オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

昨日、エアロを外してようやくリフトに載せることが出来た80スープラ。

タービン交換が始まりました。

 

タービンを取り外すので先に排気管を取らなければなりません。

80でちょっと手間な所は、純正のフロントパイプがMTから伸びるステーが

あるので、それから外さなければならない所。

これしかも、MTの覗き穴を外さないと工具が入らないのでまずはそこから開始なんですが。。

 

覗き穴の取り付けボルトは12mmで×2を普通に外して。

MTに付いているステーの14mm×2も普通に取り外して。

ステーの先に付いているFパイと共締めの所が純正のボルトのままで

錆て痩せてて工具が空回りします・・・

 

これくらいの年式になると、こう言う所からスタートになりますね。

と言うかスタート地点から戻る感じだろうかw

 

ここがどうにも痩せててなんともならないので切断する事に。

場所悪いんだけどなぁ。。

こんな風に頭を落として、叩いて貫通させます。

 

実は反対側のボルトナットも純正とステーをそのまま使用されてたので外れません。

その為、マフラーから取り外すことに致しました。

更に社外のアーシング?か何かも付いていたのでそれも外すことに。

 

画像左上にあるボルトが既にボルトの形をしていませんよね。

これが先ほど切断した反対側。

そして、触媒に入るO2センサーのボルト10mm×2なんですが、こちらも痩せて

まったく工具が掛からない状態。これは困る。ここは再使用するので切断する訳にはいかない。

 

なので・・・

マフラー&Fパイを外して、触媒もまずは車体から取り外しました。

このセンサーの配線は残したまま。

 

触媒を車体から取り外した後にバイスプライヤーを使ってちょっとずつ・・・

ラスペネもふんだんに使って時間とトルクを掛けて行って・・・

 

無事に着脱成功。。

差し込んであるボルトはもともと付いていたもので、もう使えないのだけど

オーナーさんに確認してもらう為に手締めで留めてあります。

 

取り外したマフラーとFパイ、そして触媒。

まだまだたったこれだけしか作業は進んでいない・・・

 

 

実際、タービンとかマフラー関連ってこのような錆とかボルトの痩せとか折れたりする

作業との戦いでもあるので、ここまで外したら最悪作業途中にどうしても外せないボルト等が

出た場合にエンジン降ろす事が可能な所までは来たかな、と。

勿論、エンジンは降ろさずにタービン交換だけやってしまいたいんだけどね!

 

この辺外すと中はそこそこ見やすくなるんですが、ブローしていると思われるタービン、

プライマリー側の下周辺がオイルでべったりしております。

まだ良く見えないので降ろしたら確認してみよう。

 

 

ツインターボって当たり前だけどメンテナンスは大変だな・・・

Comment form









トラックバックURL :