・・・やっとの事でW/Pを取り外しました。

原因はこの画像の真ん中の丸い鉄パイプのような部品。

これが動かないんですよね。固着って言うか、水垢とかで抵抗になって

全然抜けない状態に。。

 

旧車あるあるの一つ。

仕方が無いのでインレットパイプごと取り外す事に。

普段ならそこまでやらなくてもW/Pは交換出来ちゃうんだが。。

 

その為、ターボウォーターホースも外すんですが、その際に劣化で良くない状況に。

部品を発注(まだあって良かった。)ついでなのでW/Pに行くターボウォーターホースも発注。

 

インレットパイプを取り外しました。

これには水温センサーも付いているのでこの際に交換した方がお勧めですね。

 

万力を使って、外れなかった短い鉄パイプ?なんて言うんでしょ。

を切り離しに成功。

いや〜こういうことがあるから時間が掛かって、旧車は嫌がるお店が多いんだよね。。

このパイプ部分も新品があったので発注しました。Oリング2個は最初から用意してあったんですが。

 

インレットパイプの内部はこんな感じに。

完全にくっついていたって事では無くて、こう言う汚れカスみたいなのが抵抗になって

頑張っても外れなかったんです。万力でなんとか・・・って感じで。

こちらのパイプが交換になると部品代高そうだけど、こっちは清掃で行けそう。

 

こっちは外す際にゴリゴリ回したのでその時の傷が入っているから新品に交換します。

ここまで汚れが詰まっているので水漏れにはならないけど、これでOリングだけ交換して

清掃後にそのまま使うと水漏れの原因になりそうだしね。

 

部品自体はへたる所じゃないんだけど、作業の途中に出てくる旧車にありがちな・・・って状況かな。

 

 

先週部品を発送した修理屋さんから頂いた内容でもそんな事書いてあったなぁ(笑)

「ほんとヒストリックカーですね」って感じで。

まぁこう言う所も細かくリフレッシュって感じで新品部品を見ると装着する時は

綺麗だから嬉しかったりします。

 

 

 

明日部品が来るまで作業内容が変更になっちゃいました。

やってる方としてはそれが残念。段取りが狂ってしまうので。

今回1週間頂いているのでそれまでには完了出来ると思いますが、一日ずれちゃいました。