オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

今日はトヨタのK君のエンジンオイル&タイヤ交換です。

 

午前中にパジェロを無事に納車して、午後からこちらの車両に。

リフトを使ってない理由はガレージが満タンだから。

一応、1台分スペース確保は出来るんだけどこの方が早いかな?って思って。

(この車両に付いているバケットシートに私が入れないと言う噂もありますがw)

 

エレメント無しなのでこれでも対応可能です。

 

タイヤはダンロップのディレッツァZ3!

今まで履いていてたネオバは本当に使い切ったって言う感じでした。

 

今日は他にも先ほどまでAUDIのポリマー加工。

タイヤハウス周辺にガリ傷があったのでついで?にちょっと塗装も。

 

 

明日はNさんの70スープラを納車して、

先ほどの電話で同じくトヨタのO君のラジエター交換も。

レッカーサービスに入っていると思うのでパテで埋めて走るよりも

レッカーで運んで下さいませ。

明日入庫だけど明日の作業は出来るかなぁ・・・

 

VOXYも部品が入ってきたので追加になった板金・塗装も含めて早めに終わらせねば。。

来週の金曜日は暇かも?って感じの詰まり具合です。。

GRスープラ関連の話が飛び交う中、70や80と言った先輩スープラのヘリテージパーツの

話題は〜!?とやきもきされているオーナーさんにも朗報?

 

 

今回は80スープラのドアハンドルのお話しです。

この部品も既に生産廃止・・・と言う噂が浸透しておりますが、

意外な部分もありまして、今日はそのネタをここでご披露します。

 

80スープラは盗難や車上荒らしが多発していて、大抵このドアハンドルが破壊され

どうやって修理しよう?車検証から部品共販通じて注文しても「生産廃止」って言われちゃった〜

 

某オークションで超プレミア価格になっている物を落札する前にこの記事を一読下さいませ。

 

この部品、本当に出ないのだろうか?先ほど実際に検証致しました。

 

当店の常連さんの車検証を少々拝借致しまして、部品商経由でトヨタ部品共販で確認した所

「生産廃止」

と言ういつものお言葉を。

と言うかFAXで状況確認も出来るのですが、そこに発注時に指定していなかった

カラーナンバー(塗装色)まで表記されています。

今回の場合は、その80が「ブラック202」と言う所まで話してないのにFAXに書かれてきていました。

(因みに202の部品の色番号は「00」になります。)

 

 

これをちょっと変化させて・・・

今度はカラーナンバーがスーパーホワイトの車両の車検証から問い合わせ。

すると・・・

 

 

現在、「メーカーに在庫1個有り」発注しますか?

と言う返事に変わりました!

 

 

 

 

なに!?

 

 

 

あるのか??

 

 

 

そう、新品のドアハンドルがまだ販売中だったのです。

生産廃止なのはスーパーホワイト以外のカラーだったと言う結論に。

 

 

80スープラオーナーさんで困っている人、車検証から発注して出ないと言われた場合は

車体色がスーパーホワイト以外の方なのではないでしょうか?

色違いになりますが、ドアハンドルと言う部品は、白塗装ならばまだ新品で供給されていますよ。

 

 

 

色違いなら塗装する事は可能です。

ただ、70のドアハンドルと違って80の場合は樹脂製の部品の為、

塗装は長くは持たない(数年で恐らく表面がパリパリと剥がれてくる)とは思いますが、

部品が無いよりは全然良いと思います!

 

ヘリテージパーツで再販されるのならば、全塗装色の復活を希望したいですが、

そんな事伝えたら間違いなく「面倒な事言い出した(汗」と思われそうですが

例えば人気色 黒、青、シルバー系だけでも復活してくれたら嬉しい所。

 

 

 

今回の検証で分かった事。

80スープラは車検証のデータの中に、その色まで登録されているようだ。

これは私も盲点でした。

 

 

樹脂だから最初から色載せておかないと・・・って言う部品なんでしょうね。

 

 

もう一つ。

スーパーホワイトのカラーでも助手席側は生産廃止になってました。

なので手に入るのは右側、運転席側のみになります。

 

 

 

 

さてさて、この画像のドアハンドルは先ほど撮影した新品未使用品です。
色が赤。さらに助手席用。

生産廃止×2の部品。

 

実は、当店に長い間在庫している部品です。

復刻に際してモデルが必要ならばお貸しする事も考えてます。

(なので今は非売品にさせて下さいませ。)

 

 

生産廃止になってしまった部品は最近オーナーさん達の間では

レジェンドパーツと呼ばれているようですが、何気にここは新品未使用の状態で

在庫しているものもちらほらあったりするんですが・・・

最近の値上がりを見てしまうと売るに売れない状態に。。

 

 

 

そう言えば、70スープラのドアミラーも当店でレストアする時は当時は

新品を発注していたんだけど、最後の方は色が「黒」しか出なくなって塗装してたなぁ。

その黒も今では無くなってしまったんだけど。

 

最後に取ったドラミラーが先日画像を掲載したオレンジに全塗装した車両の

運転席側になります。助手席が無くなって運転席だけ出た最後の1個かな。

 

今回のドアハンドルは再販って事では無いですが

埋もれている在庫部品を発見した、と言う発表でした。

本日お預かりしている80スープラの作業完了。

エンジンオイル交換と・・・

 

土台部分のエアロの塗装。

そして、リアアンダーの塗装取り付け。

グレー系って色合わせが難しい。

 

今回も太陽の当たり具合によって色合い変化が見受けられます。

リアアンダー自体も形がピッタリにならないので、リアバンパーを基準に合わせて

やりました。タイヤハウスの部分が少し浮くけど、内側にナットを入れて

取り付けの仕方に工夫した感じです。

 

こちらは明日納車予定。

 

納車が完了したら現在のお預かり車両は残り3台になります。

 

オレンジの70は来週末までにはなんとか完成出来そう。

来週の途中で黒い70を終える予定で、ワインレッドの70は・・・

まだまだ掛かります。。

昨日入った80スープラの頼まれ事の一つ。

この土台だけ装着しておいて、って事で午前中にやりました。

GTウイングの土台だと思うけれど・・・この部品は塗装無しで良いのだろうか?

とか、土台を取り付けて、後からGTウイングを留めるのってこっちにネジ切りが

付いてるのかな?と思いながら、とりあえず装着してみました。

 

現在、後ろから見るとこんな感じ。

 

そしてヴィッツの定期点検とオイル交換です。

今日は職場の面白い話をいっぱい聞かせて貰えて楽しかった☆

 

その最中に、N君登場。

夕方って聞いてたけど予定より早かったね!

 

そして・・・ロックナットが入ってません(汗)

これ見たら探しておいて下さい〜。

 

さて、明日からちょっと北海道へ行ってきます。

その為、火曜日だけ私はお休みで連絡取れません。

水曜日から普通に出勤致します。

 

北海道のオンザビートの社長(改超)さんに直接「お疲れさまでした」と

挨拶に行ってまいります。

80スープラ用リア・レーシングブレーキキットのご紹介です。

 

ついに80用のリリースに至りました。

 

これで70、80共にラインナップが揃った形になりますね!

 

ローターは330の3ピースでサイドブレーキも使用可能に。

大型4Podキャリパーを装着しております。

 

時々、フロントの大型キャリパーをリアに持って行ってブラケット等製作出来ないか?

と言う問い合わせがありますが、

ブレーキキャリパーはWilwoodのメーカー指定で

フロントとリアは構造が違っておりますので、前後を入れ替えての製作は推奨出来ません。

 

新たに加わったラインナップのご紹介でした。

 

今日は午前中にこちらの80スープラのエンジン&デフオイル交換を。

1オーナーのGZ、相変わらずこの車両は状態が良いです。

 

今度はFパイを入れようとかのご相談も。

初めて見た時はマフラーも純正のままだったような記憶があるんですが

間違ってたかな?

 

今年の春先に雑誌オートメカニックの取材を受けてます。

オーナーさんが知りたい方はそれを読んでも良いかも?

御年66歳でしたっけ。いつまでも元気に乗ってくださいね!

 

その後は打ち合わせでとある方と午後2時過ぎからお話ししてたんですが

突然の大雨。

 

先ほどになってようやく警報が解除されましたけど・・・

 

既に暗くなってしまったので本日納車のこちらの車両ですが

洗車が出来ませんでした、すいません。。

 

久々にじっくりと色々見てたら、他にもやりたい事が幾つか出てまいりました。

閉店間際にお引取りに来られる予定です。

 

 

明日は午前中のまた別件の打ち合わせの後は少し時間が空きますが

ここでは珍しい車両が入庫予定です。

今日はとある純正部品の問い合わせを掛けた所、新車登録時に改造申請がされているようで

その部品も現物確認して欲しい、と言う返事が。

う〜ん、なんだろう?

車検証で確認出来ない部品のようで。

 

現物確認を言われるなんて、70スープラのペラシャフトみたいだなw

 

って書いてたらまた大雨が。警報は解除されてるのに。。

 

 

 

今日の珍事。

ノラ猫?の為に置いてある飲み水用のカップの中になんか虫が入ってる〜って

スタッフに言われたので確認してみた所。

 

 

 

ヒメゲンゴロウでした。

 

 

これ・・・珍しいんでないの???

 

私も久々に見たよ。。

ほぼ完了しております。

エンジンオイル、エレメント、MTオイル、デフオイル、ブレーキオイル、クーラントは

全て交換済み。

MTオイルは普通のMTオイルが使われていたので今回ATフルードに戻しました。

ゲトラグ6速は、指定はATフルードなんですが、どっちが良いのかなぁ?

それとタイヤは4本共交換済み。

車高も1,5cmほど上げております。

 

ブレーキマスターシリンダーからの液漏れの形跡を発見。

今は濡れて無いけれど漏れてるんでしょうね・・・

これも80によくある症状。70では滅多に出ないんだけどね。

(70はそろそろクラッチマスターからの液漏れが頻発しているけれどw)

 

 

こちらはクラッチ関連の部品。今日までに揃ったのはこれだけ。

レリーズシリンダー、リアオイルシール、フライホイールボルト、ベアリング、

パイロットベアリング。あとこれにクラッチホースが到着すれば純正部品はすべて揃います。

 

 

 

今週は涼しい。

昨日は通勤の時に車両の温度計で26℃、今日は30℃でした。

またさっきから急な豪雨と雷が来てひんやりしています。

昼間はまだ温度上がるけれど、作業するには良い感じの気候に戻りつつあるかなぁ。

去年はお盆休みの時は既に涼しかったけど今年も20日からは気温も下がるような感じに。

これは覚えておかないと。

 

 

この二日間で大変だったのはPCの更新が始まって

その間使えなくなる時間が長かったことかな(笑)

そろそろ買い替えたいんだけどねぇ。

 

 

今日はこれにて。

 

本日入庫車両です。

80スープラRZ。

予定では木曜までに完了、、かな。

 

まずは車高を上げなければなりません(笑)

 

オーナーさんがユニークな方で先ほどまでお話ししてました。

気が付いたらこんな時間でした・・・

 

時間が遅くなってしまったので今日は簡単ですがこれにて。

と、いきなりクラッチの画像になるけれど。

エクセディのカーボン・ツイン。

MTを降ろそうという事になりプル式クラッチなので先にカバーを取り外さないとね・・・

と言う事で使われているボルトを外そうとしてたんだけど、8個のうち1個が終了状態に。

 

青いアイマークが打ってある部分なのでここを基準としてきつく締めこんであるのか

このボルト自体も簡単に外れないようになっている物なので、限界があったのか。


そもそもこう言う重要な部分を6角にするなよな、と。

 

残りの7つはなんとか外せたんだけどね。

ボルトの先端側だけ色が変わっているのが分かると思うけど

滑り防止のボルトです。外すのは大変なんだよね。

当然、再利用は不可。

 

と言う感じで作業ストップ&オーナーさんと連絡が取れないので一旦終了かな。

 

 

もともと不動車になってたのであんま影響無いけど、ガレージの空きが無いので

結論だけ早めに出したいんだけどなぁ。。

 

 

 

もとより今回の不動車になった原因が未だに不明。

MT本体なのかクラッチなのか。

 

症状は、クラッチを踏まなくてもシフトが普通に何処でも入ってしまう。

それでいて動力が全く伝わらない。

 

今日までに各方面とかにも問い合わせしたけれど

ゲトラグ6速をオーバーホールしている某社に問い合わせた所、

「クラッチの滑りだと思う」と言う返答。

ゲトラグはシフト部からMTの中にシャフトがリンケージを通して入って行くタイプで

シフトノブから直接MTに入る物ではないので、それら接続部分は入庫直後に全部チェック済み。

リンケージもシャフトも動いている。となるとMT降ろして分解しないと分からなくって

知っている所に問い合わせて内部の構造もちょっと聞いてみたんだけど、

今の症状はクラッチじゃないか?と言う感じ。

残念だったのはもうそこでも部品の供給が終わったのでO/H出来ないって先に言われた所。

 

 

クラッチはエクセディなのでそちらにも電話で問い合わせ。

金曜日は会社全体が休みだったので会社の代表電話しか繋がらなかったので

今日の午前中にサービスの方に電話してみたんだけど、症状とかを伝えた感じだと

クラッチを降ろして2枚のプレートの厚みを計ってからもう一度電話貰えますか?

と言う事に。

エクセディのカーボンクラッチはフリクションロスがあんまりなく

例えば走行中でも1速とかに軽く入ってしまうので、今の状態でもシフトが入るのかな?

と言う推測もあって電話したんだけど、エクセディも聞いたことが無いようで。

 

抵抗が無いからシフトが入って、そこでクラッチが滑っていればそりゃ動力は伝わらないのだけど

運ばれてくる前までは普通に動いていたらしく、実際そんないきなり滑る事ってあるんだろうか?とか。

 

交換後の距離といつ交換したのかをメールしたけど返事が来ないので分からずじまい。

 

 

とりあえずMT降ろしてチェックするにも最初の写真の通り、作業ストップ状態です(苦笑)

ボルトの頭をベルトサンダーで削り落とせばMTは降ろせるんだけど、場所が場所だけに

間違いなくカバーにも傷が入るのでオーナーさんの承認待ちと言う所です。

 

 

当店では初めての症例。

今、もう一台、エクセディじゃないクラッチが入っているRZもガレージにあるので

その車両のシフトを入れる時のフィーリングと比較してみたんだけど、あんまり変わらないんだよね。

MTの中でリンケージが動かない何かがあるのか、それともクラッチなのか?

 

 

Fパイとか色々既に外してあるし、リフトから降ろして手押しするにも元に戻す部分もあるから

作業順序をどうしようかと考え中です。

 

 

 

あ、マスターシリンダーやレリ−ズは普通に動いてます。液漏れも無いし

このMTはのぞき窓があるのでそこから見ても動作はしてました。

 

やっとこちらの車両の整備に入れます。

 

常連K君の80スープラRZ

今日はポンプとホースの交換を。

 

元々のポンプを取り外し

リビルトのポンプに交換。

 

そして純正のパワステホース。

80スープラRZのパワステホースは2本セットで入ってきました。

しかも金額もこちらは70に比べて安い。

ホースの先のエアバルブも新品で付いてきて¥23,000でした。

 

しかも取り回しも70と比べて全然楽な構造になってて、

1本増えるからそこはちょっと手間なんだけど、時間的にも

早く交換が可能になってます。

 

ちょっと羨ましいよ。。

 

 

 

元々は今日の午前中の納車予定だったのが部品の入荷が遅れてて

今日の作業になっちゃったけど、明日には納車可能になりました。

 

 

ただラックからの漏れもあるし、それ次第だけど次はラック交換も視野に入れなければならない。

更に、と言うかそれよりも・・・エンジンオイルの漏れが全体的にかなり目立ってて

オイルホースの下側からの漏れも発見したので、そっちの方が先にやった方が良いかも?

 

明日、オーナーさんとご相談致します☆