オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

本日、取り外し致しました。

 

ちょうど取り外す直前にオーナーさんがご来店。

現状とか今後の流れをご説明出来て本当に良いタイミングでしたよ☆

 

前側(画像だと右側)のタービンを留めているナット下側が工具が入らなくて

悪戦苦闘してたんですが、それを取り外した直後にオーナーさんが来店してくれました。

 

ランチ後にさくっと取り外し。重かったけどw

 

こちらが取り外したタービン。

そして、

こちらが純正リビルト済みのタービンです。

セラミックタービンが弱点で良くブローするので、こちらは

スチールのタービンに中身を入れ替えております。これで強度は上がったのだろうか?

 

今日、タービンを外す直前に取り外した部品w

ターボオイルホース関連、ウォーターホース関連、バキュームホース関連は

出来るだけ全て新品に交換予定です。

真ん中にあるのがシーケンシャルにしている部品で、これが壊れてるかもしれないな〜

とか思ったりするけど確認する方法ってあるのだろうか?

手で押すと動きますが。

今日、価格を聞いたら7万円超えてました。こう言うのは高いなぁ。今回は交換無しで行く予定です。

 

例えば、このホースなんかも・・・

新しいタービンには新品に交換して。

 

吹き返しのオイルでベトベトになってるこの辺も

洗浄して新品ホースを装着して。

 

水漏れって先日書いてオーナーさんも確認しに来ていましたが

恐らくこのアルミラジエターが冷えないので、各所から圧力がかかった際に漏れたと思われる

部分だと、W/P本体とかその周辺に接続されるパイプやホースなんかがこちらの画像を見ると

ほぼ全てから漏れてきている状態なんですよね。

だから、ピンポイントに何処を・・・って感じじゃなくて、全体的にクーリングを見直した方が

良いのかもしれないんですけど。。

 

エンジン後ろ側のオイル汚れはヘッドの方から漏れだしたオイルが

こっちまで伝って広がっている感じ。

この辺は先ほど洗浄だけしておきました。

 

 

消耗品等を発注するのに合計5枚の送られてきたFAXを見ながら

部品商に説明して、それを終えるだけで30分以上電話しちゃってましたね。。

ガスケットキットもあるけれど今回二つのタービンを切り離さないので、中のガスケットは

不要だからキットではなく単品でのオーダーに。

 

と言う感じでおおよそ4割ほど完了と言う形かも。

外すより取り付けの方が大変なんでw

 

今日頼んだ部品は恐らく明後日には全部揃うと思うので、明日から週末入庫した

K君の80スープラに取り掛かる予定です!

排気バタフライはアクチュエータに、エアガンで圧縮空気を入れたらバタフライが開いて、空気を抜いたらバタフライが閉じれば大丈夫だと思いますよ。

自分の80はこのアクチュエータとタービンを直結させて、バタフライを開きっぱなしにしてました。
このバタフライが開きっぱなしになると1JZのような排気音になりますが、低回転で力が出ないので、アリストではやってません。
from: sakai@JZS161 | 2019/07/16 9:07 PM
サカイ君、ここへの登場は随分久しぶりだね!
このバタフライは押す方法なんだね。明日試してみようかな。
80のシーケンシャルを普通のツインターボにすると4000回転以下はすっかすかになるね。昔やった事あって、その時はバタフライを外したよw
社外のどっかんターボ風になるけれど、実際は遅くなるよね。
from: マーシー | 2019/07/17 5:20 PM
ご無沙汰をしておりました 笑笑

常時ツインは自分でやってみた感想だと、低いギヤで少し引っ張り気味にしないとダメな位、下がなくなりますよね。。
ただ、排気音は絶対常時ツインの方が良くなると思います。

というより、排気音が良くなるくらいしかメリットがないかも?!笑笑
from: sakai@JZS161 | 2019/07/17 8:14 PM
うん、それは実際メリットは無いよね!
ただやってみないと分かんないから、とりあえずやってみよか?って言う昔風の流れは当時は面白かったもんだ。
from: マーシー | 2019/07/18 7:50 PM
自分は細かいエアホースを交換しようとしていた、ソレノイドバルブのニップルがもげてホースがさせなくなったので止むを得ず常時ツインにしました。

個人的に2JZの排気音って好みじゃなかったんですが、排気音が良くなったので満足してましたが、人にはオススメしませんね。

ネットでは結構オススメネタになってるみたいですが。。

from: sakai@JZS161 | 2019/07/18 8:24 PM
あぁ、あれ折れるよね。
この車両も反対側が折れてたよ。
そんなに高い部品じゃないから交換すれば良かったのに。
from: マーシー | 2019/07/19 7:50 PM

Comment form









トラックバックURL :