彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

昨日のTV番組の「激レアさんと連れてきた」を見て・・・

 

医師を辞めて渡米し、ド素人からハリウッド映画監督になった人

 

と言う放映を見ました。

 

 

映画と言えばハリウットと言う事で単独で渡米したそうなんですが

TV画面でその時ハリウッドの地図が出て、ズームになって行く映像を見た時に・・・

 

 

あれ??それってこの場所やんか!?

 

と思いました。

 

 

その後でも映画の撮影で使ってたプールサイドとかアパート内の映像を見て確信。

ハリウッドにあるSYCAMORE TERRACEです。

 

 

実は私もここに住んでました。

 

 

映画の中ではプールサイドに鉄の柵がありましたが、私がいた94年の頃はそれはなく

開放的な感じ。

この後何度か私も渡米して、その都度アパートには寄ってたんですが、

確か98年くらいには既に鉄柵が設置されてた記憶があります。

 

バナナの皮で足を滑らせるシーンもこのアパートの入り口近辺の植え込み部分なんじゃないかな。

 

 

いや~懐かしい!

 

 

激レアさんと言う番組タイトルよりももっと激レアかもしれない。

 

 

ヤマグチさんって方なんですが、今では映画監督は辞めて帰国して医師に復帰しているとか。

今でも続けていたら映画のスポンサーにでも・・・って思ったのに残念(笑)

 

 

 

このアパート、何気に色んな縁があるんです。

93年から住んでいたのですが当時はただの住人でしたが、後々同じアパートに住んでいた

と言う人と帰国後に知り合って、それが今のマーシーオート設立のきっかけにもなったりしています。

 

一昨年の12月にそれこそ20数年ぶりに会ったベーシストの西本君もここに住んでた事があったりと

私の人生でこのアパートがその後の人生に大きな影響を与えてくれた場所なのは間違いないんですよね。

 

ヤマグチさん(スパイシーマックさん)

名前を広めたいと思っていた時に「ここはハリウッドだぜ!そんな名前じゃ覚えられにくい!」

って感じで改名したとか。

それは・・・このアパートに住む日本人の伝統かもしれません。。

私もマーシーですしね。私の場合は渡米前からマーシーだったんですがw

あれ、俺が言い出したんだっけ・・・(汗)

 

会う機会があればそんな話でもしてみたいです。

 

 

 

当時の私は

この車に乗っていて、実は今でも所有しています。

87年登録の左ハンドル。

 

この3人辺りが車&ギター仲間でした。

撮影場所は当時のヤオハン屋上。

 

一番左のユウキ(黒いZ31)の彼がカメラ持ってて、良く撮影してたなぁ。

 

真ん中の130Zに乗ってる友人ツネは3年位前にFBで再開(笑)

現在は出身地の福岡県で漁師をやってます。

ユウキは現在行方不明(北海道出身)。二人とも帰国後に出稼ぎでこの近辺に来た時にお店に寄ってくれました。

が、それ以来会ってないなぁ。

 


昨日はそんな私の今の活動の原点だった「SYCAMORE TERRACE」を見れて嬉しかった。

なんか懐かしいだけじゃなくて初心も思い出せるようなストーリーをスパイシー・マック氏の

映像から受けました。

 

 

実はまだ確定では無いのですが、出張絡めてこのアパートに来月立ち寄ってみようと思っていた所でもありました。

ほんとにここはそう言う不思議な縁を感じさせる場所。

運命論者では無いけれど、来月渡米したら絶対に行ってきます。

 

お互いハリウッド・ドリームは掴めなかったかもしれないけれど

あの時の経験が今になっても役に立っている、また自分のベースだと感じられるんじゃないかな。

 

 

今日はそんな話をふと書きたくなってしまいました。

久々に海外ネタ

 

台湾はB級グルメの宝庫と言われておりまして、日本人の口にも合う食べ物も多いです。

 

何気に毎回行っているのがディンタイフォン鼎泰豐

 

本店は台湾にあります。

小龍包で一躍有名になったお店で、現在では世界中にチェーン店があります。

勿論日本にもいくつか出店されてます。

 

ここで美味しいのが

玄米のチャーハン。白米のもありますが、個人的に本店の玄米のチャーハンが好きで

足を運んでいる感じです。

 

本店から徒歩数分の所にも有名なスイーツのお店があるのですが

こんな大きなスイーツが食べられます。800円くらい。

元々はアイスモンスターと言うお店でしたが、今はスムージーって言うお店に変わってますけどね。

台湾は果物が安いのでマンゴーをふんだんに使ったスイーツが良く見られます。

 

 

何度も足を運んでいるので観光はほとんどしないのですが今回は夜に京劇を見に行ってきました。

今回のお題目は
八仙過海

 

李鉄拐(りてっかい)または鉄拐李
漢鍾離(かんしょうり)または鍾離権(しょうりけん)
呂洞賓(りょどうひん)
藍采和(らんさいか)
韓湘子(かんしょうし)
何仙姑(かせんこ)
張果老(ちょうかろう)
曹国舅(そうこっきゅう)

って言う8人の仙人が出てきます。

 

その辺詳しい人なら分かると思いますけど、酔拳でおなじみの仙人ですね〜。

この物語でも酔っ払って事件を起こして・・・って言う物語。

 

 

たった二泊三日なのであんまり動けないんですが、最終日の帰国前にランチで食べたのは

フカヒレスープ

アワビのステーキ

 

これらのコースが2,000円程度で食べられるお店があったりします。

 

海外出張の楽しみの一つが「食」ですね。

台湾は美味しい所がたくさんあるので助かります。

 

今年は実は毎日雨がぱらつく天候で気温も30℃近くまで上がりました。

その辺は日本が寒かったので慣れて無くて辛かったけどね。

 

来年はもう一日滞在を伸ばした方が体的にも楽なので3泊くらい考えてみます。

 

本日の朝、ベトナムから帰国してそのまま出勤。

シャワーすら浴びずに出勤したので今日は早く帰って落ち着きたい所ですが

今日も車検の予約が入っていたので慌ただしくも動いています。

 

今のベトナムは日本からの経済的支援や政府の働き掛けもあって、

信じられないほど日本が入り込んでいました。

 

第二外国語教育が日本語になったとは聞いていたけど、それほどまでに

日本への依存が強くなっているようで。

町中にも日本語表記、レストラン、会話が溢れていて、過去訪問した

全ての東南アジア諸国と事情が違う様子がありありと伺えました。

 

日本は過去、多くの国でODA等の活動も盛んに行っておりますが

ロビイ活動が下手と言われ、何をやっても感謝もされないと言う事もありましたが

ベトナムにおいては逆に、やり過ぎ?って思うほどそこ、ホーチミン市は日本の

経済的進出が目立ちます。

 

「社会主義なので行くのは怖い」って言ったこのお店のお客さんもいたりしたけれど

そう考える方が時代遅れと言うか現実を知らないと思い知る程、ベトナムの今の日本依存率は高いかと。

 

 

戦争博物館 展示資料 F5タイガー

 

 

ベトナムと言えばベトナム戦争が有名です。

私は映画好きなのでベトナム戦争映画と言えば

「プラトーン」「フルメタルジャケット」「地獄の黙示録(アポカリプス ナウ)」「ディアハンター」

「グッドモーニング・ベトナム」なんかは見ていましたが、

アメリカ側から見たベトナム戦争ばかりで、ベトナム側から見る視点と言うものは

現地に行かないと分からないと思っていましたので今回それもこの年でようやく実現。

勿論今の状況とは違いますが若いベトナム人ガイドさんを通じて色々とお話を聞くことが出来ました。

 

それぞれの立場での正義があるのです。

 

 

観光地になってはいるものの、

当時アメリカ軍と戦ったベトナムゲリラ戦線のクチ

そこで作られたトンネル、その中での生活と戦い、トラップ等を説明してもらい

その奥から聞こえてくる物騒な・・・MK47、AK12ライフルの乾いた音。

その当時、多くの人の血が流されたその場所にてそれらを観光産業にしてしまっている部分は

違和感を感じますが、それこそアメリカに勝った強さを感じると言うか・・・

それを思う事自体が平和なのかもしれないけれど。

 

ここはリロード弾ではなくて本当の実弾っぽく、耳当てを使わなかった私に

伝わる迫力に身震いを感じます。凄いよね。

 

 

 

仕事の話に戻りますが。

現在のベトナムに私が出向いたと言う事は、自動車関連もその国で行われる流れに為りつつある

と言う事。

しかしながら現状は、それらが流通するまでには、まだまだ時間が掛かりそうだと実感。

 

やはり自分の足で歩いて自分の目で見る事が一番わかる。

一度の渡航なので表面的な部分しか触れられないけれど、比べても良いのなら

タイと比べて随分遅れている感じですね。

 

 

気が付いたら東南アジア諸国で訪問していない国は残す所あとわずかになってます。

近いうちに全部訪問してパスポートスタンプ制覇だけは出来そうな状態に。

ミャンマーは日本の自動車業界も大きなマーケットですが、今は行く理由が無いんだけどな・・・

ミャンマー、ラオス、東ティモールの3つが残っているので、何かのついでに立ち寄りたいと思います。
 

昨日帰ってきたみたいで今日お土産もって来てくれました。

 

OWライセンス取得おめでとう!

これで次から一緒に潜れますね。

 

タイのプーケットでダイビングのライセンスをとってきたようなので

来年から一緒に潜りに行きたいと思います。

 

 

今日は大きなネタがありません(笑)

事故修理の関係で先ほどK君が来ていました。

80スープラなので部品が全部揃った所が良かった〜。

全て新品に交換出来ますね♪

70もこうだと良いのに。

 

こちらの修理は今月末〜来月頭には完了予定です。

明日から台湾で開催されるAMPAと言う自動車部品の見本市に参加しますので
8日の木曜日まで臨時休業とさせて頂きます。
(明日の月曜は単なる定休日なんですが)

目的は勿論スープラの為ですので完全に出張と言う事です。
既に幾つかアポを取ってある企業もあるのですが、何処まで交渉出来て
何処まで製品化出来るのかは現在は不明です。
現在進めているパーツに関しては全部日本でやっているので今回は別口になります。
と言うかまだ何も決まってないんですが(笑)



朗報が一つ
自動車保険なのですが当店が代理店をしている東京海上日動火災保険の自動車保険なのですが
お車搬送費用補償特約およびサービス(ロードアシスト)
の部分が若干変更になりまして、
レッカー搬送距離は約180kmほどが無料搬送の目安だったのですが
※搬送先の修理工場等について、東京海上日動が事前に承諾した場合は、無制限とします
と言う文言が追加されました。
無制限になる基準は東京海上日動の中の人しか分からないのですが本日茨城県のお客さんが
修理に関して問い合わせた所、愛知県のマーシーオートまでの搬送が認められました。
引き取り時の交通費も保険にて負担されるので新幹線等でここまで取りに来る費用も問題ないです。
予算以内ならば飛行機の利用も可能です。
それで来週入庫する事に決まりました。

素晴らしい。。。
これで遠方で修理に困っている車両も引き受けが出来る環境が整いました。

どう言う基準で認められるのかどうかはまだ不明なのですが今回のお客様は
車両を当店で購入、保険も当店で加入しています。
これで遠方のお客様が遠くてここまで持って来られない、故障で動かない、と言う場合でも
無料で運んできてもらって引き取り費用も出るので安心して入庫させられますよ。



これからも頑張りますね!


 
来月4日(月)〜7日(木)の間は臨時休業とさせて頂きます。
台湾の部品見本市AMPAに出席しております。

4日の月曜日は単なる定休日でちょっと日程が重なってしまいました。
渡航するのは火曜日からなんですが。
今回2泊3日の台湾への旅なんですが内容濃いのでほとんど遊ぶ事が出来ません。
もう少しエアの選択肢があればもっと日程を少なく(一泊で)行けたかもしれないのですけどね。

部品の見積もり等が遅れているのが気になる所。。
おかげで何も発表出来ない日々になっております。
今月中に連絡入ると思ってたんだけどな。。


と言う感じで明日から4月ですね!
新年度のスタートなのでまずは予定の車検をクリアしたいです。
 
今年の台北AMPAに出席する事になりました。

自動車パーツの見本市です。

開催期間は4月6日〜9日で私が行くのは6日の初日が濃厚に。
最近出張続きなので滞在時間を短く考えていて、頑張っても6,7日のみかなぁ。

70ス−プラと言う枠を取り外す視点で見れば魅力的なパーツが満載だったりします。
70ってあんまり国外では販売されなかったので(されても全て7Mエンジンだったり)
世界的な視野で見ると専用部品はほとんど無いんですよね。

なのでそう言う視点ではなくて、今は手を出すつもりは無いですが例えば
オルタネーターやエアコンのコンプレッサー等、今の部品を使用出来るように
してしまえば可能性は広がる見本市なんです。

今回は別の案件での商談が主になります。

今年の開催はマーシーオートで既に登録済み。
このイベントは入場券を買って入る展示会ではなくて、業者等が事前にエントリーをして
パスを発行してから中に入る商業的な意味合いが強いイベントなんです。
僕は元々輸入をやっていた人間なのでその辺は普通にエントリー出来ちゃいましたが。


台湾は過去一度だけ行った事があって調べたら9年前でした。
当時は観光も兼ねての出張でしたね。
今はあまり取引無いけど当時頑張ってくれていた代理店のY氏が現地を案内してくれました。
今回はそう言うのが無いので全て自分で手配する事になります。


短期滞在予定で食事以外は観光に出る予定は今のところ特にありませんので
一日びっしりお仕事してくる予定です。終わったら何処かで舌鼓でもうちたい所ですね!

会場が2箇所あるので全部回りきる事は不可能だと思われますが・・・
バンコクオートサロンより大変そう。

そう言えば今年のバンコクオートサロンの日程も発表されてたので
そちらも準備しておかないと。こっちは車両持ち込みで出展したいんだけどなぁ。

本日、帰国致しました。
こんな所に滞在です。

連日の作業続きで随分体が辛かったですが、暖かい国で毎日マッサージして
かなりほぐれて帰国致しました。
今朝セントレアに帰着したのですが今日の仕事は渡航疲れでヘロヘロだったので
あんまり進んでいませんが、明日からまたバリバリ働くつもりです。。

深夜便だったけど渡航時間が短いのでぐっすり寝られなくて。。

現地で金属関連の工場を見つけられなかったのが痛いなぁ。。
大量生産は今は中国の方が向いてるかもしれない、、と思いつつ
中国は面倒な問題も多いので出来ればこっちの国と取引したいんですが。

とりあえずご報告でした!

タイのバンコクオートサロンに行ってきました。

海外のオートサロン自体初めてなんですが、タイが最近随分活気が良いとは
聞いていたのでどんな様相なのかは自分の目で確かめたかったんですよね。


さて、ハイパワー系ですと・・・
上記のように割り切ったターボチューンがなかなか見ごたえがあると言うか・・・
ボンネット突き破ってのタービン装着や、見た事も無いくらい大きなタービンが
入っている車両が数台。。
聞いた所に寄るとあっちのドラッグレースの車両のようですね。
それなら流石に割り切りで作っちゃえば良い。
2JZは人気エンジンのようでセフィーロにも載ってました。

セフィーロが意外とたくさんあったのに驚きです。
あっちでも販売されてたんでしょうかね?




会場から表に出るとオーナーブースのような駐車場がありました。
こちらは懐かしのセリカ軍団とかが。
いや〜ほんと懐かしい、、、って言うかこの辺の車両もタイで販売されてたのかな??
その辺ほんと事情通に聞きたいです。



現行で販売されている車両ではホンダのフィットとかトヨタのヴィッツ(タイではヤリス)
とかも人気のようでそれらもたくさん並んでいました。

ただ流行りは日本とはやはり違います。
例えば・・・

ホイールを変更してローダウンとかは世界共通だと思いますが
この画像だと見難いけど、ドアミラーが代わってます。
カーボンのミラーが付いていてリベット留め。
確かに軽量化とか言われれば正解なんですが随分小さなミラーになって
後方確認は厳しくなっていると思われます。
このミラーがかなり多くの車両に装着されていました。
装着率80%以上かな。
車種問わずです。

他にはボンネットのカーボンは日本でも見られますが
フェンダーのカーボン、この車両は違いますがリアゲートもカーボン。
他にも色々とカーボン製品がたくさん展示されておりました。
たまにルーフまでカーボン柄だったりしましたが、流石にそれは
貼り付けだと笑っていました。

カーボンパーツを作っているメーカーのオーナーさんと色々お話しもしてきました。

個人的に70とかだとカーボンのリアゲートとかは興味あるのですが
実際流行るかなぁ・・・と思うとなかなか生産にこぎつけるのは難しいのですが。
あっちには70は無い様で写真を見せたら「見た事無い」って言ってました。
作るなら1台持ち込まねばなりません(笑)
カーボンフェンダーやドアもニーズは少なそうですよね。

既に販売されている車種のものを輸入する可能性はありますが。
(何故か80はあっちで販売されてないのに車両は走っているようで
オーナーさんに画像を見せて頂きました。)


エアロ関連のメーカーだと日本と大きく違う所は、あっちはどうも
FRPは人気が無いようで、FRP関連の事を聞くとあまり良い顔してくれません。
何故?カーボンが人気なの?

逆に日本ではほとんど聞かないABS樹脂のエアロも多かったです。
所変わればなんとやら、、ってヤツですねぇ。。



現在、純正代替パーツも色々と検討している所なのですが、電子部品はやはり日本製が
良いと思って話を進行させているパーツがあります。
既に生産廃止ではあるけれど今後必ず必要だとは思われるある部品。
こちらは日本で交渉していますので意外と早くリリース出来るかも。
なんにせよ、今回のタイ訪問は輸入関連だけの考えじゃないので
70をタイに持ち込むって言うのもポイントだったりするんですけどね(笑)


 

タイのバンコク・オートサロンに行っておりました。

日本とは随分と雰囲気が違いました。
当たり前でしょうけど。

この看板の女性、なんと日本のAV女優さんです。
今回はこちらの二人が大物ゲストとして会場をにぎわせておりました。

・・・車のイベントってこう言うのは切り離せないんでしょうね。。。



と言うか、キャンギャル品評会の様相は日本でも同じかもしれません。
凄い数でキャンギャルがいました。
どれもモデル風の方々でその雰囲気は日本のキャンギャルとは大きく好みが分かれる所かと。


他にも驚いたのは、日本企業がやはり多い。
自動車メーカーだけでなくよく聞くパーツメーカーもタイの現地法人なのかな?
が幾つかありまして、それにはちょっと驚きましたね。
こちらはRS-Rさんです。



こちらはパイオニアさん。

勿論他にも良く知った名前がいっぱいありました。
テインさんとかその他諸々。



メインのショーは水着の女の子が洗車をするという
セクシーカーウォッシュ。
凄い人だかりでしたよ。。。



タイの車人気は走り屋系とハイエース系がくっきり分かれている気がします。
道路事情や車をローンで購入出来るようになって所有率が飛躍的に上がり
それにともなって車いじりも盛んになってきてるんでしょうね。


タイネタはしばらく続くかも?