彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

昨日はDREAM THETER大阪公演に行っておりました。

開場の6:15ぎりぎりに到着しましたがプログラムは既に売り切れ・・・

Tシャツもサイズが無くなっておりグッズコーナーに並んだのに何も購入出来ず。。

 

 

さてさて今回はDREAM THATERのお話を。

彼らは今回25周年記念でワールドツアーを行っております。

日本では追加を含めて5公演。

最近はフェスばっかりで単独ツアーが無かったので私も数年ぶりに見る事が出来ました。

 

今回は92年に販売され彼らの名前を一躍世界にとどろかせたアルバム

Image and Wordsの完全再現ライブと名打ってましたので、どうしても見たかったのです。

 

 

私は93年に渡米してハリウッドのGITに在籍しておりました。

当時の授業でLPW(ライブパフォーマンスワークショップ)と言う物がありまして、

先生方がまず曲を弾いて「お前ら来週はこれやるからね〜練習しとけよ〜」って感じで

その時の曲がこのDREAM THEATERだったのです。

それがこのバンドとの出会い。

 

GITでは楽譜は無く完全ミミコピの世界なんですが、先生たちの演奏を一度聞いて

そのカッコよさに惚れ込み、すぐにCD買いに行って練習しました。

 

その時の曲がそのアルバムの中の「UNDER A GLASS MOON」と言う曲。


これがまさしく衝撃的なアルバムで・・・

当時の速弾き小僧だった私を一気に変化させるアルバムとなったのです。

 

1週間の猛練習を経てLPWでは自慢の腕前を披露する事も出来ましたw

あれから24年も経過しちゃったんだね〜。

 

 

当時の愛車が左ハンドルのワインレッドの70スープラ

このお店の前で今では塗装もハゲハゲとなっていますが、あの個体が私の相棒で

あの頃はCDを積んでなくてテープの時代だったので流れているアルバムはずっとこのアルバムだったりします。

なのでこの辺の曲を聞くと当時のLAの風景や思い出が蘇ってくるアルバムなんですね。

 

 

 

そんなついでに当時の写真をUP

当時親交のあったミュージシャンとかで。

Mr.Bigのギタリスト ポール・ギルバート氏

私が手にしているのがポールのギターです。

写真には写っていませんがLA時代の私の機材もアイバニーズのギターで

現地ではポールモデルとかスティーブ・ヴァイモデルなんて言われて

売ってくれとか言われましたが、実は誰かのモデルじゃなくてただ単に自分のギターで

変わった塗装をしていたタイプでした。

 

こちらの女性がその時ドリームシアターを歌っていた先生で

コリーン・シーハンです。

youtube検索したら超レア動画って感じでベースの西本君との演奏がUPされてました(笑)

 

 

24年くらい前の小話でした。

 

 

 昨日、キョード東海からハガキが来て知りました。
今思うと、今時何故ハガキなんでしょうね?
当時からの顧客リストが存在しているんでしょうけどメールじゃないって
なんか時代的に不自然な。。
でもメールだと削除してしまいそうですがハガキだとデスクに置いておけば
毎日見るので届いた当初は
「今回はどうしようかなぁ」
と思っていたのが今日になると
「行こうかなぁ」
に変わってきました。
まんまと乗せられたのかもしれません(笑)

日程は5月4日なのでGW中で仕事もオフだし。

ハガキ(先行予約)が来てから検索して色々見ていたら
今回はVIPパスなるものも用意されているようで。
それだと15列以内で記念品が付くそうです。
となると?
このハガキから先行予約しても15列目以下になるって事?

なんかそれは嫌だな・・・
別に15列以下が嫌って言うんじゃなくてチケットの種別が出来てる事に少々違和感。
それなら先行予約じゃなくても我慢しようかなって思っちゃったりしますね。
しかも1枚2万円だったしw

前回は1年半くらい前に刈谷市に来たので行かなかったんですが
その前はデフレパのオーピニングアクトでその時も行かず。
更に遡ると何年前に来たんでしたっけ?
6年ほど前かな?

CDは買ってるし最近実はDVDも買ったりしてたので勿論嫌いじゃないんですが
このバンドなかなか頻繁に日本に来ているような気がしますよ。


更に笑えたのがこのハガキに書かれているメンバーでDrのブライアンは既に脱退しているとかw
後任はなんとトミー・アルドリッチに決定とか!?
それはある意味個人的には嬉しい部分であったりします。
トミー・アルドリッチが再加入(3度目?)すると
クライング・イン・ザ・レインを演奏してくれそうだし。

いつまで先行販売の期限だったか書いてないんですが
多分行く方向で。。
 行ってきました♪

単独公演は約4年ぶりと言う事で、やはりちょっと懐かしい感がありました。
(前回はサマフェスでしたっけ?流石に行けなかったので。
しかも4年前は東京公演1回のみだったし、名古屋は6年ぶり)

彼らの認知度がまだ低い頃は名古屋ではダイヤモンドホールで
やるくらいだったのに現在ではすっかり世界の「DREAMTHEATE」ですね。
今回のアルバムはグラミー賞「Best Hard Rock/Metal Performance」にノミネートされたみたいで。


彼らの単独を見るのは5回目。

このバンドを知ったきっかけは93年当時私がまだGITの学生だった頃
授業で先生達が演奏したんですよね。
そして「これ来週までの課題曲な〜」
と言われて取り組んだのが最初でした。

あっちの授業では楽譜の配布とかは無く、つまりは耳コピをしてこい!
と言うハードなもの。
聴いた瞬間に何か熱いものが込み上げて来たので必死に1週間練習した記憶があります。その時のアルバムが「Images & Words」で、
課題曲が「Under a Glass Moon」

当時の自分のギタースタイルからは想像も出来ない楽曲でした。
それまではギターはリフとソロって言う具合に引き分けていたのですが、
この曲はリフに変拍子が混ざり、複雑な進行で何処も手を抜けないような
ギタースタイルだったのです。
それからはすっかりこのバンドの虜に。

今思うと、ギターの教則みたいなリフの数々でその後に大いに役立ちましたよ。


当時の先生達に言わせると
「(東の)バークリ出身バンドでも出来るんだから(西の)お前らもこれくらい出来るはずだw」とか。
コピーするのとそれを「創り出す」と言う意味合いは大きく違うけれど、まぁやれって言う意味ですね。



アメリカから帰国してアウェイク - Awake(1994年)が販売されます。
当時CDを買ってすぐにパッケージ開けて自分の70のカーステで流した記憶も蘇る。
そのアルバムのオープニングが「6:00」で今回のライブでも久々にその曲を披露してくれます。これには一瞬じわっとこみ上げるものがありましたね!


セットリストです。
1. Dream Is Collapsing
2. Bridges in the Sky
3. 6:00
4. Build Me Up, Break Me Down
5. Surrounded
6. The Root of All Evil
7. Drum Solo
8. A Fortune in Lies
9. Outcry
10. The Silent Man(Acoustic)
11. Beneath the Surface(Acoustic)
12. On the Backs of Angels
13. War Inside My Head
14. The Test that Stumped Them All
15. The Spirit Carries (w/ Petrucci and Rudess Intro)
16. Breaking All Illusions

Encor

17. Pull Me Under


今までは毎日のようにセットリストを変更してきた彼らでしたが
今回はドラマーが変更になったので毎日ほぼ同じセットリストのようです。
新加入のドラマー、マイク・マンジーニを見るのはEXTREAM以来でした。

もう1回くらい見ておきたいです。


明日は2週間ぶりのお休み。
今日の納車でひと段落付きましたので久々にゆっくり出来そう!
評価:
ドリーム・シアター
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 4,280
(2011-09-07)
コメント:DREAM THEATERの新譜です。4月に来日公演があるので既にチケット取っちゃいました。ドラムのポートノイが脱退してしまったので新ドラマーを向かえての最初のアルバムになるのですが、まだ聞き込んでません(笑)

単独公演としては久々なので今から期待しています。

 http://www.youtube.com/watch?v=QcsZgZy0U2Y&feature=related
本日、何気に見つけた動画がこれ。

マーティ・フリードマンと八代亜紀。

マーティが最近は日本で活動している事は知ってましたが、
TVとかでちゃんと見た事は実は無かったんですよね。
メガデスの頃好きだったんですが、凄いね・・・ここまで日本語話せるように
なってるんだ。。

この人、絶対前世が日本人だよ(笑)

 ゴッドファーザーのブルーレイ4枚入りが出ました。
予約しておいたので本日届きましたよ。

今更感が強いのですが、ゴッド・ファーザーを知らない人(見た事無い人)
も割と多いと思いますが、こんな映画です。

イタリアのマフィア映画。
イタリア版、仁義無き戦い?

とっても渋い男の映画です。
多分女性が見ても意味不明所が多く、萌え所が無いかと。

マフィアのボス、ドン・コルネオーレに頼ってくるイタリア系アメリカ人の姿に憧れた人も多いのでは無いでしょうか(笑)
そして、暴力沙汰ではどうしようもなくなるアメリカにて、
末っ子で大卒のマイケル・コルネオーレの頭脳派のマフィアの台頭。
本来は長男が世襲する世界なんですが、末っ子のマイケルが色々すっとばして一躍マフィアを仕切るんですよね。
しかし、親父を殺られた仇は自らの手を血で染める結果になる
変わらないマフィアの世界・・・

物騒ですが、良い時代だったのではないかと。
なので今でも愛される映画なのではないかと思ったりします。


何せ、もう古い映画なので、よく覚えていない所も多々あるのですが・・・


大学時代に知り合ったフィアンセとマイケルは結婚したと思ったんですが、
イタリアへ逃げている時にも地元の女性と結婚してませんでしたっけ?
あれって重婚?
どんな背景だったかしら・・・

マフィア家業に反対していた嫁さんには最終話で愛想付かされて
出て行かれるシーンもあったような記憶が。。。

今夜から見ます!
KING
KINGと言うバンドのライブに行ってきました♪
http://king-world.net/

気が付いたのはギターのYoshiyuki Row-Kunのつぶやき。
お昼の1時くらいだったと思いましたが、こちら方面に向かっている感じ。
で「寄ってよ」と書き込みw
携帯にメールが入る。
少々やり取りして、何処で演奏するかを聞いてみた。
すると・・・

なんと、今日の公演はかなり近い所だったのね。。
岐阜は初めてのライブ訪問だったようで。


ちなみに帰りは7分で帰宅出来ましたw


到着して受付で「マーシーです」と。
ゲスト票?にちゃんと書かれていて、ドリンク代のみ払って・・・
既に他のバンドの演奏が始まっていたのですが、外で喫煙。
するとロウクンから楽屋へどうぞ、とのメールが。

いそいそと楽屋訪問致しました。


しかしながらいつ会っても、ボーカルのRYO君はかっこええわぁ。。
ちょっと関口誠人っぽいけど、このフロントマンはフロントマンに
なるべくして生まれてきた感じがしますね。
カリスマの性を持ってます♪

ギターのロウクンと楽屋でおしゃべり。
自分も元々ギタリストだったので音楽の話題で盛り上がる。
車の話題よりもそっちの方が私は非日常になってしまった今、
とても面白く会話が出来ます。
と言うか、普段音楽の話なんて出来ないからね(笑)


そして公演時間に。
ステージに降りて観客席から応援。

演奏が始まってすぐに思い出した。
そうだった・・・このバンドは・・・運動会のようなライブバンドだったw


KINGのTシャツを着たギャル・ギャル・元ギャルの軍団。
ハウスの前半分が埋め尽くされている。
いつ見てもこのバンドが出ると、ファンがしっかり付いてきますよね〜
ほんと感心します。
絶対全ての出演バンドの中で一番観客が多いよね。

で、ノッケからヘドバンの嵐・・・
このバンドの場合、ファンの場所取りも素晴らしくって(笑)
それぞれスペースをちゃんと作るんですよね。
そう、乗る為のスペースが。

久々だったらすっかりヒゲのおじさん、忘れてましたw


私は中段にいたのだけど、前を見ても後ろを見ても
周りの全てがKINGのファンの子たち。


「はまったw」と思いました、今回もw



それでもボーカルのRYO君がしっかり演出。
こっち目線で私に ノレ と コブシ振り上げろ と。
相変わらず嫌味じゃないし、乗らなかったらソンするような雰囲気に
持って行ってくれるんですよね、助かりました(笑)


今回はお呼ばれしたようで30分の演奏時間なんですが、キッチリまとめます。
でもたった30分でも、メンバーも観客もバテバテになるKINGのライブ。

物凄いパワーだ!


そのパワー、頂きました。ご馳走様。



演奏終わってから楽屋へ。
そしてメンバーの皆さんと楽しい会話。
いや、ほんとこのバンド良いわぁ。

リズム隊、ドラムもベースもとてつもないグルーブ感を生み出すし、
ギターの二人がしっかりとラインを奏でて、更に強力なフロントマンの存在。
それを支えるDEEPなファン層。

岐阜って言う名古屋から離れた場所でもしっかり付いてきますよね。
演奏後、即効でタクシーで消えていくファンもいましたが、これから新幹線に乗って帰るんだろうなぁ。。

バックステージパスのみならず、またまたCDまで頂いちゃって。。
さっき見たら、しっかりブログにも私の写真まで出されちゃってw


KINGは良くTVにもラジオにも出演していて、
カラオケにもいっぱい入ってますので、みなさん応援よろしくです。

個人的にプロモ−ション・ビデオを見るよりも
絶対ライブの方がはまると思います。
映画の挿入歌もあったと思ったけど、HPには今は掲載されてないのかな?


今回はメンバー全員のサインも貰っちゃいました♪
これからも活動頑張ってね!


LA音楽話ならこちらもネタは尽きませんよw

次回は3月22日(火)名古屋ハートランドです。
火曜はちょっと私は厳しいけど・・・


主に、東京・大阪・名古屋とライブで周ってますので、
良かったら皆さんも是非どうぞ!
音楽業界も今は難しい時代だけど、ほんと頑張ってね!
 この映画をご存知の方は非常に少ないと思いますが・・・(笑)

国内初DVD化されてたみたいで、見つけてすぐに買ってしまいました♪
今日これから帰宅して早速見ます。
1977年の映画で実は私が初めて映画館にて見た映画だったりするんですよ。

この映画を子供の頃に見て、それからすっかりオルカの虜になってしまい、
日本では鴨川シーワールドこそ行ってませんが、南紀白浜ワールドサファリや
伊豆の水族館、近場ですと名古屋港水族館までは簡単に脚を運ぶ事に。

海外だとサンディエゴ水族館のオルカの群れは壮観でした!
去年のモナコの際にも割りと近くに出来ていた水族館にいたようなので
やっぱり行けばよかったなぁ。


と言う事で、珍しく映画紹介でした(笑)
スクリーム

スクリーム

価格:2,520円(税込、送料別)


久々に買いました。

オジー・オズボーンの新譜 スクリーム!

評価なんて見ていると、やはり老齢の為か、あまり良くないコメントが目立つのですが(笑)
まだ届いていないので、届いたらじっくり聞いてみますね!
ロック・ザ・ナイト〜スペシャル・エディション
EUROPEです。
3月に来日公演がありますね!




2枚組のCDにDVDが1枚入っています。
初回限定モデルみたい。

こんなのが出てるなんて知らなかったらから、つい買っちゃいました(笑)



今日の車ネタもいっぱいあるけれど、こちらを優先。
明日は香田さんの車検整備です。
今週の土日の予約もぽちぽち入り始めたのでまた忙しくなりそう・・・
柴田さんのリミテッドがちょっと時間が掛かりそうになってきたので、
木曜くらいからは例の事故車両に取り掛かれそうな気配。
こっちも早くやらないとね。。