彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

まだ試行錯誤しておりますが。

今年はやっぱりこの部品を復刻させたいなぁと。

 

そう、ラジエターのアッパータンク。

 

古くなると圧力に耐えきれず普通に破裂しちゃうんですよね。

 

現在中古で集めてます。理由は型を取るため。

 

よく見るとそれなりに複雑な形状をしていたりしますし

樹脂製品なので金型が必要になります。

金型代がどれくらいかかるのか。普通に考えてこの大きさだったらそれはそれは
たいそうな金額になる事請け合いですが(汗)

 

因みにGAとMAとJZAは全部微妙に違っていて互換性がありません。

ラジエターキャップの所の内側の径が違うのでMAとGAは共用のラジエターキャップですが

JZAのそれとは違っていたり、何気にラジエターの厚みも違ってたりします。

 

そろそろ各所にそれら製造に関しての相談に入っていくつもりなんですが・・・

はてさてどうなる事やら。

樹脂製じゃなかったらもっと製造コストも抑えられるし安価なんですけどね〜

アルミとか・・・(意味無いけど)

 

一つ気になっているのはこの部品の大本の製造元。

型を持っていると言う噂もあるんですよね。

とある理由で現在メーカーさんから製造を止められているとかなんとか言う噂も入っております。

純正のアッパーとロアタンクを使用してコアだけ変更して「純正部品」として販売している

国(ドバイ方面?)があったらしく、それを制限する為に出荷停止扱いになっているとか。

真相は分からないのですが、作った後に制限解除されたら製造しても意味なくなってしまうので

去年はどうなるか待っていたのですが・・・そろそろ切羽詰まってきた感じなので

どうにも動かないとね。ドバイ方面で売られていたものはJZA70用では無いようだけど

その煽りを食らっているのか、はたまた本当に型が廃棄されているのかまでは調べようがなく。。

 

アッパーが作れるのならロアタンクも作れるでしょ?と思った方。

それは正解!でもコストが掛かります。

要望なんですが、AT用のロアタンクも無いのでATオーナーはひやひやしている胸中でして。

でもね、ちょっと安心。ロアタンクは大抵はずっと水に浸っているのでアッパーと違って

蒸気で容量が変わって破裂する事は滅多に無いんですよ。

なので大抵は再利用が可能です。

ただ事故とかで物理的に破損してしまった場合はダメ。

 

国内のラジエター関連の人たちから幾つか情報頂いていて

去年も純正とはちょっと違った素材なんですがそれで型を起こして

製作出来そうな所までは行ったのですが、専用の溶接が予想以上に手間が掛かりそうになったので

一旦保留にした経緯もありますが(真鍮での試み)

純正と同じものを作るのが一番手間が掛からず出来そうだなってのが結論だったので

ちょっとそこに力を入れて行きたいと思ってたりします。

 

 

他店等からもオリジナルパーツや廃盤製品の復刻の話なんかも頂く機会が増えてきましたが

大抵はドレスアップ方面だったり性能的に変化を求められる提案を頂いたりとかして

私がやっている事は随分世間と的外れな部品の生産なのかな?と考える事もありますが(苦笑)

 

なんか導かれていると言うか・・・

 

ダメ元でラジエターはもう少し頑張ってみますね。


 

いつも通販でお世話になっております。
純正部品復刻で奔走して頂き大変助かっております。

ところで、リアクォーターガーニッシュの計画はありますでしょうか?
純正と同じくグロス/セミグロスの2色塗装だとなお良いです。
塗装が剥げるのはいつものことで塗り直せばいいのですが、紫外線で樹脂の痩せが進行しヒビが深くなり、補修し辛くなってきているのはご存知だと思います。
そのせいか某オークションでも中の下程度のものから新品デッドストックまで凄まじい金額で取引されております。

機能部品ではございませんが、需要は多々あると思います。

それでは今年も引き続き期待しております!
from: 6LQ | 2019/01/30 10:49 PM
6LQさん。
Qは数字の9からでしょうかね!?
リアクォーターガーニッシュがちょっと分からないのですが・・・ベンチレーション・ルーバーの事かな?
窓ガラスの後ろの部品です?
クォーターガラスは2つのベルトモールで構成されてますがそうではないみたいですし、塗装されてて樹脂の部品ってどれかな?と。

ルーバーでしたらひび割れてきますが、完全に割れている物は厳しいけれどパテ埋め→塗装である程度は綺麗に出来ますよ。
変形している物も多いですけどね。

その部品はエアロトップとノーマルルーフで違う部品になるので、作るとなると2種類作らないといけませんね(笑)
違う部品の事だったらすいません。
from: マーシー | 2019/01/31 6:38 PM

Comment form









トラックバックURL :