彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

デトロイトショーにてようやく発表されましたね。

 

Live配信を見ながら、社長の英語のプレゼンと映像を通して

スープラへの想いは伝わってきましたが、会場の反応は少々静かだったかも?

 

ニュルで他のメーカーは2〜3年後に出るであろうモデルを走らせているのに

自分は既に販売が終了している車に乗ってってのが悔しくて・・・

とか

200キロオーバーで走行して生きて帰って来られるだろうか?と思った、

など

実際にニュルを走行した時の思い出話も良かったです。

 

 

実は私もニュルブルクリンクは走行した事があります。

その動画はyoutubeに当時の同乗者がUPされてますが

Fordの8人乗りくらいのディーゼルバンで万能タイヤ(冬でも使えるもの)で

およそ10分ほどのタイムでした。全然攻めて無いんですがシャーシが良かったので
ドライブ感覚でそのくらいのタイムは出ちゃいましたね。

 

 

さて、90スープラ。

画像は全てレスポンスさんから引用ですが

https://response.jp/article/img/2019/01/15/318057/1376411.html?from=arrow-prev#

 

 

白だとBMWのZ4色が強く感じます。

ドアとか前フェンダーの下辺りやノーズの出具合等。

これのオープンモデルが新型Z4だと思ったら、オープン好きはそっちの方が良いのかな。

 

 

赤だとTOYOTA FT1っぽい感じが強いです。

真横から見たらポルシェのケイマンにもちょっと似てる感じ。

 

 

最近の市場では人気のグレー系

これだとリアビューの雰囲気が80スープラっぽい。

 

一般販売でこの3色は確実に出ると思いますが、それ以外の色は何があるんでしょう?

BMの工場使うのなら濃いブルー系かなぁ。

 

エンジンは当初の噂通り3つのラインナップが発表されましたが

ハイブリッドの装着はやはり無理だったか。

電池が入らない、、とか早い段階で聞いていたけど。

 

RZ:3リッター 6発 335馬力 トルク50kgm

SZ-R:2リッター 4発 255馬力

SZ:2リッター 4発  195馬力

 

 

上位グレードには8速ATが搭載。

 

サーキットを走るのならばこれくらいの馬力である意味充分かもしれませんね。

 

昨今ではATの方が全然速いし、フェラーリやポルシェなんかでも

ATの進化は目覚ましいものがありますので、個人的にはわざわざ6速MTを積む必要までは

感じていないけれど、かき回しが好きな人は残念かもしれません。

(F1マチックやDSG・PDKとかあるしね。)

 

後に修理する事を考えると、クラッチ交換だけで済むのならばMTの方が安上がりかな(笑)

8速ATをASSYで交換すると100万近く掛かりそうな雰囲気もあるし。

 

インパネやナビなんかは社外品がそのまま使えるようにして貰えた方が嬉しかった。

セルシオとかアリストなんかにあったシステムだと規格変わって地上波見れないし

入れ替えるとエアコンとか操作出来なくなるし、その辺は今回どうなんでしょう?

 

 

3月販売開始と噂されてますが

現状で私の所には先行予約のお話はまだ来ておりません。

86の時とかは既に来てたんだけどなぁ。

販売チャンネルが恐らくGazooになりそうなので、その関係もあるのかも。

 

 

アメリカ販売モデルでの発表では最安値の車体で約5万ドル。

関税とか輸送コストを考えると国内モデルは500万円の設定かもしれないけど

生産ラインがドイツとかフィンランド、カナダとかだったら国内の方が高くなるかなぁ。

 

 

 

個人的に一番残念な割り切りは2シーターと言う所。

 

2シーター、乗ってるじゃん?って言われそうですが、

スポーツカーを楽しむ目的であれば2シーターは勿論良いのですが、

街乗りに使う際なんかは、例えば助手席に相方載せてる時に

バッグとかを持っててもらわなければならないとか、後ろのトランクスペースに置くと

ちょっとした時に財布出すのも手間だったりとかで、乗れなくても形だけ4シーターが良かった(笑)

 

 

まぁ最初は否定的意見が多い方が後に人気の車になったりしますしね。

出始めで評判悪いとあとは上り調子になるだけなので、色んなコメントで書かれているマイナス要素を

眺めながら、その辺が何処まで評価が変化していくかな〜?って言う推測が面白いです。

 

 

エンジンルームの写真を見て

オイル交換の際、フィラーキャップの位置が奥の方だったので、ロングノーズだと

オイル入れる時に腰が痛くならないかどうか不安ですw

 

 

 

フェルナンド・アロンソの登場

「アロンソのサインが入ってた方が良いんじゃない?後で話そうよ」

「デイトナで他社の車で出るんだってね、頑張って!」

とか会話してましたね。

 

アロンソはF1デビュー当時から目を見張る才能を持ったドライバーでした。

下位チーム時代のマレーシアでウェーバーとのバトルなんかを見た時も

こういう新人が出てくると面白いよなぁ〜って感じたり、

その後のルノーでの活躍はミハエルファンだった私に歯軋りさせるには充分。

去年からWECでTOYOTAに乗ってル・マン24時間初制覇。

 

世界的知名度を考えるとこの人選になったかもしれないけれど

TOYOTAにはカズキ君もいるしそこはちょっと残念でした。

 

 

当店の常連さんも何人かデトロイトに飛んでたみたいだし

また現場の感想を教えてくださいね。

やっぱ現地入りしたかった(笑)

 

 

来月くらいまでにもう少しオプションの情報とか価格とかスペックは出てくるでしょうね。

その辺期待して待ってます。