彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

最初に入ってきた仕事が事故修理でした。。

 

う〜ん、普通ならリアクオータパネル交換なんだけど、それも既に新品は無い。。

となると現物修理になるんだけど、この歪み具合は直せるよ!ってすぐに言える

程では無く。。

 

 

とりあえず頑張ります。

 

テールもモールも新品無いんですけどね(苦笑)

これはぎりぎり中古でまだ持ち合わせが。。

 

凄く時間掛かりそう。

今月22日に入庫予定になりました。
 

先日のカツどん君の車両のパネルの隙間対策。

 

上から内装取ってスポットは剥がれてない事が分かったので

アンダーコートを剥がして下から直接的な部分の確認。

錆が浮いちゃってますね。

なので隙間対策に加えて錆止め対策を。

 

こんな感じで。

隙間部分は埋めます。

 

反対側は

こんな感じでした。

 

購入前の事故なんですが、しわ寄せがこっちまで来てたって感じですよね。

 

 

現在は既にアンダーコートも塗って見た目は良い感じになってます。

ここは溶接して直す部分じゃないし。

 

車体のキシミ音はここが原因じゃなさそうでしたよー。

 


 

本日完成。

屋根の塗装です。

 

元々はこのように、ひび割れ?みたいなのが幾つも現れてました。

純正塗装が痩せちゃったんでしょうかね?

過去にも同じようなのを見たことがあります。

一度も過去に塗装はされてないのですが、どうしてこうなっちゃうんでしょうね?

色剥げとは違う症状。

 

エアロトップじゃなかったらもう少し簡単だったのに(笑)

 

これで現在お預かりしている車両(全部70スープラだけど・・・)の作業は

全て完成となります。

 

ガレージ内の片づけをして出て行かない順番に奥の方から入れました。

ガレージ内もダンボールとか製品とか積みあがってたので片付けるだけで

体力消耗w

 

 

通販のダッシュボードマットは既に発送済みです。

 

明日の午後にニッサンの新車が入庫してきて、その作業開始予定。

週末に2台納車で来週また2台入って来るので相変わらずガレージが満タンですが、、

明日の車が一番大きいので納車時に何処に停めようかな?悩むなw


廃棄部品も溜まってきたのでそろそろ全部捨てないと。

今日は最後の調整を。

全然大きな作業ではなくてほんとに細かい部分なんですが。

予定では明日には完了致します。

 

それにしても今日は雨・・・おかげで撮影も出来ません。

 

この作業中にまたリフトが調子悪くなって業者に連絡。

3月に修理したばかりなんですが。

 

まぁ機械物で全部新品にした訳じゃないのでしょうがないんですが

調整してもらう際に作業を見てたら、ロックで使われているネジ?のようなのが
編年劣化で随分削れていたんですね。

 

これは交換しないと駄目かも?また同じようにロックが固くなってしまいそう。

修理に来て貰った時はちょうど私はベトナムに行っている時だったので見られなかったんだけど

ロックが外れなくなって無理やり毎回使っていたら金属疲労でアームが折れたんですよね。

それでアームとかスプリングとかその辺の部品を一切合切交換したんですが

根本的な原因は別にあった事に。

 

聞いたらチェーンを外さないとその部品は交換出来ないとか。

 

 

・・・う〜ん、、まぁ古くなると一発で原因に行かないものだよなぁ。。

またお金掛かるけどやらなきゃ手間増えるしなぁ。。

なんか車と同じですね。やっぱ機械物ってのは全部新品にしないと後から不具合出るので

効率悪いけどこうやって悪い部分を出し尽くさないと。

 

 

 

一応、リフトは稼働はするので続行しましたが。

 

この車両、この色にしたので、ナンバー隠しても見掛けたら一発で分かりそう(笑)

 

 

バンパーとホースメントを留めているボルト&ナットを社外品に交換。

純正のようにボルトに引っかける足が無いので途中でワッシャ噛ましてますが

ボルトが落ちる事はないけどナットは動いている最中に落ちないかなぁ。

それなりに強くは締めているけど締めすぎると今度は外すの大変だしね。

 

 

明日は午前中から打ち合わせの予定が入ってますが、夕方までには出来上がると思います。

 

 

 

 

今日は都合に寄りPM7:00で閉店になります。


 

常連Uさんの70スープラ。

バンパーが外れています。これから何をするのか?

 

と言う前に、バンパー外さないと出来ない作業なんですが、

そのバンパーを外すのに既に一苦労。。

 

ホースメントを留めているボルトが錆び固着で外すのに凄く時間が・・・

この年式にあるあるですが、なんとか外れて良かったです。

いやはや、ただ単にボルトナットを緩めるだけなのに時間と手間が掛かってしまうのが

旧車の難点ですね。

 

ここからはサクサクと・・・と言いたいのですが、

今日も炎天下の中、ふらふらになりながらホースメントの穴あけ加工を。

 

一番苦労したのにそこだけ撮影してないと言うw

 

5時くらいからようやくバンパーカバーの穴あけをして位置出しが終わりました。

 

そう、ターボAダクト!

 

このダクトは裏側に固定部分があるので上下の位置合わせは不要と言う事に。

バンパーの下側に被る様にダクトを取り付ける事になります。

 

バンパーカバーも穴あけ終わって、とりあえず被せるとこんな感じ。

 

このダクト、取り付け用のボルトが付いてないので、接着加工が必要です。

バンパーは丸い曲線を描いてますが、ダクトは真っすぐな所も難関。

下手に左右の端っこにボルトを接着させると引っ張ってしまうのでボルトが抜ける可能性が高いです。

 

昔はもう少し装着が楽だった記憶があるんだけどなぁ。。。

 

 

今回もホースメント切断で3枚砥石を使っちゃいました。

錆止め塗装は既にしております。

 

今から撮影したいと思いつつ、既にバンパーカバーに戻してしまったので・・・

疲れてる時はこんなもんかも。(すいません)

 

鉄粉が凄く出るので外で作業したんですが、今日の直射日光は鬼だった。。

 

 

 

追加記載

錆があちこち出ているので良くあるボルトポッキンもありましたが、おおよそは外せました。

なかなか状態良くないボルト等は新品使って対応したいと思います。

ですが、画像にあげたホースメントを留めるボルトが既に生産廃止。

代替品をどうしようかと検討中です。

純正であればそんなに高い部品じゃないんだけれど・・・
 

本日仕上がりました。

 

こちらが元の状態。

 

主に交換した部品です。

バンパー関連ですね。

取り外したらばっくり割れているのが良く分かる感じに。

 

これにて前回りの当店の在庫部品は全て終了に・・・

 

左右のフェンダーは板金で修正。

塗装は大きく必要では無かったのでタッチペンで修正。

今回、車両を購入したばかりでオーナーさんもまだ若くて予算が無いとの事なので

完璧な修理と言うよりはある程度の出来栄えで、、と言う方向での修理です。

 

なので部品は全て中古を使用。

ウインカーとか字光ナンバー貴台とかも。

良く見るとナンバーの数字の部分が割れてたりするけれど。。

 

ヘッドライト周辺のチリが完璧には合わせられません。。

それと、懸念された足回りなんですが、こちらはメンバーの交換は無理なので

折れたストッパー部分は無視して位置を出してアライメントで修正。

ハンドルは真っすぐになりました。

 

車両保険、入りましょうね。

 

 

それにしても今日も暑かったですね・・・

温度計で34℃まで行ってましたよ。。。

明日も気温が上がるみたい。

 

 

今しがたオーナーさんから電話が入りました。

明日の朝一番で取りに来るそうです(笑)
 

来週から板金・塗装週間になりそうな予約が入っていたのですが

そこに割って入り込んだのがこの車両。

 

なんと先週納車したばかりなのに・・・たった数日でこんな姿になってしまいました。

 

バンパーカバーが割れてしまったのと、フェイシャーが左右とも押されて

フェンダーがヘッドライト辺りで折れて、ライトも盛り上がってます。

正面よりも左右の修正が大きくなりそう。

 

右足も押されてしまって、調整のストッパーが折れてしまいました。

あんまりこう言うぶつかり方は見ないな。。

70は重いから思いもよらない所にしわ寄せが来たりしますね。

 

勿論、直しますよ。

軽くは無いしヒズミも大きいけれど。

このストッパー部分は走行中にずれてこないようにしないとなぁ。。

ロアアームではなくてメンバー側だからちょっと怖いけど。

 

 

明日、エアロ取り付け予定だった車両もGW明けにずれ込みそうだし

5月にはもう一台大きな作業をする車両を控えてますので、ほんとに

板金・塗装月間になりそう。

 

 

皆さんも気を付けてくださいね。
 


去年の11月の事故だったかな?

部品の発注が年末年始を絡んでしまったので1月末くらいから作業開始になったんですが

ようやく完了致しました。

付加塗装で左ドア、右フェンダーも塗ってます。

流石に新品のバンパーは形が綺麗だ(笑)

 

他にも社外品があったり、バンパーとフェンダーも違うメーカーの社外品なので、

組み合わせで加工が必要だったりとかで時間が掛かったりもしましたけど。

本来は先週末くらいに納車予定だったんですが、最近バタバタしてて

約1週間遅くなってしまいました。

バンパー塗装は出来てたんだけどそっから取り付けと加工に時間が・・・

 

 

 

さて、本日はもう少ししたら閉店となります。すいません!

 

明日は、大阪のKさんがオイル交換の予約が。

あとガレージに入りきらなくなってる現状なので青い車両が引き取りに来てくれそうな。

今週末の納車ラッシュが終わったらガレージが空くので、もう一台の80の

エンジンに取り掛かれそうです。

 

・・・でも来週は23日まで臨時休業なんですけどね。。(汗)

 

去年の事故なんですがようやく部品が揃いつつあるので修理に入ってます。

保険会社が来ると言って来ないけど、一度立ち合いしてるから作業は開始。

 

予想以上だった部分はウォッシャータンクが割れてたりとか

車体も押されてました。板金範囲で直る部分ですが。

これで下側のホースメントと言うのかステーと言うのか、

その部品を発注。


その部分を拡大するとこんな感じ。

まぁここ周辺に衝撃が来てたって事ですね。

 

今月半ばには完成予定。

その途中、ちょっと触れない日程が入っているのが残念。。


今日はちょっと前に書いた事故車両の修理のお話し。
1オーナーのドナー車両をちょうどいいタイミングで見付けていたので
そこから部品を外しています。
こんな姿、めったに見られないですよね(笑)

コアサポート以外にも前回り、フレームの先まで綺麗に取り外せました。
これは車両の状態が良かったから。

こちらの車両、事故もないしボディはそこそこ上物だったので、
こちらを黒く塗装した方が良いのかもしれない?と言う考えもありますが・・・
修理している車両は1オーナーなので思い入れが強いと言う事で
それならば出来るだけ良い素材を利用して修理を、と言う話なだけです。



例えばまだ外してないけど、フロント右側のエプロン。
これも利用致します。


こちらは修理予定の方の車両です。
既に切り取りは終わっています。
今回の事故で直接ぶつかった所ですね。

ちなみにコアサポートを軸にして反対側も押されて変形してましたが
そちらは修正機で引っ張ってある程度形が出たのでエプロンはこっち側だけ
交換で済みそう。
とは言え、前回りはごっそり交換になるので大きく切断されていますけどね。

この辺まで終えて、ようやく先が見えたと言うか、修理のメドが立ったと言うか
まだそんな所だったりしますが。

最近のゴアボディ(もう、そう呼ばないかな?)と違ってこの頃の年式の車両は
切断部分指定が無いのである意味溶接がポイントになりますね。
そう言った所ではまだ修理しやすいと言うか幅が広がる部分です。

とは言え、まだまだ時間は掛かりますけどね・・・
来月半ばまでにはある程度出来上がってる状態に持っていければ。。