オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

今年のスーパーGT タイ・ラウンド

海外観戦好きな人たちからはやっぱりどうやって現地へ行ったか?

なんて問い合わせがあったりするので、少々ご紹介いたします。

 

(部品がこの時間になってもまだ届かないので時間潰しと言うか・・・)

 


タイへの旅行者はとっても多いのですが、ブリーラムって言う所はあまり知られておりません。

私も毎年何かしらタイへ1〜2回行ってますが、ここは初めてです。

タイ慣れしている部分は助けになるけど、それ以外は未知の世界。

ネットで検索してもほとんど情報出てきませんからね。

 

事前に調べて分かってた事は、バンコクからおおよそ400kmほど離れた所で

そこへの移動手段はおおよそこんな感じ。

・レンタカーで自分で運転して行く。

バンコクのような超渋滞な所は世界中で運転してきた私でも勘弁願いたい所なので

これは最終手段で考えました。

・長距離バス

費用は安くて、ただ乗っているだけで良いから、これにしようかな?って思ったんですが

個人的に長距離バスの旅がそれほど好きじゃないので却下 6〜8時間程度

・タイ国鉄

調べてみたらこれが一番時間が掛かる上に、便数が少ないのと、車内での治安とかも考えると

1等席でもやめておこうかなって感じに。 8時間〜遅延によるらしい。

 

そこで選んだ手段がLCCが現在就航しているので、飛行機で飛んでしまおうと。

・LCC  片道1時間

エアアジアとノックエアが飛んでます。一日どちらも2往復で4便。

 

 

費用はレース開催時でも往復で1万円程度でした。

月曜の方が関係者も乗ってくるからか高かったです。
 

 

ブリーラム空港から市内までは距離にして30kmほど。

空港からの移動手段はプレミアムタクシーと呼ばれる移動手段があるのでそれをチョイス。

時々海外でも空港から少し歩いて、現地のタクシーを直接捕まえたり、

バス停まで歩いて行った方が安いと言う所もあるんですが、まぁめんどくさいし疲れるから

空港にあるソレで良いかと。。

 

こちらの価格が一人300バーツ(1000円ちょっと)

今回、WAKO,Sさんと二人で行ったので、片道600バーツです。

これでサーキットまで直行。

 

 

空港からサーキットまではおよそ40kmほどあったんですが、価格は決まっているため

メーターでぼられる心配はない(一人300バーツが既にぼられているような価格だけどw)

 

ほどなくして見えてくるのが、サッカーのブリーラム・ユナイテッドのスタジアム。

サーキットはなんと、このスタジアムの奥の敷地に建設されている。

 

タクシーに乗ってると周りがホンダ・シビックだらけなのに気が付く。

彼らに混ざってこのタクシーは進んでいった。因みにタクシーはホンダのフィットでした。

(シャコタンでサス固い・・・)

 

そのまま進んでいくといきなり敷地内に入る。

日本みたいにゲートとかは無い。

そこで降ろされた。

 

日本では販売されていないタイ・トヨタの車両。これはVIOSかな?

 

 

・・・と言う感じで到着してしまう。

 

 

 

 

往路はバンコク・ドンムアン空港から発着するエアアジアでブリーラムに行って、

そこから空港のチャータータクシーで一人300バーツで到着しますよ。

40kmほどですが1時間弱で到着します。途中の道路は舗装路で高速のようにかっ飛ばしてくれます。

 

 

 

 

●レース後

サーキットには公共交通機関が来ていません。

アプリでグラブを入れておいて、現地で呼び出してください。

サーキットの係員に聞いても、まず日本語所か英語を話せるスタッフもほぼ皆無で

話しかけたらかなりビビられて、数人を経てようやく英語が話せる若いスタッフさんが出てきます。

親切な人が多いので、最終的には若いスタッフさんがスマホを使ってタクシーを呼んでくれたりします。

ナンバーだけ教えてくれるので車が来るまでは待つだけ。

タクシーと言ってもブリーラムは普通のメータータクシーが無いので、来るのも普通の車です。

ナンバー見ないとまるで分かりませんw

 

 

 

●サーキットからホテルまで

アプリは私の物ではないのでそこから支払いは出来ないので、交渉して乗車。

サーキットから市内ホテルまではそれほど距離は無いので今回は110バーツで成立。

500円程度だった。まぁOK。

 

●ブリーラム現地ホテル

元々高級なホテルは無いので安宿になります。

今回泊まったホテルは周りに何もない場所だったけどそこそこ綺麗でした。

建物に入る所からしてカードキーを使わないと入れない所だったので

セキュリティは気を使われている感じ。

これで一泊日本円で3000円程度。まぁ安いよね。

タオルもバスタオルも常備されてて石鹸とかもあった。

シャワルームのみでバスタブは無い。

 

過去に色んな所で宿泊したホテルの中で、3000円クラスの比較をすると

一番きれいだったかもしれない。

インドとかだとバイオハザードのような世界観の中でももっと高かった場所もある・・・

 

このホテルはカフェも併設されていて、そこで夕飯を。

パスタソースって言う料理w

いや、パスタソースってwwwこれで300円弱。

味は見た目のまんま。パスタが長くても10cmほどでぶちぶち切れててスプーンで食べたよ。

正体不明の肉が2種類使われてました。学食のソレより良くないかも。

 

スタバのようなドリンク。

こっちは500円を超えます。食べ物よりも飲み物の方が高かった。

これも味は見た目通り。こっちは普通においしかった。

 

 

余談ですが、WAKO,SのC君はホテル周辺散策して、随分歩いてガソリンスタンドで

ドリンクを調達してました。私は歩く気力が無かったので部屋でのんびりしたかったんですが

建物の入り口のセキュリティカードが1枚しか無くて私が持ってたので、入り口で彼の帰りを待ってましたよ。

カエルとか鳥の声が日本と違ってて、暗い中一人で旅情を感じたなぁ。

 

 

 

宿の人にホテルから空港までの送迎を頼んだら

同じように配車アプリで予約を取っていた。

料金も同じ一人300バーツ×2

 

この金額はお決まりなんでしょうね。

 

翌朝午前6時半過ぎに出発。

空港に到着後は何もない所なので暇でした。

LCCだし他に便も無いから1時間前に到着しても余裕で間に合ったかも?

 

 

現地で知り合った日本の若者二人組は夜行の列車で帰ると言ってました。

 

 

行く前は、どうなる事か?って思ったりしたけど、

タイも10数年前に比べると随分と発展しましたからね。

あんまり心配してたような事件とかには遭遇しませんでしたよ。

割と普通。

バンコクとかに慣れてる人だったら上記の内容だけで行けちゃえると思います。

 

 

ブリーラムの安宿に泊まって、若い頃そういう宿ばっかに泊まって

色んな所行ったなぁ〜ってのを思い出したり。

最近の海外渡航とちょっと違った気分になれた所は正解だったかもしれません。

 

 

来年以降もブリーラムでのレースは継続するらしいですね。

行ってみたいって思ってる人、意外に簡単に行けそうなんで

お勧めしておきますね。

 

 

 

 

・・・と、ここまで書いて、まだ部品が来ないので問い合わせの電話をしてみたら、

配達は既に出ているそうなのでそろそろ到着するかなぁ。

それ以外は全部やっちゃってるので早く到着願います。

 

 

Comment form









トラックバックURL :