彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : グッド・トゥ・ビー・バッド : ホワイトスネイク : ホワイトスネークの最新アルバムです! トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

先ほど京都から戻りました。

 

今回の内容はいつもと少々違いますが、お時間あれば少々お付き合いくださいませ。

 

今年、車両の整備等をさせて頂いたN山様は一度画像でも登場しておりますが

車いす生活の脊髄損傷と言うハンデを負った人生を過ごしております。

ここで本人の意思や熱く語っていた内容を表記してしまうと方向が片方へ偏ってしまうので

そこまでならない様に気を付けて書くつもりですが、気に障る事とか出たらすいません。

 

最初の頃に彼に言われたのが、脊髄損傷で下半身麻痺の人間でもミッション車を運転したい。

その為の装置を見付けたのでそれを70スープラに取り付けてもう一度運転したい!

と言う事でした。とは言え当店ではそのような装置も知らず、取り付けの実績も無く

彼が既に話を進めていた京都にあるオサム・ファクトリーさんに本日70を持って行ったのです。

 

下半身が使えない人で上半身は問題無い場合、現在はこのような装置もあると言う事だけでも

ここで伝えられたら良いな、と言う感じで今回の日記を書いております。

 

私が到着後ほどなくしてN山さんも到着です。

仙台から新幹線を乗り継いで近鉄に乗り換えての長旅。

 

そこで打ち合わせになるのですが、実際に装置を見せて貰うとこちらもどんな意味合いがある装置だったのかが

分かりました。

この車両に装着されているのは手前の小さなリングがブレーキで、これを押すとブレーキが反応するようになってます。

また、ステアリングの奥のリングは指で手前に引っ張ると、アクセルが稼働します。

右に付いているレバーもブレーキになっています。こっちの方が反応が強く出せるみたい。

 

肝心のクラッチに関してはこの写真では分かりませんが、グイドシンプレックス社の装置を使って、

ボタンを押すとクラッチが切れている状態になって、その間にシフト操作を手動で行うようなのです。

 

それに当たって、ただ装置を付けてくれって感じでは無くて、実際にシートに座って

ステアリングとか装置の位置を決めたりするので、仙台から今日時間を作って来て下さったと言う流れ。

やっぱり現車を見ながら説明するのが一番理解度も上がるし良い方法ですよね。

特に古い車とか特別な装置って言うのは、両者の理解の違いが出る事が多いので。

 

実は70の整備内容に関しても、あの時は新幹線なんて乗った事が無い!と言う状態から

JRさんや既に経験のある方を通じて情報を集めて、仙台から当店にもご来店願った経緯もありましたので

そこは同じだなぁと。

これだけでも生活圏と言うか移動範囲が随分広がったとは思うのですが、どうですかね?N山さん。

 

其の他、装置等に関して打ち合わせ中のN山さん。

 

70スープラは電子スロットルでは無いので上記のようなプル式アクセルは付けられないらしく

プッシュ式になるんだったかな?すいません、その辺は私にはまだ分からない世界なので興味ある人は

直接オサムファクトリーさんにご連絡下さいませ。

 

 

5月くらいから施工になるのか、5月くらいに出来上がるのかちょっとまだ分からない事多いんですが

これからN山さん専用車になるべく改造が施される事になりました。

装置に慣れるまで色々と苦労もストレスも感じると思いますが、そこは根性でカバーして欲しいと思っています。

 

 

打ち合わせを終えて、一緒に近鉄に乗って京都駅まで色々とお話しさせて頂きました。

もっと近かったら良かったんですが、仙台と言う距離は今の彼の身体では負担が大きいです。

それでも今年の秋過ぎに自分の力で来て下さるようなのでその時を楽しみにしています。

 

こちらのファクトリーに置いてある車両は主にラリー関連の車両たち。

そのように改造されている車達なんですが、同じような装置を装着している車両も複数あって、

いやはや、体のハンデを物ともせずに競技に立ち向かっている前向きな人が多い事。

凄いパワーを感じましたね。

良い刺激になりました。

 

 

本日は朝から京都へ車両を運送し、先ほど戻って来たばかりで一日終了です。

京都ー名古屋間は新幹線でも40分程なのですがそこで寝てしまって、気が付いたら名古屋でした。

慌てて飛び出したのですがwあと1分気が付くのが遅かったら新横浜まで行っちゃってましたね。。

新幹線って危ないな、往復2万円程追加で掛かってしまう所でしたw

でもN山さんは東京から乗り換えて今頃は東北新幹線に乗っているんでしょうね。

 

お疲れ様でした。

 

 

最後に一つトラブルが。

パワステ関連を一切合切交換リビルト入れて、普通よりむっちゃ軽い状態だったのですが・・・

京都の巨椋ICを降りて最初の信号でハンドルを切った所、「あれ?重い・・・」

最初エンストしたかな?って思ったけどエンジンは掛かってる。

アクセルを踏み込んで軽く吹かすと軽くなる。

。。一体何が悪いんだ。。慣れればごまかせるけどこれだと全部交換した意味がないじゃないか。

なので次回入荷時まではなんとかアクセル吹かして対応して貰って修理せねばね。

負圧取れてないのかな。スピードセンサーか?

この辺、いたちごっこと言うか、旧車だからって言いたくないけど次々に色々問題出ますね。。
 

この記事の時点から季節が移ろってしまいましたが、本日無事に納車していただきました。
手動運転装置のスープラで次なる人生の第一歩です。
これもマーシー社長、草薙さま、皆さまのおかげです。
3年ぶりの運転で心踊りました。
ほんとうにありがとうございました!!
from: 仙台の男 | 2017/09/03 11:09 PM
仙台の男さん
随分時間が掛かりましたね(笑)
手動運転装置、大変そうですが頑張ってくださいませ。
ブレーキ、アクセル、クラッチを全部「手」で操作するって本当に大変そう・・・
from: マーシー | 2017/09/05 4:02 PM

Comment form









トラックバックURL :