オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

昨日はボディ側、今日は屋根側です。

 

ウェザーストリップを外すと既に加工の形跡がありました。

ベッタベタに水が入らないようにシール材が塗ってありますねぇ。

こう言うのは全部取らないといけません。。

 

サイドのベルトモールも取り外して内側も修理です。

黄色いクリップが全滅に加えて、屋根の内装にくっついているはずのステーも

一つ千切れてましたので、それも接着加工。

 

全部折れてますwこれは本来、内張側に付いてないといけない部品なんですよね。

 

70には無くて80には付いているのが真ん中のこのロック部品。

これも何故か6角がナメてるのでASSYで新品交換です。

 

工具が空回りしますwここはロックのオンとオフのみなので回れば外れますが。

 

取り付けのボルトも同時に新品交換。(特に意味はないかも?)

もともと使われてたボルトは真鍮色っぽくて、新しくとったものはシルバーに塗装されてます。

 

ベルトモール(サイドガード)を取り付け。

新品です。最初の画像にあったような黒いシール材はありません。

実はエアロトップの雨漏れ修理って、この辺にちょっとコツがありまして、

ここでは見えない所に当店はシール材を塗布しております。

 

で、ウェザーストリップを取り付けて実際に車両に装着。

雨漏れ検査はシャワーにて。

 

随分長い間水を掛けましたが、止まっている状態では雨漏れ無し。

この後、前後に動かしましたが今の所漏れは無いようです。

 

ただ走行すると歪みがあるので漏れるかもしれません!

 

ウェザーストリップ前後と屋根の左右、すべて新品。

屋根のサイドガードも新品、その他クリップとかロックとか新品で出るものは

全て新品部品を投入です。

 

ウェザーが新しいと盛り上がりが強いので運転席側のドアの締まりが悪くなりましたw

 

この車両、たぶん屋根は何度か加工されてて、部分的に変形もあります。

サイドガードは角の4か所とも無理やりはがそうとした形跡があって

盗難なのか加工の際に外し方知らなくて強引に引っ張ったか、そんな感じでしょうね。

それらは今回全て新品部品を使ったので見た目は綺麗になりましたが

屋根の歪みは前より分かるようになっちゃったかも?


明日の夜納車予定です。

 

70程ではないけれど、80でもエアロトップだと雨漏れするようになりますよね。


で、まずは、ウェザーストリップの交換からする事に。

交換後。

当たり前だけどゴムの艶とか全然違いますね。

 

80スープラは単純にウェザーの交換もそこそこ時間が掛かります。

なぜならば、前後ともウェザー自体が内側からナットで留まっている箇所があるので

内装を色々と外さないと辿り着けないのですよね・・・

 

リアの場合はシートベルトも外して内装部分を幾つかはがさないと、そこのナットまで

辿り着きません。

フロントは風よけとかピラーとかサンシェードも取り外す必要が出てきます。

 

こんな感じで片側2か所ずつ、前後で合計8個のナットを取り外し、再利用。

ネジはウェザーに入っているので、交換の場合は新調する必要は無いです。

古いのを取り外す際は中に入っている鉄板が曲がるので、再利用は不可だと考えてくださいね。

まぁウェザーの中古を欲しがる人はいないと思うけど。

 

リア側は水垢がたくさん付着していたので綺麗に拭き上げました。

 

フロントは・・・

所どころに錆が浮いてます。

主にスポット周辺かな。

この車両はフロント側が割と水が溜まっていたので漏れているのはこちらかもね。

 

今日はたまたま雨だったので水の通り具合が少しわかる状態で始めることになりました。

 

これも外さないと着脱不可能な構造です。

70より進化してますね(笑)

 

 

今日は前後に新品のウェザーストリップを入れて、内装等を戻すところまでで時間切れ。

明日は屋根本体側に手を入れる予定です。

 

 

・・・明日から父親の入院の関係で全日お店にいないのでちょっと急いでやらないとね。。

GW前の飛び込み整備がかなりたくさん入ってます。

10連休なので帰省とかする前にオイル交換とかを考えている方が多いんでしょうね。

 

注文頂いてたミシュランタイヤは土曜日に入荷予定。

こっちもアライメントと重ねてGW前に予定組まないと。。

今日は朝からこちらの車両をオイル交換。

 

今日は都合により午後2時頃から6時頃までお店閉めてますので更新も早めに。。

 

オイル交換ついでに各部チェックはいつもと同じですが

保険の更新も同時に行いました。

 

最近は車両価格が上がっているので、車両保険も見直しする事に。

既に東京海上さんへ事前打ち合わせは終わっていたのですが、

最初に加入した時の契約書が探したら出てきたとかで、その額までしか上げられませんでした。

 

なので車両保険は120万円に。

それでも倍くらいは上げられたんだけど、ちょっと寂しい金額だな・・・

 

約6年前に当店でご購入して頂いたこの車両。

RZ 6速 その時の距離が12万卍

これで販売価格が120万円でした。

 

たった数年で3倍くらいに相場が跳ね上がりましたよね(汗)

 

冗談だけど「今なら120万円で買い取るよ、損得無しだよw」

と言ってみたら当たり前だけどオーナーのK君は「売りませんwww」と即答。

 

最近は事故だけでなく、盗難とか車上荒らしとかあるので

車両保険が効いてくる事もあるからやっぱり大事ですよね。

年齢条件とか等級とかあるけれど、一度使った人は保険金とかあまり高いと思ってない世界だし。

 

 

先日書いた、生産廃止部品だったのはコレです。

タワーバーの下にあるプラ系のこの部品。

 

車両には丁寧にネジ留めされているので流石に私も持ってないな。

探してもこう言うのは単体では出ないだろうなぁ。

最近は80の解体車すら出てこないですからね・・・

無くても走行に影響は無いけれど。

 

 

 

昔の話をしても意味ないけど

RZ6速で当店の最安値は70万円でした。

無事故で内装・外装は綺麗な車体でしたよ。

前オーナーさんがここで直接営業して来店してくれた人に売ってくれたり(笑)

 

 

さて5年後の相場はどのように変化しますかね?

 

 

古いカーセンサーで自社の物件見ると

平成5年式最終JZA70ターボR5速 10万勸焚次―ど無しで35万円ってのもあるしね(汗)

 


そう言うの知ってるから最近は車両販売に躊躇しちゃってる感じです。

今日は朝一でこちらの車両のオイル交換。

 

エンジンはターボ、そしてエアロトップ。

 

この内装写真を見ればグレードは分かるはず(笑)

運転席が社外シートに変わっているのは、80スープラあるあるの

電動シート故障のために入れ替え。

 

エアバッグ、オートスポイラー標準装備。まぁリアスポもこのグレードは標準でした。

 

1オーナーです。

 

 

 

オーナーさんと先ほどまで車談義してたんですが、

当時はZ32を新車で購入し、車検が来るのでこの車両に買い替えたとか。

Z32がTバーだったのでスープラもエアロトップを選択したようです。

 

・・・バブル世代あるあるなんですよね。車検で新車を買い替え。

その時の縁からこの車両とも26年のおつきあいになったそうで。

 

もうすぐ販売される雑誌にでっかく掲載予定だったりしますw

 

 

 

新車が好きか中古車が好きかとか、スポーツカー関連の話とかしていたんですが

80スープラが新車で売られていた頃の小話を一つ。

 

当時はスープラはカローラ店で販売されていました。

とある愛知のカローラ店の新入社員になったH君と言う方が当店で70スープラをご成約。

納車の時にちょうどアメリカ出張が入っていたので頑張って渡米前に納車して・・・

空港まで載せていって貰ったんだったかなぁ?そんなような記憶がありますが。

その彼とは良いお付き合いをしてましたので80スープラの新車販売も請け負うようになった経緯があって。

 

その時流れてきたFAXの内容の話題も今日出たし、探したら当時の資料があったので

ちらっと掲載しちゃいます。

 

スープラ カウントダウンキャンペーン

最後の新車を購入にあたって腕時計にネーム入りのプレゼントをしてくれる企画。

恐らく全国規模だったと思いますが、納品は松坂屋なのでひょっとして限定なのかな?

これが当時の資料。

この時私もほぼ契約するところまでは行ってたんですが、

希望として前期のデフを最初から入れてほしいなぁって要望してたんですが

それが通らず、(もう少し希望を言うと、エンジンもVVT-iが無いのが良かったんだけどネ)

悩んでいる間に新車受け付けは終了。

その後は皆さんがご存知の通り、スープラと言う車両は新車のラインナップから姿を消しました。

 

 

不況と言う文字が普通に使われる時代

バブルが崩壊してスープラの生産台数も年間500台を割り込んでいたけれど

最終型は500台を超えた記憶もありますよ。

トヨタからしたらセンチュリーよりも売れない車の存在が面白くなかったのかもしれません。

 

 

それから時代は大きく変化し、自動車業界も信じられないほどの技術革新があり、

考えられないような形ではあるけれどそのスープラが今年復活しました。

おっさん世代としては色んな過去の思いがそれだけで蘇ったりするものなんです。

 

新車を買い替えていた時代のオーナーさん、Zの新型が出たらそれにするつもりが

時代の要望でスポーツカーがなかなか出ず、ずっとスープラと長いお付き合いをしていたけれど
実質リタイヤした現状だとここで新車を購入・・・とはなかなか難しいかもしれませんね。

今日の80を見ながらつぶやいた「この車はこれ以上良い状態にはならないですからね」

と言う言葉に私は「機械ですからね〜」と言うのが精いっぱいだった。

 

 

あの時、80の新車を買い損ねたからな〜

と言う思いは今でも残ってますしね。

 

本当に色々思う所があるのだよ(笑)

今年は80スープラが多めに入ってきてますね。

 

普通に考えれば年式的に当たり前の事だったりするんですが

80は当店以外にも触っているショップが多いので分散されている印象が強いです。

社外パーツも豊富ですしね!

 

 

今回は純正内装部品。

内装関連は早々と打ち切りになるものが多いので今回もダメ元で問い合わせ掛けましたが

ほぼアウトでした。

 

欲しかったクリップは全部揃って、ウェザーストリップも確保。

ウェザーはまだ出るものもありますし、サプライヤーさんからの情報だと

再販の可能性も割と高いようで、何気に復活しているものも出てくると思います。

何処が作っててどう言う経緯で製造されるかとか、全部教えてくれるサプライヤーさんが

お客さんだったり・・・w

価格は変更されるみたいですね。

 

 

今回一番欲しかったのが、スペヤタイヤとリアシートの間に入る部品です。

普段はカーペットの下にあるのでなかなか見る機会がありませんが、

その部品が入ってないとカーペットも凹むし、カーペットが無い車両だと

ボディが丸見えになります。

機能パーツでも何でもないので走行に全く影響はありませんし

普通それを取り外して走行する人はまずいないでしょうから、これらが再販される事は

無いだろうなぁ。。

 

そのスペースを活かして何かに活用出来れば良いんだけど。

昔はCDチェンジャー入れたり小さめのウーファーとか、オーディオ関連の

スペースにすることが多かったですが、近年CDと言う存在が若い世代には

有り得ないモノになってるようですしね(私はいまだにCD買う派だったりしますがw)

 

 

 

 

昨日のコメントから。

お二人とも凄いな・・・あれだけで壊れている部品を想像出来てしまう所がベテラン70オーナーかと。。

長く乗る為の情熱とかはそう言う何気ない所から感じますよ。

 

 

で、その写真を張り付け。

正解はエンジンマウントでした。

JZA70の場合、右側だけちぎれている車両を多く見かけます。

去年辺りからオーナーさんの車両にも新品のマウント交換する方が

ちらほら出てまいりました。

 

この車両は1cmほど前にずれちゃってますね。

ちなみにこの奥にあるオイルホースも破れている可能性があって

その周辺はオイルまみれ(漏れ)になってます(苦笑)

一番右の方に写っているオイルホースが縦に伸びてるやつですね。

 

エンジンを吊るのにボンネットが邪魔になるので、それさえ無ければ

もう少し気軽に交換出来るんだけどなぁ。
 

 

個人的にそろそろ困りだした部品は、今はテールレンズかな。

流石にあれは型代だけでちょっと厳しいし。

 

常連W君の新しい愛機。

80スープラなんですが、ちょっと変わった一台です。

 

 

正面から見るとヘッドライトが後期でウインカーが前期(一応、ポジション球加工済みだけど)。

インタークーラーが見えているのでターボ。

 

今日はメンテ。

TRDのホイール復活。

 

エアロトップです。

 

6速です。

 

純正エアバッグ無しモデル。

 

去年オークションで20万円以上で落札したTRD前期メーター

 

 

さて、どこが不思議な仕様なのか分かりますかね?

という事でグレード当てって表題にしてみました。

当たっても賞品は特にありませんw

 

 

今度改めて書きますが、今年の4月20日(土)に

アメリカからスープラオーナー5人が当店を訪問にやってきます。

セリカXX(あっちで言うSUPRAマーク2)に乗ってるオーナーさんも。

 

いろんな車を見たがっているのでお時間ある人は訪問して下さいませ。

 

XXには2JZが載ってました。ほんとあっちってなんでもかんでも2JZ載せるよね(笑)

みんなあっちでどんなスープラ乗ってるんだろう?
 

今日はK君のオイル交換。

ペース早い(笑)

 

早速目に入ったのがこれ。

おおぉ、、私にとってつらいフルバケシートw

しかもサイドサポートが随分高い位置のタイプ。。

フルバケは乗るのも大変なんですが降りる時に腰から下が固定されたまま

捻るので腰痛持ちにはハードル高いものだったりします。。

 

 

リフトに上げてすぐに気が付いたのがブレーキローターの酷使具合。

写真だと分かりにくいんだけど、パッドの焼け跡がくっきり出ていました。

 

分かりますかね?

 

先日ショートコースのサーキットを走行したようで

純正の17インチキャリパーが持たなかったようで。

因みにパッドは前後ともエンドレスのCC−Rです。

 

表現難しいけれど、それが効かないっていう意味じゃなくて

10周持たなかったって感じ?

どんどんABSが働くようになって行ったようで冷めるまでダメだったとか。

3周目からおかしくなったって言ってたかな?

 

最近メンテに来る若いオーナーさん達は走る子が増えてる実感があります。

70のK君とかもステアリングの切り角とかの話を出してたし。

 

ここんところメンテ方面の話題ばっかりだったので

昔みたいに走る話題が増えてきててそれはそれで嬉しいな。

走った後はちゃんとオイル交換にも来てくれているし

これをやりたい!って言う方向性もしっかりしているので自然とこちらも

刺激を受けますよ。

 

今回の80はブレーキの状態にちょっと驚いたけどタイヤは綺麗なままだったのも

また不思議。ABSで下手にこじらないからだろうか?ネオバですが。

 

ほんとにすっごい前の話だけど、富士SW(コース改修前)だとコースインして

2周くらいで70のフロントブレーキが効かなくなってピット戻って燃えたりとかあったし

ポルシェだとブレーキは何の問題も無かったけどタイヤがドロドロになって

走っててグニャグニャ感で変な感じになったり。

あの時一緒に鈴鹿を走ったのは80のひぃさんでした。

 

70のK君に言われてPS4のグランツーリスモで当時と似たようなセッティングにして

ゲーム上で走らせたら、挙動は色々と違ってたけどタイムはゲームの方がタイヤ滑って踏めなくて

7秒程遅かったですw
 

 

70も80もあれから随分時間が経って、今サーキットで使い続けるとどんな壊れ方するだろうか?

車だけじゃなくて自分自身も今走ったら・・・簡単にクラッシュとかするかなぁ?

 

とか思いながら先ほど今年のF1開幕戦オーストラリアをCSオンデマンドで見てましたw

本日は80スープラRZのクラッチ交換。

 

これが取り外した状態だけど、内側で部分的に痛んでいる所はあるけれど

まだ使えるかな?って状況でした。

これで25万厂妓魎垢辰得┐い隼廚い泙后

 

エンジン側

最近はMT降ろしたらこっち側もついでにやりたい作業が。

 

パイロットベアリング。

手で触った感じだと普通にベアリングの機能は果たしている感じ。

ただ見た目で古くなっているのは分かりますね。

 

フライホイールを外して先に汚れを落としてピカピカな状態に。

 

オイルシールを交換。

これもこの距離にしてはあんまりオイル漏れもさほど無くよく頑張ってくれてたと思います。

 

取り外したパイロットベアリングと新品の写真。

フライホイールボルトは緩み防止で新品はこのようになっています。

いつもこの部品の納期が掛かるから在庫は無くて受注生産なのかな?

 

今日は午前11時ごろ初めて4時過ぎに完了。

その間、来客があったり電話の問い合わせとかランチタイムを挟みましたが

2JZのターボは慣れているので変な事無ければこれくらいでイケます!

 

70と違ってこっちはMTを後ろに下げるクリアランスがある所は助かるけど

ペラを外さなきゃならない所がちょっと手間かな。

 

 

しかし80のペラって細いよね〜

これくらいでも強度が出ているのならば70ももう少しその辺頑張ってほしかった所。

デフとのつなぎ目も80はゴムブッシュのような感じで衝撃を吸収しているので

ここが壊れる事は無さそう。70はおかげで現在ペラが無いと言う憂き目にあっているので。

 

 

この車両、実際全開で走行しても急激に滑るって程では無くって

3速以上でセカンダリーが回った後に「おや?今滑ったかな?」って気が付く程度の状態でした。

それを気が付いたオーナーさんも凄いよね。

 

普通に乗ればまだまだ使用可能だったと思うけどクラッチ自体が消耗品なので

気が付いたときに交換するのが良いと思われます。

 

リフトに上げた状態のまま接続確認とかしてみたらスノーモードになっちゃったw

スイッチオフにしてもまた読み取っちゃうので実走テストは明日やります。

 

今日はこれからもう一軒来客予定なので、今日はこの辺で。

 

 

交換部品

・クラッチ板

・クラッチカバー

・レリーズベアリング

・パイロットベアリング

・フライホイールボルト

って感じでした。


 

今回のブログの内容と画像は関係ありませんので。

 

 

今日は80スープラのお話しが2つ。

 

 

現在お預かりしているタービンブローだと思われるRZ。

本日も純正部品を問い合わせした所、タービンは既に生産廃止でした。

色々伝って聞いた話では、

オーバーホールを専門としている提携業者によると

排気側の本体に亀裂が入っていなければ、セラミックの羽からメタルに交換して

対応可能だそうです。過去何度か経験がある様子。

 

ただ原因を探るにはやっぱりタービン本体を降ろすしかありません。

降ろして亀裂が入っていて駄目だった場合はそれだけでも工賃が掛かるし

どうしたものか・・・と言う状況に陥ります。

 

ガスケットキットは¥11,600でメーカー在庫はありました。

 

現物オーバーホールあるあるですね。

この件は後でオーナーさんと相談する予定です。

 

 

 

もう一つ。

オートサロンの時にもちらっとお話ししましたが、部品の再販等の件。

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、トヨタ自動車さんが部品の復刻等で

内々で頑張ってくれている人(部署)があります。

 

まだすべてをお話しする事は出来ないのですが

本日頂いた電話によると、80スープラのとある部品の再販の要望もあり

例えば再販するとしたらマーシーオートでも在庫として先に買い込んで貰う事は可能かどうか?

と言う内容も含めてお話をさせて頂きました。

 

自動車の部品はまずメーカーさんがサプライヤーさんに生産依頼をしているのですが

サプライヤーさんが型を持っていれば生産は可能だと思いがちなんですが

補給部品としてある程度の需要が見込めない限りは型の維持費(固定資産税とかも掛かるしメンテ費用や

保存の場所も必要になる)が掛かります。

その為サプライヤーさんは、数が出ない部品の場合は型の廃棄を要求してくる事がこの業界では

普通になっています。

 

メーカーさんもそのことは承知しているので、サプライヤーさんの利益も考えて型の廃棄の承認、

その後、生産廃止で品番も消えると言う順番なんですよね。

これで消えてしまうとその部品の復活と言うものは、ほぼ不可能になります。

 

 

今回、トヨタ自動車さんが調べてくれた結果、その部品の型がまだある事が判明したため

再生産を働きかけてくれています。

 

ただそれと同時に、今回が最終依頼と言う事になり、型の廃棄を迫られているのではないか?

と言う事を私が勝手に推測致しました。

その為にある程度の受注数の見込み、また当店への在庫としての買い込みの希望を連絡してくれたのかな?

と思ったりした感じです。

 

80スープラオーナーであれば、それが壊れた際には必ず必要になる部品ではあるのですが、

現状壊れてなければ今すぐに必要な部品ではない事も事実です。

ただ今後も乗り続けたいのであれば、在庫として持っておいても後々助かる存在になるかもしれません。

 

 

回りくどい言い方になってしまうのですが・・・

何の部品かも発表したいけど出来ないこのもどかしさ。

 

 

今年はスープラの年と言ってくれたトヨタ自動車さん。

全てに置いて対応頂けるとまでは思ってないけれど、

実際に既に生産が終わってしまった型への思い入れや覚悟も

我々オーナーと共に盛り上げていきたい所です。

正式に発表出来る段階が来ましたら、ご協力よろしくお願いします。

 

 

 

 

PS:70スープラでも部品の復刻を更に進めたい、純正部品の復刻を・・・

と願うものも多いのですが、先日お話ししたサプライヤーさんから意見も聞かせて頂きました。

70スープラで難しいのはとにかく既に「型」が廃棄されているものがほとんどで

型から復刻させるには部品によっては「億単位」になる。

当時の設計なのでCADのデータが無くて現物から型を取るとなると

例えば10台分集めて型を取ってもどれも微妙にサイズが異なっててマスターの型が

作れないと言う意見もあるようです。

 

トヨタ自動車さんのお方もおっしゃってましたが

「純正部品で純正品番を付けて出すのならば、現在のトヨタ品質が求められる」

と言う部分もネックになります。

 

 

 

 

当店のユニークな所は・・・

トヨタ自動車さん、サプライヤーさんに実際お勤めの1ユーザーさんが多い為

部品だけでなく本当に色んな情報の提供があって、それはとても助かっております。

 

当店に出来る事は限られておりますが

メーカーさん、サプライヤーさん、ユーザーさんの間に入って

今後もたくさん残っているスープラの維持に一役買わせて頂ければ我が人生幸いです。

 


 

本日入庫。

作業は来週になります。

 

クラッチが滑ってると言われて試乗もしたけど、初期症状って言う感じ。

過去の履歴と前オーナーさんからも前回のクラッチっていつやったっけ?

って話してたらなんと、25万勸貪戮盡魎垢気譴燭海箸鰐気った車両でした。

 

よっぽど運転上手かったんだなぁ。

 

今でも全然走れるレベルにあったし滑る時とそうじゃない時もあるし

滑る症状の時も「あっ、滑ってる・・・かな?」と言う程度。

その際にトラコンが入っちゃうので余計違和感感じるし。


リアタイヤも溝はバッチリのネオバだし、冬で寒いからスリップする事はあるだろうけど

5速とかでも時々感じるそうなのでクラッチだとは思います。

 

この距離で初交換って言うのが凄い。

 

今のオーナーさんのスープラ好きが凄いので先ほどまで車の周りで話し込んでしまってて

こんな時間になっちゃいました。

 

明日は70が2台やってきます。

 

夜も遅くなっちゃったのでそろそろ帰りますね!