オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

GRスープラがアメリカではyoutuberのおもちゃになっていると以前にも書きましたが

今回コメント欄でも話題に出ているラスベガスのSEMA SHOWの様子をお気に入りの

youtuberさんが自身のGRスープラ出展の際に撮影した映像がUPされてたので

面白く見てました(笑)

 

という事でここでご紹介。

Introducing the Million Supras of SEMA!  

 

しかし笑える!

この人、買ってすぐにワイドボディにしてて、先日タイヤ&ホイールもそれに合わせて

交換してたんだけど、エアサスも導入されてますね。

 

SEMAに出展されたGRスープラは他にもたくさんあって

納車がアメリカの方が早いけれど日本の東京オートサロンはこれを凌ぐような車は何処が出すかなぁ〜?

 

ま、カッコイイかどうかは別の話ですがw

 

 

車で遊ぶ!

って言う表現がピッタリのアメリカ。

日本だと規制も多くて、一瞬見ただけでこれは車検に通らないな〜

って感じるものも多いけれど、自由にさせておくとここまであっという間にやられちゃう世界もユニークで良いです☆

 

いつもオーナー様の車両を触らせて頂いたり、修理やカスタムのお手伝いなんかをしてますけれど

私も久しぶりにオーナーの仲間に戻れますよ〜

 

ホイールはどうする?マフラー交換しよか?

エアロは?全塗装する??

パワー上げて行って〜!

 

なんて話題が普通に出来ます。

 

エアロなんかは日本でももう複数の所が工夫している話は耳に入って来てますが

GRスープラは日本でどのような方向に向かっていくのかも楽しみです。

 

 

こう言う動画見てると70も80もGRスープラも同じでしょ?

人生楽しむツールの一つです。気に入った車とパートナーシップを組めば良いって感じ。

 

 

他のyouTuberさんでもお気に入りの人がいて

ポルシェ ケイマンGTとかBMW Z4とかAUDI TTとかそれら欧州車と

0-400対決したりブレーキテストしたり如何にも走りの面においての比較動画を

次々とUPされている方もいて、そういう動画を見ても心躍ります。

ストレートはケイマンGTの方が高速域で伸びてたなぁ〜

でもブレーキはあのポルシェと同等だったな〜とか。

 

さぁ、どんな遊び方しようかな!

 

 

昨日サーキット走行の様子を見てて感じたのは

ボディ剛性は良いけれどサスがそれなりに伸び縮みしてたのでS字の切り替えしで

ロールを感じたり、その辺はやっぱり足に手を入れたいかな?って思ったりとか。

 

マフラーの音は室内で聞こえるサウンドはシルキー6の考えもあって心躍るような

部分もあるけれど、外から聞く分には全然物足りなかったりとか。

(LFAの音ってすごい良いよね。あれは芸術的。官能的でした。)

 

エアロはどうしよう?

最初から付いているエアロの黒い部分の交換タイプが多いけど、それだと制限あるし

似たり寄ったりになってるなぁ〜とか。

 

でもまずは鈴鹿に持って行ってタイム測定したいです。

個人的には過去の車両と比較出来るので一番最適かと。

でも今は冬の時期だからタイヤがあったまらない(苦笑)

 

今考えている所は当たり前だけどまだ内緒ですw

 

 

 

でも

私も良い歳こいたおっさんなので、ジェントルにおとなしく使用するのが最適かな?

って思ったりもしとります。

 

この車が最後のパートナーになるのかな?

 

さて、GRスープラの注文とかもちらほらと入ってくるようにはなりましたが、

ナンバーをどうするかが一番の悩み。

 

 

一応アメリカ人も90って言う時あるけどやっぱマーク5って言う言い方してるかも。

今回の動画でも別のGRスープラを見て「シィ〜ット」とか言ってるのは爆笑。

 

90ナンバーと5ナンバーのどっちが良いのか・・・

あっちみたいにローマ字が使えるんだったら悩むこと無いんだけどなぁ。。

 

 

 

 

追記

この彼の動画の中で最高速は何処まで出るのかのチャレンジもやってて

260キロオーバーを記録しています。

あっちのメーターで163マイル/H

日本だと出す所が限られるね。

Comment form









トラックバックURL :