彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

ブーストUP仕様の80スープラ

先ほど一般整備は終えた所です。

これは車高を上げている所。

 

誰も乗ってないと9cm確保してあるけれど、私が乗ると0.5mmほど下がるようで。

。。。まぁこれくらいにしときましょうかね。。。

 

既に350ローターの6ポッドキットが入ってますが、パッドは残量半分くらい。

交換後2,4万卍使ってそれくらいの減り具合なので交換は目安で4万卍かな?


火曜日にラインを通ります。恐らくそのまま合格出来るかと。

Vベルトの亀裂が随分多いので交換予定で、それやっても水曜にお返し出来そう。

細かい部分はあるけれど、現状こんな感じで既に全オイル交換、クーラント、ブレーキフルードも

交換済みです!

 

 

 

今日の話題はもう一つ。

本日到着致しました。

神奈川県のディーラーさんより。

 

どうも1Gエンジンのパワステ高圧ホース。

勿論、修理する予定なのですが、パッと見てU字になってる部分があったり。

おや?ここはどうなってるんだ?

って思ってゴムのカバーをめくってみたら、U字部分は金属パイプでした。

なので高圧ホース部分はストレートで大丈夫そう、良かった。

 

ただMA70やJZA70と違ってホース部分が3か所あります。

なのでお値段がいつもより上がってしまいますね。。

 

グレードによってやっぱり形状とか違うなぁと改めて実感。

でも出来れば1Gが加わる事で70スープラは全部出来ちゃう事になりますね。

来週頑張ります。明日の月曜が休みなので火曜から始めて水曜には終わらせたい所。

 

 

最後に、昨日書きたかったんだけど、サブちゃんご夫婦が来られていたので書けなかった内容w

某部品の製造なんですが、企画から色々と動いていたんですが、

金曜日に頂いた概算見積もりで金型代がやっぱりと言うか想像以上に高値になってしまってました・・・

 

生産ロット数は300台分。

計算上、私が考えていた販売価格で200台分売れればようやく元が取れて、それ以後利益が出る感じに。

(今まで掛かってる雑費は抜いてね)

事業としては赤字になりそうだな、と。。

スープラだと全年式に使用出来る純正が生産廃止になっている部品なんですが、

製作は厳しい事になりそうな気配に。。

こう言う時改めてメーカーの予算の偉大さを知る。

 

と言うかどうやってそれで利益出してるんだ?って思ったりもするんだが。

自分的にかなり期待していた部品なのでこれがリリース出来なくなると辛いなぁ。。

単価は下げてくれたんだけどやっぱり金型って厳しいなぁ。。

 

 

 

今日の疲れ具合。

そんなに力仕事無かったし変な姿勢にもならずに済んだんだけど

天気が雨で蒸し暑く、異様に汗が出て嫌な感じ。

80も終わったし、今日はこれくらいにしておきます。

 

火曜は某部品のテストとかもあるのでそっちに集中!

例の車ですw

車高が思いっきり上がってます。

 

最低地上高はクリアしてるんですが、何故上げているかと言うと・・・

テスターに入らないから・・・(汗)

フロントバンパーもしっかり取り付けられていて、着脱が不可能風。

これだけ外せば入りそうだったんだけど外れ無さそうなので車高を上げて調整する事に。

 

相変わらず普通じゃないw

 

今の車高調の状態だとここまで。

こぶし1個分程度ですねぇ。

 

後ろもすっきり状態w

 

 

それに加えて。。

こちらも同時進行です。

キーシリンダーを取り外しました。

明日の昼頃に取りに来てくれるようで。

現在はシリンダーに鍵をさしても右も左も全く回りません。

 

これが使えるようになったらリモコンの方は動かなくても良いのかな?

裏側見ると運転席と助手席はやっぱり逆なので中身だけ入れ替えとか出来るんだろうか?

裏側の画像はカギ番号が書かれてるのでUP出来ません。

 

 

 

もう一台。

日曜に入庫してきた70スープラ。

今日調べてみた所、スポット溶接は剥がれてないみたいです。

なのでぶつけられて板金修理された際に表側はそこそこ綺麗にパテも入って修理してますが

タイヤハウス内だったので見落としていたのかな?

でも下塗りをかなり厚く塗ってあるので最初から修理する気が無かったかもしれません。

 

金属の隙間が空いている部分だけ軽く下塗りを剥がして状態確認します。

そこをまるっと全部半周溶接すると大変な事になるので、スポットが生きているなら

そのまま埋める方が良いかも?

これはもう少しやり始めてから判断しますね。

 


 

久々にこちらの車両。

配線図も入手出来たのでじっくり朝からやってました。

 

自分でコネクタから導通確認等した資料とはばっちり合ったのですが

2本不明な配線があって、それがドアキーの配線なのではないかと。

 

そして

やはり配線で切れてそうな部分を再確認して色々と試したんですが

配線は繋がってます・・・

 

ちなみにスイッチも、外した状態でカーテシ押してリモコンキー押しても

助手席側は動くので、スイッチは壊れてないと思われます。

 

配線はドアを外して全部ハーネスを取り出した状態には持って行ってないので

何処かで切れてる可能性は否定出来ないけど、切れてそうな部分のチェックは出来てるしなぁ。

ハンダ付けの所もちゃんと繋がってたし。

 

アクチュエーターかな?

でも配線切れだと思うんだけど。。

ドアコントロールリレー?

80ってけっこうやっかいな所に付いてたよなぁ。。

そっからドア方面に行く導通確認出来るかのチェックに以降ですね。

 

この辺は70の方が簡単だな。。


 

色々あったみたいですが、まとめるとこんな感じでメッセージが入りました。

 

タービンが回り始めてから暫くして加速が鈍くなる

3000回転で気持ち悪いほどビタっと止まる 120キロ以上出ない

ブーストが抜けるような失速

配管抜け等は見られる限りチェックしてみた

 

との事。

 

80で時々見られるタービンブローの場合、

プライマリーが回ってセカンダリーが入る瞬間にブーストが抜けて

ブーストが0に落ちるような症状なのでちょっと違うな?と。

オーナーさんは既に純正のタービン交換を考えていたようだけど

確認するまで部品購入は待ってって伝えて(ちょうどオークションに出てたみたい)

 

そして昨日入庫。

 

私が横に乗ってオーナーさんに全開で踏んで貰ったんですが

セカンダリーに切り替わってもブーストは上がって加速感はある。

 

これで、タービンブローは無い!と勝手に断定してからチェックを進めます。

 

昨日は調子良くなったらしいけど、ブローしたタービンが復活する訳無いので。

 

 

で、この車、去年当店でE-manegeアルティメイトにて現車合わせでセッティングした車両。

した理由はそれまでブーコンだけ入ってて、ブースト1.5と言う危険な数値で遊んでいた為

ある意味デチューンでブースト設定を下げて燃調を取った経緯があります。

勿論、遅くなるんだけどね。確かにあれだけブーストを掛けるとむっちゃ速くなる

事は私も体感したんですが(と言うか何かの折に預かった際に、気持ち悪いくらい速かったから

オーナーに確認したんだけどねw)やはりそれは危険な状態。レッドゾーンに入り込んでます。

 

その時、センサー類も故障して、アクセルを踏んでもアイドリング状態になったりしていた車両なので

また何かセンサーとか壊れて制御入ってるんじゃないかな?とかも考えていたんですが、

社外のブースト計が今壊れていて、今回の症状が出ている時にどんなブースト値なのか分からない。

 

・・・と言う事でブースト計を付ける所から始めました。

 

 

先ほど取り付けが終わったので早速自分で走行確認。

すると・・・

 

ブーストが0,5で止まってそこから加速が鈍くなる。

・・・ん?ほんとにタービンブローか??

その後どんどん調子悪くなって、今度は1500回転以上回らない。

やば、なんか駄目っぽいな。

最終的にはエンストするかしないかギリギリの状態にまでなっちゃった。

 

なんとかガレージに戻って再度確認。

 

何を確認するかと言うと、やっぱり配管抜けです。

エンストぎりぎり、、って所で気が付いたんだけど、ブースト計のセンサーを

何処に付けようかな?って思って、1本配管抜いて動作確認する際に、妙にエンジンが弱弱しくなった

のを思い出したので、まずはそこの確認から。でもそれは大丈夫だった。

 

そして目からウロコと言うか・・・

インタークーラー配管。社外品っぽいですが。見た目は普通なんだけど・・・

 

引っ張ったら抜けましたw

 

確認してみたら、クランプが駄目になってました。

 

先ほど繋ぎ直して走行チェック。

むっちゃ快適にブースト掛かります。ブローではありません!

 

なんだ、結局は配管抜けか。

原因は高いブーストで抜けたと言うより、クランプの劣化で壊れたって事でした。

 

昨日調子そこそこ良かった理由は完全には抜けて無かったからだったのね。

 

 

これで壊れたブースト計を外して新しくし、半年以上交換してなかったオイルを交換すれば

納車OKです。メンテだけで済みました!

 

壊れて無くて良かったよ☆

 

それにしてもチューンしていくと、メーター1個でもホースの取り付け配置を考えちゃいますね。

大森のメーターが壊れてそれがEVC配管に噛ませてあったのでそのまま使うか別移動するか、とか。

圧力センサーとかも付いてるのでその辺は避けたいな、とか。

 

後はオーナーさんとメーターの位置確認等で終了出来そう。
 

部品、到着しました!

排気側のタペットカバー新品です。

当たり前だけどむっちゃ綺麗。

 

このカバーからホースが外側に1本、内側に2本出るのですが、

それも新品に交換です。理由は外す際に割れてしまうので。

これは先に発注済みだったんだけどね。

ちなみに外側に出るホースは前期と後期で違います。

後期はワンウェイ構造っぽくなってます。

これだけメーカー在庫なので入荷はやや遅くなります。

 

まぁここまで揃えばあとは組むだけ。

で、さくっと完了。

ラジエターも入れて配管も全部繋いで。

一番面倒なのはカムカバーの後ろの方にあるやや太めのホースかなぁ。

HIDとか後付けで加工されてたりするのでその辺も元通りに。

現在はエア抜きしてます。

 

最初はアイドリングも弱弱しい感じでしたが15分くらいで通常の状態に戻って。

ECUが学習したんでしょうね。

 

これでリフトから降ろせる(笑)

明日はエア抜きの続きをやって電気系の修理の続きを致します。

2JZはエア抜きに時間が掛かります。特にNAは一旦熱入れしてから

ラジエターキャップ外して強制的に抜いたりしますよ。

 

さて、この時点でまた一つ懸念事項が。

リモコンキーを操作すると、運転席だけ動作しない・・・

窓の開閉はOKで助手席側の鍵は動いてる。

何故・・・ドア配線が随分くたびれてたのでもっと全体的に繋ぎ直しと言うか

引き直ししないと駄目なのかなぁ。。

 

とりあえず動けるようになったのでかなり気は楽になったかな。
 

触ると予想外の何かが壊れたり謎な部分が出てきたりで嫌な予感はしていましたが。

 

・・・今日の作業。

カムカバーを清掃し新しいガスケットを装着していざエンジンに組み付け途中。

 

・・・カムカバーが割れました・・・

いやはや、さすがにこんな事例は当店でも初めてです。

周辺のゴムホースなんかは信じられないほど硬化していてバキバキ状態だったけど

ここまで熱が入ってる?そんな事あるの??

 

排気側手前のガイドラインがある所。

流石にこれは交換です。。部品在庫トヨタにあるかな?生産廃止だったらヤバいな。

来週問い合わせ&発注掛けます。

 

作業中にホース類はもっと交換しないと行けない事が判明したのでそれらも同時に発注予定。

う〜ん・・・チャレンジングな車だなぁ(苦笑)

 

 

本来なら二日で終わる作業なのに思わぬトラブル続きで毎日時間が経過して行きます。。

 

 

この部品はかなりオイルで汚れていますが清掃して再使用するのが普通。

去年だったか、同じく2JZエンジンの車両はこれが熱で変形していたので

新品入れました。新品入れると見た目は良いんですよね。

 

2JZってエンジンの発熱が1JZより高いのだろうか?

 

 

エンジン下回りの部品の組み付けだけやって今日の作業は強制終了になりました。

 

う〜ん、世間一般で考えると、70も80も年式的にあんま変わんないよなぁ。。

平成5年と6年とか。
 

更に続きです。

お次はこちら。

ウォーターポンプの交換を。まぁタイベルとかカムオイルシールとか交換するなら、、ね。

 

新品と取り外したウォーターポンプ。

実はこれ、裏側が違ってました。

新しい方は水の抜け穴と言うか、ホースが刺さるようなパイピングがあって・・・

当然それは今回何も付けていません。

車検証で部品を引っ張ったんですが間違ってないよなぁ。。

エンジン掛けてそこから水がダダ漏れだったら共販に怒りの電話をするよ。。

 

2JZエンジンのウォーターポンプ交換での注意点!

オルタネーターと共締めなのでオルタも取り外しが必要です。

 

ガスケットは、サーモのGK、エンジンの後ろに向かって水が通るパイプのGK,

上下にパイプが刺さるんだけど、そこのOリング×2、エンジン真ん中のOリングが

必要です。

これはASSYに入ってました。何故かサーモのGKが2枚入ってたけど間違い?

それともやっぱり違う車のW/P?

1JZエンジンのだと全部は入って無いですからね。別に注文が必要です。

 

この車両、ATだったので更にATオイルクーラーへ行くパイピングをずらしたりとか

の作業も追加で出てきます。。

水が入るホースが1本あるのでそれも取り外します。

 


外した状態はこんな感じ。

ブーストアップされてました。配管綺麗に収めてあるなぁ。

この真ん中のOリングはずれないようにするのが面倒。

当店では液体ガスケットを塗って先に貼ってしまいます。

 

新品装着!

オイルで汚れたW/Pとはこれでおさらば。

 

ここまでやって今日は時間切れ。

 

う〜ん、とっくに終わっているはずなんだけどなぁ。。

 

明日はタペットカバーを装着して(ガスケットもシールワッシャも交換して)

タイベルをはめる所までやる予定です。

それ以上は・・・部品が火曜日まで来ないので一旦リフトの上で停止状態。

 

部品が揃ったらラジエターも装着してエンジン始動。

例のウォーターテンプの配線修理とか、、まだまだ掛かるな。。

予定外の作業がここまで来るとは。。

2JZももう新しいエンジンじゃないよねぇ。。

 

 

 

 

一連の作業の間に今日は3組の来店が。

何気にスープラではない車両が1台売れました。

 

忙しい一日でした・・・

続きです!

 

クランクのオイルシール交換のあとはカムシャフト・オイルシールの交換。

こちらはカム・プーリーを外した所。

いつもオイルが漏れている所ですね。

 

そしてタペットカバーのガスケットも交換するので外します。

2JZは1JZと違って前後にガイドが付いてるんだけど、それもあって外すのはひと手間掛かります。

更に奥にあるパイピングも邪魔になるしで毎回大変・・・

 

今回気が付いたのは、フューエル・デリバリーパイプが後付けであった。

更にアーシングとか社外の配線もとっても邪魔だったので部分的に取り外しを余儀なくされ。。

 

カムシャフト・オイルシールを交換です。

 

それが終わった後はタペットカバーに行きたい所だったんですが、

いつもの清掃の時間ですね。ピカピカに磨いてやる、、おや??

6番だけオイルが・・・

内側がかなりオイル汚れが来ているしタペットカバーからオイル漏れが激しかった。
これらも清掃。

 

チカチカに磨いたヨ!!

メタ兄さん、大変です!

クランクプーリーを外そうと思ってプーラーで抜いている最中に

妙にキツイなぁって思っていたら、プーラーが壊れました・・・

 

てか、ネジ穴がバカになってしまった。抜けるってヤツ。

どうしよう・・・(涙)

 

と言う所から今日の作業は始まった。

 

 

悪戦苦闘してなんとか取り外しましたよ、クランクプーリー。

これ、数年前に新品入れたので今回は交換予定では無かったんだけど

このおかげで新品を発注する事に。2度と取り外さないのであれば

このまま使っても良いけど、10数年とか経過して外す時に困りますからね。

 

原因はこの後に。

 

 

取り外した直後の画像。

エンジンオイルの漏れ、、は今回の修理内容の一つで今あっても良いんだけど

クランクシャフトの付け根を見ると、錆が酷い。

これが抵抗になって簡単には抜けなくなってしまってました。

時々あるけどプーラーが壊れたのは初めての経験。

これだけで2時間も掛かってしまうとは・・・

ほんとにこの車、何か触ると何かが壊れていくなぁ。。

 

 

気を取り直して、色々と部品を外していきます。

 

タイベルも外して(ベルトも今回は再使用予定。テンショナーだけ新品にしますが。)

クランクのシャフトのプーリーも外しました。

シャフトの周りにある茶色い部品がクランクシャフト・オイルシールです。

こちらはフロント。今回はこれを新品に交換してここからのオイル漏れを止めます。

 

それにしても・・・見事なまでの赤茶色。

今後の事も考えて、軽くペーパー当ててラスペネで磨きこみしました。

根元は大丈夫なんだけどこの部分が錆びるとプーリーが外せないと言う罠・・・


 


今日は午前中に部品の手配をし、夕方にある程度揃ったので作業開始。

エンジン本体からのオイル漏れ修理がメインの内容です。

 

まずはラジエターを外します。

80のラジエターって色々面倒でバッテリーを外してバッテリーの下の

皿も取らないと抜けてこないんですよね。更にファンのコネクタやらが

あってちょっと面倒。

でもそれは普通にスムーズに取り外しラジエターを抜いた時に事件は起こった。

 

 

あれ?

水温センサーのコネクタを抜いていたんだが、配線がそのまま抜けてるよ?

何故?なんの抵抗も無くスルっと抜けたんだけど。

 

ピンボケしてますが、2本とも5mmほど配線がむき出しになってます。

これも不思議。特にコネクタも無いし端子の接続も無いしひねった形跡すらない。

車体のハーネスから抜けたのか??

 

で、これが車体のハーネス。

既に何やら配線加工の形跡がいっぱいあるんですが、大抵はHID交換の為?

の取り回しっぽい。

この加工をした際に何かあったのだろうか??

 

で、かなり手間なんだけど純正のハ−ネスの配線を追ってみました。

 

繋がってない配線を発見。

配線の色(赤と青)だから、多分外れている配線と同じだと思うけど。

アースの白黒線も同じ所で繋がってないのを発見しております。

 

 

しかし。

 

 

両方ともに5mmくらい中の銅線が出ているんですよね。

それでいてギボシとか無いし。

千切れたって感じでも無い。

 

 

なんだろう???

 

 

不思議だ、、この車色々と難しい。。

 

 

今日はここで作業は中止に。

明日、続きでエンジン前側開けます。

 

 

機械的な修理は別なので先にそっちを片付けてしまおう。。