オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

生産廃止部品を復刻すべく、今年も台湾のAMPAに行ってまいりました。

 

勿論、数年前から引き続いて部品のサプライヤーさん達との商談や

新たにリリース出来るものは無いかと現地ではたくさん歩いていろんな商談をしてまいりました。

 

何が出るかはこれから・・・ですが(笑)

 

 

生産廃止になったダッシュボードも新たに生産する事は可能なんです。

しかしながらダッシュボードは型代が億単位になるので当店が負担してリリースする事は

金額的に不可能で(苦笑)

ただこう言う部品を生産しているサプライヤーさんでも

販売目的が当店だけではなくて全世界に目を向けてくれれば

生産に辿り付いた際には仕入れをして販売する事も可能になります。

 

ダッシュボードはハンドルの左右で違う部品になるので難しいかもしれませんけどね。

 

毎年、多くのサプライヤーさん達とお話ししてきます。

 

この辺は実際に修理に携わっているのが私本人ですので

実際の車両の何が壊れやすくて緊急を要するものはどれか?

部品が無いと走行出来なくなる部分は何処か?不便になるのはどの部品か?

と言うノウハウが分かっているから、その都度真剣に交渉してきています。

 

こちらが70スープラのスピードメーターケーブルを生産してくれた所。

大きなサプライヤーさんではなくて小さな経営をしている工場なんですが

こちらのお嬢さんがいてくれたので製品化に辿り着けました。

私にとっては台湾事業での大きな一歩になった所のお嬢さんです。

 

こちらの方は実際の従業員ではなくて、社長の娘さんがたまたま来ていて

中国語以外全く話せないブースだったので商談進められないかな〜?

と思っていた所、日本語堪能な娘さんが間に入って助けてくれました。

九州の大学に留学していたそうで。

 

当日会場をふらふら歩いていたら彼女の方から近寄ってきて

「私の事覚えてるー?」って話しかけてくれました。

忘れるわけないです、アンジーちゃん。

 

そのブースにたまたま置いてあった部品が70のケーブルに使えそうな部品で

サンプルで純正部品を見せた所、実際に同じものを探してくれて生産に辿り着けました。

あのケーブルでも2年ほどの期間を要したんですよね。

実際に製品化するまでにこちらのアイデアを取り入れて貰ったり、交換時に装着しやすいように

若干仕様変更したりとかで最終的に製品化に相成ったわけでございます。
 

 

今までほぼ一人でやってきたこれらの事業なんですが

今年からお友達が出来ました(笑)

同じように純正部品の廃止を危惧されている方で去年辺りからそのような話をしていたので

今回のイベントの話をして実際に現地までやってきた彼も熱意が凄いです。

これから彼のアイデアも部品の復刻や新たなパーツ生産に役立ってくれると思っています。

 

 

言葉の壁

文化の壁

型代の壁

最低ロット数の壁

費用の壁

 

色々と頭を悩ませる事もあるのですが、焦らず一歩ずつ諦めずに

進めていこうと思っています。

 

 

まぁ、本家本元のTOYOTA様からのリリースと被らないように(笑)

 

 

でも最近、聞かなくなったでしょ?

「うわ、この部品が生産廃止になったよ〜(涙)」

って話。

 

 

これでも舞台裏では頑張ってますからね!

 

 

 

最近色んな人に支えられるようにもなってきましたので

もう少し頑張り通したいと思っています。

ほんとうに頭が下がるばかり。
応援してますよ!
from: 6LQ | 2019/04/27 2:13 PM
6LQさん。
台湾出張ももう慣れました(笑)
出来る事から頑張ります☆
from: マーシー | 2019/04/28 10:22 AM

Comment form









トラックバックURL :