オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

ランチ後の作業再開。

まずはW/Pを。こちらはOリング×2を新品に。

 

外した古いW/Pと新品のW/Pです。一番お高い部品。

この交換ついでにハイドロホースをO/Hして先に装着。

こちらも忘れてはならない、ターボウォーターホースNo.3

以前、まだ柔らかくて使えそうだと思って交換しなかったら、後に破裂して

作業の二度手間になった経験から、それ以後必ず新品を使ってます。もちろん、クランプも新品を。

 

そして、クランクのオイルシール交換。

 

カムのオイルシールも交換します。

 

カム周りは外したままですが、W/Pを装着完了。

そして、サーモスタット&ガスケットを新品入れてロアホースも装着。

 

お次はタイベルを新品に。

アイドラプーリーとテンショナーも新品に交換します。

テンショナーが交換されて無かったんですよね。プーリーは変わってましたが。

 

クランクプーリーも新品に交換です。この車両は距離は少ないけれど

過去、無交換だった感じでした。脱落する前に作業ついでに交換はお勧めですが

値上げが厳しくて今は随分高い部品になりましたね。。

 

そしてオルタネーターも先ほど装着。

この車両はATなのでその配管もオルタと同時にまとめることになります。

 

今日はここまで!

 

明日には完成しそうな感じかな!?

明日はカム周りのシール関連とカムポジセンサー×2をやったら全て元の状態に戻せます。

エンジンオイル、クーラント、パワステオイル、ファンフルードが全く入ってないので

全部入れてからエンジン掛けなきゃね!

 

 

 

本日の交換部品

・クランクオイルシール

・カムオイルシール×2

・ウォーターポンプ(エンジン真ん中のOリング同封)

・Oリング×2

・ターボウォーターホースNo.3

・ホースクランプ

・ハイドロプレッシャーホース(MAIリビルド)

・ガスケット(コの字)1個

・タイベル

・テンショナー

・アイドラプーリー

・クランクプーリー

・プーリーボルト

・サーモスタット

・サーモガスケット

・ターボオイルホース×2(MAIオリジナル)

・クランプ×4

・ガスケット 1

 

閉店まで1時間くらい時間があったのでエンジン整備に取り掛かりました。

と言っても1時間だけだったのでそんなに進んでないですが、ラジエター、オルタ、

クランクプーリー、サーモ(ロアホース)、オートテンショナーって所かな。

 

気が付いた点

1,JZA70なんですが、MA70のラジエターキャップが装着されている。

これはこのままで良いのだろうか・・・?

2,サーモのガスケットが固着してた(サーモ取り外してまだW/Pに張り付いている状況)

 

3,点火コイルに差し込むコネクタにタイラップ装着。

この修理方法良く見ますよね。でも何故新品に交換しないのだろう?

という事でこれは来週、新品部品に交換予定、と。

 

AT車両なのでATオイルクーラーに行く配管が邪魔だったりとか、いつも少々あるけれど

2年前に交換されてるタイベルなのでクランクプーリーが簡単に取れると思ったら大間違いで・・・

相変わらず凄いトルクで締められてました。。ここまでしなくても大丈夫なんだけどなぁ。。

 

あと1時間あれば各オイルシールまでは出来ちゃったけど今日はここまで!

続きは火曜日から。

火曜日は一人勤務なので電話とかで作業中断が予想されますw

 

まずはターボオイルホース交換してからタイベル外してカム系からやっちゃいますね!
 

距離は少ない車両でオイル漏れとかトラブルとかはそんなに出てない状態なんですが

年数が経過している影響は少なからず見られます。

これを期に色々とリフレッシュさせますね。

今日からは福島県の郡山ナンバーのAさんの車両に取り掛かります。

 

水戸ナンバーのAさんは本日昼過ぎに無事に納車に至りました。

今頃はまだ東名高速を走行中でしょうかね!いつもありがとうございます。

 

今回の車両はけっこう内容がっつりなんですが・・・

来週は臨時休業が入っているので、今出来る事(部品がある物から)を。

 

で、まずはパワステポンプ交換から。

車両から取り外して・・・

リビルト品に交換です。外している間に細かい部品を組み込みます。

エアのバルブもこの時に新品に交換を。

これで一つの作業として出来るので工賃浮くしね!

 

パワステ高圧ホースも当店の修理品に交換致しました。

水戸ナンバーのAさんが帰られた後に作業再開して無事に作業完了。

 

これだけで終わらないのが私です、次に続く。


 

最後の仕事は、ドアのカーテシランプスイッチの交換でした。

なんでも接触不良で火花が散ったそうで・・・怖いですね〜。。

 

これを新品に交換。

 

内装外すのに少々面倒がありますが、部品代は安いので交換はお勧めかも。

毎年数台交換依頼があります。

 

取り付けの時に10mmボルトで留めるんですが、アース回復すると

ドア開けた時になる音が出始めましたw

 

 

おまけ。

サイドブレーキ・ブーツ新品。

 

ぼろぼろになってて粉まで吹いていたので、ついでに新品に交換しておきました。

 

 

さぁこれで完成です!

明日の納車に間に合いました☆

またまた茨城のAさんの車両。

今朝からクラッチマスターシリンダーのO/Hとレリーズシリンダーの交換を。

 

マスターからの液漏れは発見出来ませんでしたが同時にオーバーホールです。

 

この黒いドロドロはなんなんだろう?

 

オーバーホールついでに洗浄して、と。

 

レリーズを新品に交換して、ついでにクラッチラインも新品に。

 

このレリーズシリンダーが今回の故障個所でした。

ボルト外したら外側だけポロッと落ちてきて、シリンダーからの液漏れ発見。

 

オーナーさんから頂いたメールの内容を確認したら、半クラの時に音が変って感じで

書かれていましたが、私が乗った時は、シフトチェンジする時にクラッチの奥の方で

グニュッって言う変な感触を体験してたので、動作はしていたんでしょうが

時々オイル漏れが始まってて動作不良の初期症状だったのではないかな?と。

 

 

今日もエアコンは効いてました(笑)

たぶん修理完了と考えて良いのではないかな。

 

 

これでほとんど完了で明日の納車も間に合いそう。

 

でもあと一つ、ほんの小さな部品の交換が残ってるんですけどね〜。
 

今日はエバを装着してからリキッドタンクを交換です。

エバを入れるので面倒な一つは、エアコンの水抜きでホースを室内から外側へ

引っ張るんですが、それがなかなか毎回苦戦するんですよね・・・

でもそれをやらないと室内に水が溜まって腐ってにおいが出たり、漏れてきたりするので

細かい部分だけどちゃんとやらないと。。

 

と言う感じで苦労しながら交換後は、最後の難関のコレ。

 

狭いので工具がなかなか入らない所。

まずはリザーバを外してステーも外して、タンクの取り付け部分も幾つかボルトを外して・・・

ようやく取り外せます・・・

取り付けはもっと大変なんだけど・・・

頑張って新しいのを装着。。

 

ここまで来てようやくガス補充。

まずは2本入れて様子見を。

 

既に閉店時間過ぎてますが、先ほどガレージ内に入れる際もキンキンに冷えてました☆

明日大丈夫だったらコンプレッサーオイルとガスをもう1本補充して完了かと。

 

 

メーターパネルの電球も全部交換は終了しております。

 

これで日曜だったら納車可能か?と思ったんですが、、、

クラッチを踏んだ時と言うか、切る時だけ奥に踏んだらなんか変な感触は確かにあったんだけど

フルード漏れを起こしている可能性が。

 

今年もう何台も作業しているけれど、この車両もマスターシリンダーO/Hとレリーズ交換が必要かも。。

 

幸い部品の在庫はあるので明日頑張れば出来ちゃうけれど・・・

 

・・・まぁ頑張るとしますか。。。

 

 

 

今日は何人かの訪問があったり、通販でも幾つか発送があったりしましたので

作業時間が限られてしまいました。

 

明日は福島県から1台入庫予定と修理の相談を。

エンジン整備と車高調を頼まれているオーナーさんもいましたが、本日入荷致しましたので

近日入庫の相談させて頂きますね。

 

茨城のAさんの車両、続きです。

 

先ほどエバを車体から取り外して新品に交換致しました。

と言ってもBOX内だけね。

 

なんじゃぁ〜こりゃ〜w

 

どっからこのゴミは入ったんだ??

 

・・・って事で清掃をしてから、、

じゃーん。

今回は新品のエバポレーターを投入です!

最初からオーダーしてたけどこれが何気に役にたちました。

何故かと言うと、、

新品(対策品?)のエキパンをはめたんですが、古いエバからエキパンは取り出せませんでした。

ガス漏れしないように当たり前だけでガチガチに絞められたエキパンとパイプ。

工具で外そうとしたらエキパンのネジが掛かる部分が死にましたw

 

どっちにしろ新品のエバが無いとエキパン交換も出来なかった状態だったわけで。

 

新しいエキパンはバルブの方向が逆になります。

Oリングは両方とも新品を使用。

エキパンのさきっちょを留める金具が新品のエバには無いのでタイラップで固定。

画像は無いですがこの後もともと付いていた緩衝布をこのさきっちょと配管出口に巻き付けて

ビニテで固定。

 

先ほどBOXに入れて本日の作業は終了です。

 

明日はこれを車両に装着して、レシーバータンクを新品にして、ガス補充して

ガス漏れが無ければ完了予定。

 

週末の納車は間に合うかも!?

 

本日納車になった、新しいオーナーのSさん。

 

今日、5速に免許の限定解除を終えて納車になりました☆

 

最近、若いオーナーさんが増えているのは事実なんだけど

女性オーナーも増えてきたかもしれませんね。

20代前半で間違いなく自分より歳を重ねている車両に乗ろうって言う気持ちは

10年位前の世代だとほとんど見られなかった。

 

最近当店に来る20代や10代の若者も増えているけれど

若者の車離れなんて言うけれど、逆に戻ってくると言うか時代に逆行しても

車が好き!って言う人たちも増えてきていると思う。

 

そうなると時代は昔のように2ドアがカッコイイ!

って言う人たちが増えてきて、以前のようには盛り上がらないにしても

スポーツタイプや一人一人が自分の車でカーライフを楽しむ時代が

随分と盛り上がってくる気がしています。

 

ただね。

今回の彼女のお父さん世代の私からしたら、そう言う事は嬉しい反面

逆に難しいと感じたりすることもあったりします。

 

人間としては若者って言うのは自由に体が動いてはつらつとしていて見ているだけで

羨ましいのですが、車は何というか、、、若い車では無いんですよね。


これからきっと何かしら壊れたりトラブルが起こったり、

一番想像したくないのは事故の報告とか。

 

直せる部分だったら直そうとはいつも思っていますが

普通の新車を乗る事を考えると確実に修理代は高くなってしまうのが現実です。

 

この車両は既にエンジンやら補器類まで色々と私自身の修理履歴があったり

納車前にクラッチマスターのOHなんかを施しておりますが、毎日通勤で乗ると

何が壊れるかな〜と言う心配点もあったりします。

 

その時に、車を維持するのは辛いな〜って思われないように取り組みたいですよね。

 

この車両もそこそこ(と言うかみんなやることはほとんど終わってるんだけど)手を入れておりますが

部品があれば交換したかったなって所は、運転席のウインドウスイッチとか

今お預かりしている茨城のAさんの車両も、慣れてない人だとエンジン掛ける事も出来ない状態になってる

キーシリンダーの状態。今回の車両は助手席が似たような感じになってたり。

こう言うのを手軽に修理出来るようにしたいなぁとか思ったりします。

 

 

 

そうなんだよね。

いつもここに来るオーナーさんの車両を見て触って、

これ、新品に交換したいな〜 でも部品もう無いんだよな・・・

って所から今の部品事業に足を突っ込み始めたんでした。

 

正面で「ここはトコトン直して欲しいんですよ」って言われると弱いんだよな。。

 

 

今日から新しくスープラファミリーになった彼女にも

良きスープラライフを送って頂いて、気が付いたらスープラと共にある人生を理解して欲しいと願います。

 

 

 

さて、エバの交換の続きに入るか。。

茨城のAさんの車両。

コンプレッサーから漏れだしている点検で使ったガスと蛍光液(だったかな?)を確認。

 

今日の昼頃にリビルト品が届いたので早速交換を。

 

リビルトがあるのは助かるけれど、配管の構造が違うのでそこは入れ替えが必要になります。

6角はまだ外せるけれど、アース取ってるネジがねぇ〜・・・また古いと固いんだよな。。

なんとか無事に入れ替え出来て良かったけど。

 

こちらはさくっと交換完了です。

たぶん、初めて交換する人は色々と苦労したり???ってなる部分があると思いますが

毎年この時期、この作業が幾つも入ってくるのでもう慣れっこ。

 

次はエキパンとエバを新品に交換しようと思って内装外し始めたら、、

この車両も社外のメーターの配線がいっぱいだった・・・
取り回し考えないとなぁ。。

 

メーターパネルの電球入れ替えも、在庫の電球が5wも3wもどっちも1個足りなくなって

このまま放置の状態です(苦笑)

 

 

ここまでやってちょっと作業停止。

この次、納車がありまして、そちらのお世話に入ります。

今日は茨城のAさんの車両のエンジン関連整備を。

 

元々、カムカバー横に付いているホース周辺からオイル漏れの相談を受けてたんですが

そのついでに出来る整備で過去してない部品交換も含めてやりました。

 

カムカバーこっち側だけ外してまずはカムポジセンサー×2の交換です。

このセンサーにもゴムシールが付いているのでそこからオイル漏れが発生します。

 

この作業の時にISCVを外すので、こちらもついでにフィルター関連を新品に交換。

 

そして本来のホース交換。

この車両は後期のタービン配管が付いていますが、これ俗に言う

白煙防止の新しい部品です。現在はこの対策品のみ新品で部品は供給されます。

 

ホースとプラスチックのアダプターとアダプターをカムカバーに差し込む所のゴムシールの3点。

 

これを交換するのに何故カムカバーを外すのか?と言うと・・・

 

一度も交換してない車両はこんな感じに、ほぼぽっきり割れるからw

シールはゴムなので弾力性がありますが、古くなるとそれが固くなって

ただのプラスチックロックのようになってるので、大抵割れます。

 

割れるとカムカバーを外して裏側の6角ボルトで留まっている部品も外して

根元から取り除かなければなりません。

 

まぁ最初からこうなることを想定して今回一連の作業を完了致しました。

変な意味で「読み通り」だったりします。

 

これでエンジン関連は完了!明日からエアコン修理に入りたいです。

まだ部品が揃ってないけれど。

 

エンジン関連は完了したものの、現在ラジエターのアッパーホースが付いていません。

それ付けてクーラント入れてエア抜きすれば良いんだけれど、今付いているホースが

寿命かも?

クーラントが噴いた形跡が幾つかあって、圧力掛かった時に漏れるんだろうな。

ここに入庫した時は漏れは無かったのでほんとにそういう時だけなんだろうけど

ホース交換すれば留まると予想。

 

ただ・・・純正が生産廃止でSAMCOだとあるんだけど、社外の水温計のセンサー付けるのに

新品のSAMCOホースをぶったぎるのはなんか勿体ないような。。

 

暫くここは様子見にしようかな?

またご相談させて下さいませ。