オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

誰もいない時に後ろ姿を1枚撮影。

個人的に気に入ったのはこのリアのフォルムです。

特にトランク周りかな。

 

座ってみた感じは広くもなく狭くもなく、と言う印象。

電動シートだった。座り心地とかよりも電動なので重いのかも?

ただ視野は割と狭いので運転すると視認性が悪く感じて、特に一般道だと気を付けなければならないかも。

 

80とは違う意味でコクピットって感じ。

 

真ん中にモニター

どのような表示になるのかは全部は分からず。

 

操作パネルはハンドルにもスイッチはあるけれど

シフトの横に色々あるのでこれは使ってみないと分からないけど

右ハンドルだからこのレイアウトになっているのかな?

左でも一緒だったら左の方が操作はし易そう。

 


ただ、良くも悪くも、内装に関してはドイツ車って感じ。

割と簡素な風に思えるし、でも部品単体の価格は高そう。

 

たぶん、スイッチが横並びにずらっとあるのは、ラジオ関連かな〜?

 

内装や運転席の雰囲気とかはポルシェの方が好きだな。

ステアリングがかなりゴツい印象が強くて慣れるまで違和感ありました。

ただポジション的に低い位置で、人の体が収まっているように思える部分は

ドイツ車って感じ。

ステアリングのウインカーとワイパーレバーは表示が見えません(苦笑)

 

これはSZ-Rなので2リッターのツインスクロールターボ。

ツインターボじゃありませんよ。

カバーが今風で装着されているのでぱっと見は分かんないけど

意外とコンパクトなエンジンで整備性も悪くないかも?

ただ車幅が広いのでそこは苦労するかな?ボンネット開けると

フェンダー上部までが上に上がるような感じになるので

ツナギ姿で奥に手を伸ばしてもボディに瑕が入ることは無い感じ(笑)

 

トランク容量は充分過ぎるほどありました。

2シーターなので後ろに人が乗れない分、スペース確保してあります。

これは運転席から遮断する素材が無いので、そのままスルースペースとして使用は可能。

ただバッグとか置いた場合は後ろの方に滑って行ってしまうので、その辺を対策出来る

何かが欲しいかな。

 

スポーツカーの縛りがある割にはスペース確保はされているかと感じました。

シート後ろのスペースはやや狭い。

 

 

 

今日は午後になる前に戻ってこられました。

 

他に見に来ていた世代が、私よりの年配な人ばかり。

若い子は一人だけ。

そう言う車になるんでしょうかね?

 

 

部分的に・・・ここはこうあって欲しかったってのが幾つか散見されたので

手に入れてから考えてみるかどうするかはまだ決めてないけれど。

 

バックランプは真ん中一つだけなのかな?とか疑問もまだ多い。

 

 

70はJZAが出た時にディーラーには行ったけどMAやGAが出た当初はまだ免許も持ってなく

どのような印象だったかって言うのは特に意味がないけれど、

80スープラのデビューで運転席に座った時の印象までのインパクトは無い。

座った感じはむしろ、これ使えるかな?って言う不安感を感じたりも。

この辺は自分の年齢の影響かねぇ。

私の先輩は70が出てすぐに車両を見に行って、デジパネの綺麗さにビビったって

言ってたのを思い出した。

 

 

 

サイドシルが分厚いので乗り降りはそれなりに私は大変。。

 

 

とりあえず、今日の印象でした。

 

 

 

追記

予想以上に予約が好調のようで。

今後マイナーチェンジやGR仕様なども考えられるので、

予約は一旦締め切っているらしいですね。

今回の車両も実際にナンバー付くまでに多少の仕様変更はあるかもしれないとのこと。

 

うちのお客さん、ポルシェ、特にボクスター系統の人もいらっしゃいますので・・・

現時点で出ているスペックを比較。

 

 

90スープラ

・340馬力

・500Nm(トルク)

・エンジンレイアウト 直6(シルキー6?)FR

・0-100加速 4,3秒

・ホイールベース 2470mm

・車両重量  1,520kg(RZ)

・車両本体価格 690万円(消費税8%)

 

 

ポルシェ ケイマンS(PDK)

・350馬力

・420Nm(トルク)

・エンジンレイアウト ミッドシップ 水平対向4気筒ターボ

・0-100加速 4,4秒(PDK)

・ホイールベース 2475mm

・車両重量 1,410kg

・車両本体価格 9,092,000円(消費税8%)

 

 

 

単純比較ね!

一応、すっごい長文書いたんだけど、どうせ読まれないからそこはばっさり削除しました。

 

 

個人的に気になる部分は・・・

車両重量がスープラの方が100kgも重い。

ホイールベースがほぼ一緒。

価格はスープラの方が200万円以上安い。

その3つ。

 

 

さて。

さてさて。

 

まだ乗ってないから分かんないw

 

 

 

 

比較の話じゃないけれど90スープラ情報

購入にあたって幾つか誓約書を書く事になります。

当たり前かもしれないけれど・・・

改造車は入庫を受け付けません〜

とか

反社会的勢力ではありません〜

とか。

 

 

最近こう言うの多い。

割と萎える。。

 

 

デリバリーが全然遅くなるようでヤフーニュースにも掲載されていましたが。

2019年モデルはあっという間に完売と言うか、もともとそんなに数は多くなかったんですよね。

 

意外と中古車市場で逆ハンが先に登場したりしてw

 

当店にも配布用カタログが届きました。

 

オプションは少ないです!

本革/ブラック アルカンタラシート×本革/レッド RZのみ適用  82,500円

ライトニングイエロー RZ/SZ-Rのみ  33,000円

マットストームグレーメタリック RZのみ  352,000円

消費税10%込み

 

今後増えるかもしれませんが、現時点ではオプションはこれだけ。

SZを購入の場合はオプション無しですね。

 

車両本体価格

RZ:7,027,777円

SZ-R:6,009,259円

SZ:4,990,740円

上記は消費税10%で計上されているので、一番リーズナブルなSZだと車両本体価格は450万円ほど。

 

 

 

10月以降の納車の場合は消費税10%が適用される予定ですが

取得税がなくなるとかいう話も出てますよね?その辺はまだわかりません。

 

 

というわけで、予約いたしました(笑)

既に手付金も支払い済みです。

 

この地区だと10月納車割り当てがたったの1台です。

現時点での予約内容も見せて頂きましたが、今RZを予約しても最短来年の2月以降の納車になるようです。

1年待ち!

 

RZしか予約が入ってないみたいなので、SZ-RかSZだったら10月納車に間に合うのかも?

 

 

 

TOYOTA様、来年の2月なんて言われたら気が変わっちゃうかもしれないので

10月最初の登録・納車お願いします〜☆

(税制が変わってお得になるようなら11月でも良いですw)

 

90スープラの予約申し込みは当店でも受け付けております。

商談致しますのでご興味のある方はいつでもご連絡下さいませ☆

 

 


 

新型の90スープラ、本日予約開始です!

もう少しで資料等が届く予定になってます。

追加情報等ありましたら随時UPしていきますねー!

 

 

さてさて、GazooRacingさんのWebで先日ユニークなものが発表されました。

70&80スープラの現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた〜

80スープラ 93年の車両を使用の様子

http://gazoo.com/article/old_cars/190305.html

 

70スープラ 89年の車両を使用の様子

http://gazoo.com/article/old_cars/190228.html

 

いずれもリンク先を読んでいくとPDFでDLしカタログを見ることが出来ます。

書かれている内容、文章がパロディ?それなりに面白いですよ。

 

高校生時代にカローラ店に行って70のカタログを貰ってきました。

見てると当時のころを思い出します。

(私にも高校時代というものがあるんでw)

 

80のデビュー時はすでにLA在住だったんですが、すぐに現地のディーラー(ハリウッドトヨタ)に

行きまして現車確認もしてきました。

座ってみるとコクピットのようでメーター類が全部自分のほうを向いていて

そのデザインに圧倒されたなぁ。

 

当時一緒に行った仲間はニッサンのZマニアだったので、いろいろとトヨタとかスープラの

悪口を言ってましたけど、実際の車両を見たら認めたくないけど「これはいいね」なんて言ったりね。

アメリカのディーラーは在庫車を販売していることが多いので、その時見た80は

黒・ターボ・AT・エアロトップ(現地ではタルガトップ)

諸費用込みでおおよそ日本円600万円でした。

 

高校時代に当時の時給750円くらいでバイトとかもしてて

70を買うのに何年バイトしなければならないんだろう?って思ったりもしたけど

80の時にも同じ思いをしたなぁ。

 

今回のカタログ企画はノスタルジックな思い出も蘇るし、新車への意欲も出てきます。

こういうウキウキ感はいつまで経っても変わらないもんですねw

 

カタログってやっぱ重要だと思いました。

 

 

 

さてさて、この撮影に使われた70ですが、たぶん私が以前に見た車両と同じものだと思います。

面白いことに、カタログで使われているメーターのアップの写真を見ると走行距離は40km。

内装全体で使われている写真を拡大していくと、走行距離は46km。

おや?w

 

私が見たときはもう少し距離伸びてたんだけどな。

 

70はスピードメーターケーブルがアナログタイプでメーターに直接つながっていくので

実はバックするとメーターが逆回転して戻ります。撮影車両もこれくらいの距離なので

動いた距離分バックとかするのかな?

 

博物館で見た車両だと推測されます。普段はどこに保管してるんでしょう?

 

この車両でとある部品を外そうとしたら、すでに壊れてたんだなwww

 

 

90スープラについて、このお店でも来店されるオーナーさんは賛否両論いろいろあります。

新型車両ってそれが割と普通のことだと思います。

でもね!

そう言う会話すら、過去ずっと出なかったじゃないですか。

「今になってスープラの新型が〜」

って言う話題が出ているだけで一人のスープラ好きからしたら大歓迎なんですよ。

そんな全体的な雰囲気に今わくわくしている所です。

 

賛否のどっちに転ぶかは、実際に手元にきてからじゃないですかね?

アフター業界もにぎわうし、面白そうなことばっか!

ようやく来ました〜

先行予約のお話しが。

 

正式なカタログでは無いけれど促販用のチラシのようなもの。

まだ掲載はしないでね、と言う事なので貼り付けは勘弁してね。

 

ボディカラーは全8色のようです。

01:ホワイトメタリック

02:シルバーメタリック

03:アイスグレーメタリック

04:ブラックメタリック

05:プロミネンスレッド

06:ライトニングイエロー※

07:ディープブルーメタリック

08:マットストームグレーメタリック※

 

黄色にだけ※マークが入っているのが気になる・・・

緒元とかはWeb検索した方が早いですね。

 

RZは350馬力って言われてたけど340PSと表記されてました。

価格表はまだ無いですがおおよその金額が分かった感じで

予想よりも安い?って印象です。

 

今年のオートサロンで一応は車両は見ましたが

大阪のメッセでは国内仕様が展示されたりとか

そろそろ日本の各地でも展示が始まるようですね。

私は今月末くらいに地元愛知で乗せて頂ける事になったので楽しみです☆

 

 

早ければ4月から申し込みは始まるようですが

10月までの納車台数は相当絞られるようで、それ以降の納車になった場合は

消費税の差額は別途で必要になる、と言う念書のようなものも書かされてしまうみたい。

登録日で金額変わるのは嫌ですからね〜。細かい事分からないまま予約しなければ

なりませんが、一応は前向きに考えてます。

 

 

他にも同業者等だと既に予約しちゃった!って話も舞い込んでるので

来年のオートサロンに間に合わせて色んなエアロが出てくるんだろうなぁ、、と予想。

一番安価なSZは500万切ってるんじゃないの?

 

今回頂いたパンフの内装は左ハンドルになってるけど

これは右ハンになってるんでしょうね(笑)

 

 

色々楽しみです!

 

 

 

追記

※マークはメーカーオプションだそうだ。

黄色とマットストームグレーメタリックはオプションカラーになるようで。

幾ら追加になるんだろう?

今までのトヨタだとパールで3万円UPってのはあったけど

ドイツ車(製造はオーストリア?)だと15万円くらいになるのかな?

OP色だと納車が遅くなりそうだ。。

デトロイトショーにてようやく発表されましたね。

 

Live配信を見ながら、社長の英語のプレゼンと映像を通して

スープラへの想いは伝わってきましたが、会場の反応は少々静かだったかも?

 

ニュルで他のメーカーは2〜3年後に出るであろうモデルを走らせているのに

自分は既に販売が終了している車に乗ってってのが悔しくて・・・

とか

200キロオーバーで走行して生きて帰って来られるだろうか?と思った、

など

実際にニュルを走行した時の思い出話も良かったです。

 

 

実は私もニュルブルクリンクは走行した事があります。

その動画はyoutubeに当時の同乗者がUPされてますが

Fordの8人乗りくらいのディーゼルバンで万能タイヤ(冬でも使えるもの)で

およそ10分ほどのタイムでした。全然攻めて無いんですがシャーシが良かったので
ドライブ感覚でそのくらいのタイムは出ちゃいましたね。

 

 

さて、90スープラ。

画像は全てレスポンスさんから引用ですが

https://response.jp/article/img/2019/01/15/318057/1376411.html?from=arrow-prev#

 

 

白だとBMWのZ4色が強く感じます。

ドアとか前フェンダーの下辺りやノーズの出具合等。

これのオープンモデルが新型Z4だと思ったら、オープン好きはそっちの方が良いのかな。

 

 

赤だとTOYOTA FT1っぽい感じが強いです。

真横から見たらポルシェのケイマンにもちょっと似てる感じ。

 

 

最近の市場では人気のグレー系

これだとリアビューの雰囲気が80スープラっぽい。

 

一般販売でこの3色は確実に出ると思いますが、それ以外の色は何があるんでしょう?

BMの工場使うのなら濃いブルー系かなぁ。

 

エンジンは当初の噂通り3つのラインナップが発表されましたが

ハイブリッドの装着はやはり無理だったか。

電池が入らない、、とか早い段階で聞いていたけど。

 

RZ:3リッター 6発 335馬力 トルク50kgm

SZ-R:2リッター 4発 255馬力

SZ:2リッター 4発  195馬力

 

 

上位グレードには8速ATが搭載。

 

サーキットを走るのならばこれくらいの馬力である意味充分かもしれませんね。

 

昨今ではATの方が全然速いし、フェラーリやポルシェなんかでも

ATの進化は目覚ましいものがありますので、個人的にはわざわざ6速MTを積む必要までは

感じていないけれど、かき回しが好きな人は残念かもしれません。

(F1マチックやDSG・PDKとかあるしね。)

 

後に修理する事を考えると、クラッチ交換だけで済むのならばMTの方が安上がりかな(笑)

8速ATをASSYで交換すると100万近く掛かりそうな雰囲気もあるし。

 

インパネやナビなんかは社外品がそのまま使えるようにして貰えた方が嬉しかった。

セルシオとかアリストなんかにあったシステムだと規格変わって地上波見れないし

入れ替えるとエアコンとか操作出来なくなるし、その辺は今回どうなんでしょう?

 

 

3月販売開始と噂されてますが

現状で私の所には先行予約のお話はまだ来ておりません。

86の時とかは既に来てたんだけどなぁ。

販売チャンネルが恐らくGazooになりそうなので、その関係もあるのかも。

 

 

アメリカ販売モデルでの発表では最安値の車体で約5万ドル。

関税とか輸送コストを考えると国内モデルは500万円の設定かもしれないけど

生産ラインがドイツとかフィンランド、カナダとかだったら国内の方が高くなるかなぁ。

 

 

 

個人的に一番残念な割り切りは2シーターと言う所。

 

2シーター、乗ってるじゃん?って言われそうですが、

スポーツカーを楽しむ目的であれば2シーターは勿論良いのですが、

街乗りに使う際なんかは、例えば助手席に相方載せてる時に

バッグとかを持っててもらわなければならないとか、後ろのトランクスペースに置くと

ちょっとした時に財布出すのも手間だったりとかで、乗れなくても形だけ4シーターが良かった(笑)

 

 

まぁ最初は否定的意見が多い方が後に人気の車になったりしますしね。

出始めで評判悪いとあとは上り調子になるだけなので、色んなコメントで書かれているマイナス要素を

眺めながら、その辺が何処まで評価が変化していくかな〜?って言う推測が面白いです。

 

 

エンジンルームの写真を見て

オイル交換の際、フィラーキャップの位置が奥の方だったので、ロングノーズだと

オイル入れる時に腰が痛くならないかどうか不安ですw

 

 

 

フェルナンド・アロンソの登場

「アロンソのサインが入ってた方が良いんじゃない?後で話そうよ」

「デイトナで他社の車で出るんだってね、頑張って!」

とか会話してましたね。

 

アロンソはF1デビュー当時から目を見張る才能を持ったドライバーでした。

下位チーム時代のマレーシアでウェーバーとのバトルなんかを見た時も

こういう新人が出てくると面白いよなぁ〜って感じたり、

その後のルノーでの活躍はミハエルファンだった私に歯軋りさせるには充分。

去年からWECでTOYOTAに乗ってル・マン24時間初制覇。

 

世界的知名度を考えるとこの人選になったかもしれないけれど

TOYOTAにはカズキ君もいるしそこはちょっと残念でした。

 

 

当店の常連さんも何人かデトロイトに飛んでたみたいだし

また現場の感想を教えてくださいね。

やっぱ現地入りしたかった(笑)

 

 

来月くらいまでにもう少しオプションの情報とか価格とかスペックは出てくるでしょうね。

その辺期待して待ってます。