オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

レクサスのような納車式は無いのですが(笑)

 

本人写ってますw

いつもご購入、ありがとうございます。

 

試乗も兼ねて私が助手席に乗って細かいけれど知ってて欲しい情報を

伝えながら少々ドライブ。

 

トヨタコネクトの登録とか、iPhoneのアプリの登録も完了。

 

各部に貼られていたステッカーや保護シートをペリペリとめくっていると

新車を購入した!って言う気分になりますよね。

 

約3時間ほど掛けて車の認識を高めてもらい、先ほどお帰りに。

運転は初心者ではないので大丈夫でしょう。

今日はあいにく雨天になってしまったけれど、ワイパーとウインカーを間違えても

問題無かったし(本人は照れてたが、助手席で私は気が付かなかったしw)

 

彼も数年の時を経て、SUPRAに帰還となりました。

 

お互い慣らしを終えてからカスタムに移行する予定です。

鈴鹿、一緒に走りましょう!

ナンバーも付いて納車待ち状態のRZ。

ホワイトメタリックカラー

間近で見るとけっこうギラギラしてます。

こちらの車両は完全新車です。

ちらほら見る、登録車未走行と言うものではありません。

登録から現オーナーさんで正規輸入車両となります。

 

出荷時のBMWのシートがまだ張りっぱなしw

これはオーナーさんに剥がしてもらおうかな。

 

モニターのB-CASカードの承諾シールが残ってて全部見れませんが

(これはオーナーさんが剥がさないといけないので)新車納車時の状態で

やっぱり空気圧は高めに設定されてますね。

19インチなのでやや高めの方が高速とか安心出来そうですが

目標圧力が220kPaに対して、大体300kPaを超えて納車されるんですよね。

これちょっと気になってたんですが(私のもそうだったし。)

少し落としてから納車した方が良いかも?

 

これで現在、2台のRZがガレージに入っています。

 

発表当初にこう言う姿は想像していたけれど、思ったより実現早かったかも?

運転席ドア下にある白いのは汚れ防止のシート。

運転席&助手席のシートも当然ですがまだそのままの状態です。

 

明日、ポリマー加工をして金曜日に納車予定。

 

メタリック塗装ってやっぱ良いなぁ。

自分の黄色はソリッドなので既に塗り替えたくなってきました。

100式と同じ黄色に全塗装しようかしら?

 

数年以内にガレージの中はGRスープラの在庫車両で埋め尽くされる時期が来るかなぁ。

 

70と80は買い付けすら困難な状況なので、逆現象でこっちが増えるかも。

 

メーカーから配送先の伝票名が「MARCY AUTO」って書かれてたのは少し嬉しい☆

 

実はこの車両も既にアルミホイールは発注済みで、リア2本しか納品されていないので

4本交換になるのは少し先。純正ホイール状態が逆にちょっと珍しい写真になるかも。

 

早くお渡ししたいです。

現車触りながら色々説明しないとね!

 

 

 

さて、GRスープラRZ。

現行モデルは既に完売・・・となっているようですが、新型(マイチェン後)の

モデルの登場が急激過ぎた為、実は未だに納車前のオーナーさんからクレームやキャンセルと言う

事実もあるようで、すぐに欲しい人はそれらキャンセル車両が正規ルート(販売店)から入手可能になるかも。

ただ装備や色は選べなくなりますけどね。

(まぁ装備と言っても本革シートくらいしかメーカーOPは無いですが。)

 

納車前または直後の人も多かったのに何故に急いで発表してしまったんだろう?

と言う疑問は残りますが、マイチェンに関しては早い段階から噂は出ていましたので

最初から規定路線だったような気もします。どちらかと言うと現行モデルの納車が遅れた

ってのが一番の原因かも。

 

マイチェン後の新型に関しての正式な発表は2月以来無いのですが

来月4月に何か動きがあるかもしれない、との話を伺っております。

10月から申し込みになるのか先行で申し込み出来るのか、その辺の「流れ」に関して

何か動きがあるかもしれませんね。

恐らく価格も少々変動されるでしょうし。

 

2リッターモデルの限定車も先日発表されたりしましたが、気になる所はそれ以外にもあって

新型コロナの影響で欧州が現在色々と閉鎖されている所が増えているので、マグナシュタイナー社が

閉鎖する事になったり、組み立ての部品が足りなくなったりしたら、マイチェン後の車両の

入荷も大幅に遅れる可能性があるかもしれないなぁ・・・なんて思ったりもします。

大本のTOYOTA自動車さんでもコロナの影響が出て九州工場含め、ラインが幾つかストップするようですし・・・

 

まだまだ今後状況は良くなる見通しが立ちませんね。。

昨日のお休みの間にドライブしてマイレージを稼いできました。

 

出発前の距離は865km

 

戻ってきた距離は1156kmです。

 

 

今回の平均燃費は10,7km

カタログの14kmには届きませんが、過去では一番燃費が良かった走行状態になりました。

 

この車両は2000kmの慣らし運転が取説に記載されております。

2000km到達までは4500回転以上回すなよーと書かれているのですが

急加速(キックバック)等をしない限りはそれを上回る事はありません。

昨日のドライブで約半分の所までやってきました。

 

GRスープラオーナーから聞こえる事で、1000kmを超えるとマフラーからの

音も変わりますよ!って言われていたので今回楽しみにしていたのですが

私の耳では特に音が変わった〜って気が付く感じはありませんでした。

 

ただ、回転数が上がりました。

 

それまでと同じようなアクセルの使い方をしておりましたが

昨日は一度だけ4000回転まで上がったのを目視で確認!

確かにその時のマフラーからの音は大きくなりますね。

 

これは1000km以下のマイレージ時では起こらなかった事象。

やはりコンピュータと連動してエンジンやATのシフトに変化が起こるのは事実のようです。

 

最近はこのような演出をスポーツモデルに搭載するのはデフォみたいなものかもしれません。

 

 

新型コルベットは500マイルを超えるとレッドゾーン位置が一気に跳ね上がったりしますしね!

上記画像ではGRスープラは6500回転位置からレッドゾーンになってますが

コルベットの場合は最初の頃はこれが3500回転くらいの所からレッドの表記になってて

距離が500マイル超えると一気に5500回転くらいに上がるんです。

 

 

 

私のGRスープラはまだその慣らしが終わってない状態なので全開に出来ませんw

こうやって今はドライバーを車に慣らしているんだろうなぁ・・・と言う感じ。

(機械的にうんぬんではなくて。)

 

取説には慣らしが終わらないとローンチコントロールも使用不可ってあるので

早く終わらせて理解度を深めないと・・・

 

 

今日、電源入れて初めての表記を発見したのですが

それ以後出てこず。ちょっと時間あけたら出るのかな?

「整備の時期です。20年4月」ってのが見えたような。

1か月点検は既に終わってるんだけど、なんだったんだろう?21年って書かれてたかなぁ?

 

 

話が前後しますが、4000回転まで回転数が上がったと言う部分ですが、

それまでは上がっても3000回転ちょっとまでで(大抵は2000回転前後でクルーズ)すぐに8速に入ってしまう状態でした。

これが慣らしていくと、8速手前の7速に入っている時間がそれまでより長くなって

回転数も少し上がるようになってきた感じです。

きっと学習している所もあるんだろうなぁと思います。

 

セーフティ機能で、レーンを割り込まない例のアレですが、

例えば自動車道でも狭い車幅の道路(対向車線)が一緒にある所なんかだと

すぐに反応してハンドルがぶれるような印象。ちょっと怖い。

大きめの高速だと勝手に修正してくれるので逆に睡眠効果が出るような印象も(苦笑)

昨日も特に煽られると言う事は無いけれどドラレコで撮影したい方なのか

後ろに付いてから隣のレーンに寄られたりまた後ろに来たり、って言うのはありました。

 

あと約900km走行したらローンチコントロール等、色々試せます。

来月鈴鹿を走行予定だったのは現況のためキャンセルになりましたが

早くノーマル時のポテンシャルとターゲットタイムを知りたいですね。

いつになったら走れるかなぁ。

現在、GRスープラのコーディングに関する作業を当店で行うかの検討をしております。

 

聞きなれない言葉だと思いますが、コーディングって何?と思われた方。

チューニングなら聞いたことあるんだけど〜って思われますが、

昨今の車両はコンピュータ制御がとても多いので、それらのプログラミングを

変更する、ソースコードを変更するIT用語です。

 

昔のチューニングのように、部品と言うハードウエアを装着等ではなくて、
プログラミング自体を書き換えて、自分が使いやすい設定に変更する事が

ある意味「手を汚さず」に出来るのが現代の車両いじり、なのかもしれません。

新しく出来た分野ですね。

 

ROMチューンとかコンピュータ書き換え〜と言うのはこれこそ昔からありましたが

そこまでハードな内容でなくて、もっと簡素的と言うかライトな設定変更に使用する目的

で利用する事が出来るのです。

 

 

それに対して、BMW用の専用コンピュータ導入を目論見中。

 

簡素的な物とか、スマホアプリから設定変更出来る便利な物もありますが

時々問題が発生したり、元の状態に戻らなくなってしまったりすることも多発しているようなので

簡素的な物ではなくて、ちゃんとした設定済みのPCを導入しようかなぁ、と考えている所。

 

 

最近の車事情で言うと例えば、国ごとに規制が違ってたりする部分があって、

GRスープラは来月からの法改正に合わせて、常時点灯のヘッドライトを装備されてますが

これも例えば日本がその道交法が設定されてなければ恐らく昼間はライトは消灯してたと思うのですが

現在は点灯している所を、国によって部品を変えたりして対応しているわけではなく

大抵はこの「コーディング」によって設定を変更して出荷しているのですよ。

ハード交換とかで部品が増える事も無いし、効率悪いですからね。

 

 

この辺はBMオーナーさんたち(ビーマーと言うらしい)の方が既に詳しくて

そちらからの情報が当店には寄せられているのですが、先日私が書いた

ギアをバックに入れた時に一番下まで下がってしまうあのおバカ設定のリバース連動下降ミラー

も、自分の好きな位置でピタッっと止められるようにコーディングが可能になります。

 

また走行中にTV(と動画)が見られるようになったり、レーンチェンジ時の安全装置の

動作も変更可能に。

 

チェックランプを消したり、メーター内の表示も変更が可能に。

ヘッドライト点灯の設定の変更も可能です。

 

 

そう聞くと、確かに昔のようなチューニングとは違いますよね。

オーナーさんが自分の使い勝手が良いように設定出来る。

ある意味それがチューニング?かもしれません。

 

もちろん、部品と言うハードウエアを装着して設定変更も可能な部分はあるのだけど

それを幾つか重ねてやると・・・配線のダメージが蓄積されていったり、そこから電圧が変更になって

大本のコンピュータに不具合が表示されるようになるのも最近の車両のめんどくさい部分だったりするので

それらの問題を引き起こさない為にもコーディングの方が優れている・・・と言うか時代にあっているかもしれません。

 

これを手軽に本当にアプリだけで出来るようになればもっと楽な世の中なんですけどね☆

 

もう少し当店でGRスープラオーナーさんが増えてきたら、導入に前向きになれます(笑)

 

 

 

追記

GRガレージさんに導入されている診断機かコンピュータがどのような物なのかは

ちょっと分からないのですが、愛知県の某GRガレージさんに先ほど電話で確認してみた所

ミラーの設定(リバース連動オートチルト)は納車時にしていないと言う事でした。

これも私調べだと実はミラー角度が10%単位で20,30,40~100%とコーデイングで変更可能

な事が分かったので、今度お試しも兼ねてGRガレージさんと共同作業出来るように依頼致しました。

確かに今のままだと不便と言うか全く使えない機能ですし、一番下まで下がると言う事は

ミラー角度が100%のままの状況で出荷→納車されているのが事実と言う事になります。

オーナーさんが不満に思う部分であることは間違いないので、早めにこれでディーラー対応が

可能になれば良い事ですよね?また、今後のGRスープラに関して前向きな情報提供になりえると思いますし。

 

これが可能であるのなら、メーカーさん(TOYOTA)が販売店(ディーラー)に対して

行う業務(サービス)改善に繋がると思いますし、知らなかったのならば私が第一発見者と言う事で

貴重なご意見としてミニカーくらい欲しかったりw

納車時に行われない理由としては、運転者の身長がそれぞれ違いますし視点も違うので

ディーラーで勝手に設定出来ないと言うのも理由になるかもしれません。

 

ただGRスープラは完成検査以降、何かしら診断機を通して「日本向けの設定」が行われているのが

事実ですので、ここでオートチルト機能が使えるようになれば間違いなく有効な情報だと思われます。

明日、GRガレージさんから連絡が入る予定ですので、どうなるかは楽しみです!

(出来ないって言われたらどうしよw)

今日も小ネタです。

 

先日所要でドナドナされていった私のGRスープラ。

本日戻ってきました。自走で(笑)

 

現地まで乗せていってくれたK君、ありがとう。

 

 

さて、今日は役に立たない小ネタですw

 

未だにスマホではなくガラケー組の私ですが

今日はふと思いついてガラケーのハンズフリーが出来るどうかをお試し。

 

既に契約して10年4か月のガラケーですが、Bluetoothが内蔵されているため

使用可能かどうか試してみた。

 

車両と携帯端末からペアリングをしてみた所、普通に接続可能な状態に。

ただスマホではないので、車側が携帯内の電話帳リストを読み込めず

車両から操作してアドレス指定が出来ない、読めない。

 

外から電話を掛けてもらったらその番号は表示され、車両側を操作して

着信履歴の番号に掛ける事は可能だった。

 

音声は車両スピーカーから出て、こちらの声もそのままマイクを通してハンズフリーで

使用する事が可能に。

 

と言う事で、今後通話も使える事が判明です。

 

全国の少数派ガラケーオーナーさん、朗報ですよw

 

 

 

 

さてさて、まだ未発表のリコールのお話。

日本側の発表が無いだけで欧州やアメリカが先行してリコール掛かったりするみたいだけど

BMW Z4のヘッドライトがリコールでたようで、GRスープラも製造過程?が同じとかどうとかで

リコールの対象になるかもしれない、と言う噂。走行には影響ない部分だろうけど。

 

もひとつ。

現在使用されている8速AT。

こちらも不具合報告が出ているとかで、トルコン交換のリコールか?なんて

噂も耳にしております。

 

 

先日正式にアナウンスされた2020年モデルのGRスープラのパワーUPの件。

既に納車された組は全員「引いて」ますがw

流石に納車直後にアレだったので、恨み節になるのも理解出来る。

 

欧州車に普通にあるリミッターのようなものを解除してきた?

ってだけなら誰も気にしなかったけどエンジン構成部品が幾つか変更になっているみたいで

それはなんか「はずれ」感が出るよね。

 

元々このエンジン、340馬力公称だけど、規制が厳しい欧州と日本仕様だけの話で

そうじゃない国の場合は380馬力で販売されてたりするので、もともと380馬力仕様

のデチューンと言うか規制下版を買っただけ。だから規制外しちゃえばいいやんか?簡単やし。

って考えだったけど、新しいエンジンとの比較が気になる今日この頃です。

 

補強バーが追加された件

元々、Z4がオープンカーでボディ補強入ってるから、それをGRスープラに持ってきただけでしょ?

って思ってますw

不要と言えば不要かもしれないし、欲しい人は最初から取付用の穴があるので

追加で付けちゃえばいい。

 

 

モデルイヤー制を取っているので毎年何かしら小変更はあると思っていたので

とりあえずは当初の予定と変更無しです。

最終モデルが出た時にもう一度それを買いたいと思うかどうか。

6年は販売継続すると思うし。

 

986ボクスターの頃でも98年式とかだとエンジンは2,5リッターだったけど

最終的には3,2リッターも登場してたからね。

MY02から03でオープントップのリアガラス追加は大きかったんじゃないかな。

03から04だと走行中にトップの開閉が出来る、、とかが最後の変更だったかも。

 

なので私は今後も出てくる小変更、マイナーチェンジに期待です。

(あのBM内装はどーにもならないかもしれないがw)

納車後初のロングドライブを致しました。

 

今回の目的地は関西。

RIKIさんが主宰する70ミーティング&ツーリングに内緒でお邪魔しようと計画し

今月の行き先が四国で待ち合わせ場所が淡路島だったので、当初の計画では

淡路Westinに前入りしてそれから待ち合わせ場所に現れる・・・と言う目論みだったのですが

淡路Westinが満室になり。

全く内緒で参加するのも気が引けたので、RIKIさんに電話したら

「ツーリングは雨で中止になりました」と聞き、急遽宿を大阪に方向転換。

 

・・・満室でよかった。

あのまま予約してたら誰もいないパーキングエリアで一人ひっそりと待ってた事でしょうw

 

 

で、場所も目的も変更になり、大阪のとあるPAにて朝ミーティングに参加。

 

道中にSOCのAmeちゃんから連絡が入ります。

「マーシーさん 大阪いるの?」と。

 

仕事で来阪されてたようで、同じ場所で合流。

初のGRスープラ、同じ黄色で横並びも実現。

 

 

あめちゃん号は既にシャコタンに。

更にラッピングでさりげない個性を演出しておりました。

ラッピングもあめちゃんらしく、細かい所も考えてデザインされてましたね!

特に気に入ったのが、リップとバンパーの境目も黒ラッピングでとても自然にまとめられてます。

 

大阪の70オーナーさんも基本知った顔ばかりですので、

楽しい時間を過ごす事が出来ました。

皆さん、ありがとうございました。

 

当店のオーナーさんたちもミーティングに参加したいと言う意見もありますので

今年何処かで合同ミーティングを行いたいと思います。

その際はよろしくお願いしますね。

 

 

 

そこから私は大阪オートメッセに向かったのですが・・・

会場にて大渋滞。パーキング待ちで車両動かず。

たまたま電車で来ていたお客さん(KYさん、で良いのかな?)と連絡がついて

そのまま彼が渋滞中の私の車を発見し、助手席に乗ってきますw

 

・・・時間も2時くらいになっちゃったのでメッセ諦めwww

そのまま大阪ドライブして遅めのランチに行くことに。

 

大阪も車のイベント盛り上がってるんですね〜。

初の来場、叶わず。。

 

 

 

その後は夜にSOC関西のミーティングに参加し、ホテルへ。

月曜は岐路の前に大阪の古い友人と合流したかったのですが、突然の連絡だったため

時間調整が出来ず、電話のみで帰る事に。

 

 

 

 

と、まぁここまでが普通の日記として、

初のロングドライブでGRスープラの理解度が随分上がりました。

ここからは車両の感想などを。

 

 

往路で気になったこと。

電子制御のセーフティ機能が予想以上に効いてしまい、まずはそこから。

夜のドライブだったのですが、慣れてない車両だと最初は疲れました。

とにかく勝手が分からない車ですからね。

 

レーンチェンジの際はウインカーを出さないと車線をまたぐときに重ステになったり

勝手に方向を車が変えようとしたりするので、それが兎に角邪魔。

当然なのでしょうが、それらが介入してくるとステアリング握ってて路面の状況がダイレクトに

両手には伝わらず、なんかぐにゃぐにゃする感覚になり、運転していて酔いそうな感じに。

これはカット出来るのかどうかの検証するまで余裕もなく、そのまま走行してました。

 

ウインカーで左右後ろから車両が来る際は黄色くハザードランプがミラーに写るのですが

抜かれている時は良いけれど、逆に加速して抜く際は割と邪魔になる時もあったりして

これはこれで疲れるなぁと。

 

高速って例えば合流地点とかで車線表記が追加される所とかあるじゃないですか?

そう言うのにも反応するので、車線をまたいで走行する場合とか、どちらかに車を寄せている

時なんかにダイレクトに動かないので、これらは私はカットした方が運転しやすいかも?と思った。

 

 

 

現在まだ慣らし中なので4500回転以上回せないのだけど、

そこは特に心配なく、思いっきり踏み込んでキックダウンでもしなければ

回らない設定になっているような気もします。

8速ATってかなり優れもので、高速をそれなりに走っても2000回転超えようとしない感じ。

これは距離が進めば制御が変わってもっと回転するようになるらしいです。

距離とコンピュータは連動しているかも?

 

 

と言う事で今回の走行距離は往復でおよそ500キロ

う〜んまだまだ全然慣らしが終わらない(苦笑)

 

燃費は10kmちょうどを記録。

思ったより良いかも?

今回ほぼ高速道路の走行だったので、もう少し伸びてくれることを期待してましたがw

(カタログでは高速は14,7kmの燃費表記)

 

回転上げてないので低燃費走行してこんな感じ。

 

 

ドライブ中、とっても気になってたのが音の悪さ。

JBLの12連スピーカー内蔵の割にめっちゃしょぼしょぼの音がずっと鳴ってて

せっかくお気に入りのナンバーを流していたのに気分は台無しになる場面も多かったんだけど・・・

 

帰ってから「JBLがこんな酷いサウンドの訳ないし!」って思ってちょっくら探ってみると、

イコライザー機能が付いていた。

当初はつるしの状態で使ってたと言うよりも、サラウンドの設定が施されていて

まずはサラウンドを解除しただけで通常のサウンド、雰囲気がガラッと変わり

その後にイコライザーを発見しました。

 

あのサラウンドは設定絶対に外した方が良い音でますよ。

 

イコライザー調整は好みが分かれますが、HR/HMだと低音と高音を極端に上げて

中音下げるのが私の好みwこれで相当良くなった!と言うか、やっと馴染みのサウンドに

近づいた感じ。この音でドライブしたかった。。

 

 

◎総評

クルマとしての評価、走りや足回りなんかは、今の所文句なし。

と言うよりも久々のスポーツモデルの新車だったけど、現行のシステム等

やはり作りこみは良くなっている、と実感。

早く慣らしを終えて全開で踏みたいです。

 

 

▼内装

元々好きじゃなかったけれど・・・兎に角狭い。

助手席に人を乗せたらやっぱりカバンを持ってもらわないとならない。

せっかくトランクあるのにそのスペースに気軽に放り込めない所が一番不満か。

サイドシェルが高いので乗り降りもドアを奥まで開けないと辛いが、

そこはスポーツモデルなので我慢するしかないか。

収納が少なすぎで、携帯とかは前のスペースに置いておけるが

普段使いにはなかなか厳しい造りになっています。

 

▼電子制御

ほとんど慣れてないからまだ評価する段階ではないけれど

デバイスの介入がやっぱり嫌。前に割り込まれても警告が出て衝突防止が働いたりとか

それくらい自分で回避出来るからほっといて、って感じ。

・レーンデパーチャーアラートが兎に角うざい。

・ブレーキの利き方が変化するのも嫌い。

 

 

△エンジン&AT

今の所、文句なしなレベル。全開するのが楽しみ!

 

△足回り

こちらも制御あるようだけどノーマルのままでもそれなりにイケてるセッティングでした。

これ悩む。逆にどう言う意図をもってチューンすれば良いのか、で全然変わってくる。

車高はフロント2cm、リア1cmほど下げたいかな。

 

 

まぁまだ500キロそこそこしか運転してないので、もっと理解度を高めますわ。

 

このドライブで納車時と比べると随分分かってきたけれど

まだまだ手探り状態です。

 

 

 

◆ATの操作

これがまだ慣れてないので一番ストレス感じる所なんだけど・・・

ドライブに入れたりバックに入れたりする際に、横のボタンを押さないと入らないんですが、

急な車庫入れとか、道路から駐車場にバックで入れる際に、あらかじめステアリングをちょっと

切るじゃないですか。その時にインジケーターがステアリングで隠れて、どのギアに入っているか

見えなくなるんですよね。

ちゃんとバックに入っていれば素早い車庫入れが可能なんだけど、見えないから確認してアクセルふわっと

踏むので、後続車がいるときは毎回ストレス溜まるんだよね〜。

これ、なんとかならないかな?

 

 

◆ナビ機能

これはほかのオーナーさんと話してもやっぱ評判悪いっすw

 

大阪の高速のせいなのか分からないけど、目的地に行く途中に一度高速降ろされて

違う入り口から再誘導とかされたりする。

今回、日曜午前のミーティングに行く際も途中で一度降りた

日曜午後のミーティング帰りにもホテルに戻る途中で一度高速降ろされた。

(この時しかも乗る入り口は同じで、降りた所から右折1回、左折3回で戻るとか意味不明)

月曜帰りに名神で、ナビの通りに進行したら何故か新名神に誘導される(遠回り)とか。

 

なんじゃこりゃ?

 

 

GRスープラ RZ ホワイトメタリック

本日ご成約に致しました。

ご購入、ありがとうございました☆

 

早ければ3月末、遅くても4月半ばには納車予定で段取り組んでおります。

(なにせまだ日本に上陸してない車両なので。)

 

納車時にRAYS G025シルバーを装着して欲しいとの事でしたが

RAYSさんに在庫が無かったため、これは少々遅れて4月後半の予定です。

 

希望ナンバーも悩まれましたが「90」で(笑)

こちらのオーナーさん、元はセリカXX、70スープラも1台購入歴がある方。

今回が初めての新車購入のご経験だったようです。

 

過去の改造歴を思い起こしても、こんどの車両も色々と手が入るんだろうなぁ〜

と予想中。

 

当店でもポツポツとGRスープラのお客様が増えてきた感じです。

 

今日は小ネタ

 

純正のキー

デザインがそれほど気に入らなくて、とりあえずケースをオーダーする流れに。

最近の私の車(スマートキーが付いているタイプの車種)は全て本革でオーダー品を

使っていたので、GRスープラも同じようにしてみました。

 

これなら見た目もそんなに悪くない?

 

色をオレンジにした理由は、最近革製品の小物はオレンジで統一していたので

ただそれだけです(笑)

 

キーの下に置いてあるのはカタログですw

 

 

実はこのキー、BMW Z4と同じ形なんです。

サイドの塗装色が違うのでわかる人にはすぐにバレますけどね!

 

明日は3組のご予約。

日曜にもう1台入庫。(事故修理受付)

だけど、日曜は私はオフ日で、関西方面に出没しています。

土曜の夜に出発予定。雨の予報が嫌だな・・・

来週、ちょっとだけ慌ただしい時間帯がありますが、多分そんなに忙しくないかと。

 

20日(木)トヨタの某新車が入庫予定(ナンバー無しの状態)入庫後、納車整備に入ります。

21日(金)夕方から資格試験の為、私は午後に早退しています。

 

 

 

余談ですが、GRスープラのRZ.

2020年モデルは早くも完売だそうです!

今からディーラーさんに駆け込んでも納車は年内は無理だとか!?

今年の10月から2021年モデルの予約受付になるのか、今2021年モデルを申し込んで

来年早々納車になるのか、その辺はちょっと分からないのですが・・・

一応「小変更」と言う追記事項があるそうです。そのため、価格も変更になる可能性も

あるそうです。

(40馬力パワーUPとのうわさも耳にw)

 

・・・当店、RZの新車1台持ってます☆

まだ日本に到着していない未登録どころか上陸前の1台です。

最短で3月納車可能。

 

緊急に欲しい方はご連絡お待ちしております。

先ほどこの車両の儀式を。

 

ステップに貼ってある養生シート。

はがします!

 

シートのカバーも。

 

 

はがします!

 

ドア内側に段ボールの養生があったりモニターにも「これを剥がすとなんちゃら〜」

ってのがあったけど、その辺は機能上の影響が大きいので乗る前に剥がしました。

 

ある意味見慣れたドイツ系の造り。

 

このシートはRZに標準で装着されているシートです。

運転席・助手席共に電動シート。

シートメモリー、シートヒーター、サポート等が付いているタイプなんですが

何気にシートの感触がそれほど好みではないので軽量レカロに交換予定。

胴周りがちょっとだけキツくて肩辺りが広い。単に個人的な好みなんですが

それが逆のタイプのシートが好きなだけ。

ポルシェとかも標準シートはそう言う形状だから、これがドイツ的には「普通」なのだと。

ホールド性はそんなに悪くないです。

因みにポルシェは全てのシートがレカロ製。オプションのポルシェのシートもレカロ。

レカロって元々ポルシェ社内のシート部門だったりするので今でもポルシェのシートは全部レカロ。

 

この赤・黒シートはRZ標準だけど、背面と座面がアルカンタラで数年すると毛玉だらけになりと思われますw

 

注意点が一つ。

電動で背面をリクライニングさせて行くと、後ろにあるアルミバーに当たります。

助手席の納車時の状態は思いっきりシートが倒してあって、さっき養生シートを外す時に

ミシミシミシ・・・と音を上げるほど奥に倒されてました。多分養生シートがずれないように

クリアランスを無くしてたのだと思うけど、納車前にディーラーさんが少しクリアランス空けておくと

印象良いかもヨ。

 

RZはオプションで黒本革シートがあります。

シートは何気にグレードで違いがあって、SZはマニュアルシートが装着される。

 

 

 

 

そのうち触れるかもしれないけど

GRスープラのステアリングは、欧州部門で「ゴールデンステアリングホイール賞」を受賞。

スポーツカー部門で最高のステアリングに選出されたようですね。

でもこれ、ドイツ人みたいにばかでっかい手だったら良いけれど

個人的にはちょっと太い(苦笑)

ステアリングにある各種ボタンはまだ慣れてないので操作性までは語れないけれど

iPodの曲選択とかも出来るようになってたらもっと良かったかな。

左手のグルグル回るアレで操作するんだけど、こちらも慣れてないから

モニター見ながら触るのちょっと難しい。

 

エアバッグとかもあるしこれは変更しないと思うので

あと一回り小ぶりでちょっとだけ細いステアリングが欲しいと思ったりする。

本日早速ホイール交換です☆

 

納車遅れの為、カタログに掲載される事は無くなってしまったけれど・・・

ホイールは既に届いていたのでまずは交換です。

 

最近の車なのでホイールに空気圧センサーが入っていますので

それも入れ替えで交換になりました。

 

走行中にお知らせランプが点灯。

チェックすると、空気圧に問題があるとか。

(走行中だったので内容までは覚えてないが。)

 

止まった状態からリセットして確認しないといけないので一度戻ります。

 

設定で夏タイヤは18インチと19インチが最初からあって、19インチを選択。

その後走行して信号を確認している様子。

空気圧測定中 60%と表示される。

 

空気圧測定を完了になった。

 

目標値がフロント:227kpaなんだけど今回約2,8キロp入れたので

4本とも大体同じ感じ。

この目標値、低すぎない?

って思わなくも無いんだけどね。

因みに納車時は320kpa前後の空気圧でした。

流石にそれは高すぎるかも。

 

空気圧には色々とウンチクはあるけれど、街乗り&重量級の車両なので

高め選択でも良いかと。

 

「圧力値は気温に応じて変化します」と言う表示も出る(笑)

 

いよいよ装着されました!

RAYS G025 ブラックカラーの19インチ。

 

全体像です。

 

 

まだまだ慣らし中なので的確な感想では無いけれど

タイヤが外れている状態でも純正ホイールよりけっこう軽い。

 

走行した感じは納車時より空気圧も落としてる影響もあるけれど

路面の状況が手に分かりやすい感じ。ダイレクトに振動が伝わってきます。

快適な乗り心地の観点からすると逆方向になったけどね。

 

何故か、レーンはみ出す警告灯が点灯しやすくなりました・・・

なんでだろ?跳ねる感覚で誤作動するのかな?

若干、ぐにゃぐにゃ感を感じる時も。

 

エンジンの回転数も昨日より少し高い所まで回るようになった。

おなじアクセルの踏み方なんだけど。(それでも3000回転回ってない)

 

見た目の感想は、このホイール、そこそこスパルタンな雰囲気。

個人的にはブラックではなくてダイヤモンドカラーの方が好みだったかもしれませんw

 

 

新しい物に触れて近代の車両の制御とかほんとに進んでいるので

先代スープラ当時の知識で凝り固まってる私の頭も、一度バラバラにして組みなおさねばなりませんw

でも新しい技術に触れるのは面白い。

 

80くらいから電子制御が増えだして、当時は余計な物って感覚が強かったけど

流石に令和になったら制御が無い新型車が無いから、必然的に覚えないとならないんですけどね。

 

 

とりあえず、ホイール交換で第一歩でした。

空気圧センサーは割と固く締まってるので、相当力を入れて押して抜いてくださいな。

ホイール交換後は空気圧リセットして再設定を忘れずに。

 

 

今後の方向性。

慣らし終わったらとりあえず400馬力目指します☆