彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

ボクスターのMTオイル交換はアンダーカバーと言うか

全体を覆っている部品を外さなくてはならない所が毎回ちょっと面倒。

シャーシを繋がってるアームのような構成部品も外さないとカバーが取れないので。。

 

ドライブシャフトの横辺りにMTオイルのドレンがあります。

またこれも特殊工具なんですよね。

 

ドイツ車が何気にこのお店は入って来るのでその辺の工具は大丈夫です。

メルセデス、BMW,アウディ、VW、ポルシェとかは何気に見てます。

 

この車両は前回の車検の時にドライブシャフトブーツを交換しているので今回の整備は割と楽かな。

今の所大きな問題はありません。

 

 

それよりも今日の暑さの酷かったこと。

こちらの作業は午後4時半過ぎからスタートしました。

午前中とそれまでは違う車輛のメンテを。

これでも一応、予定はこなしております!

 

流石にへばり気味なので今日はこれくらいで終了しよう。。

 

午前11時でガレージ内が35℃を超えて塗装ブースは40℃を超えましたw

 

今日は夕方にNISSANからも電話があって、車両がこちらに届くのが9日になりそうとか。

車検証は既に登録が終わっている状態でした。

登録、早すぎない??

こちらに入ってからもナビとか装着があるので納車は更に1〜2日遅くなりそうです。


 

本日納車予定!

ポルシェ957 カイエン

 

まだまだお高いですね〜!

 

この車両に今回はコレを装着。

 

ナンバープレート盗難防止 JCCロック

 

ネジの頭に6角が付いてるんですが、それを締め込みます。

 

その後、付属のプラグを差し込んで、水平になるまでガンガンハンマーで叩きますw

 

なるほど、確かにコレだとそう簡単に外せないね。

 

 

・・・んじゃ、車両売却時にナンバー交換したりとか修理でバンパー外すのって大変だよね?

 

 

一応、販売店は取り外し方を教えて頂けるのですが、「なるほどね・・・」と言う感じでした。

取り外し方法は公開したら駄目なので書けませんが。

 

それよりも装着する際にほんとにガンガン叩かないと行けないのでちょっとやってて怖かったです。

古い車とかでネジ受けの方が錆びてたりすると食い込んで二度と外せなくなるかもぉ。。


今週忙しかった理由の一つがこれでした。

カイエンって大きいのでこれが1台あるだけでガレージ内の移動が出来なくなったりとか

作業が色々と大変になっちゃうのです。

オーナーさんも早く手元に欲しいので今日仕事が終わったら取りに来てくれる事になったので

助かる〜。

 

明日は夕方に大物作業の70が入庫予定です!

まだまだ忙しい日々が続きます。

来週いっぱいまでは入庫出来ないかも・・・

モデルイヤー2003年 ポルシェ ボクスターS

オイル交換に。

 

このオーナーさんも当店が創業以来のお付き合い。

以前はセリカXXに乗ってました。

今日はオイル交換などに。

 

お互い知れた常連さんなので閉店時間までしばらくぶりにお話してました。

車じゃなかったら呑みに行けたのに(笑)

でも車じゃないとオイル交換も出来ませんね!

 

 

もう一台は70スープラ

エアコンガス補充です。

 

本当は違う症状での来店予定だったんだけど、

今日になってその症状が出ないとか。

良くありますよね、そのパターン(笑)

 

 

今日は他にも常連のHさん(書きやすい名前そろそろあった方が良いかなぁ)

が来ていて、今月末のイベントの打ち合わせを少々。

 

大きな作業はありませんが、これくらいがちょうどよく感じるほど

気温が上がった一日でした。
 

次の作業は同じくカイエンのプラグ交換です。

この車両はノーマルのカイエンなので3,6リッターのV6エンジン。

V型のプラグ交換って面倒だよな、、って思っていたのですが

予想以上に簡単ではあった。

 

まずはエンジンルームを見て「このカバーを外すんだな」って思ったけど

これがどうやって外したらいいのか分からず。

 

プラグの位置を確認してみると、直列エンジンのように真ん中に

ダイレクトイグニッションで配列されていた。そして隙間からコイルが外せれば

出来るんじゃね?って感じで作業を継続。

 

手前のカバーを外したら1番プラグの差し込みは見えたのでまずはコネクターを取り外す。

樹脂部品?なので新品程簡単には稼働してくれなかったけどなんとか外れた。

外れたらコイルを引っこ抜きます。けっこうキッチリはめられているのでテコの原理で引っこ抜きました。

 

外した同時点火コイル×6

これが壊れて点火不良を起こす事もあるのでちょっと注意ですね。

この車両は10万卍兇┐討い覲笋砲綺麗な状態でした。

 

ちょっとコツは必要ですが6本とも工具が入ったのでこのカバーを

装着したままの状態で交換が可能です。

 

手間なのはコイルのコネクターを外すのと、コイルを引っこ抜く作業ですね。

知らないとそれなり時間を消費するかも?

 

プラグは元々はVW NGKの物でした。

交換した新品はボッシュ製です。純正でオーダーしたらボッシュが届いたから。

 

 

このエンジンってVWのトゥアレグと同じらしいのですが、ヘッドだけはポルシェなんですよね?

 

プラグを差し込んだ後はコイルを挿入。

これが狭いので一番奥までカチっとするところまではめるのがちょっと大変。

要は力の必要な作業。

 

コイル差し込んでコネクタ繋げば完了です。

 

 

作業工程はスープラの方が複雑だけど、こっちはネジ留めが無くコネクタなので

その辺が面倒だった。古くなったら作業中に割れちゃうかもね。

あと、カバー?を外せないので(外し方が分からんので)クリアランスが無いっす。
 

今日は朝からポルシェ・カイエンの修理とかメンテを。

 

サイドブレーキダンパーの交換です。

サイドブレーキダンパーって聞きなれないと思いますが、

カイエンは足で踏むタイプのサイドフットブレーキでして、

それをリリースする際にレバーを引く所は日本車でも良くあるのですが

レバーを戻すためにダンパーを使用しております。

 

そのダンパーがへたって来ると最後まで戻らずセンサーを押すまで行かない構造なんですね。

なのでサイドブレーキが戻ってないとコンピュータが感知して警告灯が点きます。

足でレバーを引っ張ればなんとかなるんですが酷くなると走行中に警告灯が点いて

うるさく警告音が出るように。

 

なので交換が必要になる部品なんですが・・・実際もっと普通のシステムにしてくれても良いのに

って思う部分の一つだったりもしますね。

 

こんなところに付いてます。

これは右ハンドル車。運転席一番左、つまりは内側って感じ。

基本的には刺して留めるだけなので引っ張って抜こうとしたら折れちゃったw

捨てるだけだから良かったけど。

 

高級車のメンテで費用が掛かる例の一つかな。
 

昨日に続いて今日もポルシェの修理です。

今日は987ボクスターの運転席(左)ドアハンドルがぶらぶらになって

しまった件。

 

これはワイヤーが外れたか、ワイヤーが通っている所が折れたかのどちらか。

 

純正の資料を取り寄せたら、内側ドアハンドルを交換するときはワイヤーも同時交換

と注意書きがあったので両方発注。

 

最初の手間はドア内貼りを外す事。

何処にネジがあって何処がクリップか、初の作業なので分からないから

こういう所で苦労したりしますw
 

内貼り側に付いているドアハンドル。

右側に置いてあるのが新品のドアハンドル。

この時点でワイヤーは外してますよ。

 

これが新品単体。

 

やはり折れてました。

樹脂部分がぽっきり。編年劣化ではありますが。

 

それからワイヤーを交換。

ワイヤーは切れてないのでそのまま使用出来たら楽なんだけど

これでドアのノッカー部分から取り外して狭い所に手を突っ込んで作業になるので

こっちの方が面倒なお仕事だったりします・・・

 

何故ワイヤーを交換するのかと言うと、

このように、ドアハンドルに入る部分の形状が変わっているからなんですね。

 

どうして変わったのだろう?対策品?確かにこっちの方が抜けないと思うけど。

 

ネジの類は当然のように全部トルクスだったりします。

ドイツ車なら困らない工具が揃ってます(笑)

地味にドイツ車も触り始めて15年くらい経ってますからね〜。

 

次は右側が壊れるんだろうな。

 

今日はポルシェ・カイエンのリアゲートダンパーの交換です。

 

ダンパーが経たってリアゲートが落ちてきちゃうトラブル。

困ったオーナーさんから依頼を受けての修理です。

 

とは言え、初めての作業内容なので、どうしたもんか。

なので早めに来てもらいました。

 

リアゲートの付け根の隙間から覗くと、確かにそこにダンパーがある。

なので内装を引っぺがして作業開始!

(その前にオーナーさんの荷物を片付けて頂いて)

 

ネジの類はほとんど使われていなく、数本のみ。

工具はトルクス。

それを外しても内装を引っ張ってもなかなか外れません。

国産車だったら力任せに引っ張るのですが、ドイツのお高い車両の内装を

無理やり引っ張って壊しちゃったら目も当てられないので慎重に作業してたんですが

慎重に作業してても外れないので結局は力任せに引っ張って外しましたw

 

 

こんな感じで留まってます。

これ、屋根の内装も一部引っ張ってます。意外と大変。

ダンパーを外すとゲートが落ちちゃいますので、うちは脚立をトランクに毛布を引いて

固定させました。

 

外す時はテコの原理で頭を抜けば大丈夫です。

 


これが新品部品。

左右で違う大きさのダンパーが使われています。

 

部品代は流石にお高くて1本¥16,500(税抜き)

 

先日、70スープラのボンネットダンパーを交換しましたが

こちらは値上げされてるけど今の価格は¥7,300

倍以上だな。。

 

 

無事に交換も終わって当日返却です。

次からはもっと早く出来そうだな。

 

 

話はずれますが、カイエンのサイド・エアバッグはタカタ製でした。

 

 

今日はこの後、20ソアラの3万劼噺世車両が来店。

部品確認次第ですが来週作業予定です。

 

今日はタイヤ交換を。

 

当初、持ち込みで交換してくれと言われたのですが

その時に話を伺った所、某Webでタイヤが安かったのでそこで買って

持ち込んでも良いか?と言う話でした。

 

念の為どんなタイヤかを聞いた所、

メーカーはミシュランだったのですが普通のタイヤ。

銘柄はプライマシー3だったかな?

 

実はそのタイヤ、メルセデス認証タイヤではありません。

 

タイヤの世界って奥が深いと言うか、実は細かい規定があったりします。

メルセデスの場合はMO規格の物の装着がメーカー推奨となっているのです。

 

MO規格なんて普段はめったに聞かないですよね。

 

ディーラーさんが高いからと言う理由だったのですが、高いには高い理由があると言うか

規格外の物をディーラーさんが使う事はまずありえないのでその確認の為、それまで

履いていたタイヤを見たらやっぱりMOタイヤが使われておりました。

 

そんなにかっ飛ばさないから、、とかそう言う理由で規格外の製品を勧める事は出来ないので

やはりメルセデスにはメルセデス用のタイヤをお勧めしてプライマシーHPを履く事に。

知らない所だったらサイズだけ見てそのまま装着してしまったかもしれませんね。

それで何もなければ問題ありませんが、何かあってからだと大変なので。

 

タイヤってとっても大事な部品だと思うのです。

車両を4本のタイヤで大きさで言うとハガキ1枚分以下程度の接地面で支えて

フロントはそれで曲がって止まってと言う動作を必要とします。

 

オイル交換ほどの頻度でも無いので出来るだけ車に合った良いタイヤを選択したいですね。

ほんとにタイヤだけで車の性格変わった?って思うくらいのものですし。

 

 

MOタイヤは当店でもめったに出る事は無いので今回はミシュランから正規物を取り寄せ。

ポルシェのN認証タイヤは良く使うんだけどな(笑)

 

今日はこの車両のお使いでヤナセにも訪問しましたが、さすがにお高い車でした。

車を見てサービス担当さんが「OOさんの車両ですね」ってわかる所が凄い・・・

何気にSLRのオーナーさんも来ていたのでこことは世界が違うなぁと思ったり。


 

ちなみに、プライマシーHPと言うタイヤは所謂ハイグリップタイヤではありません。

と言っても低性能のタイヤではなくて、重量、速度、路面追従に対してしっかりと作られた

タイヤです。

 

ミシュランは欧州メーカーで世界一のシェアを誇っているだけにタイヤに対しての

考え方がしっかりとしたメーカーですので色々と豊富なラインナップで良いメーカーですね!

本日はこちらの車両の車検でした。

 

見事、一発合格・・・とはならなかったけど、時間ぎりぎりで合格です。

過去、落ちたこと無いことで落ちました。

検査官の方が丁寧に指導してくれたので再検査で合格です。

 

新車の時から小牧の検査場で受けてたんですけどね・・・

 

それで帰りが遅くなってしまったので整備の続きとタイヤ交換は明日やります。

それにてほぼ完成。

 

週末納車可能ではあるのですが、実は明日の夜からタイへ飛びます。

なので納車に立ち会えません・・・

お店は空いているので大丈夫なんですが今月はいろいろと忙しいなぁ・・・

バンコクオートサロンに行って参ります!
 


本日納車。
オーナーさんが取りに来てくれました。
この車両は大きいのでこれ1台あるだけで
ガレージを大きく占拠してしまいます・・・
今日納車出来て良かった〜。

明日からY君の70のラジエター修理に取り掛かります。

今週、とある業者がサンプルを持ってくるとか言われてたんだけど
結局来ませんでしたね(苦笑)
それと、イギリス製品も今日連絡があるはずだったんですが来ないですね(苦笑)


突然ですが来週の金曜日は都合により早じまいする予定です。
こちらも正確に決まったらまたお伝えいたします。