オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

日曜からやりたかったけど風邪とNV200の存在があって始められなかったM君のエンジン。

今日は朝からNV200は移動させ早速取り掛かりました。

 

あ、風邪はほぼ全快です!

未だに鼻声だけど熱は下がって体の動きもスムーズです☆

 

始めて暫くして少しずつ違和感あったけど・・・

まずはクランクプーリーボルトを外す際に、めっちゃキツイのはいつも通りではあるけれど

外れる瞬間なんか「ぬるっ」とした感覚で一瞬ボルトが折れたかな?って感じたくらい。

確認したら普通に抜けてくれた。

 

今思うとこの時に既に変だと思ったんだよね。

 

それで作業は続行していくのだけど。

 

オイルシール(赤)がべっとりと塗られていた(画像上)

一度、オイルパン(クランクの)も着脱した歴があるのかも?

 

クランクオイルシール交換

割と簡単に外れたけど、次に入れる時になんとなく緩い感じで

いつもとこれまた違った感触に。

 

お次は漏れが始まっていたウォーターポンプを取り外す。

この画像から分かると思うけど、エンジンオイル漏れはどうもエンジン本体上側っぽい。

これも珍しい。でもそこは理屈で片付くんだけどそれよりも画像真ん中の

水の通り道のパイプ(いつもOリングを交換する所)にシール材がベッタリ塗られている。

 

こっち側にも塗られている。

 

アッパーホースにも塗られているのだ。なかなかの量で。

 

 

このエンジン、一度バラされているっぽい。

 

 

因みにオイル漏れはそんなに酷くないのだけど、バラされた時にオイルシールは交換されてるっぽく

それにしてはカムカバー周辺は触られていないと言う不思議な状態。

 

 

となると、水漏れを重点とした修理をされたのだろうか?

 

これはオーナーさんも指摘していたが、ホースが劣化で割れてるんです。

そこからオイル漏れに繋がるんですよね。ここは一番上だからたくさんは漏れないんだけど

クランプ外すとホースの割れている所が目視で確認出来ます。

 

この後カムカバーを外したら、反対側はプラの根本から折れました。

つまりは一度も交換されてないという事。

 

 

でもそんなのは良い。

問題はこの後に起こった。

カムプーリーを外そうとしてたら外れない。

気合入れて力込めたらスナップオンのブレーカーバーが折れました。

 

ブレーカーバーが折れるって事はそうそうないんです。

 

17mmのボルトが外れず、カムカバー開けてカムを固定させた状態から回して

結果工具が折れるという事は・・・

 

 

このエンジン、一度やっぱりこの辺ばらされて、組み上げる時に締め付け過ぎなのだと・・・

 

これ以上、分解出来ない。。

勿論、二分一のブレーカーバーも持ってるけど、それでカムプーリーボルトが折れたら

ヘッド降ろして全バラしない限り終わらないよネ。折れたボルト抜くのにドリルとか使うだろうし

下手したらヘッドも歪んじゃうかもしれないし。

 

こっちがわ(上側)はオイル漏れ等から推測してもやっぱり触られて無いんだよなぁ。

カムカバーを取り付けるシールワッシャー付きのボルトもどちらかと言えば緩んでたし。

 

どーいうこと?

 

このエンジン、ひょっとして載せ替えしてる?

 

 

過去、一台似たようなエンジンを見た事がある。

茨城のAさんのリビルトエンジンが同じようにカムプーリーが外れなかったのだ。

あの車も乗せ換えてあったんだよね。

 

カムプーリーにもINとOUTって手書きであったから、このエンジンも一度載せ替えてあるんじゃないかなぁ・・・

W/Pは金額が高いからそのまま再利用してそれで水漏れしないようにシール材をベッタベタにして組み上げた

のではなかろうか?

 

 

今のオーナーさんになって随分経ってるようなんだけど・・・

 

 

 

と言う事で、ここまでバラしたけどカムオイルシール交換は諦めて

今後はW/Pを新品にしてカムカバー周りに以降します。

 

う〜ん、残念。

 

 

SNAP ONは壊れてすぐに電話したので、今日には新しいのが届くと思う。

それまでに出来る事もあるけれど、今ちょっと心が折れかけたので作業中断。。

 

明日には組み上がるんじゃないかな。

 

今年最後の大仕事だったのになんかスムーズに行かないのが悔しい。

Comment form