オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

夕方前から作業開始です。

7MエンジンのW/Pからの水漏れ修理。

 

7Mは1JZに比べてW/Pの部品代が安い所は良い所。

しかしながら、手間はこっちの方がある意味上かも(笑)

 

前回りを色々と外すのでついでにタイベルやその他ベルトも新品に交換致します。

 

クランクプーリーまで外して見える部分はオイル汚れと漏れた水でベトベト。

 

・・・ん?オイル汚れ?それは水漏れとは違うぞ?

 

とりあえずこの辺まで外して1回目の清掃。

7Mはエアコンのコンプレッサーとかも外さないとカバーが取れなかったり

W/Pもエンジンの前を走っている配管をずらしたりしないとなりません。

 

とりあえず気が付いたのは、W/Pガスケットが駄目で水漏れしている所もあったけど

カムプーリーからのオイル漏れもひどい状況だと言う事。

本来はヘッドカバーとかも全部外して交換したいけど、出ない部品とかもあるから

プーリーのオイルシールだけ追加で交換しようかなぁ?と画策中。

ボルト留める時のトルクをどうやって掛けようかな。

 

W/P周りの清掃に約1時間か・・・

この頃のエンジンは紙タイプのガスケットなので、古いのを綺麗に取り除かないと

再び水漏れの原因になります。

何気にそれだけで時間掛かっちゃうのがこのエンジン。

 

裏側見て、外したW/P側にくっついてない所を重点的にエンジン側をこすってはがします。

最後はペーパー掛けてメンケン風に仕上げ。

強烈にくっついているので手間を惜しまないようにね。

 

 

他にもチェックをお願いされていたけれど、パワステポンプからの漏れが見られます。

ホースとラックはまだ大丈夫かな〜?と言うレベル。

 

他にも気になる箇所はあるけれど、特にW/Pの奥にあるウォーターバイパスホース。

交換したいレベルなんだけどこの位置では手が入らない所。

ホースバンドも何故か上向きに付けられてて、分解しないと工具も入らない。

それよりなにより、そのホースが生産廃止と来たもんだ。

 

・・・エンジン降ろす機会があれば何か社外品でうまく組み合わせて交換したいんだけどなぁ。。

直角90度に曲がってるのでストレートホースで代用は厳しいかなぁ・・・

下手に触ると水漏れしてきそうだから、そっとしておこうか。。

 

今日追加で頼んだ部品が来ないと次の作業に入れません(苦笑)

 

W/Pの交換くらい、半日で終わらせてやる〜と意気込んでたけど、古いエンジンとかだと

やっぱりこうなりますかな。

 

 

本日午後イチでポルシェ・ボクスターの車検は無事合格です☆

土曜の納車はこれでOK!ウェルナットも打ち込んで、ナンバー脱落はとりあえず大丈夫かと。

この7Mが終わって納車されたら、入庫待ちの車両のオーナーさんに連絡する予定です。

何気に・・・東京から1台車両が戻ってきましたので(先のイベントに出した車)

ガレージ内は現在身動き取れません。。ヤバイね。

 

 

 

ちょっとお知らせ。

当店のオリジナルパーツでフロアマットとダッシュボードマットを作ってくれていた工場が

廃業する事が決まったと連絡を頂きました。
フロアマットは既に刺繍は出来なくて、ダッシュマットも残りの布がある限りと言う事だそうです。

いつ終了になるか分かりませんが、もうあまり作れないという事でしたので

こちらに記載しておきますね。

 


 

Comment form









トラックバックURL :