彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

先ほど燃料ポンプの動作確認をしたものを装着しなおしてガソリンタンクを戻しました。

リレーも大丈夫。

 

次は中古のスターターを装着してみたんですが、エンジン掛かりません。

変更点は、スターター交換前は「カチッ」っと鳴ってたけど

交換後はその音も消えた。

となると交換したスターターがダメだったのかもしれない。

元に戻してカチッって言う音がしたらこの中古スターターはリビルトに回すしかないか。

 

ただスターター交換している時に気が付いたことが1点あって、

何やら配線が1本繋がってないのがぶら下がってます。

 

元を辿っていくと、途中でビニテで延長してある。

更にそこを辿るとエンジンハーネスに入っていく・・・

なんだろう、これ?

コネクターが割れたりして端子だけ残った状態ではあるけれど、明らかに

加工してある配線が1本だけあるんだよね。アース取ってる形状にも見えないし

何処かのコネクターに入っていくための端子なんだが。

 

 

 

この車両はATなので、シフトがPかNのレンジに入ってないと

スターターに電源が入らないのでまさかその配線じゃないだろうなぁ?

ランチ後に確認予定。

 

現状、ガソリンは回ってて電源も入るようになったんだけど

スターターだけ回りません。

 

 

スターターに電源が入らないのか、本体がダメなのか・・・

 

 

 

その間にラジエターのロアタンクのサイズ等の確認は終了。

今日の取れ高はそれくらいか。

ATオイルクーラーの出入り口は思ったよりコンパクトに作ってあると思ったら

アンダーカバーに当たらないように設計されてたんだね。

 

まだ原因は不明。

エンジンが掛からなくなった車両の修理。

 

当初はセルが回ってたけどエンジン掛からなくなった記憶があるんだが・・・

その時、ECUを交換してその後しばらくしたらまた掛からなくなったんだったかな?

 

ECUが大丈夫だとして、それで駄目なら燃料ポンプだろう。

と言う事で先ほどタンクを降ろして中を確認。

 

割と綺麗な状態でガソリンも特に腐って無さそう。

恐らく一度ポンプが交換してあるっぽいです。

ポンプからパイプを通って車体側にネジ込むフレアの所が少し舐めてて

外すのに苦労したので(苦笑)

 

ポンプを取り出してコネクターを装着してキーをスタートの位置まで捻ると

弱弱しいけどポンプが動作したのは確認。

ついでに中古のポンプと交換したらそっちだと全く動かなくなった。

 

更に、キーを回すたびに「カツッカツッ」って音がして

バッテリーの端子がちゃんとついてない時みたいな感じになって

電源が落ちる。

バッテリーを触ると導通するので端子も良くない状態かもしれない。

アースがちゃんと取れてないかな?

 

暗くなってしまったのでとりあえず今日はここまでだけど、現在バッテリーを充電中で

明日ポンプが回らなければ中古ポンプを外して元の物に戻しガソリンタンクも戻す予定。

燃料が空に近かったからこぼれてくるガソリンは少なくて済んだ。これはラッキー。

 

でもなぁ・・・何が壊れてるんだろう?

 

カツッって言ってセルは回らないので、セルも駄目なのかもしれない。

以前は動いてたんだけどな。今日は全く回ってない。

 

一応中古あるのでそれも明日試してみよう。

 

それでもエンジン掛からないといよいよ謎が深まる。

 

 

最近は手持ちの中古パーツも使ってみるとダメになっている可能性もあるので

なおさら作業が困難になってるけどねぇ。

 

ガソリンが来る、来ないと、セルが回る・回らないは関係ないので

両方ともチェックしないとダメだな、こりゃ。

 

それで駄目なら、点火系も疑わなければならないし、

燃料ポンプリレーも怪しいかも?


なんとか直したいねぇ。

今回はキャリパーキットではなくて、普通にパッドとローターの交換です。

 

6本スリットローターと・・・

エンドレスのCC-Rのパッド。

 

CC-Rは現在生産終了でCC−Rgとか出ていたんですが、70用は受注生産で

金額をあげられての対応とかだったので今回はもう少しストリート用のパッドを

用意してたんですが・・・

 

なんと当店、在庫持ってました(汗)

箱が古くなっていたので中古かな?と思って開けてみたら新品。

 

オーナーさんと相談してCC-Rを使う事に。

 

取り外したパッドとローター

パッドは純正風のものでこっちはまだ溝がありましたが

ローターは波うち状態。おそらくローターは初交換だったんじゃないかしら?

 

ブレーキのシムキットは70はリアは純正でまだ部品が出るので新品を投入。

 

 

今週は部品の開発やってたりしてるんですが

今日来たK君はラッキーだったのか?新しく開発中の部品を二つとも

確認しちゃいましたね(笑)

 

ある意味貴重な瞬間だったかもしれません。

まだ製品化される前の部品の生形状と言うか、開発中はどんな事やってるとか

見られちゃいましたが早ければ来月にもリリース予定なのでそれは構いません!

 

しかも欲しいと言ってくれたのでこちらも気合入ります〜

 

明日の金曜もそれら部品の位置とか構造の確認でリフト使います。

週末は土日で2台の70をお預かりの予定ですので、ガレージはそれで満タンに。

日曜は夜まで新パーツの取り付け位置等の最終確認も行ってます。

来週はちょっと忙しいかも?


新しいのをリリースするのってこっちもワクワクするんですよね!

 

定番のトラブルですね。

どっちがダメかな〜?と思ったけれど、どっちも同時交換しとけば良いです。

そう思うようになったこの数年。

 

運転席足元をチェックしたら見事に漏れてました。

マスターシリンダーは新品が出ない為、現物のO/Hになります。

 

さくっと取り外し、O/Hキットを用意。

 

この車、クラッチ踏んでも戻ってくるくらいはあったので

完全にスッカスカでは無かったけれど、フルード入れても変わらなかったので

手押しで対応。

 

うぉ、、けっこうなドロドロ具合。。

 

完全分解。シャフトになる棒以外は全部交換になります。

 

カップも外してこちら側も清掃&ブーツ?交換。

それが終わったら車体に組み込み・・・

 

レリーズシリンダーはまだ新品が出るので、本体ごと交換です。

 

更に

ここのホースも新品が出るのでこの際交換!

 

フルードが通るラインのパイプ以外はこれで全部手を入れた事になります。

 

エア抜きも終わって既に走行テストも完了です。

 

これくらいは朝飯前・・・とか言いながらランチ前に終わらせました。

年間数台は同じトラブルで修理に入りますね。

流石にそろそろ年式的にゴム系は漏れが起こるようになってきたかと。

パイプとか全部揃えばもっと良いんだけどなぁ〜・・・

とか思いながら、O/H出来るだけでも悪くないか。

 

車検とかで入庫してくる際に頼まれたらやりますよ〜。

完全に壊れる前にやりたい作業の一つです。


 

朝からドタバタ・・・

 

今日の2台目。

ブレーキからゴリゴリ音がする〜

と言われてすぐに思いつくのがパッドですよね。

 

今日のAM10:30来店予約だったけど、いつものように遅刻を。

今日に限ってそれは良かったんですが。

 

パッと見でパッドが無い。それは想定内。

ホイール外してチェックするか・・・と思ってロックナットは何処?と聞いたら

「自宅の机に置いてある」と言うお返事。

 

なんも出来んやん。。

 

例によってキャリパー固着もあったのでこのままパッド&ローター交換よりも

このホイールに合わせて330のブレーキキットをご注文。

長く乗るなら何度もO/Hしたりパッドすり減らしてるよりある意味安く済むかもしれないし

安心出来ますからね。

 

でもブレーキキットは受注生産なので完成するまでの間使用出来るように

今日は応急処置で。

 

結局ロックナットを取りに帰る事に。

 

・・・4時間が経過でようやく戻ってこられました。

 

なんでも自宅に帰ったら、自宅のカギが車のカギと一緒に付けてあったようで

母親呼び出してなんとか入いれたとか。。。

 

 

午後4時前から作業開始。

 

すると・・・

内側のパッドが完全終了でマイナス状態。

外側は1mmほど残ってるけどまぁアウトですね。

これ前輪左側なんだけど右側は減ってはいるものの、まだマシなレベルだった。

 

片効き、固着の怖さよ。。

 

これを中古パッドで対応。

 

ローターの内側

えらい事になってました(汗)

もう少しでピストン出ちゃうようなレベルだ。。

 

話聞いてたら、昨日今日の状態ではなくって、しばらく前から音が出る事は知ってた様子。

先週なんてこの状態で伊豆?まで行ってて明日も行く予定だったとか。

怖いなーー

 

ローターはこのままだから、ブレーキはちゃんと修理するまで遠距離は禁止です。。

 

 

鉄粉が凄くってアルミホイールに付着が凄いし、使ってる工具にも

磁石のように吸い寄せられて驚きながらの作業でしたよ。。

 

 

来月半ば〜後半には新品のブレーキになります。

オーナーさんは心待ちにしているようで。。

 

 

朝一で積載車で入ってきた車両。

今日はこれを修理してしまう予定だったんだけど、さっきのブレーキトラブルの車両に

ロックナットで時間を使ってしまったので来週まで断念。。

 

 

ブレーキは新品になるけれど他にもぱっと見で

ラジエターもちょっとヤバそうだしヒーターホースからも漏れも発見したし

リアタイヤもそろそろ交換時期に差し掛かってるし、リアのパッドも少ないんだよなぁ。


まだまだお金掛かりそうです。

 

 

さて、ちょっとお知らせ。

明日の日曜日は都合により朝から午後1時くらいまでの営業となります。

かなり早いですがよろしくお願いします。

 

月曜日は定休日

火曜日はこちらも都合により午後4時くらいまでの営業となりそうです。

この週末、ちょっと慌ただしくなりますがよろしくお願いします。。

暫くお預かりしていたGA70ツインターボ ノーマルボディの車両が

本日陸送屋さんに手渡されました。

来週の水曜日に大阪の某所に到着予定です。

 

MTを載せ替える事になったのですが、MTを降ろしてこちらに送ってもらうよりも

降ろす場所で入れ替えた方が車には優しいだろうなぁと思ったので陸送する事に。

 

まだガラガラ音が出る状態なので陸送屋さんに斜めに積載車を入れて貰って対応。

 

少しでも負担を掛けないようにね。

 

最近はこのようなフルローダーも随分安くなったみたいで

そろそろ1台購入してしまおうかな・・・と言う気分になりました。

 

陸送屋さんも車好きな方で、何度かここまで運んだことがあったみたいなんですが

「こう言う車を運ぶのが嬉しいですね〜普段は滅多に乗れないので!」って事を言ってました。

 


頼まれていた水回りホース類をこれから作る予定です!

常連Cafe山田君のオイル交換。

それと気になるところを同時にチェックで。

多分問題ないと思うんだけど暫く様子見かな。。

 

80スープラのタービン

左右両方共に羽が逝っちゃってました。これを修理すべく・・・と言う流れ。

 

今日はまだまだ忙しくって・・・とりあえずこの辺で。。
 

昨日のクラッチ交換のGA70スープラですが、本日午前中にさくっとMTを乗せて。

午後は来客が固まってたり電話が相次いでいたので先ほどFパイとかシフトとか組み上げて

作業完了。

 

最後にバッテリーを装着してリフトの上で動作確認を。

 

すると・・・

 

症状変わらず。

相変わらずガラガラ音してるし、何より匂いが臭い。確かに焼けた匂いだ。

エンジンを切って止まる瞬間辺りが一番大きくガラガラッって言って止まるので

その位置を確認したらどうもMT本体の中身っぽいです。

 

そこでMTオイルを抜きたいな〜と言う衝動に駆られるのですが

オイルを入れる方のドレンプラグが潰れて死んでます。

時々見るよね、、GA70のって7MとかJZA70のMTと違ってサイズ小さいから固着で

駄目にしちゃうことが多いんでしょうね。

 

で、抜く側を慎重に緩めて少しだけオイルを垂らしてみた。

結果。

 

鉄粉多し。

しかも色が濃くてドロドロした感じ。

 

撮影してみたが、光が強くて良く分かんないですね。

しずくになって垂れるような感じにしたのですが、分かんない写真になってしまった。

 

これでオイル抜いて鉄粉の中に数个らいの金属片が出てくれば、シンクロか何か

逝っちゃったかな?って思えるんだけど、抜いたら今度オイル入れるのにシフトレバーを外すことになるので

さっき戻したばっかりのレバーをまた外すのに抵抗を感じたり。

(アースが2本取ってあって奥に入ったら取り出すの大変そうな位置だったのであんま触りたくないかも。。)

 

ブローしてたらオイル交換しても意味無いしなぁ。

 

入れる側のドレンプラグ

角の一つが完全に潰れてます。私は触ってませんからね。

 

ただ症状としては音と匂いって感じで

リフトの上だけどどのギアにも入るんです。

クラッチは作動してるしギアを入れる際のガリって言う音も出ない。

デジパネだけどスピードメーターも動いてます。

 

オイルは交換後にこの色だとちょっと駄目そうだけど、全部抜いてないので

何処まで汚れているか分からない。鉄粉もちょっと垂らした程度なので沈殿していた

物が出ただけかもしれない。

 

MTを降ろしている時にレリーズB/G交換したので中を見たけど

そっちでオイル漏れは無いしグリスが飛び散ってたのでレリーズB/Gから漏れたものだと思うし。

(GA70のレリーズB/Gはグリス封入タイプなので。)

 

MTを分解しないと分からなそう。

 

パワーの掛け過ぎで壊れたってのとは違うし、ギアの何処かかシンクロって言う感じとも

ちょっと違う。オイルが入ってなくて(もしくは交換してなくて)焼けてってのだったら

かなり勿体ない壊れ方かもしれないけれど・・・

 

匂いは割とすぐに出ました。

忘れちゃう前に取り合えず書き出しとこ。

 

 

 

追記!

MTブローか。

アイドル状態で各ギアの入りを試していたら・・・

現状で4速に入れてクラッチ繋ぐとシフトが戻ってニュートラに。

1,2,3のシャリシャリ音?が同じで4速入れたら抜けました。

シンクロっぽいですね。

 

クラッチを踏んでいる時は音が消える。

と言っても回転が止まった時に消えて、ニュートラでもクラッチ踏んでない時は

シャリシャリ音。この音はクラッチ周辺から聞こえて来るからクラッチトラブルだと思うよなぁ。

大阪のHさんの車両です。

実はクラッチ交換がメインでは無くて、異音&強烈な焼ける匂いが出た

と言う事でレッカーで入庫した車両。

クラッチは一応繋がるし特に大きなジャダーも無かったので

ベアリング関連かな?と予想。

MTを降ろすのでついでにクラッチ&カバーも交換する流れに。

 

純正のクラッチカバーとディスクが生産廃止でした。

ただエクセディから出ていたので今回ディスクはそれを利用し、

カバーはオーナーさんが純正品をストックで持っておられたのでその組み合わせで交換に。

 

 

MT降ろしてカバーとクラッチの図。

JZA70とは違いGA70は普通のプッシュ式なのでエンジン側にクラッチが固定されています。

 

ど真ん中にあるのがパイロットベアリング。

この状態で回してみたけど割とスムーズに回ります。

これが原因じゃ無さそう。

 

フライホイールは外さずにパイロットベアリングのみ交換。

どっちも純正なんですが、製造元は違ってましたね。

 

これがエクセディの純正代用のクラッチディスクです。

皆さんご存知かどうか分かりませんが、エクセディさんは元々が純正のクラッチを

製造しているメーカーなんです。なので品質に関しては特に問題無いと思います。

当店もスーパー耐久時に随分とお世話になったメーカーさんです。

 

先ほどは撮影用にセンター出しの工具を差し込んでましたが

これが本来の使い方。クラッチ版が固定されていないのでカバーの中に入れてから

センターを出して6本のボルトで固定します。

最近はすっかり減っていましたがGA70のクラッチも昔は良く交換していたので

センター出しを毎回自作するより早いので何気に持ってました。ほんとに久々に活用しましたよ。

 

さてGA70で面倒なのは実はコレ。

レリーズベアリングの交換です。
その理由の前に・・・今回の異音の原因はひょっとしてコレだったかも?

手で回すと転がりはあるのですが、周りにグリスが付着しております。

実はGA70のレリーズベアリングってグリス封入タイプなんですよね。

それで取り外して回転させてたらやっぱりじわじわ出てくるので、ここのグリス切れが

原因ではないかと予想中。

 

更に、このベアリングはちょっとやっかいな構造をしておりまして。

スリーブから抜くのにSST、入れるのに圧入のプレスが必要だったりします。

 

新品のレリーズベアリング。これはまだ在庫OKでした。

グリスが出ているのが分かりますよね。

 

スリーブから外すとこんな感じになります。

スリーブだけふき取りして綺麗にしてベアリングを圧入。

 

外したクラッチは溝はまだあるものの、確かに空回りした跡が見受けられました。

まぁ・・・滑ったのかなぁ。。

 

 

と、今日はすいません、ここまでになります。

もう暗くなってしまったので安全を考えて。

 

今日は朝から商談等が相次いでいて取り掛かるのがすっかり遅くなってしまって。。

明日組み上げます。

 

終わったら試乗して、もう一つのエンジンの回転が上がらない状況の確認に入りたいですね。

4000回転くらいで止まってしまうとか。

エンジンはオーバーホール済みらしいので、原因はそれ以外と言う所から考えてみますね。

 

画像は今回の内容とは関係ありませんので。

 

先日80スープラの純正部品の話もちらっと出しましたが

70スープラも部品再販の案件も出ております。

 

去年から進行しておりましたが今日になって試作品が出来たと言う連絡を頂き

近日その部品を当店がお預かりし、こちらの部品は実際にオーナーさんの車両に取り付けを行い

レポート等を行った後に再販に至るかどうかのチェックを致します。

 

その部品のテストカー&オーナーさんを1名募集。

 

と言っても条件がありまして、

手渡しで行いたい(作業は当店にて行います)のでお近くの方。

出来れば通勤等で毎日乗られている方。

レポや感想を伝えてくれる方。

最低でもここ数年は70スープラに乗られている方。

を募集致します。

レポートは特に表に出る事は無いと思いますので、通常の感想を私がお伺いする形になります。

その部品が現時点で壊れている方だと更に都合が良いのかもしれませんが

なんの部品なのかは公表しない方向にありますので難しいかなぁ。

 

なんとなく当てはまるのは彼かなぁ・・・とか思ったりもしておりますが。。

 

 

 

70スープラの部品は当時CADを使った設計ではないので

復刻は色々と難しい案件が多いようで、出来る部分を・・・と言う状況ですが

メーカーであるTOYOTA自動車さんも出来る範囲で頑張ってくれています。

 

 

 

 

さて、本日70スープラ用のマフラーとJZA70用のフロントパイプが再入荷致しました。

お求めはお気軽にお問合せ下さいませ☆

 

今年は私もとある部品の復刻&生産に精力を傾けておりますが

状況は例の如く、、と言う感じです(苦笑)

 

 

80スープラ関連の雑誌の取材は2月の9,10日の週末に行われることになりそうです。

2日間掛けての取材って珍しいなぁ。。その週末はちょっとバタバタしそうです。

 

 

大した事じゃありませんが、オートサロン後に風邪ひいてましたけど

そろそろ随分調子よくなってきました。やっぱ2週間くらい時間を要しました。

そろそろ体は全開で動けそうです。