オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

共通在庫なのでこの店舗には無いのですが、

GRスープラ SZが入荷しました。

 

現在、未登録車両です。フルノーマル。

GRスープラはオプションがほとんど無いのでこちらの車両も全く付いていない状態ですが

未登録車両なのでこれからオーダー可能な状態です。と言ってもETCとドラレコくらいなんですけどね。

 

超急ぎで納車して欲しい〜って思っている人には良いかも。

 

色は黒・ブラックです。17インチホイール。

まだナンバーも付いてない状態ですので、新規登録。

税金関連もそのまま加算されますが完全1オーナー車両となります。

 

ご興味ある方はお問い合わせ下さいませ。
 

 

 

 

もう一台。

久々に・・・在庫車として来週入庫が決まりました。

2,5GTツインターボR  2オーナー 修復歴無し 実走行99,000km、
18インチアルミ、タイヤほぼ新品。アブフラッグのリップスポイラーにボメックスのサイドスカート。

左右に社外レカロ(運転席破れ小)5速、MAIマフラー&Fパイ、インタークーラー付き。

HKS V-pro現車合わせセッティング済み、大容量燃料ポンプ(レギュレータ制御有り)

実測ブースト1kg/㎤ 322,7馬力達成。(2016年11月)

現在、絶好調です☆

 

こちらも合わせてお問い合わせ下さいませ。

 

GRスープラが正式名称のようなんだけど。

90スープラではないのなら(開発コードはA90だったが)

気は早いけど、この次のスープラが出るとしたらGRスープラ「新型」とか

どのような名称になるのでしょうかね?

A100系とか言われるようになるのか、はたまた、これが最後のスープラになるのだろうか?

 

 

と言う前置きは置いておいて、

新情報でGRスープラのリコールが発表されていました。

これは北米トヨタのGRスープラです。

何故か北米では日本より先に次々と納車に至っているようですが

日本の場合はこのリコールが出る前に対処しているのかもしれませんね。

 

 

さて、気になるリコールの内容は!?

バックカメラがバック中に作動しなくなるとか。

要はオフになってしまうようです。

運転にはほぼ影響ないけれど、バックカメラの観点からすると確かに致命的なエラーっぽいですよね。

その意味が無くなってしまうので。

 

これはBMW社が責任を持つようなのですが、このバックカメラがロールスロイス製。

(同BMWグループ)

つまりはGRスープラは、ロールスロイス社と同じの部品も使われているという事です。

なんか響きが良いかもw

 

 

この部品は他の車両にも導入されているようでインフィニティ、も先日120万台のリコールがあったそうで。

 

この不具合の修正にはプログラムの入れ替えのみで対処出来るようで軽微なリコールの部分ですね。

 

出たばかりの車両を購入すると、時々このようなトラブルに遭遇する事もありますが

それも新型車購入の醍醐味か。

 

 

日本ではこのリコールは発表されていないので、ほとんどが納車前と言う状況の中

納車までに対策された車両が納車されるのではないか、と推測しております。

 

つまりは・・・まだまだ納車は先延ばしの可能性があるって事かもしれませんね。

 

 

 

 

因みに最初のリコールはシートベルト関連でした。

シートベルトガイドループマウントの溶接が不完全で、事故の際に完全に機能しない可能性があるとか。

ただこのリコールの対象車両は7台のみという事。

現在納車待ちの方は問題ないと思われます。

 

GRスープラの未来を作るのは、これから乗る新しいオーナーです。

BMWが〜とかの批判は多く見られますが、当たり前なんですが

そもそもそれらを言っている人はほとんどの場合一度も乗ったことが無い人なんですよね。

BMWと呼ばれなくなるようなトヨタ色を強めていく今後の活動は既に計算済みなんでしょう。

 

個人的にはBMW社との提携と言う部分は色んな部分で賛成している所があり、

GRスープラの認識がこれから変わって行くにあたっては間違いなくオーナーで無ければ

携われない部分があります。

BMW車もトヨタ車も乗ってきた私的な意見ですが、新しい戦闘機の立場を思うと

GRスープラの購入に至る決断は容易な事だったのです。

 

 

GRスープラのミニカーが1台増えました。

今回は地元ディーラー様より黄色を。

 

一応、このモデルカーは非売品なんですってね。

 

今日は細かい説明を受けたりしました。

納車後は4000回転以下で3000劼隆靴蕕靴必要、、とか。

 

こちらの会社でようやく1号車が入ったようで、現在色々と覚えている最中らしいです。

なんでもオーディオも、社内に入荷後にBMWに車台番号を連絡して、アクティブにしないと

動かない、、とか。。

 

慣れない最初は覚える事がいっぱいあるみたいですね。

 

10月になってようやくオーナーさんの所にデリバリーが始まりだした感じですが

早速某中古車情報誌にUPされる姿も(苦笑)

 

RZが1台、とんでも価格で掲載されてたりしますw

本日、定休日ですが・・・

 

GRスープラが納車されました。

 

 

 

やったー、これで明日から通勤に使ったり、あんなことやこんなことを・・・

 

 

って、私が乗るにはちょっと狭いんじゃないか?むむっ??

 

 

5月のメガウェブにてスタッフの皆さんが着ておられた

SUPRA Is BACK Tシャツも頂きました。

 

ので、早速着てみましたよー♪

 

これ欲しかったんだよね〜

 

 

 

マーシー軽量化計画が必要になりました(涙)

そうだなぁ、このボディは頑強で過酷なサーキット走行にも充分耐えうるのだが

あと30kgほど軽量化が成功したら、きっともっと過酷なドライブに耐えられるだろうなぁ By Mチューナー談

(ヤベェ、、今パツンパツンだ、、汗 余計なオプション(贅肉)付けてたから重量税が高いんだよな。。)

 

一番大きなサイズはLLだそうです。

(今後、4Lサイズが販売されることを期待致します!)

 

 

TOYOTA自動車 GR統括部長の大塚様より直々に頂く事に至りました。

 

本当にありがとうございます。

(アイドルみたいな小声の素敵な女性でした。)

こんな汚くて小さなガレージなんかにお越しいただいて恐縮です・・・

使うのダメだったらすぐに消します。。

 

GRスープラと言う車両が販売されるにあたって脚光を浴びている70や80スープラ。

未だに世界規模で注目度が高い、割と近い年代ながらもレジェンドカーの存在になっているかと思います。

 

 

今日は先の記者会見でもあったように、

今後20年後でもそんなレジェンドカーを乗り続けて貰うには・・・

と言う意思を直接伝え聞きました。

皆さん、今のTOYOTAさんは今のオーナーさんの事も頭に入れて活動してくれております。

(詳しくは5月の記者発表をご覧下さいませ。)

 

併せてこれも書いておきますね。

最近ではトヨタ自動車さんだけでなく、SOC代表のえんちゃんも頑張ってくれています。

えんちゃんも大変だと思うけど直接色んな要望を話せる存在ですので、彼の事も労って下さいね。

 

 

オーナー様の意思を伝える事が今の私の天命なのかもしれませんね。

出来る範囲で頑張らせて頂きます。

 

 

今年はTOKYOオートサロンから始まって、3月のGRスープラの先行予約に続き、

5月のメガウェブの正式発表を経て、ドイツのニュル24時間、GT4車両と続々と活動が耳に目に入ってきております。

 

SUPRAって言う車が現行モデルに復活するその素晴らしさを

この年齢になって体感しております。

 

オーナーさんの力はやっぱり一番素晴らしい。

 

これからもSUPRA LIFEを続けられる未来を志します。

 

 

 

 

 

しまった、S耐の話をすっかり忘れてた・・・

 

因みに私個人はなんのコネも権限もありませんので!

 

 

その証拠に、実車両の納車はまだまだ先だと思います。。。(いつ来るかなー)

 

 

と言う定休日でしたw

(これから帰りまーす)

当店のGRスープラ RZ用として、昨日RAYSさんがこちらのホイールを持って来て下さいました。

 

TE37が好きな私なんですが(以前のデモカーにも履かせてましたけど)

今回GRスープラのTE37は他店さんに行き先が決まっているとかで

それ以外になります・・・と言う事は聞いていましたけれど

こちらのホイールで如何でしょう?

と言う感じの流れです。まだ正式に決まったとかそう言う事ではありません。

 

昨日は作業中でなかなか忙しく、ゆっくりとちゃんとお話しを聞ける状況ではなかったので

ほんの触りだけ、、と言う感じになっちゃいましたが、こちらのホイールは軽量化も強度も

とにかく自信があるようで。

 

当店のGRスープラ用にはバッチリ☆

と言うご報告を。

 

御覧のように竪穴・横穴が施されてます。

PCDは112の専用サイズ

 

 

印象は良いです☆

ただ19インチなんですよねー

それだとRZなので純正ホイールと同サイズになってしまう。

まぁ下手に20インチとかにサイズUPしない方が良いのかもしれないけれど。。

 

 

今度はゆっくりお話し出来る時にご来店下さいませ。

アポ無しで突然来られたので、詰める話も何も出来なくって(この時MTオイルで私の手も

ベトベトでしたしw)資料に書いてある内容も手に取ってみる事も出来なかったので

そこがちょっと残念(笑)

 

それにしても久々の新型車の威力は凄いね!

アフターメーカーさんが既に何社も連絡頂いてますし、

ほんの少しだけ昔の感覚っぽくて納車前から楽しめてます。

 

でも今の時代は紙面のカタログではなくて、Webカタログに掲載って感じになるのかな?

まだ実車両も無いのでピンと来ませんが、納車が待ち遠しいって感覚も久々に味わってます。

本日、トヨタ自動車よりスープラGT4の発売が正式発表がありました。

 

来年から発売予定だそうです。

 

詳しくはこちらを。

オートスポーツWebさんより転載&リンク

 

これを買うとスーパー耐久のST-Zクラスに参戦が可能。

 

 

・・・最近のS耐はGT3車両やGT4車両も増えてきて、随分大きなレースになったなぁ、、

と言う感じがありますが、個人的にはST3クラスで市販車ベースに戦う予定でした。

 

 


勿論今回のスーパーGT タイラウンドでも現地でその辺のお話は

とあるお方とお話しさせて頂いたのですが、今年から既にテストが始まるとのことで

早々と合流出来れば良いな、と思ってます。

 

多分、GT4車両だと金額は2000万円くらいになるのでは?

GT3の半値くらいだと思うけど、やっぱり高値ですよね〜(笑)

 

過去の参戦時と比べて同じ開催のレースでもカテゴリーが違い過ぎるような。。

 

でも当面、S耐参戦が目標です!

富士の24時間だけ70スープラで参戦したい願望も捨ててませんけどねw

誰もいない時に後ろ姿を1枚撮影。

個人的に気に入ったのはこのリアのフォルムです。

特にトランク周りかな。

 

座ってみた感じは広くもなく狭くもなく、と言う印象。

電動シートだった。座り心地とかよりも電動なので重いのかも?

ただ視野は割と狭いので運転すると視認性が悪く感じて、特に一般道だと気を付けなければならないかも。

 

80とは違う意味でコクピットって感じ。

 

真ん中にモニター

どのような表示になるのかは全部は分からず。

 

操作パネルはハンドルにもスイッチはあるけれど

シフトの横に色々あるのでこれは使ってみないと分からないけど

右ハンドルだからこのレイアウトになっているのかな?

左でも一緒だったら左の方が操作はし易そう。

 


ただ、良くも悪くも、内装に関してはドイツ車って感じ。

割と簡素な風に思えるし、でも部品単体の価格は高そう。

 

たぶん、スイッチが横並びにずらっとあるのは、ラジオ関連かな〜?

 

内装や運転席の雰囲気とかはポルシェの方が好きだな。

ステアリングがかなりゴツい印象が強くて慣れるまで違和感ありました。

ただポジション的に低い位置で、人の体が収まっているように思える部分は

ドイツ車って感じ。

ステアリングのウインカーとワイパーレバーは表示が見えません(苦笑)

 

これはSZ-Rなので2リッターのツインスクロールターボ。

ツインターボじゃありませんよ。

カバーが今風で装着されているのでぱっと見は分かんないけど

意外とコンパクトなエンジンで整備性も悪くないかも?

ただ車幅が広いのでそこは苦労するかな?ボンネット開けると

フェンダー上部までが上に上がるような感じになるので

ツナギ姿で奥に手を伸ばしてもボディに瑕が入ることは無い感じ(笑)

 

トランク容量は充分過ぎるほどありました。

2シーターなので後ろに人が乗れない分、スペース確保してあります。

これは運転席から遮断する素材が無いので、そのままスルースペースとして使用は可能。

ただバッグとか置いた場合は後ろの方に滑って行ってしまうので、その辺を対策出来る

何かが欲しいかな。

 

スポーツカーの縛りがある割にはスペース確保はされているかと感じました。

シート後ろのスペースはやや狭い。

 

 

 

今日は午後になる前に戻ってこられました。

 

他に見に来ていた世代が、私よりの年配な人ばかり。

若い子は一人だけ。

そう言う車になるんでしょうかね?

 

 

部分的に・・・ここはこうあって欲しかったってのが幾つか散見されたので

手に入れてから考えてみるかどうするかはまだ決めてないけれど。

 

バックランプは真ん中一つだけなのかな?とか疑問もまだ多い。

 

 

70はJZAが出た時にディーラーには行ったけどMAやGAが出た当初はまだ免許も持ってなく

どのような印象だったかって言うのは特に意味がないけれど、

80スープラのデビューで運転席に座った時の印象までのインパクトは無い。

座った感じはむしろ、これ使えるかな?って言う不安感を感じたりも。

この辺は自分の年齢の影響かねぇ。

私の先輩は70が出てすぐに車両を見に行って、デジパネの綺麗さにビビったって

言ってたのを思い出した。

 

 

 

サイドシルが分厚いので乗り降りはそれなりに私は大変。。

 

 

とりあえず、今日の印象でした。

 

 

 

追記

予想以上に予約が好調のようで。

今後マイナーチェンジやGR仕様なども考えられるので、

予約は一旦締め切っているらしいですね。

今回の車両も実際にナンバー付くまでに多少の仕様変更はあるかもしれないとのこと。

 

うちのお客さん、ポルシェ、特にボクスター系統の人もいらっしゃいますので・・・

現時点で出ているスペックを比較。

 

 

90スープラ

・340馬力

・500Nm(トルク)

・エンジンレイアウト 直6(シルキー6?)FR

・0-100加速 4,3秒

・ホイールベース 2470mm

・車両重量  1,520kg(RZ)

・車両本体価格 690万円(消費税8%)

 

 

ポルシェ ケイマンS(PDK)

・350馬力

・420Nm(トルク)

・エンジンレイアウト ミッドシップ 水平対向4気筒ターボ

・0-100加速 4,4秒(PDK)

・ホイールベース 2475mm

・車両重量 1,410kg

・車両本体価格 9,092,000円(消費税8%)

 

 

 

単純比較ね!

一応、すっごい長文書いたんだけど、どうせ読まれないからそこはばっさり削除しました。

 

 

個人的に気になる部分は・・・

車両重量がスープラの方が100kgも重い。

ホイールベースがほぼ一緒。

価格はスープラの方が200万円以上安い。

その3つ。

 

 

さて。

さてさて。

 

まだ乗ってないから分かんないw

 

 

 

 

比較の話じゃないけれど90スープラ情報

購入にあたって幾つか誓約書を書く事になります。

当たり前かもしれないけれど・・・

改造車は入庫を受け付けません〜

とか

反社会的勢力ではありません〜

とか。

 

 

最近こう言うの多い。

割と萎える。。

 

 

デリバリーが全然遅くなるようでヤフーニュースにも掲載されていましたが。

2019年モデルはあっという間に完売と言うか、もともとそんなに数は多くなかったんですよね。

 

意外と中古車市場で逆ハンが先に登場したりしてw

 

当店にも配布用カタログが届きました。

 

オプションは少ないです!

本革/ブラック アルカンタラシート×本革/レッド RZのみ適用  82,500円

ライトニングイエロー RZ/SZ-Rのみ  33,000円

マットストームグレーメタリック RZのみ  352,000円

消費税10%込み

 

今後増えるかもしれませんが、現時点ではオプションはこれだけ。

SZを購入の場合はオプション無しですね。

 

車両本体価格

RZ:7,027,777円

SZ-R:6,009,259円

SZ:4,990,740円

上記は消費税10%で計上されているので、一番リーズナブルなSZだと車両本体価格は450万円ほど。

 

 

 

10月以降の納車の場合は消費税10%が適用される予定ですが

取得税がなくなるとかいう話も出てますよね?その辺はまだわかりません。

 

 

というわけで、予約いたしました(笑)

既に手付金も支払い済みです。

 

この地区だと10月納車割り当てがたったの1台です。

現時点での予約内容も見せて頂きましたが、今RZを予約しても最短来年の2月以降の納車になるようです。

1年待ち!

 

RZしか予約が入ってないみたいなので、SZ-RかSZだったら10月納車に間に合うのかも?

 

 

 

TOYOTA様、来年の2月なんて言われたら気が変わっちゃうかもしれないので

10月最初の登録・納車お願いします〜☆

(税制が変わってお得になるようなら11月でも良いですw)

 

90スープラの予約申し込みは当店でも受け付けております。

商談致しますのでご興味のある方はいつでもご連絡下さいませ☆

 

 


 

新型の90スープラ、本日予約開始です!

もう少しで資料等が届く予定になってます。

追加情報等ありましたら随時UPしていきますねー!

 

 

さてさて、GazooRacingさんのWebで先日ユニークなものが発表されました。

70&80スープラの現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた〜

80スープラ 93年の車両を使用の様子

http://gazoo.com/article/old_cars/190305.html

 

70スープラ 89年の車両を使用の様子

http://gazoo.com/article/old_cars/190228.html

 

いずれもリンク先を読んでいくとPDFでDLしカタログを見ることが出来ます。

書かれている内容、文章がパロディ?それなりに面白いですよ。

 

高校生時代にカローラ店に行って70のカタログを貰ってきました。

見てると当時のころを思い出します。

(私にも高校時代というものがあるんでw)

 

80のデビュー時はすでにLA在住だったんですが、すぐに現地のディーラー(ハリウッドトヨタ)に

行きまして現車確認もしてきました。

座ってみるとコクピットのようでメーター類が全部自分のほうを向いていて

そのデザインに圧倒されたなぁ。

 

当時一緒に行った仲間はニッサンのZマニアだったので、いろいろとトヨタとかスープラの

悪口を言ってましたけど、実際の車両を見たら認めたくないけど「これはいいね」なんて言ったりね。

アメリカのディーラーは在庫車を販売していることが多いので、その時見た80は

黒・ターボ・AT・エアロトップ(現地ではタルガトップ)

諸費用込みでおおよそ日本円600万円でした。

 

高校時代に当時の時給750円くらいでバイトとかもしてて

70を買うのに何年バイトしなければならないんだろう?って思ったりもしたけど

80の時にも同じ思いをしたなぁ。

 

今回のカタログ企画はノスタルジックな思い出も蘇るし、新車への意欲も出てきます。

こういうウキウキ感はいつまで経っても変わらないもんですねw

 

カタログってやっぱ重要だと思いました。

 

 

 

さてさて、この撮影に使われた70ですが、たぶん私が以前に見た車両と同じものだと思います。

面白いことに、カタログで使われているメーターのアップの写真を見ると走行距離は40km。

内装全体で使われている写真を拡大していくと、走行距離は46km。

おや?w

 

私が見たときはもう少し距離伸びてたんだけどな。

 

70はスピードメーターケーブルがアナログタイプでメーターに直接つながっていくので

実はバックするとメーターが逆回転して戻ります。撮影車両もこれくらいの距離なので

動いた距離分バックとかするのかな?

 

博物館で見た車両だと推測されます。普段はどこに保管してるんでしょう?

 

この車両でとある部品を外そうとしたら、すでに壊れてたんだなwww

 

 

90スープラについて、このお店でも来店されるオーナーさんは賛否両論いろいろあります。

新型車両ってそれが割と普通のことだと思います。

でもね!

そう言う会話すら、過去ずっと出なかったじゃないですか。

「今になってスープラの新型が〜」

って言う話題が出ているだけで一人のスープラ好きからしたら大歓迎なんですよ。

そんな全体的な雰囲気に今わくわくしている所です。

 

賛否のどっちに転ぶかは、実際に手元にきてからじゃないですかね?

アフター業界もにぎわうし、面白そうなことばっか!