彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

2017年鈴鹿 ランボルギーニ・スーパートロフェオに行ってました。

 

本当は金曜日から行きたかったんですけど、日曜に休むのが精一杯の状態で。。

 

今戦は新車を急きょ投入して挑みます。

 

 

あいにくの雨だったんですが2分16秒くらいで周回する・・・速いねぇ。。

ドライだったら2分2秒くらいだとか。

600馬力オーバーのマシンです。


 

予選は4位でスタートしたんですが、総合では6位に落ちてしまいました。

しかし。

見事クラス優勝です!

 

落合さん、おめでとうございます。

 

 

土曜までは晴れてたみたいなのにせっかく駆け付けた日曜が雨だったのが残念。

おかげでほとんど撮影も出来ず。

久々の鈴鹿だったんだけどなぁ。

 

 

この週末はブランパンGTアジアとかF3とか色々イベントあって楽しかったです。

この3年忙しくて一度もサ−キットに行けなかったけど、今年はもっと・・・ね。

次はタイのブリーラム?

 

遠いなぁ・・・バンコクからw

私がルマンをここで書くのは初めてかも?

 

今年はJスポーツが25,5時間完全生中継をやってくれていたので私も朝の5時まで見てました。

 

去年の残り3分でトップを快走するカズキのマシンが突然のスローダウン・・・

優勝目前にしてレースをふいにしてしまった出来事も記憶に古くないですが

トヨタは今年に掛ける意気込みはそれは凄くて、3台体制にしたり

予選ではカムイがコースレコードを樹立しポールポジション獲得。

スタートも無難にこなしてレース開始から7時間見てましたが、その間は

ポルシェと2位争いでバトルはあったりしたけれど、トヨタの1,2体制が決まっていた。

 

あれだけマスコミも使ってキャンペーンを重ねていたのでトヨタの本気度は確かに感じ取れたなぁ。

今年は株主総会もスケジュールが違うのか、現場に章男社長まで来ていました。

 

 

ただレース前に某所でもつぶやきましたが、

そう簡単に優勝出来るのだろうか?

と言う所。

 

私も寝る前の姿を見たら本気で優勝出来ると思いました。

そして今朝目が覚めて順位を確認。

そこにはトヨタの7号車も8号車もいない。

 

 

 

出勤前だったので何があったか分からなかったんだけど

あ、やっぱり何かあったんだな

って言う脱力感。

 

 

後で調べてトラブルを確認。と言ってもレースのニュースサイトなので映像とかは無いし

その時の焦燥感は伝わらない・・・んだけどね。

 

 

 

7号車のカムイはトップを走行中でのトラブルでリタイヤだったとか。

8号車は2時間の修理を要してまだ走っているみたい。

とは言えLMP1のポルシェ2台は先に行ってしまっているので、その2台がリタイヤしない限り

タイムでその差を埋める事が不可能と言う今の状況のようです。

 

 

 

私はポルシェも大好きで、トヨタとポルシェのどっちが勝つと思う?って聞かれると

大抵は迷いなくポルシェって答えてるんですが、今年はトヨタが勝ちそうな気はしていた。

それでも「そんな簡単な世界じゃない・・・」と言う部分は頭から離れなくって
現在の状況を確認すると やっぱりか・・・  と言うよりは妙な焦燥感に変わった。

 

 

今年はトヨタに勝って欲しかった。

 

 

寝る前までのレース中なんかで「7号車が勝つのはイヤ!8号車に勝って欲しい!」

って言う書き込みとか見た時には、トヨタのマシンはそこまで理想の発言を出来る程になったなぁとも思った。

今年のカムイは確かに誰にも止められない速さを見せ付けた。

 

しかしそれでも止められてしまう世界なんだよな。

 

 

 

 

色々とあって暫くレースを離れていた私ですが今年は縁があって。

その辺はここには書けないのですが、今年のルマンを見てそう感じました。

誰にも止められない勢いを止めてしまうのがレースの怖さ。

それは後々残ります。

優勝の華やかな記憶よりも負けた記憶の方がはっきり残ってる。

またそんな現場に引き戻されそうで・・・

 

 

F1だけでも年間14戦行ってた頃も既に久しいですね。

 

今日は帰宅してからレースの続きを見ます。

ポルシェの優勝の瞬間も、そしてこのまま走り続けられるのかトヨタの8号車も応援します。

クルマを作ったりするのは理屈だけど

レースの面白さと怖さは理屈じゃないんだよね。

 

 

今年の表彰台、8号車が3位表彰台に立ったら、下でちゃんと拍手して欲しい。


今日は早朝から鈴鹿へ。
スーパー耐久レースに行ってました。

G-Techって言うチームで大瀧選手がドライバーだったので行ってたのですが
なんとレース前にオイル漏れが発覚してレースに出る前にリタイヤ・・・残念。。

久しぶりにレース現場に行ってましたが懐かしい顔やいろんな名刺を頂いたりとか
楽しかったです♪

レース終了前に戻る事にしたので割と早めに帰って来れました。
今は眠気との戦い・・・

1ラップも走行していないので感想も何も無い感じですいません(笑)
明日は休み、たっぷり寝るぞ。。

先日の事ですが、秋葉原のレーシングシュミレーターに乗ってきました。

D.D.Rと言うお店です。
以前からお誘いを受けていてようやく…といった感じ。
リアルに近づけたゲームかな。
それでも本物と似たようなタイムになったりするのでレーシングドライバーも
こう言うものでコースやマシンになれたりするようなんですが。

まぁやっぱり私からしたらゲーム感覚かな。
こちらのお店のものではピッチとか横Gは無いですからね(笑)
それでもなかなか楽しめました。
最近のゲームはグランツーリスモとか良く出来てますしねぇ。。


連日で鈴鹿だったりシュミレーターネタだったりしますが
別に今更ドライバー復帰とかありませんから。
もう目がね…ついていけません(笑)

ちなみに昨日乗った車両。
ブーストカットが入るなぁと思って気を使って運転してたんですが
オーナーさんに聞いた所、ブースト1,5で設定してあるようです。
…(汗)
怖っw




今日は朝から70のデフ&MTオイル交換でした。
はじめて来店される車両&オーナーさんで8年くらい乗っているそうです。
先週も同じ作業が入っていたような?違う車両ですが。

明日は予定が遅れている80の作業をある程度進めたいな。。
どうも微妙に忙しくて時間だけが勝手に過ぎていく。。
 

本日は鈴鹿サーキットへ。
このマシンはスーパーFJです。

最近日本のレースは何でも「スーパー」が付いちゃいますね・・・
22日にいよいよ今シーズンが開幕のFJシリーズ!
各チームやドライバーは今日から走行開始でセットアップを煮詰めます。


・・・と書きましたが、何も私がこのカテゴリーにエントリーしているのではなく
今日は全然これじゃないテストにて訪問でした(笑)
その答えは約1ヶ月後に分かる??

久々にハイパワーマシンに乗って目が疲れたよ。
コーナーでのシフトダウンやUPはそれなりに納得出来る感じでしたが
目が付いてこないなぁ。。
低速ギアでブーストカットが入ったりしたのでこれは要セッティングだと。
ブーストのメモリでは1,06くらいで目視だったけど瞬間で1,2kg/mbを超えてるとか
怖いw
でも流石に加速感はスムーズで悪くなかった。

最近、ゆったりした4ドアセダンばっかに乗っていたのでたまにスポーツモデルに
乗るとやっぱり面白い。
途中で車高を落としたくなったりタイヤを更にハイグリップに履き替えたかったけど
それは今日は叶わぬ世界で。


これから1台納車して帰ります。
思い切り疲れたのと時間がないのでご連絡や返信はまた後日・・・


最後に。
今日は風はあったけど良い天気でした。
マシンの中は暑いくらいでした。
そろそろ春の息吹?
 

WTCCとスーパー耐久の同時開催に行ってきました。
今回はメディアですので・・・

鈴鹿のメディアセンターはこのようになっております。



これがメディアパス。
F1のようにピーポーゲートはありませんでした。

個人的には前日の土曜日に決勝が行われたスーパー耐久のクラスの
レースのほうが見たかったんですが・・・
そのチームはこのレースが今シーズンの最終戦だったようですし。
結果は完走扱いに届かず残念。


レース前に各ドライバーさんたちと少々お話させて頂きました。

レース後はアルゼンチンのドライバー、ホセ選手が年間チャンピオンを決めて
ピットでは祝勝会が開かれていました。
レース2でホンダのタルキーニがリバースグリッドから優勝を決めましたね。


WTCCは鈴鹿で開催するようになってから毎年行ってるのですが
今年からフルコースになって以前みたいに1コーナーでリスクおってクラッシュする
必要がなくなった為か、現場実況しているピエール氏が言うようなゴツゴツしたレースには
ならなかったのがちょっとらしくないって私も思っちゃいましたね(笑)


それにしても、S耐のクラスXのGT-Rのタイムが2分3秒とは・・・
凄い速さだ。


鈴鹿ももう5年くらい走ってないので見てると走りたくなってきます。
でももう若くないので今走ったら危ないかもねw
WTCCは往年のドライバーさんたちが多いんですが皆さんタフでした。

 

金曜日はこんなキャラクターと一緒でしたがw
http://www.f1-stinger.com/
スティンガー君の中の人、、って書いたら夢を無くすんですよねw
北京空港からタクシーで一緒にそのまま会場へ向かいました。


空港のタクシーの運転手もそう言えば会場を知らないって言ってたな。
オリンピック会場なのに本当に知らないのだろうか?
北京にとってオリンピックってなんだったんだろう?

で、分かるドライバーの運転に任せて・・・
渋滞はほとんど無く到着。それでも会場周辺は交通規制が敷かれてて
パスを受け取るホテルに入るまでにUターンやらちょっと無駄なメーター加算を。

急遽金曜日にフリー走行と称してテスト走行があったのでそれにぎりぎり間に合った感じです。
ドライバーはその間コースウォークしていたようで。
(これは現地に先入りしていた友人が教えてくれた)



この急造の橋を渡るとヴィレッジです。
歩いたらもう揺れまくりで怖かった・・・他にも関係者入り口はパス発行のホテル
近くにゲートがあったんですがF1のようにピーポーゲートは無かったですね。

ちなみにこれ、フリー走行中。
地元警官(公安?)の方たちも手持ちのスマホで撮影しまくり。
と言うかヒマだったんでしょう。
だって金曜の朝からこのあたりに待機していて走行は夕方に一回あっただけですからね。
それまで何してたんだろう?

走行が終わってしばらく打ち合わせしてからホテルに向かいました。
荷物持ったままコース周辺に来てたのでとりあえず身軽になりたくてw


FEは土曜日の一日で全てのセッションを終えてしまうのでF1とは
スケジュール感覚がまるで違います。
普通にレースを見に行くファンの観点から書くと金曜はこれ以上何も無いので
(次回からフリー走行もないかと思われるが)
あんまり気にせず帰っても良いかも?
出入り待ちが目的の人は残ってても良いです。
ドライバーじゃないですが関係者が普通に出入りしているゆったりした金曜だったので
外で普通に色んな人に遭遇出来ます。
ちなみに開幕戦の北京に限ったことかもしれませんが、
木曜日はコースも歩けてその間普通にドライバーと遭遇出来ていたようですよ。


金曜はホテルに帰るのにタクシーを4台ほどスルーさせられました。
本当に北京ってタクシーが難しい・・・その時同行してた友人は天津・北京に既に
10年も住んでて中国語もそれなりに出来るのに地図見せて交渉しても
ほんとになかなか乗せてくれない。。。

この日のホテルはそんなに遠くないのに。

来年も開催するかどうか分からないので書いちゃいますが
関係者のほとんどがインターコンチに宿泊していたので、コースから
ホテルへの移動はその間徒歩で普通に発見出来てました。
数年前のRoCの時と同じですね。

北京のオリンピック公園周辺は道路はちゃんと整備されていますが
タクシードライバーのスキルがダメな印象です。
だからコース近くにみんな宿泊してるんだろうな。


この日の夜はホテルにてパーティが開催されたようで
ドライバーのFモンタニーがロスバゲでスーツが届いてなかったので
実費でタキシードを購入していたとかw

なんかいろいろとゆるいカテゴリーって言う印象の金曜日でした。
 
 トヨタの今年のモータースポーツ活動内容が発表されました。

LEXUS Racing 、TOYOTA Racingって言う二つの位置付けよりトヨタで良いのに。。

ル・マン24時間レースを含む世界耐久選手権(WEC)、アメリカのNASCAR、国内トップカテゴリーのSUPER GT、スーパーフォーミュラに参戦する。ほかに、ダカールラリーに参戦するトヨタ車体を支援する。

WECには、新型車両「TS040 HYBRID」 を投入し、2台でシリーズ全戦に参加する予定だ。6月に行われる伝統のル・マン24時間レースでは、念願の初優勝を目指す。

ドライバーは引き続き、アレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴、ステファン・サラザン、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミが務め、新たにテストドライバーとして、マイク・コンウェイの契約を発表した。


去年はWEC車両が途中で1台になって更にまた途中から2台に戻りましたね。
あの時はレース部門の資金が足りなくて、スポンサーさまのおかげって言ってたけど
現在は上方修正の内容も大きいし大丈夫なのだろうか?
今日の株価は地合もあって大きく下げて久々に6000円台を割っちゃったけど。


国内のトップカテゴリーのGTとSFは継続は分かるとして・・・


豊田章男社長は、「わたしが社長でいる限り(F1)復帰はない」と語った。
・・・あ〜あ。もうレクサスRCもFT-1が出てもモリゾーくんが社長の間は買わないw
(FT1は出ないと思うけど)
ほんとに自分が乗れない車には興味無いのかな?
なら2シーターのF1作って楽しめば。。
って、ただの愚痴ですね。
今の業績ならばF1にエントリーする事は悪い事じゃないと思うんだけど。
自動車メーカーとしてね。
技術競争が市販車に活かせないのは分かるけど
世界のトップフォーミュラを無視し続けるのは会社の規模からして
幅が狭いなぁって感じてしまう。
自動車メーカーという立場じゃなければ費用をじゃぶじゃぶ使うF1の場において
結果が出せない事がどれだけ無意味な事かは分かるんですが。

とは言え、今日の日経平均の落ち具合を見る限り、参戦発表したらそれこそ
冷や汗ものだったかもしれませんけどね(汗)

個人的に至極残念。

ootaki
大瀧選手が来年のカレンダーを持って挨拶に来てくれました。

表紙のページの車両の真ん中にMAIのロゴが入っていますが
表紙なので即効で見る機会が無くなってしまいます(笑)

まぁページをめくっても何度か登場するんですけどね!

今年もS耐久で表彰台を獲得出来たし、今までとは
違ってフル参戦とかをしていた年度ではないですが
レースを楽しみながらサーキットを走れたのではないでしょうか。

今年の営業もあと1週間で終了予定です。
あっという間に過ぎ去りました。。。
まだ残っている仕事も早めに片付けて冬休みは
ちょっとゆっくりする予定です。

明日は冬至ですね。
1年で一番日が短い日になります。
これから少しずつ明るい時間が増えていきますね。
仕事する事においては助かるので次は暖かくなる日が待ち遠しいです。
ミハエルRoC
レース後に着替えて出てきた時のミハエルの画像です。

F1の時とは違い、穏やかな表情で寄ってくるファンに気軽にサインに応じてました。
割と長い時間。
今年で2度目の現役を引退した彼なのでこうやってレース後に囲まれてサインに
応じると言う事は最後なんですよね。
そう考えると私も妙に寂しい気持ちになりました。

準決勝でグロージャンに負けなかったらなぁ。
土曜の国別対抗では勝ったのに。

RoC自体がユニークなレース方式でどちらかと言うとタイムトライアル的な競技に近い
戦い方なので運にも作用される事も多いですが、個人戦でミハエルの勝利も見たかったです。

決勝まで行って負ける事が多いので今年も期待してないながらも
期待してしまうと言う矛盾が見ていて・・・

これで今年の私のレース現場行きは終了です。

気が付いたらもうすぐ今年も終わりですね。