オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

このラジエター、何の車用なのか詳しい人でもその車に乗っている人でも

分からないと思います。

何故かと言うと、純正置き換えタイプで作られた特注品。

そこには最近失われつつある日本の物造りでの工夫がたくさん取り入れられている物なんです。

 

色違いの真鍮品。

ちなみに元の車両は超有名人気スポーツカーなんですが、

そこに採用されている欠点を修正されてあるのですよ。

 

このラジエターの黒いほうを車両に装着すると

一見純正だと思われるそうです。

しかしその車両は、ロアの出口がアッパーの下くらいの位置でもともと設計されているようで

それだとラジエターに通る道が上から下まで行っても左側まで水が回らないそうで。

それを修正する為にロアの出口の位置を変更されていたりします。

 

それによりラジエターのエアも溜まりにくく寿命も延び、性能もあがるんでしょうね。

 

更にコアが面白くて、上下で目の粗さを変更しています。

この目的も、ラジエターの前にあるバンパー、インタークーラー、クーラーコンデンサー等から

当たった空気を最適に取り入れるべくフィンの粗目を変更しているタイプだそうで。

 

上は水の循環を多めに考えて下は空気の流れを多めに考えて、の設計だそうです。

 

細かい事に関しては私よりもこれを制作している本人のほうがこの筋のプロなので

もっと上手く説明出来るのですが、私のつたない知識で申し訳ない。

 

最近では海外生産のアルミが主流になっていて真鍮でオリジナル生産をすると

ロット生産ではないのと日本製と言う所もあってどうしても販売コストはそれらには勝てません。

でもラジエター本来の目的を果たすのは、どちらを選択するのがよりベターなんでしょうか?

一度交換したら数年以上は使用されるラジエターなので私は後者を選びたい・・・

 

と言う思いで現在のJZA70ラジエターを販売開始に至りました。
 

 

早速問い合わせの電話もちらほら入り始めましたが

比較されるのはとあるアルミのラジエターなのは重々承知です。

しかしながら比較対象は性能よりも価格においての問い合わせです。

 

今回の製造部品の仕入れ元は現在でも純正品等の製造をしていて

その性能は言うまでもなく一番私にとって良かったことは

構造部品の大半の製造用の「型」が日本製であり、今後も生産打ち切りすることなく

安定した供給をしてくれる事を同意事項として仕入れの契約に至っております。

その条件はこのご時世だと逆に、一番喉から手が出そうな重要項目だと思います。

作ったは良いけどこの部品は生産廃止ですね〜って言われるなら意味がない。

 

更にJZA70への装着に不可欠な部分はワンオフにて製造する専門屋さんとの協力で

製品を作りました。

その部分の加工、強度等も考えられております。

更に、社外品では普通有り得ない「ATオイルクーラー」まで内容する事も可能になりました。

 

部品の生産元、加工元、設計元の全てが日本製で出来た商品であることを

ご理解頂くべく今日のブログを書き起こしてみました。

 

 

 

高い高いって言われてちょっと凹んでます(笑)

全てを海外大量ロット生産すればコストは絞れますが、今回は知力・技術力・性能・利便性を

ご購入いただければ嬉しく思います。

 

勝手な意見かもしれませんが、自信を持ってリリースしておりますので、

よろしくお願いします。

 

これでも純正完成品よりリーズナブルな価格提供をしておりますので。。

前期70には付きますか?
from: Hai | 2019/03/15 3:51 PM
Haiさん。
こちらはJZA70専用になります。
JZAは補修部品の生産廃止を食らっていたので代替品をずっと検討してたんですよ。

前期でもその他車種はまだ出るので大丈夫かと思います。
その辺の事情まで辿って調べました(笑)
from: マーシー | 2019/03/15 6:33 PM
そうなんですね。ありがとうございます。
from: Hai | 2019/03/16 2:34 PM

Comment form









トラックバックURL :