彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

大阪のHさんの車両です。

実はクラッチ交換がメインでは無くて、異音&強烈な焼ける匂いが出た

と言う事でレッカーで入庫した車両。

クラッチは一応繋がるし特に大きなジャダーも無かったので

ベアリング関連かな?と予想。

MTを降ろすのでついでにクラッチ&カバーも交換する流れに。

 

純正のクラッチカバーとディスクが生産廃止でした。

ただエクセディから出ていたので今回ディスクはそれを利用し、

カバーはオーナーさんが純正品をストックで持っておられたのでその組み合わせで交換に。

 

 

MT降ろしてカバーとクラッチの図。

JZA70とは違いGA70は普通のプッシュ式なのでエンジン側にクラッチが固定されています。

 

ど真ん中にあるのがパイロットベアリング。

この状態で回してみたけど割とスムーズに回ります。

これが原因じゃ無さそう。

 

フライホイールは外さずにパイロットベアリングのみ交換。

どっちも純正なんですが、製造元は違ってましたね。

 

これがエクセディの純正代用のクラッチディスクです。

皆さんご存知かどうか分かりませんが、エクセディさんは元々が純正のクラッチを

製造しているメーカーなんです。なので品質に関しては特に問題無いと思います。

当店もスーパー耐久時に随分とお世話になったメーカーさんです。

 

先ほどは撮影用にセンター出しの工具を差し込んでましたが

これが本来の使い方。クラッチ版が固定されていないのでカバーの中に入れてから

センターを出して6本のボルトで固定します。

最近はすっかり減っていましたがGA70のクラッチも昔は良く交換していたので

センター出しを毎回自作するより早いので何気に持ってました。ほんとに久々に活用しましたよ。

 

さてGA70で面倒なのは実はコレ。

レリーズベアリングの交換です。
その理由の前に・・・今回の異音の原因はひょっとしてコレだったかも?

手で回すと転がりはあるのですが、周りにグリスが付着しております。

実はGA70のレリーズベアリングってグリス封入タイプなんですよね。

それで取り外して回転させてたらやっぱりじわじわ出てくるので、ここのグリス切れが

原因ではないかと予想中。

 

更に、このベアリングはちょっとやっかいな構造をしておりまして。

スリーブから抜くのにSST、入れるのに圧入のプレスが必要だったりします。

 

新品のレリーズベアリング。これはまだ在庫OKでした。

グリスが出ているのが分かりますよね。

 

スリーブから外すとこんな感じになります。

スリーブだけふき取りして綺麗にしてベアリングを圧入。

 

外したクラッチは溝はまだあるものの、確かに空回りした跡が見受けられました。

まぁ・・・滑ったのかなぁ。。

 

 

と、今日はすいません、ここまでになります。

もう暗くなってしまったので安全を考えて。

 

今日は朝から商談等が相次いでいて取り掛かるのがすっかり遅くなってしまって。。

明日組み上げます。

 

終わったら試乗して、もう一つのエンジンの回転が上がらない状況の確認に入りたいですね。

4000回転くらいで止まってしまうとか。

エンジンはオーバーホール済みらしいので、原因はそれ以外と言う所から考えてみますね。

 

Comment form









トラックバックURL :