オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

GRスープラ 3台 北米仕様が入荷致しました。

全て新車です。

 

入荷と言えど当店にではなく、提携している先輩のお店(カリフォルニア)にですが(笑)

 

どれも装備が違います。

 

北米はディーラーがメーカーに発注して、オプション等が付いた状態で販売されます。

登録未使用車みたいな感じですね。

オプションも全て自分で選ぶとなるとスペシャルオーダーと言われてそこから発注になるシステム。

その為、納車が遅くなるので、すぐに乗りたいアメリカン達はほとんど置いてある

ディーラーの在庫車を購入する、と言うシステムになります。

 

今日はそのうちの3台。

北米仕様は全て3リッター。グレードは3つありますが、装備の違いと言う感じですね。

 

 

黒。

 

今回はその3台でした。
 

GRスープラがアメリカではyoutuberのおもちゃになっていると以前にも書きましたが

今回コメント欄でも話題に出ているラスベガスのSEMA SHOWの様子をお気に入りの

youtuberさんが自身のGRスープラ出展の際に撮影した映像がUPされてたので

面白く見てました(笑)

 

という事でここでご紹介。

Introducing the Million Supras of SEMA!  

 

しかし笑える!

この人、買ってすぐにワイドボディにしてて、先日タイヤ&ホイールもそれに合わせて

交換してたんだけど、エアサスも導入されてますね。

 

SEMAに出展されたGRスープラは他にもたくさんあって

納車がアメリカの方が早いけれど日本の東京オートサロンはこれを凌ぐような車は何処が出すかなぁ〜?

 

ま、カッコイイかどうかは別の話ですがw

 

 

車で遊ぶ!

って言う表現がピッタリのアメリカ。

日本だと規制も多くて、一瞬見ただけでこれは車検に通らないな〜

って感じるものも多いけれど、自由にさせておくとここまであっという間にやられちゃう世界もユニークで良いです☆

 

いつもオーナー様の車両を触らせて頂いたり、修理やカスタムのお手伝いなんかをしてますけれど

私も久しぶりにオーナーの仲間に戻れますよ〜

 

ホイールはどうする?マフラー交換しよか?

エアロは?全塗装する??

パワー上げて行って〜!

 

なんて話題が普通に出来ます。

 

エアロなんかは日本でももう複数の所が工夫している話は耳に入って来てますが

GRスープラは日本でどのような方向に向かっていくのかも楽しみです。

 

 

こう言う動画見てると70も80もGRスープラも同じでしょ?

人生楽しむツールの一つです。気に入った車とパートナーシップを組めば良いって感じ。

 

 

他のyouTuberさんでもお気に入りの人がいて

ポルシェ ケイマンGTとかBMW Z4とかAUDI TTとかそれら欧州車と

0-400対決したりブレーキテストしたり如何にも走りの面においての比較動画を

次々とUPされている方もいて、そういう動画を見ても心躍ります。

ストレートはケイマンGTの方が高速域で伸びてたなぁ〜

でもブレーキはあのポルシェと同等だったな〜とか。

 

さぁ、どんな遊び方しようかな!

 

 

昨日サーキット走行の様子を見てて感じたのは

ボディ剛性は良いけれどサスがそれなりに伸び縮みしてたのでS字の切り替えしで

ロールを感じたり、その辺はやっぱり足に手を入れたいかな?って思ったりとか。

 

マフラーの音は室内で聞こえるサウンドはシルキー6の考えもあって心躍るような

部分もあるけれど、外から聞く分には全然物足りなかったりとか。

(LFAの音ってすごい良いよね。あれは芸術的。官能的でした。)

 

エアロはどうしよう?

最初から付いているエアロの黒い部分の交換タイプが多いけど、それだと制限あるし

似たり寄ったりになってるなぁ〜とか。

 

でもまずは鈴鹿に持って行ってタイム測定したいです。

個人的には過去の車両と比較出来るので一番最適かと。

でも今は冬の時期だからタイヤがあったまらない(苦笑)

 

今考えている所は当たり前だけどまだ内緒ですw

 

 

 

でも

私も良い歳こいたおっさんなので、ジェントルにおとなしく使用するのが最適かな?

って思ったりもしとります。

 

この車が最後のパートナーになるのかな?

 

さて、GRスープラの注文とかもちらほらと入ってくるようにはなりましたが、

ナンバーをどうするかが一番の悩み。

 

 

一応アメリカ人も90って言う時あるけどやっぱマーク5って言う言い方してるかも。

今回の動画でも別のGRスープラを見て「シィ〜ット」とか言ってるのは爆笑。

 

90ナンバーと5ナンバーのどっちが良いのか・・・

あっちみたいにローマ字が使えるんだったら悩むこと無いんだけどなぁ。。

 

 

 

 

追記

この彼の動画の中で最高速は何処まで出るのかのチャレンジもやってて

260キロオーバーを記録しています。

あっちのメーターで163マイル/H

日本だと出す所が限られるね。

GRスープラ 北米仕様の在庫を1台確保しております。

現車両はカリフォリニアに。

未登録車両 グレードは「プレミアム」 色はホワイト

 

現在、北米のGRスープラも入手困難で、特にローンチモデルは1500万円ほどの値が付いたり

しておりますが、今回はその一つ下のグレードのプレミアムとなります。

 

価格は車両本体で$68000(現地諸費用込み)

 

現在北米で新車を購入して日本に送る場合はそのまま船積が出来なくて

現地で一度登録、1か月ほどすると中古車として発送可能になります。

登録に掛かる費用はおよそ12%ほど。

今回はその登録費用が含まれております。

 

因みにプレミアムって言うグレードは日本のRZと同じようにナビのシステムとJBLのスピーカーが

入ったモデルらしいです。

 

 

左ハンドル車両が欲しい方はご連絡下さいませ!

本日ご来店のお客様。

GRスープラ RZ 赤

本日、ご成約に至りました。

 

とは言え、商談がまとまっただけで契約書は別途になりますので

正式にはもう少し後になるのですが、RZの枠を確保の為早めに動いております。

 

もともとはポルシェの商談をしていたのですが、こういう車もお勧め〜

と言う感じでお話しした所「良いじゃん!」って流れに。

 

どっちの車が良いのかは考え方や好みによって分かれる所ですが

最近のポルシェはホイールを社外品に交換するだけでディーラーへの入庫を拒否されたり

するようになってきたので、車いじりが好きなこの方は今回スープラに・・・

と言う流れになった感じです(笑)

 

でもこれで私は素性が知れたポルシェの中古を数年後に手に入れる機会が無くなったのかな?

 

国内ではまだ話題が少ないGRスープラだけど、海外では現在話題沸騰中。

SEMAの出展車両もいっぱいあるし、エアロ、車高調整、マフラー、エンジンチューンなどの

話題を見ていると、ものすごい流れですよね。

私自身も気になるパーツが幾つかあったりするくらい。

 

そう言う観点でも確かに今一番市場が賑やかな車種なんでしょうね。

 

 

この人、昔はセリカXXに乗っててターボ化。

エンジン本体にも手を入れてた人です。それ以後ポルシェに乗ってその楽しさを知り

今回のタイミングで新車のポルシェ購入のお話しがあったんですが

ここにあるカタログ等を見て、現在のスープラ市場の盛り上がりを聞き、

躊躇なく踏み出した感じ。

要するに、購入してからいじりたい性格のようで。

 

70や80と言った歴代の名車の中に

新型の話題が出来るようになると言うのはやっぱり面白いです。

 

気持ちだけ若返った気分!

共通在庫なのでこの店舗には無いのですが、

GRスープラ SZが入荷しました。

 

現在、未登録車両です。フルノーマル。

GRスープラはオプションがほとんど無いのでこちらの車両も全く付いていない状態ですが

未登録車両なのでこれからオーダー可能な状態です。と言ってもETCとドラレコくらいなんですけどね。

 

超急ぎで納車して欲しい〜って思っている人には良いかも。

 

色は黒・ブラックです。17インチホイール。

まだナンバーも付いてない状態ですので、新規登録。

税金関連もそのまま加算されますが完全1オーナー車両となります。

 

ご興味ある方はお問い合わせ下さいませ。
 

 

 

 

もう一台。

久々に・・・在庫車として来週入庫が決まりました。

2,5GTツインターボR  2オーナー 修復歴無し 実走行99,000km、
18インチアルミ、タイヤほぼ新品。アブフラッグのリップスポイラーにボメックスのサイドスカート。

左右に社外レカロ(運転席破れ小)5速、MAIマフラー&Fパイ、インタークーラー付き。

HKS V-pro現車合わせセッティング済み、大容量燃料ポンプ(レギュレータ制御有り)

実測ブースト1kg/㎤ 322,7馬力達成。(2016年11月)

現在、絶好調です☆

 

こちらも合わせてお問い合わせ下さいませ。

 

GRスープラが正式名称のようなんだけど。

90スープラではないのなら(開発コードはA90だったが)

気は早いけど、この次のスープラが出るとしたらGRスープラ「新型」とか

どのような名称になるのでしょうかね?

A100系とか言われるようになるのか、はたまた、これが最後のスープラになるのだろうか?

 

 

と言う前置きは置いておいて、

新情報でGRスープラのリコールが発表されていました。

これは北米トヨタのGRスープラです。

何故か北米では日本より先に次々と納車に至っているようですが

日本の場合はこのリコールが出る前に対処しているのかもしれませんね。

 

 

さて、気になるリコールの内容は!?

バックカメラがバック中に作動しなくなるとか。

要はオフになってしまうようです。

運転にはほぼ影響ないけれど、バックカメラの観点からすると確かに致命的なエラーっぽいですよね。

その意味が無くなってしまうので。

 

これはBMW社が責任を持つようなのですが、このバックカメラがロールスロイス製。

(同BMWグループ)

つまりはGRスープラは、ロールスロイス社と同じの部品も使われているという事です。

なんか響きが良いかもw

 

 

この部品は他の車両にも導入されているようでインフィニティ、も先日120万台のリコールがあったそうで。

 

この不具合の修正にはプログラムの入れ替えのみで対処出来るようで軽微なリコールの部分ですね。

 

出たばかりの車両を購入すると、時々このようなトラブルに遭遇する事もありますが

それも新型車購入の醍醐味か。

 

 

日本ではこのリコールは発表されていないので、ほとんどが納車前と言う状況の中

納車までに対策された車両が納車されるのではないか、と推測しております。

 

つまりは・・・まだまだ納車は先延ばしの可能性があるって事かもしれませんね。

 

 

 

 

因みに最初のリコールはシートベルト関連でした。

シートベルトガイドループマウントの溶接が不完全で、事故の際に完全に機能しない可能性があるとか。

ただこのリコールの対象車両は7台のみという事。

現在納車待ちの方は問題ないと思われます。

 

GRスープラの未来を作るのは、これから乗る新しいオーナーです。

BMWが〜とかの批判は多く見られますが、当たり前なんですが

そもそもそれらを言っている人はほとんどの場合一度も乗ったことが無い人なんですよね。

BMWと呼ばれなくなるようなトヨタ色を強めていく今後の活動は既に計算済みなんでしょう。

 

個人的にはBMW社との提携と言う部分は色んな部分で賛成している所があり、

GRスープラの認識がこれから変わって行くにあたっては間違いなくオーナーで無ければ

携われない部分があります。

BMW車もトヨタ車も乗ってきた私的な意見ですが、新しい戦闘機の立場を思うと

GRスープラの購入に至る決断は容易な事だったのです。

 

 

GRスープラのミニカーが1台増えました。

今回は地元ディーラー様より黄色を。

 

一応、このモデルカーは非売品なんですってね。

 

今日は細かい説明を受けたりしました。

納車後は4000回転以下で3000劼隆靴蕕靴必要、、とか。

 

こちらの会社でようやく1号車が入ったようで、現在色々と覚えている最中らしいです。

なんでもオーディオも、社内に入荷後にBMWに車台番号を連絡して、アクティブにしないと

動かない、、とか。。

 

慣れない最初は覚える事がいっぱいあるみたいですね。

 

10月になってようやくオーナーさんの所にデリバリーが始まりだした感じですが

早速某中古車情報誌にUPされる姿も(苦笑)

 

RZが1台、とんでも価格で掲載されてたりしますw

本日、定休日ですが・・・

 

GRスープラが納車されました。

 

 

 

やったー、これで明日から通勤に使ったり、あんなことやこんなことを・・・

 

 

って、私が乗るにはちょっと狭いんじゃないか?むむっ??

 

 

5月のメガウェブにてスタッフの皆さんが着ておられた

SUPRA Is BACK Tシャツも頂きました。

 

ので、早速着てみましたよー♪

 

これ欲しかったんだよね〜

 

 

 

マーシー軽量化計画が必要になりました(涙)

そうだなぁ、このボディは頑強で過酷なサーキット走行にも充分耐えうるのだが

あと30kgほど軽量化が成功したら、きっともっと過酷なドライブに耐えられるだろうなぁ By Mチューナー談

(ヤベェ、、今パツンパツンだ、、汗 余計なオプション(贅肉)付けてたから重量税が高いんだよな。。)

 

一番大きなサイズはLLだそうです。

(今後、4Lサイズが販売されることを期待致します!)

 

 

TOYOTA自動車 GR統括部長の大塚様より直々に頂く事に至りました。

 

本当にありがとうございます。

(アイドルみたいな小声の素敵な女性でした。)

こんな汚くて小さなガレージなんかにお越しいただいて恐縮です・・・

使うのダメだったらすぐに消します。。

 

GRスープラと言う車両が販売されるにあたって脚光を浴びている70や80スープラ。

未だに世界規模で注目度が高い、割と近い年代ながらもレジェンドカーの存在になっているかと思います。

 

 

今日は先の記者会見でもあったように、

今後20年後でもそんなレジェンドカーを乗り続けて貰うには・・・

と言う意思を直接伝え聞きました。

皆さん、今のTOYOTAさんは今のオーナーさんの事も頭に入れて活動してくれております。

(詳しくは5月の記者発表をご覧下さいませ。)

 

併せてこれも書いておきますね。

最近ではトヨタ自動車さんだけでなく、SOC代表のえんちゃんも頑張ってくれています。

えんちゃんも大変だと思うけど直接色んな要望を話せる存在ですので、彼の事も労って下さいね。

 

 

オーナー様の意思を伝える事が今の私の天命なのかもしれませんね。

出来る範囲で頑張らせて頂きます。

 

 

今年はTOKYOオートサロンから始まって、3月のGRスープラの先行予約に続き、

5月のメガウェブの正式発表を経て、ドイツのニュル24時間、GT4車両と続々と活動が耳に目に入ってきております。

 

SUPRAって言う車が現行モデルに復活するその素晴らしさを

この年齢になって体感しております。

 

オーナーさんの力はやっぱり一番素晴らしい。

 

これからもSUPRA LIFEを続けられる未来を志します。

 

 

 

 

 

しまった、S耐の話をすっかり忘れてた・・・

 

因みに私個人はなんのコネも権限もありませんので!

 

 

その証拠に、実車両の納車はまだまだ先だと思います。。。(いつ来るかなー)

 

 

と言う定休日でしたw

(これから帰りまーす)

当店のGRスープラ RZ用として、昨日RAYSさんがこちらのホイールを持って来て下さいました。

 

TE37が好きな私なんですが(以前のデモカーにも履かせてましたけど)

今回GRスープラのTE37は他店さんに行き先が決まっているとかで

それ以外になります・・・と言う事は聞いていましたけれど

こちらのホイールで如何でしょう?

と言う感じの流れです。まだ正式に決まったとかそう言う事ではありません。

 

昨日は作業中でなかなか忙しく、ゆっくりとちゃんとお話しを聞ける状況ではなかったので

ほんの触りだけ、、と言う感じになっちゃいましたが、こちらのホイールは軽量化も強度も

とにかく自信があるようで。

 

当店のGRスープラ用にはバッチリ☆

と言うご報告を。

 

御覧のように竪穴・横穴が施されてます。

PCDは112の専用サイズ

 

 

印象は良いです☆

ただ19インチなんですよねー

それだとRZなので純正ホイールと同サイズになってしまう。

まぁ下手に20インチとかにサイズUPしない方が良いのかもしれないけれど。。

 

 

今度はゆっくりお話し出来る時にご来店下さいませ。

アポ無しで突然来られたので、詰める話も何も出来なくって(この時MTオイルで私の手も

ベトベトでしたしw)資料に書いてある内容も手に取ってみる事も出来なかったので

そこがちょっと残念(笑)

 

それにしても久々の新型車の威力は凄いね!

アフターメーカーさんが既に何社も連絡頂いてますし、

ほんの少しだけ昔の感覚っぽくて納車前から楽しめてます。

 

でも今の時代は紙面のカタログではなくて、Webカタログに掲載って感じになるのかな?

まだ実車両も無いのでピンと来ませんが、納車が待ち遠しいって感覚も久々に味わってます。

本日、トヨタ自動車よりスープラGT4の発売が正式発表がありました。

 

来年から発売予定だそうです。

 

詳しくはこちらを。

オートスポーツWebさんより転載&リンク

 

これを買うとスーパー耐久のST-Zクラスに参戦が可能。

 

 

・・・最近のS耐はGT3車両やGT4車両も増えてきて、随分大きなレースになったなぁ、、

と言う感じがありますが、個人的にはST3クラスで市販車ベースに戦う予定でした。

 

 


勿論今回のスーパーGT タイラウンドでも現地でその辺のお話は

とあるお方とお話しさせて頂いたのですが、今年から既にテストが始まるとのことで

早々と合流出来れば良いな、と思ってます。

 

多分、GT4車両だと金額は2000万円くらいになるのでは?

GT3の半値くらいだと思うけど、やっぱり高値ですよね〜(笑)

 

過去の参戦時と比べて同じ開催のレースでもカテゴリーが違い過ぎるような。。

 

でも当面、S耐参戦が目標です!

富士の24時間だけ70スープラで参戦したい願望も捨ててませんけどねw