オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

と、いきなりクラッチの画像になるけれど。

エクセディのカーボン・ツイン。

MTを降ろそうという事になりプル式クラッチなので先にカバーを取り外さないとね・・・

と言う事で使われているボルトを外そうとしてたんだけど、8個のうち1個が終了状態に。

 

青いアイマークが打ってある部分なのでここを基準としてきつく締めこんであるのか

このボルト自体も簡単に外れないようになっている物なので、限界があったのか。


そもそもこう言う重要な部分を6角にするなよな、と。

 

残りの7つはなんとか外せたんだけどね。

ボルトの先端側だけ色が変わっているのが分かると思うけど

滑り防止のボルトです。外すのは大変なんだよね。

当然、再利用は不可。

 

と言う感じで作業ストップ&オーナーさんと連絡が取れないので一旦終了かな。

 

 

もともと不動車になってたのであんま影響無いけど、ガレージの空きが無いので

結論だけ早めに出したいんだけどなぁ。。

 

 

 

もとより今回の不動車になった原因が未だに不明。

MT本体なのかクラッチなのか。

 

症状は、クラッチを踏まなくてもシフトが普通に何処でも入ってしまう。

それでいて動力が全く伝わらない。

 

今日までに各方面とかにも問い合わせしたけれど

ゲトラグ6速をオーバーホールしている某社に問い合わせた所、

「クラッチの滑りだと思う」と言う返答。

ゲトラグはシフト部からMTの中にシャフトがリンケージを通して入って行くタイプで

シフトノブから直接MTに入る物ではないので、それら接続部分は入庫直後に全部チェック済み。

リンケージもシャフトも動いている。となるとMT降ろして分解しないと分からなくって

知っている所に問い合わせて内部の構造もちょっと聞いてみたんだけど、

今の症状はクラッチじゃないか?と言う感じ。

残念だったのはもうそこでも部品の供給が終わったのでO/H出来ないって先に言われた所。

 

 

クラッチはエクセディなのでそちらにも電話で問い合わせ。

金曜日は会社全体が休みだったので会社の代表電話しか繋がらなかったので

今日の午前中にサービスの方に電話してみたんだけど、症状とかを伝えた感じだと

クラッチを降ろして2枚のプレートの厚みを計ってからもう一度電話貰えますか?

と言う事に。

エクセディのカーボンクラッチはフリクションロスがあんまりなく

例えば走行中でも1速とかに軽く入ってしまうので、今の状態でもシフトが入るのかな?

と言う推測もあって電話したんだけど、エクセディも聞いたことが無いようで。

 

抵抗が無いからシフトが入って、そこでクラッチが滑っていればそりゃ動力は伝わらないのだけど

運ばれてくる前までは普通に動いていたらしく、実際そんないきなり滑る事ってあるんだろうか?とか。

 

交換後の距離といつ交換したのかをメールしたけど返事が来ないので分からずじまい。

 

 

とりあえずMT降ろしてチェックするにも最初の写真の通り、作業ストップ状態です(苦笑)

ボルトの頭をベルトサンダーで削り落とせばMTは降ろせるんだけど、場所が場所だけに

間違いなくカバーにも傷が入るのでオーナーさんの承認待ちと言う所です。

 

 

当店では初めての症例。

今、もう一台、エクセディじゃないクラッチが入っているRZもガレージにあるので

その車両のシフトを入れる時のフィーリングと比較してみたんだけど、あんまり変わらないんだよね。

MTの中でリンケージが動かない何かがあるのか、それともクラッチなのか?

 

 

Fパイとか色々既に外してあるし、リフトから降ろして手押しするにも元に戻す部分もあるから

作業順序をどうしようかと考え中です。

 

 

 

あ、マスターシリンダーやレリ−ズは普通に動いてます。液漏れも無いし

このMTはのぞき窓があるのでそこから見ても動作はしてました。

 

Comment form









トラックバックURL :