オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

先日書いた、新車から改造車って言うのはこちらの車両でした。

トヨタVOXY・・・のGRのモデル。G,sって言うのかな。

 

マフラーが違うとか車高が下げられてたりしているモデルで(アルミも18インチ)

車検証上では(算定燃費値取得済特定改造自動車)と表記されています。

内装も変更されてて、昔で言う「特別使用車」みたいな感じでとらえても良いのかな。

 

新車登録からまだ3年で最初の車検で、距離も1万劼靴走っていないので

ベルトとかブレーキとかタイヤとか、全然触る所がありませんでした(笑)

心配する所が無い新しい車ってのはやっぱ良いなぁ〜と、毎日ふる〜い車を触っている

身からすると思っちゃいますw

ゴム関連の劣化もネジの錆とかも無いし。

 

このオーナーさんも何気に開店当初からのお付き合いなので既に20年以上。

彼は当時大学生でした。

ここでは珍しい類で、今までの愛車遍歴で一度もスープラには乗っていません。

最初に購入して頂いた車はR32スカイラインの4WDのモデル。

それ以後はずっと新車を乗り継いでいて、このVOXYも3台目の新車BOXYだったりします。

VOXYが好きなのは分かるけど、3台乗り継ぐって言うのもまた珍しい?

でも昔は例えば、マーク2が好きな近所のおじさんとかも、何度も新車でマーク2とか

買い続けてたなぁ、って例もあったりしますね。

 

 

次の車検の時に、また新型のVOXYを購入するのだろうか?

いずれVOXYと言う名前の車種のラインナップが無くなったら次はどうするだろう?

と言う話題なんかが日常会話になりますw

 

 

写真は撮らなかったけど、昨日来ていたM君は70を3台乗り継いでいるかな。

彼も大学生の頃から通ってましたネ。最初はGA70で最初に請け負った仕事が社外LSDを入れた事で

その後からはJZA70黒(今年5月にMEGA WEBに展示した車両)で現在は赤いJZA70に乗ってたり。

 

カーライフってほんと様々。

 

 

 

 

追記

車検証で取れなかった部品(現物確認要すっての)の答えを書いてなかったですね。

このVOXYの場合、エンジンオイルのエレメントでした。

ちょうどこの頃にカートリッジタイプに変更されてるのがあるみたいで

従来のようなカップタイプと両方存在しているようです。

 

それと、VOXYをBOXYと書いてました、すいません〜

本日は珍しく20ソアラが入庫致しました。

 

エンジンはNAです。またレアな一台ですね!

 

オーナー様から、ブロアモーターの故障で風が全く出ない、とお伺いしてまして

本日作業する段取りに。

 

品番が同じなのでそのままいつものように当店が用意する代替品との交換と

加工で大丈夫だと思っていたので、まずは作業に取り掛かりました。

 

 

20ソアラは今回が初めてです。

 

早速作業開始して、70と兄弟車なのに細かい所が違う所にも気が付きました。

20ソアラの方が配線が短い。

20ソアラの方がクリアランスが無い。

取り外すだけで他の配線が引っ掛かったり、ステーと共締めになってるネジも1本あって

これは元に戻すのがちょっと面倒だな、っと直感で理解。

 

外したモーターを確認のために接続してみたら・・・動き出します。

オーナーさんも動くのであればそれを使いたいと言う意向もあって、元に戻すと

また止まる(笑)これを何度か繰り返して、やっぱり交換する事に致しました。

 

羽を入れ替え。心棒の加工を。

穴位置を広げるべく、ドリルで加工を。

その辺は同じなんですが、コネクターの接続で大苦労。

 

70スープラのコネクタと違って、分解式ではなく、配線が入って行く側から

ロックの部分を押して配線を抜くタイプで、このクリアランスだと時間掛けてやってみたけど

ちょっと無理ポ。。

オーナーさんの許可を得て、配線を切断。

その状態だと普通に配線を抜くことが出来、今度は車体側に結線。

 

一番苦労する所は、3本のネジを車体に留める所。

新しいブロアモーターの段差が本当にまっすぐ入れないと羽が中で擦れて異音が出たりします。

そう言えば、以前通販で販売して加工されてた業者さんもそれが「出来ない」って言われましたし

今回私もちょっと心折れそうになったけれど、冷静に対処したらやっぱり入りました。

 

結論としてはこのようにまっすぐ入ります。

まっすぐ入るとやっぱり異音も無いし、むっちゃ静かです。

(今回動き出した純正の古いブロアモーターはブオォォって音も出てましたしね。)

 

ここのコツは、穴をそこそこ大きく拡張する事と、一番奥(車体左側)のネジをまずは少し引っ掛けて

今度は車体前側のネジを引っ掛けて、その状態で手前のネジを引っ掛ける事が出来る状況まで

持って行かないと斜めに取り付けになっちゃうので要注意。

3本のネジを均等に締めこんでいけば、やっぱり奥までまっすぐ入る事を今日20ソアラでも確認出来ました。

 

 

今回は京都から来られたオーナーさんで、ナンバーも「京都52」と二桁。

やはり1オーナーでした。

 

 

今でも直して乗って行きたい・・・と言う思いに応えられて良かったです。

 

 

 

作業内容はほぼ同じなんだけど、20ソアラの方が断然難しい(笑)

その理由は配線の短さと狭さ(ドアもあんまり開かないし)

 

 

良い勉強させて頂きました。

 

 

いやぁ〜ひさびさに付きっ切りでストレス感じましたわw

完成した時の喜びもヒトシオでした(笑)

 

ウィル サイファのオイル交換。

2003年に新車で納車して、それからアチコチに転勤になって現在は地元に戻って

またメンテさせて頂いてます。

距離も距離だし、細かい所は当たり前だけど経たりもあって・・・

 

でもまだ乗りたいそうなのでそう言う方向のメンテを。

と言えど、大きな故障が出てないのも良い所なんですけどね。

定期的にメンテに来られるし相談も受けるので、大事になる事無く乗られているかなぁ。

 

エアコンの効きが悪くなってるのがちょっと気になるのと

ベルトの鳴きが始まっている感じ。

 

スープラよりも全然新しい車だけど、ちゃんとメンテしたいって言う気持ちは

普段から受け取れます。ただスポーツカー好きな人に比べてメカに対する知識は乏しいので

今日も「左のブレーキが発進の時にキーキー鳴く」って言う指摘があったけど

パッドとローターは去年の10月に交換して目視でもほとんど減ってない。

途中で気が付いたのがベルトの鳴きで、エンジン掛けた後に出て割とすぐに止まるのを

これじゃないか?と聞いたらそうだったので、その辺は立ち会っててなかなかユニークに感じます。

 

 

 

 

 

と、スープラ以外の車種から上げましたが、今日は70も80も両方とも来られました。

どちらも初来店。

 

80の方は継続車検と整備の相談で8月20日に入庫予約に至りました。

電話の内容だと通らない箇所がありそうだったけれど、実車の状態を見て

手直しもさほど大きく無さそうだったので引き受ける事に。

中期のRZ6速なんですが、そろそろ調子の悪い箇所とかが出始めたようで

どこ行っても「分からない」って返答から、今日見た感じで私が悪いと推測した部分があって

実際にそれが悪いかどうかはまだ分かんないんだけど、何かを指摘されたことが良かったみたい。

ただトラコンも壊れているようで、それはチェックしてみないと分かんないなぁ。

80は制御系が多いから壊れると手間がかかる部分が多いです。

 

 

もう一台は・・・

わざわざ積載車で持って来てくれました。

電話で幾つかお話しは聞いていたのですが、実際に目にすると困った事が幾つか。

 

オイルクーラーがセンターに付いていたり、インタークーラーの出口を見て

(バンパーが無かったので見やすい状態)ターボAかな?と。

 

実際エンジン開けてエアフロ無いのでターボAだと確信。

 

レストア中という事は聞いていたけれど、ドアミラーが付いてなく

メーターパネルも取り外してあり、ドアノブも外れています。

それでいて窓ガラスは閉まっている。

 

 

・・・長々とこのあとを書いたけど全部愚痴になりますのでそこは削除。

 

久々に悲しくなったなぁ。

エアホースのバンドとかほとんど閉まっていない状態で持ち込まれてエンジン掛けてて。

 

申し訳ないけどお断りさせて頂きました。

ほんとに積載車まで借りて運んでもらったんですが・・・

他所で綺麗にレストアされる事を祈ります。

 

これでお盆前の予定は少し楽になりました☆

今日も暑くて夏本番。そろそろ去年買ったスポットクーラーが役に立ちそうw

昨日引き取りに行ってきた車両はこちらのヴィッツでした。

普通に車検整備です!

 

走行距離3万匱紂

交換部品なんてほとんどありません。

 

でも新車からもう5年経過する所なんだなぁ〜

時間が過ぎるのは早いなぁ。。(汗)

 

ブレーキパッド、ほとんど減ってません。

 

この車両はハイブリッドではなくて、アイドリングストップのタイプ。

この後のヴィッツって見た目はほぼ同じなんだけど、セーフティセンスとか

色々装備が加わって、ヴィッツなのに200万円ほどする車になりましたね。

 

お手頃に購入出来るのは5年位前が最後だったかなぁ。。

 

最近の車両は経済成長に伴って?価格が上昇しています。

個人のお財布事情はあまり経済成長が見られませんぞ!

 

まずは、

ようやくNV200の車検が合格。

先週行く予定が飛び石を発見したのでウインドリペアにするかフロントガラスを

交換するか悩んでたのですが、保険の免責が5万円あったのでリペアで対応する事に。

 

2か所、割と大きな飛び石がもろに視界の目の前だったので交換するのが望ましかったんですが

リペア屋さんがそこそこ綺麗に修復してくれました。

あれはあれで素晴らしい技術ですね!

車検は普通に合格でした。

 

 

その他は主に部品関連。

アメリカから注文が入っていた部品の手配で、EMSで発送手続きを。

実際に梱包して総重量を計らないと金額が出ないので今日は郵便局を何度か往復。

チェックが終わって請求書をペイパルで立ち上げ、即入金してくれたのは良いけれど

発送手続きの際にインボイスを発行しなければならなくて、今回は製品の一つ一つ全部重量を

明記する事になったのでもう一度梱包を解いて・・・と言う作業に。。

今夜仕事が終わったら本局まで行って発送手配致します。

 

今年は何気にアメリカからの注文が続いております。

あっちもスープラの部品は少ないみたいですね。

 

国内通販分はいつものようにヤマト運輸で出来ちゃうんですが海外発送はそこそこ手間が。。

 

また、車両の陸送手配なんかもあったりしてたのですが、

昨日からの雨で関東ー中部便がストップしているとかで、手配完了のFAXがまだ届いていません。

う〜ん、あの車両、いつ帰ってくるんだろう??

 

他にも今日は問い合わせの電話が鳴りやまず。

書いてる間にも電話が入って、これから稲沢駅へ一人お客様をお迎えに。

 

あ〜なんか今日は事務仕事ばっかで眠い。。

ポルシェ ボクスターS

今回はエンジンオイル交換、リアタイヤ交換とアライメントで入庫してました。

 

リアタイヤ

ミシュラン パイスポ2 N指定

 

エンジンオイル 8リッター!

 

アライメント測定は既に終わってます。

前後ともキャンバーとトーの調整済み。

 

 

 

もう一台。

今回、初入庫のメルセデス。

エンジンオイルとエレメント交換です。

こちらの車両はオイルは5リッター!

変な所にエレメントが付いてるエンジンだった。。

 

常連の80オーナーさんのセカンドカーですね!
 

ちょっと変わったプリウスから。

変わってると言うのはこの塗装。

オーナーさん本人が施工したんですが、吹き付け塗装ではなくて

ペンキをローラーで塗ったらしいです。

車用のそう言う塗料があったので、と言う事。

これもマット塗装になるのかな?塗り込みだけなので簡単ですよね!

 

 

 

もう一つのその他車種はダイハツ タント

eco idle警告灯点滅の原因はテスターではやっぱりバッテリーと出ました。

一応、アイドリングストップ用のバッテリーには一度交換されているようですが

充電不足を感知されちゃったみたいで。

これを消すのはテスターから出来ない構造なので充電された後も点滅することが

あったりするんですよね。

 

 

 

 

 

そして、70スープラだとJZA70に使用されているR154ミッションのお話し。

先日来店していた名古屋のK君に聞かれた内容なんですが、確認取りました。

R154のミッションをクロス加するキットと言うか事業者がいるとかで

そこには100系以降しか書かれてないから70に使えるのかどうか?と言う案件。

内容を見てみると、ドリフトし易いようにギアをクロス加しているようで

ギアの写真もあって(それがR154用の画像かどうかは分からないけど)

100系以降でもMT本体は一応は流用出来るので中のギアをスープラで入れ替えても

イケるのかどうかを質問してみた所、同じR154でも100系以前の物だと内部に使われている

部品が別物になるので、出来ません、と言う結論でした。

相手方も70スープラ等のR154は知っているようで、担当さん曰く使えないそうで。

 

個人的にクロス化よりもオーバーホールの観点で興味が強かったのでその辺も色々質問してみた所

やはり70の年式のMT本体だと内部パーツがもう入手出来ない部品が多く、

通常のオーバーホールも受け付けられないと言うお返事に。

 

 

う〜ん、久々に光明が見えた気がしたんだけどなぁ。。

 

リビルト関係は専門業者が幾つかありまして当店が利用している所もあるのですが

(リビルト協会通してとか)ことごとく70のMTもATも最近はお断りされます。

理由は同じく、内部パーツが全部揃わないと言う理由です。

やっても良いけど分解だけはされちゃうので、その後に部品が足りなかったりして

オーバーホール出来なかったらその状態でそのまま返却になります、と言う条件が付きます。

 

 

時々、リビルトとか部品関連を真剣に考えていると

自分は世間とズレたワガママな事を言っているのだろうか?と

自分ながら疑問に思う事もあったりします。

 

オーナーさんの悩みは切実で、なんとかしたい・・・と言う気持ちが最近空回りしているかもしれませんね。

夕べもいろんなことを考えながら気が付いたら朝になっていたりしたんですが

全ての問題を解決出来るには力不足過ぎるかもしれません。


来月も見本市に参加してきますが随分テンション下がってます。

こまごました部品を再販とかしている方が間違ってるのかもなぁ・・・とか。

 

 

プリウスって世界的にも凄くたくさんの台数が売れた車両じゃないですか。

一般的には社外品の部品も豊富にあるし。

そう言う方向の仕事をする方が何気に大事なのかもね。

アクアのタイヤ交換。

ようやくスタッドレスからノーマルタイヤに戻しました。

この車のスタッドレス、買ってからほとんど雪が降らない。。

 

ノーマルタイヤに戻す時に状態確認。

4本のうち2本は一度新品に交換済みだったんですが、

今回見ると2本はひび割れ発生中。

良く見たらその2本は新車時に装着されていたタイヤでした。

毎年スタッドレスに交換しているけれど6年経過してたらそりゃゴムはダメになってますね。

溝はまだ余裕があるけれど。

 

一度交換していたタイヤも外減りが起きている所でした。

FFなんで新品はフロントに履かせていたのですが、これも3年使うと

やっぱり減ってきますね。それでも溝はまだまだ充分なのでこれから2〜3年は

リアで活躍して頂きます。

 

スープラとかは前後のローテーションする人も滅多にいないけど(前後で違うサイズの人の方が多いので)

冬になるとスタッドレスに履き替えるこの手のサイズの車両のタイヤだと確認頻度が増えますね。

 

スポーツカーと違ってハイグリップタイヤではありませんが、減りはこっちの方が早いです。

サイズ的に金額は全然安いので気軽に交換しちゃいます。

 

でも逆にスポーツカー乗りじゃない人はそれでも交換に踏み切れない人とかいるので

この業界の葛藤になったり(苦笑)

 

最近は車に興味が無い人の方が多いとか言われてるけど、

実はそれは昔からそうであってスポーツカーで維持費使いまくる層って言うのは

今も昔もそんなに変わらないと思うんだけどな。

でもスポーツカー等でそう言うのを知っていて、コンパクトサイズの車両を維持すると

凄く楽に思えるんですが、そう言うのを全く知らずにカーライフを送ってきた人からすると

小さな交換でも大きな出費に感じられるみたい。

 

これはガソリンでも言えるかな?

私が若い頃は7Mエンジンのスープラに乗って通勤にも使ってて

ハイオク入れて毎月7万円くらいガソリン代使ってました。

このアクアなんて2か月に一度、レギュラー満タンで4000円くらい。

二か月換算で13万円ほどガソリン代だけで浮きますw

(走行距離とか使い方が全然違うので単純比較出来ないけれど)

 

 

一言で趣味性って言ってしまえばそれまでなんだけど

それでも同じ「車」の世界。

 

必要な所は惜しみたくない投資をしたいです。

 

因みに・・・自分が乗ってきた車で一番燃費が悪いのは

今使っている30系セルシオなんですけどね・・・
 

これで3回目の車検入庫になりました。

過去ログ見たら2017年と2015年の2月半ばにも入ってましたね。
 

まだ距離は2,5万辧

先ほど点検を終えたのですが、今回も交換部品は無さそうな感じで。

あんまり乗らないオーナーさんですが年間2~3000kmほどは使用しているので

くたびれ感も無く部品の状態も良い感じです。

 

相変わらず7速ATのDSGだけギクシャクしますが(苦笑)

ほんとにこれ知らない人だったら壊れてるんじゃないか?って思うレベルかも。

速度で言うと40キロ/h以上だったら快適なんだけどなぁ。

 

エレメントは明日入荷予定です。

 

2015年の時のブログの内容で暖房の効きが悪いかも?って書いてあったのですが

それはどうも故障していたみたいです。

ドイツは寒いので暖房はガンガンに聞くはずですからね。。

ヒーターバルブが全部開いてなかったんだったかな?

 

早ければ明日の夜にはお返し出来そう。

 

 

 

例のボルトが折れたダイハツ・ムーブ。

そちらはちょっと強引だけどなんとか修理完了に。

ボルト折れるのは良くある事だけど場所が悪いとほんと大変。。

 

オイル交換が1年前だったと言う事もあってついでに交換したのですが

到着した時にも割とボタボタと漏れがあってそれはエレメントだろうと思ってたんですが

交換後にふき取って様子を見ていたら・・・

 

ひょっとしてエンジンとATの繋ぎ目の所からの漏れかもしれない。
 

 

10分ほどアイドリングしていましたが、特には漏れて無さそうだったから大丈夫だろうか?

ちょっと心配だな。この車最近は放置っぽいからな(笑)

 

タイヤの空気圧も減ってて見た目で分かるくらいだったので4輪とも入れてみた。

各タイヤで1,3キロくらいしか入ってなかった。。

フロントはそれでタイヤがへこまされていたので左右のウォール部分がほぼ溝無し。

交換したいけどあと1年しか乗ら無さそうだし、ローテーションで使い切った方が良いかな?

 

まぁその分、スープラの走行距離は増えなくて済んでるんだけど。。

もう少しメンテを。。

 

5日(火)に納車予定です!

もうしばらくだけど調子良く走ってね。