彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

今日から鈴鹿入りです。

と言っても先ほど急用で戻ってきて現在出勤中・・・

明日からはあっちのホテルなので戻れませんが。

 

セバスチャン・ベッテルを見掛けたので撮影しました。

 

もう一人

グロージャンが目の前に来たりとか。

 

 

他にも数人のドライバーにそんな風に遭遇しましたが

とりあえずこの2枚だけ。

 

実は今日、食事してないんですよね(笑)

そろそろ何か食べなきゃ。
 


鈴鹿から戻ってきました。
今日から通常通り仕事再開しております。

今年の鈴鹿は残念なことが幾つかありましたね。
特に決勝での出来事は今でも無事を祈るばかりですが。

個人的には今年もたくさんの人とお会い出来て楽しかったです。
年に一度の方も多いですし。
画像は金曜フリー走行2での一こま。

OP2編集長のカジさんも来られててそれにちょっとびっくり!

 

明日からF1 鈴鹿サーキットへ行っております。
木曜から入るのは久しぶり?ここ2年くらい行ってませんでしたが。

その間いつものようにメールの返信が出来ませんので宜しくご了承下さいませ。
お店は開いてますので電話はつながります。

この画像は今年のモナコで販売されたアイルトン・セナの記念切手。
 2014年のF1が開幕になりました。
開幕戦で表彰台2位になったレッドブルのダニエル・リカルド選手が
燃料流量違反で失格になったのですが、「燃料流量」と言う所に少々反応。

去年までは燃料の違反と言えば、残量でペナルティをもらう事があったのですが、
今年からレギュレーションが変わり、「燃料流量」と言う項目も追加になっています。

これは、燃料を瞬間的に決められた以上の量を流してはいけませんって言うルール。
今年からターボになったり変化が大きいので。まぁ単純に燃料増やせばそれだけパワーは
出やすくなるから監視していると言う事もあるのですが。


1時間に100kg流れる
=60分に100kg流れる
=3600秒に100kg流れる
=3600秒に125Litter流れる (ガソリン比重0.8g/ccとして)
=3600秒に125000cc流れる
=1秒に34.7cc流れる

1秒間に大さじ2杯程度か500mlのペットボトルを15秒で飲むって言うくらいの量。
(友人談)


今年のF1は燃料を規定のセンサーで監視していたようなんですが、
実はそのセンサーの精度があまり良くなく、レッドブルは独自に開発したセンサーを
搭載していた模様。
それを土曜日やレース中にもF1のスチュワードから注意を受けていたらしいのですが
結局交換せずに使い続けた結果がペナルティで失格となったみたいです。

この問題、ちょっと本末転倒と言うか怪しいと言うか。

FIAはECUから来る信号をロガーで全部後から監視出来るので、その際に違反が発覚したら
ペナルティを下すのも仕事の一つ。そのデータから今回違反だよ、って言う結果が出ているから
失格になったんでしょうけど、元々FIAが提示してきたセンサーは今年の1月に承認を受けたばかりで、更に精度が本当に良くないらしく現場では問題になっていたのも事実。

それなら規制でこの同一のセンサーを全車に装着義務にすれば良かったのに今回は変な流れになってますね。


このセンサーは流量の測定は出来ても流量の制御は出来ない。
なので各チームはエンジンユニットに合わせてセッティングが必要になり、
燃料を増やせばパワーは出るけどそのデータは監視されているので下手な事は出来ません。

これなら燃料リストリクターを付けて物理的に流れないようにしてやった方が
良いのではないかと思うんですが、多分その辺は色々な利権があるんでしょうね。


聞いた話に寄ると、日本のスーパーGTやスーパーフォーミュラもこのFIAのセンサーを導入予定だったらしいのですが、どれだけそのセンサーのメーカーをつついても売ってくれなかったようでw
現在はトヨタが設計して他社が生産している物を使っているようです。


別にF1裏話でもなんでも無いんですが、スポーツとしての側面でレースを見ている人の
視点だと全く興味ないと思われるんですけど、実際車を触っている人の視点から見ると
それなりに興味を惹かれる部分であったりするので書いてみました。


スープラなんかでもターボチューンが施されたりしますが
ブースト圧上げればそれだけ燃料も増量しなければなりませんしね。
それを制御するのがサブコンで機械的に燃圧はレギュレーターがやってたりとか。

そうそう、書いてて思い出した。
最近車輌も古くなってきたので時々燃圧が下がっている車輌に遭遇します。
燃料ポンプの吐出量低下が主な原因ですが。
今、新品純正ってあるのかな?
無くてもポンプだったら社外品でも一応は性能高いものもあるから代替は問題無いんですが。
70だとタンクを降ろさないと作業出来ないのでそれが面倒なんだよな、、って思っちゃいましたw

アクセル全開にした時に息継ぎするようになったカナ?
って思う車輌は要注意です。
キミ 
鈴鹿サーキットから帰りました。
今年は珍しく四日市のホテルに滞在していたので
いない間に車が1台売れていたりとか色々あったみたいで。。。

画像は確か土曜のフリー走行に向かうキミ・ライコネン。
今年は例年よりリラックスしていたように感じます。
あんまりピリピリしてませんでしたからね。

逆にセブはピリピリしていましたが。


台風が近づいてきてますね。
今日入庫した車両も1台あるので被害が出ないように午後からは
既に台風の準備をしておりました。
東海地方は直撃では無さそうなのですが急に進路変わったりすると嫌だからなぁ。。
雨も随分強くなってきたし。

関東直撃らしいので関東のみなさんは特に気をつけてくださいね。
レース後
明日から韓国へ行ってきます。
画像は先日の鈴鹿のレース後。
カムイ君の3位を祝福する為にマッサ、そしてベッテルも寄ってきてくれました。
今年はこの辺で粘ってて良かったです、良いもの見られました。

韓国も勿論F1なんですが・・・
初年度から行き続けて今年で3年目ですね。
色々と悪評多いんですが個人的にはあのサーキットは嫌いじゃないです。
報道の偏りが凄いのでとてつもなく変な所に思われがちなんですが
快適さは自ら工夫すればある程度は解決出来るんですけどね。

今年のF1は何かと不思議な所が多いですね。

開幕から様々なウィナーが現れたり、マルドナドなんて優勝したのにその後は鈴鹿までポイントが取れなかったり、14回出走して7回1周目でクラッシュするグロージャンに表彰台は2回しかないのに2度とも優勝しているウェーバーとか。

こんな混沌としたF1、今週末の韓国でのウィナーは誰でしょうかね。
(やっぱりベッテルかな)

と言う訳で今年もいっぱい焼肉食べてきますw
fs2
F1SCENE 2011 YEAR BOOK~Brilliant Blue~「信念」
販売中です。

マーシーオートでも取り扱い出来る様になりました。
こちらの写真集は書店での取り扱いは行っておらず、現在は
amazonと一部代理店のみでの販売となっております。


発行:ZEROBORDER
発行日:2012年3月11日
判型:330×250mm(変形B4版)
ページ数:144
価格:5040円(税込、送料無料)

当店にてご注文頂ければ特典として
ミハエル・シューマッハ
セバスチャン・ベッテル
フェルナンド・アロンソ
のいずれかのオリジナルポストカードを1枚お付け致します。
(特典は数に限りがありますのでいきなり終了する事もございますのでご了承下さいませ)

fs1

信念〜Brilliant Blue〜
信念を貫くことで、彼らは究極の速さを手に入れた。信念を曲げない強さが、彼らを挫折から立ち上がらせた。絶望の末の歓喜を支えたのは、前に進む強さだった。

己を信じる思いの強さをテーマに、2011年シーズンの魅力を描き出す。

メインテーマ文:キャンバスに輝くラピスラズリのように。

DOMINANCE 〜 あくなき勝者 〜
記録的勝利を重ねたフェッテルとレッドブル。
だがその速さは、並々ならぬ努力と信念によって手に入れたもの。
そして彼らもまた、挫折と苦しみから這い上がることで栄光へとたどり着いた。

THEIR OWN STORIES 〜 それぞれの戦い 〜
頂点に立つことのできない者にも、それぞれの戦いがある。
ある者は翌年へ、ある者はひとつでも上のランキングへ。
それぞれが信じる目的地を目指し、彼らは突き進んだ。

INFINITE WORLD 〜 新しい時代へ 〜
人為的にレースを操作するとさえ批判されたタイヤ、DRS、KERS。
過度の開発競争を生んだブロウンディフューザー。未開の地への旅に、不安が渦巻いたインド。
だが新たな未来を切り拓くため、彼らは怖れることなくその扉を開いた。

KIZUNA 〜 悲しみを乗り越えて 〜
揺れる中東情勢、日本を襲った災害、悲しみの事故。
F1とて無関係ではいられない悲劇を悼み、それでも前に進むことで勇気を与える。
それが自分たちに与えられた使命なのだと信じて。

THE NINETEEN DRAMAS 〜 未知の興奮 〜
予測不可能なドラマに彩られた2011年のF1。
栄光に向かい、信念を貫いた者たちの姿には、
何ものにも代えがたい美しさがあった。



〜よろしくお願いします。
フェッテル
レース約1時間前のフェッテル君。
2年連続チャンピオンを確定致しました。
当日は若干の緊張感もあったのか珍しく笑顔は少なめで。
当日のレースも無理しませんでしたね。
3位フィニッシュで表彰台は獲得したし、バトンに抜かれても無理矢理
追い上げるような素振りもなく。

以前、ミハエルが鈴鹿でチャンピオン取った時も無線にて
8位走行時に「順位をキープしろ、前に出るな」って言われて
イラ付いた事もあったそうですが。

1ポイント獲得でチャンピオン決定だったので無理してクラッシュしても
それはそれで良いではないか、と思いながら、そんな事しないだろうなぁ
とも思ってました。

そして、ニッサンからセバスチャン・ベッテルモデルの車がリリースされるそうですね。
ルノー参加なんですが、皮肉にもトヨタ・ホンダが撤退した後にニッサンが
このような形で残るとは。。
11鈴鹿
今年の鈴鹿が終わりました。
優勝は画像の通り、バトンでしたね!
今年のバトンはほんとに調子良く、安定したドライビングをします。
今日から普段の仕事も始めてますが、またまた
今週末は韓国GPに旅立ちます。

今年も残るはあと4戦!

決勝のレース後に四日市の某所でアンソニー・デビッドソンと飲んでました(笑)
彼は今日の午前中に韓国に向かって二日間オフをソウルで楽しむようです。

他のドライバーは東京ドームに行ってたり、様々ですよね!

では今日はこの辺で。

この写真は表彰台の下から撮影しました。
勝手に使わないでね〜
いとうまい子さん

いとうまい子さん。
今年の鈴鹿のパドックでお会い致しました。
明るいしサービス精神も旺盛で素敵な女性でした。

46歳にはとても思えません。。。

Fポンとか皆勤賞だとか。
レースを楽しんでいらっしゃるようで、良いですね〜♪