彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

本日入庫。

部品の手配等があるので触るのは来週からですが・・・

 

この修理です。

 

トランクだけで部品代が20万円を超える高級車・・・

今回はさすがに私も驚きました。

総額で40万ちょっとかな。

 

今日の午後、保険会社のアジャスターさんと打ち合わせでした。

 

 

今日は他にも・・・

FIA F4参戦の話とか。

ホイールメーカーのRAYSさんが来てくれたりとか。

 

そんなんであっという間にこんな時間に。

 

スープラの方は、、明日エンジン降ろす予定(笑)

 

メルセデスのトランク、オートクロージャーとかカメラとかあるし、

交換だけでも大変そうだ。。
 

ここ数日で台風とか地震とか天災が続いておりましたね・・・

こちらでも被害報告は寄せられており、先ほどメルセデスの損傷確認にも行っておりました。

 

 

台風とかだと飛来物もあるため後からの報告が色々出ます。

回避出来ない災害として不可抗力に該当し、飛来物の所有者へ損害賠償請求が出来ない場合があります。

そうなると自費で修理か車両保険を使うことになりますね。

 

あんまり大きくない損傷だけど部品代だけでメルセデスは高そうだなぁ・・・

 

こちらにも割と大きな被害が出ていたりして、暫く修理と言うか業者と色々相談しなければ。。

 

皆さまは大丈夫でしたか?

 

私自身は無事に戻ってきておりますのでご報告も兼ねて本日のブログの更新です。
 

03/04年式に良くあるトラブルです。

キーシリンダーのイグニッション・スイッチが故障して

カギが所定の位置に止まらなくなるトラブル。

放置しておくと症状が進んでエアコンが効かなくなったり

カギが抜けなくなったりして大変。

この車両もその一歩手前まで症状進んでいたけど、修理前に手放すのね(苦笑)

と言う事で責任もって先に直すのです!

 

ポルシェディーラー等で交換すると、シリンダーごとASSYで交換になるので

諭吉さんが数枚軽く飛んでいきます。

ただこの部品、実はAUDIの物で、部品の入手経路を持っている所ならば

そちらで部品単体で購入可能です。

そしたらカギ自体は交換しなくて済むと言う裏技。

 

ただ作業は超姿勢がめんどくさいトコロなんですよね・・・

 

バックドロップならぬジャーマン・ス−プレックス姿勢。

画像は合マークを先に書いといて既に新品に交換済みのトコ。

 

ロックしているネジが小さくてさらに場所が無いので私のような大柄の男性が

作業するとまじ辛い。。

 

取り外した壊れたスイッチと新品のスイッチの画像。

 

単純作業なんだけどねぇ・・・既に腰が。。

 

 

実質3時間程度で出来たけど、ロックネジが固定されるペイントがあるので

それさえなければ1時間コースの作業と言う所か。

 

これで現在はカギが普通に使えるようになりました。

直してないと普通に走りに行くのも怖い状態でしたよw
 

本日はポルシェ・カイエンの車検整備。

午後からのラウンドを通って無事合格。

特に問題ありませんでした。

 

そろそろ距離が伸びてきているので次に何かやるとするとお金掛かりそう(笑)

 

リフトに上がるだけでも大変な大きさで、

これが上がっていると下から70を通過させることも出来なくなります(笑)

 

明日は奈良県からお越しいただいた70スープラの納車、

そして大阪からお預かりの70スープラのラジエター装着予定。

 

なのでこのポルシェ・カイエンの保管場所がとっても大事になりますw


 

他にも80スープラのECU発注とか、まだ折り返しがないけれど

保険会社からの事故の協定があったり。通販は本日分の出荷はすでに終えています。

 

週末に出張が絡みそうなので出来るだけ色々急いでやらねば。

ポルシェ986ボクスターS

先月?オイル交換の時にタイヤの摩耗に気が付いたんですが

本日交換に。オーナーさんも走行していてジャストタイミングが

身体で分かるようになってたようで。

 

見たら、確かに先日は摩耗だけ見られましたが、今日は内側はワイヤー

出てました。あれから1000kmほど走行したようで、彼の経験で分かるようになったのは

凄いですね!

 

そして・・・

「山の上でエンジンが止まった〜」
と電話が。

 

症状聞いてたら、JZA70の低気圧症っぽいな〜と思ったのですが

故障の可能性とかもあったのでレッカーを手配してこちらまで運び込まれました。

 

降ろしてから早速チェックしましたが、

何事も無かったかのように走行致します。

 

出ましたね〜低気圧症・・・

この二日間、いきなり夏日になったのと、屋根を開けて山道を走行したのが

影響したかもしれませんね。

 

ほんとこれ、出ると不安になります。

 

これは修理する部分では無いのでそのままお帰りになりました。

当初、アクセル踏んでも車が前に行かない〜

って言われたのでATが壊れたかと思いましたよ。。

でも滑ってもいきなり全く動かなくなることは無いですしね。

 

 

さて、良い時間ですが、本日も残業中です。

今日中にまとめたい内容があるので終わるまで帰りません。

 

今日も忙しくてメールの返信等すぐに出来なくてすいません、

これから致します。

本日のジュネーブショーで新型SUPRAが発表された。

 

レースモデルなので市販車と違って既に装備がゴテゴテしてるけどw

とりあえず全容は分かるかと。

 

BMW社製でBMの方はZ5と同型と言われていたけれどZ4のモデルチェンジ版になったみたいですね。

 

ロングノーズの部分はZ3ッぽい感じ。

後ろから見た感じは86か80にも似てるなぁ。

正面は若干FT1にも似てるけど。テールレンズもかな。

 

90番って書かれてるので「90SUPRA」になるんでしょうね。

 

 

ちなみにこの車両はコンセプトカー(GT?)なんですがこのような画像もあります。

あとは現車が見たいなぁ!
 

ボクスターのMTオイル交換はアンダーカバーと言うか

全体を覆っている部品を外さなくてはならない所が毎回ちょっと面倒。

シャーシを繋がってるアームのような構成部品も外さないとカバーが取れないので。。

 

ドライブシャフトの横辺りにMTオイルのドレンがあります。

またこれも特殊工具なんですよね。

 

ドイツ車が何気にこのお店は入って来るのでその辺の工具は大丈夫です。

メルセデス、BMW,アウディ、VW、ポルシェとかは何気に見てます。

 

この車両は前回の車検の時にドライブシャフトブーツを交換しているので今回の整備は割と楽かな。

今の所大きな問題はありません。

 

 

それよりも今日の暑さの酷かったこと。

こちらの作業は午後4時半過ぎからスタートしました。

午前中とそれまでは違う車輛のメンテを。

これでも一応、予定はこなしております!

 

流石にへばり気味なので今日はこれくらいで終了しよう。。

 

午前11時でガレージ内が35℃を超えて塗装ブースは40℃を超えましたw

 

今日は夕方にNISSANからも電話があって、車両がこちらに届くのが9日になりそうとか。

車検証は既に登録が終わっている状態でした。

登録、早すぎない??

こちらに入ってからもナビとか装着があるので納車は更に1〜2日遅くなりそうです。


 

本日納車予定!

ポルシェ957 カイエン

 

まだまだお高いですね〜!

 

この車両に今回はコレを装着。

 

ナンバープレート盗難防止 JCCロック

 

ネジの頭に6角が付いてるんですが、それを締め込みます。

 

その後、付属のプラグを差し込んで、水平になるまでガンガンハンマーで叩きますw

 

なるほど、確かにコレだとそう簡単に外せないね。

 

 

・・・んじゃ、車両売却時にナンバー交換したりとか修理でバンパー外すのって大変だよね?

 

 

一応、販売店は取り外し方を教えて頂けるのですが、「なるほどね・・・」と言う感じでした。

取り外し方法は公開したら駄目なので書けませんが。

 

それよりも装着する際にほんとにガンガン叩かないと行けないのでちょっとやってて怖かったです。

古い車とかでネジ受けの方が錆びてたりすると食い込んで二度と外せなくなるかもぉ。。


今週忙しかった理由の一つがこれでした。

カイエンって大きいのでこれが1台あるだけでガレージ内の移動が出来なくなったりとか

作業が色々と大変になっちゃうのです。

オーナーさんも早く手元に欲しいので今日仕事が終わったら取りに来てくれる事になったので

助かる〜。

 

明日は夕方に大物作業の70が入庫予定です!

まだまだ忙しい日々が続きます。

来週いっぱいまでは入庫出来ないかも・・・

モデルイヤー2003年 ポルシェ ボクスターS

オイル交換に。

 

このオーナーさんも当店が創業以来のお付き合い。

以前はセリカXXに乗ってました。

今日はオイル交換などに。

 

お互い知れた常連さんなので閉店時間までしばらくぶりにお話してました。

車じゃなかったら呑みに行けたのに(笑)

でも車じゃないとオイル交換も出来ませんね!

 

 

もう一台は70スープラ

エアコンガス補充です。

 

本当は違う症状での来店予定だったんだけど、

今日になってその症状が出ないとか。

良くありますよね、そのパターン(笑)

 

 

今日は他にも常連のHさん(書きやすい名前そろそろあった方が良いかなぁ)

が来ていて、今月末のイベントの打ち合わせを少々。

 

大きな作業はありませんが、これくらいがちょうどよく感じるほど

気温が上がった一日でした。
 

次の作業は同じくカイエンのプラグ交換です。

この車両はノーマルのカイエンなので3,6リッターのV6エンジン。

V型のプラグ交換って面倒だよな、、って思っていたのですが

予想以上に簡単ではあった。

 

まずはエンジンルームを見て「このカバーを外すんだな」って思ったけど

これがどうやって外したらいいのか分からず。

 

プラグの位置を確認してみると、直列エンジンのように真ん中に

ダイレクトイグニッションで配列されていた。そして隙間からコイルが外せれば

出来るんじゃね?って感じで作業を継続。

 

手前のカバーを外したら1番プラグの差し込みは見えたのでまずはコネクターを取り外す。

樹脂部品?なので新品程簡単には稼働してくれなかったけどなんとか外れた。

外れたらコイルを引っこ抜きます。けっこうキッチリはめられているのでテコの原理で引っこ抜きました。

 

外した同時点火コイル×6

これが壊れて点火不良を起こす事もあるのでちょっと注意ですね。

この車両は10万卍兇┐討い覲笋砲綺麗な状態でした。

 

ちょっとコツは必要ですが6本とも工具が入ったのでこのカバーを

装着したままの状態で交換が可能です。

 

手間なのはコイルのコネクターを外すのと、コイルを引っこ抜く作業ですね。

知らないとそれなり時間を消費するかも?

 

プラグは元々はVW NGKの物でした。

交換した新品はボッシュ製です。純正でオーダーしたらボッシュが届いたから。

 

 

このエンジンってVWのトゥアレグと同じらしいのですが、ヘッドだけはポルシェなんですよね?

 

プラグを差し込んだ後はコイルを挿入。

これが狭いので一番奥までカチっとするところまではめるのがちょっと大変。

要は力の必要な作業。

 

コイル差し込んでコネクタ繋げば完了です。

 

 

作業工程はスープラの方が複雑だけど、こっちはネジ留めが無くコネクタなので

その辺が面倒だった。古くなったら作業中に割れちゃうかもね。

あと、カバー?を外せないので(外し方が分からんので)クリアランスが無いっす。