オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

今日点検した80スープラ。

 

足回り?ステアリング周りの異音。

原因は右フロントのロアアームに付いているボールジョイントの緩みでした。

割ピンは刺さったままだったので経たったのかな?

と言う感じ。

増し締め出来てガタは無くなったので多分大丈夫かと。

グリス漏れとかは無かった。

 

80は70と違って、ボールジョイントがアームと一体型なので

交換するならアーム事交換になるけれど、部品出たっけ?

無くなった記憶もあるけれど・・・(過去何度か交換したことはあるけど。)

 

試乗して貰ったらふらつきは無くなったけど、末切りした時のパキッって言う音が残る。

これはストッパーかな?こちらも70と違って、ストッパーキャップとかは無かったけれど

低速で動きながら確認したらその音が出た。

 

 

それにしても・・・この暑さは既に厳しいね。。

おかげで妙な疲れが出る感じでちょっとだるい。。

事務所のエアコンは既に点いていたのでそれが原因かなぁ?

 

明日は午前中からGRスープラ。

午後からやっとカフェ山田君の70の修理に入れるかも?

80はお預かりにならなくて良かった。。

インタークーラーへのホース交換。

一度も交換してないとゴムがプラのようになっちゃいます。

この車両も比較的劣化が進んでいたので本日交換。

 

どっちが長いでしょう?

 

って言う目の錯覚画像のような感じにw

 

さて、これで整備完了。

明日の午後過ぎに納車予定です。

 

 

明日は何気に3台のメンテ予約が入っているので朝から大変そう。。

でも取り戻さねばね☆

 

みんな愛知県の方ですが(笑)

本日は80スープラRZに車高調整を装着。

 

今回はクスコです!

これを注文する前に昨日の話があったら、そっちをお勧めしたんだけど(笑)

まぁ急に来た話だしね。

 

今回は純正の足を外して交換です。

純正だとバネが伸びるから取り外しがしにくい(苦笑)

多少気になった所があって、不具合じゃないから心配点ではありませんが、

今回初めての交換なのだろうか?と。

周辺の細かいボルトが留まってなかったり(着脱とかするとたまにあるけれど)

リアは内装が留まってなかったりで、そこは引っ張ったら外れるようになってて

それはそれで楽だった。

リアシートの取付ボルトに13mmのソケットが刺さったままとか(ソケットだけね。)

 

・・・絶対一度触ってるよねw

リアシートも外してあった車両なんだろうか?シートベルト変えてあるからその時

残したままだったのかな?

 

ブーツ破れ。

80もそろそろそんな時期です。

同じ作業、増えてきました。

 

でも70に比べたら全然持ってます。

70の場合もう2度目、3度目の交換が多い。

80もそろそろ御覧のようにラックからのオイル漏れが始まって

それでブーツが破れてくるのかもしれませんね。

先日もラック交換したし。

 

 

 

さて、愛知県のコロナ関連。

明日から緊急事態宣言が解除される、と言う話が午前中に入ってきました。

でも正式には明日、解除するかどうかの諮問に変わったみたい。

最近、東海3県はほとんど感染者が現れなくなってきましたから

そろそろ・・・って感じも致します。

 

それに準じたかどうか分かりませんが

週末入庫の連絡が次々に入りだした感じ。

逆にちょっとびっくり。

 

今慌てて動き出すとまた2週間後?3週間後に感染者増えてしまうかもしれないので

とりあえずは慎重に構えましょうね。

 

もうそろそろ6時で帰る、日曜は休みって言う体に優しいシフトも終わりかと思うと

ちょっと残念な気もしますが、今日みたいにじっくり車に向き合ってると

もうこんな時間になっちゃってますしね。

 

 

とりあえずは明日までにほとんど仕上がる予定です。

ちょっとした純正部品がまだ納品されてないのでそれ次第かな。

 

 

こちらの車を約1週間お預かり。

そんなに大きな作業は無いのでそれほど時間も掛からないはずです。

 

この他にも午前中に70のエアコン関連の車両が来たのですが

どうも二つの故障が重なっているような感じで、もちろん両方直さないと

冷房は出ないんですが、全部やるとお高いし・・・

とりあえず様子見、、と言うか簡単な方から進めましょうか?と言う感じ。

 

ガス補充して入ったけど、冷えない。

エキパン、詰まってるかも?

暖房が出続ける。サーボかも?

とか。

 

予算が厳しい人なので簡単な方を修理して、それで直らなければ

今年の夏は我慢するかもしれない、、と言う感じに。

早ければ来週入庫です。

オイル交換時期が過ぎてたので、ついでに交換した感じ。

何気に毎月この車来てるような(笑)

 

明日も2台のご予約。

以前のような感じに戻りつつあるように思うのですが

油断大敵。

この愛知県はここ数日感染者が出ていないので気は緩むかな。

かく言う私も精神的に緩みがちだし。

でも外出は控えてじっとしますね。

 

昨日の80スープラを本日は納車前洗車。

 

磨くとやっぱり目立つなぁ〜

ブレーキキット!

こちらはリアの330ローター。

こちらがフロントの355ローター 6ポッドキャリパーです。

 

先月から複数台、キット生産の依頼が入ってます。

ありがたいことです。

 

そして先ほど入荷しました。

GRスープラ用エンジンオイル。

0w-30の粘度

 

今回のGRスープラにはこれが一番合うのではないか?

とお勧めして頂いたオイルです。

粘度的に70や80にはちょっとお勧め出来ない感じ。

 

今週末に交換予定です☆

 

WAKO,Sさんはこの辺の営業所はコロナの営業で25日からもうGWに突入するようで。。

昨日は近くの自動車学校も閉鎖になったので給料4割カットと時々来るO君が言ってたなぁ。

ここも時短や日曜休業とかはしているけど、気が付いたらGWがすぐそこだ。

休みの予定を考えないと・・・

結局外れなかったプーリーだけど、ここのオイルシールだけは交換しておかないと

ここからオイルが漏れる事になってしまう。なので新品交換。

 

W/P周辺のウォーターホースもこの際手が入りやすい時に新品に交換です。

 

上側のウォーターホースもついでに交換。

 

こう見ると、オルタネーターだけオイルまみれな感じ。

今回オルタは交換せずにそのまま戻してます。まだ充電出来てるし、ここだけ後から交換可能だし。

 

オイル汚れの部分とそうじゃない所の違いは一目瞭然ですよね。

 

で、カムカバーのガスケットと周辺のベンチレーションホースも全交換。

ハウジングコネクタも2個だけ新品に。

大抵この辺がパッキパキになって寿命が来ている所。

 

先ほどになってようやくエンジン本体だけは組みあがる事が出来ました。

明日にはエンジンは掛かる状態に出来るかと。

 

 

さて、明日はこんな騒動のさなかに2台のご予約が。

2台とも急に予定変更になった車両なんだけどネ。

それが無ければ明日は休む予定でもあったのだが、どちらも午前中だから

先に来た方・・・いや、納車が優先になるかな。

そうしないと入れ替えできないし。

いやでも早い物勝ちかなぁ〜。

 

 

定時まで働いたの久しぶり・・・

やっぱり外れません・・・時々カムプーリーが外れないエンジンあるけれど

今回もか。。これは残念。。

 

今回は鉄パイプ延長してこんな風に力を入れてみたけど、それでもダメでした。。

これ以上は破壊してしまう可能性があるので諦める事に。。

あ〜、なんかむっちゃ悔しい。

 

これが外れないと反対側のカムープーリーを外してもカバーが取れないので

オイルシールの交換が出来ないんですよね。。

 

なのでウォーターポンプを外しました。こっちを交換。

80スープラは見た通り、普通のウォーターポンプです。

JZA70と違って金額も普通です。

 

ガスケットのカスをペーパーで削って新しいのを装着予定。

明日にはエンジンは組みあがるかな、って感じ。

 

終わったらアライメントを取らなければならないので納車は来週になりそう。。

 

 

 

話は変わって。

緊急事態宣言が拡大しましたね。

この愛知県も独自の営業自粛で50万円の給付金。

ここのような自動車販売業で登録してある店舗には影響ないみたいです。

 

なので本当に自粛ですねw

 

今週はかなりゆっくりとしたペースでこのJZA80を触ってましたが

それ以外の入庫とかもありません。

 

この先、どうなるんでしょうねぇ〜?

細かい部品が到着したのは午後だったけど・・・

今日入ってくる予定だったので先にラックを取り外し。

 

80のラックと言うよりはこの車両、色々と固着が多くて今回はステアリングシャフト

が全然抜けなくって大変だった。。錆による固着なんだけど、80の場合はラック周辺の

細かいパーツを色々と外さなければならない所が面倒と言えば面倒。

ただラック本体は直接メンバーに固定するようにも作られているので、戻すのはちょっと楽だったりする。

 

ラックが降りている間に・・・

ターボオイルホースの交換。

流石にここまで外れていると楽だなぁ。。いつもと大違い。

 

今回の苦労は古いホースがくっついててなかなか取れず、千切れたりしたけど

パイプ部分に小さなのが残ったりしたから、そう言うのを取り除く作業に時間を取られる。

 

交換完了。

周辺も掃除。

エンジン底部の汚れとかなんかもラックが無い間に綺麗に清掃。

 

オイル漏れ箇所は残るはカムのオイルシールだけっぽいんだけど。

 

最後はラックの組付け。

ラックの下にある黒い金属のプレートみたいな所にオイル汚れとか砂利があったけど

その辺も外してる間に丁寧に清掃。

現在めっちゃ綺麗な状態です。

 

さて、本来は今日にでも完了しているはずなんだが、

やっぱりVVT-iのプーリーが外れないよぉ・・・どうしよう?

ここは閉じちゃうことになるかなぁ。。

一番やりたい所でもあったんだが・・・

 

昨日のエンジン修理の続きをやりたいんだけど、部品が全部到着してないのに加えて

やっぱりVVT-iプーリーが外れない。どうしようかな・・・(汗)

 

仕方が無いので他に出来る部分を取り掛かったのだけど、まずはラック修理。

普通に垂れるくらいまでの漏れ。

ほぼ完全終了と言う具合。

こちらもリビルト品が既に届いているのでさくっと交換〜・・・と行きたかったんですが

これを外した際にやりたいのが80でもターボオイルホースの交換。

 

ガスケットが到着してない・・・

ラックだけ外しても急な移動が入ったらヤバイしなぁ。。

と思ったので今日はばっさりここで切り上げを決意。

 

自粛・・・と言うよりもほんとに自主的に今日の営業もPM18:00までで帰ります。

今日、全然知らない外国人がマスクも無しにやってきて、外国人って声もでかいし

日本語も分からない部分あるしこういう時マジ困る。

久々にこっちが怒鳴ったよ。お前はマスクも無しに勝手に入ってきやがって!

出てけ!って感じ。勿論全部英語で。

 

こっちが気を付けてても危ない事は危ない。

 

今日の通販の発送はお隣の小牧市へ。

勿論、顔馴染みだし直接渡したい部品だし、色々来てくれれば会話もあるんだけど

お互いに気を遣って今回は近くても通販で発送しよう、と言う感じに。

勿論、売り上げ落ちるし経済的に〜・・・とかもあるんだけどさ。

 

WAKO、Sさんも気を遣って「密」は避けてくれるのに。

 

開けてるとそういう事もあるから自分的にも気を引き締めるべく早仕舞いさせて頂きます。

先週の続きです。

今日は色々と終わらせようと目論んでいたのだが・・・

 

エンジンオイル漏れ修理

メインはこれ。

 

クランクと言う難関は私にとっては通常手順なのでここまでは問題なく

クランクオイルシールも交換。

それにしてもけっこうなオイル漏れ状態。

ずっと気になってたんだよね。

 

で、清掃。

 

今度はカムオイルシール交換を・・・と言う順番になって、エンジン上部を色々と外し始めたんですが。

様々な所がカピカピになってて、、、ホースは割れる。

プラ部品も割れる。色々と壊れる・・・と言ういつものアレはまだ想定内だったが、

それにより取り外しが難航し時間が経過していくんだよね・・・

 

で、カムカバーを先に外してVVT-iプーリーを外そうと試みたんだけど。

 

全然何やっても外れません・・・

 

プーリーの周りにある10mmのボルトは抜いたらダメなヤツです。

真ん中の14mmの6角の蓋を先に外して、その先にある10mmの6角を外すと

プーリーが外れる構造なんですが。

 

その真ん中の10mmの6角が外れません。

 

なんで?

 

カムに直接工具掛けてレンチに鉄パイプ延長させてやったけどダメ。

これが外れないと次の作業に入れない。

つか、一番オイル漏れしている原因はこの奥のカムオイルシールなのに。。

 

二つのプーリー外してカバー外して内部確認も出来ないし、カバーが外れないと

W/Pの交換もとっても面倒な事になる。

 

さぁて・・・どうしたもんか。。

 

明日もう一度気合入れて回してみるけど、ナメたら最悪だな。

 

止める時は8,1kgのトルクの所だから、こんなに硬いはず無いんだけどなぁ。。

 

追加の細かい部品は明日の午前中に発注すれば明後日には到着すると思うけど

これ出来なかったら困る。

 

 

今日はずぅ〜〜っとこれで気合入ってたのですっかりコロナ騒動を忘れてたよw