オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

今日は朝一でこちらの車両のオイル交換。

 

エンジンはターボ、そしてエアロトップ。

 

この内装写真を見ればグレードは分かるはず(笑)

運転席が社外シートに変わっているのは、80スープラあるあるの

電動シート故障のために入れ替え。

 

エアバッグ、オートスポイラー標準装備。まぁリアスポもこのグレードは標準でした。

 

1オーナーです。

 

 

 

オーナーさんと先ほどまで車談義してたんですが、

当時はZ32を新車で購入し、車検が来るのでこの車両に買い替えたとか。

Z32がTバーだったのでスープラもエアロトップを選択したようです。

 

・・・バブル世代あるあるなんですよね。車検で新車を買い替え。

その時の縁からこの車両とも26年のおつきあいになったそうで。

 

もうすぐ販売される雑誌にでっかく掲載予定だったりしますw

 

 

 

新車が好きか中古車が好きかとか、スポーツカー関連の話とかしていたんですが

80スープラが新車で売られていた頃の小話を一つ。

 

当時はスープラはカローラ店で販売されていました。

とある愛知のカローラ店の新入社員になったH君と言う方が当店で70スープラをご成約。

納車の時にちょうどアメリカ出張が入っていたので頑張って渡米前に納車して・・・

空港まで載せていって貰ったんだったかなぁ?そんなような記憶がありますが。

その彼とは良いお付き合いをしてましたので80スープラの新車販売も請け負うようになった経緯があって。

 

その時流れてきたFAXの内容の話題も今日出たし、探したら当時の資料があったので

ちらっと掲載しちゃいます。

 

スープラ カウントダウンキャンペーン

最後の新車を購入にあたって腕時計にネーム入りのプレゼントをしてくれる企画。

恐らく全国規模だったと思いますが、納品は松坂屋なのでひょっとして限定なのかな?

これが当時の資料。

この時私もほぼ契約するところまでは行ってたんですが、

希望として前期のデフを最初から入れてほしいなぁって要望してたんですが

それが通らず、(もう少し希望を言うと、エンジンもVVT-iが無いのが良かったんだけどネ)

悩んでいる間に新車受け付けは終了。

その後は皆さんがご存知の通り、スープラと言う車両は新車のラインナップから姿を消しました。

 

 

不況と言う文字が普通に使われる時代

バブルが崩壊してスープラの生産台数も年間500台を割り込んでいたけれど

最終型は500台を超えた記憶もありますよ。

トヨタからしたらセンチュリーよりも売れない車の存在が面白くなかったのかもしれません。

 

 

それから時代は大きく変化し、自動車業界も信じられないほどの技術革新があり、

考えられないような形ではあるけれどそのスープラが今年復活しました。

おっさん世代としては色んな過去の思いがそれだけで蘇ったりするものなんです。

 

新車を買い替えていた時代のオーナーさん、Zの新型が出たらそれにするつもりが

時代の要望でスポーツカーがなかなか出ず、ずっとスープラと長いお付き合いをしていたけれど
実質リタイヤした現状だとここで新車を購入・・・とはなかなか難しいかもしれませんね。

今日の80を見ながらつぶやいた「この車はこれ以上良い状態にはならないですからね」

と言う言葉に私は「機械ですからね〜」と言うのが精いっぱいだった。

 

 

あの時、80の新車を買い損ねたからな〜

と言う思いは今でも残ってますしね。

 

本当に色々思う所があるのだよ(笑)

私も最終オーダーのギリギリまで悩みました。
あとハンコまでの所でしたが、vvt-iがやっぱりネックでしたね。
腕時計はネーム無しも選択できました。

RZ-S6MTで、オプション無し、スーパーホワイト、乗っていた80をそのまま下取りで、追い金200万くらいでした。

オーダー最終日に断って、結果まだまだ乗っているんですが前期EGのままで良かったと今は思っています。
from: 通りすがりの80乗り | 2019/03/30 1:26 AM
通りすがりの80乗りさん。
VVT-iを望まない人っていますよね。
私もRZ-S 6MT スーパーホワイトで考えてました。オプションはブレーキだったかなぁ・・・流石に覚えてないけれど。

確か気が付かないうちに期限が過ぎちゃってたような記憶もw
この時計、後から頂いたんだけど・・・未使用で誰かに譲った記憶も。


from: マーシー | 2019/03/30 5:37 PM

Comment form









トラックバックURL :