オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

TOYOTA GazooRacingのWebにてヘリテージパーツ正式発表。

 

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/heritage/

 

東京オートサロンにて展示されていると思われます。

(私は見てないので展示詳細は分かりませんが。)

 

今回発表された部品はすべて要望が通った結果だと思ってます。

色んな意味で安心した。。

 

でもこれだけしか発表出来ない所に難しさを感じますね。

 

今だから書けますが

例えば70のフューエルセンターゲージなんかは実際に形にして

当店のお客さんでテストまでしたのですが、テストの時点で撃沈したとかあったなぁw

あれから2年近く経過したけれど、今回は完全に純正品として復活に至る事が出来たので

そう言う部分も安心出来ます。もうあの部品は私の手を離れた、と。

 

プロペラシャフトも何度か書いたけど、生産ロット数が多すぎて生産するかどうか

かなり悩んだし、ワンオフ形態で製造して貰える所とも交渉は進んだけれど

ペラだけで公認車検を取る事がかなり難しいと言う現実にぶつかってたり。

(副産物としてカーボン、アルミでも製作出来る結果だけ持ち帰ったな。)

 

ドアハンドルに関しても製造工場と直接交渉。

こちらも型代と生産ロット数を聞いて、材質変えて海外の工場と交渉したけれど

結局は現物支給してメーカーさんにお願いした経緯とかw

 

エンブレムなんかは流石に当店でリリースする事は法的にも出来ないけれどw

 

80のブレーキブースターとかはあんまり語られないけれど

結構フルード漏れで中錆、外にまで漏れてダメになってしまう事がありました。

70では見たことほとんど無いけれどネ。

 

公式発表は え?まだこれだけ??

って言う印象もあるけれど、これが最初の取っ掛かりですね!

今後の復刻に期待しましょう。

 

 

時代が変わればこのような事が起こるのだな、とつくづく思います。

過去、生産廃止部品に関しての要望を起こしたり、

共販やサプライヤーさんを通して交渉したり。

大抵は馬鹿にされたような感じで突っ返されたりしてあの頃は毎回

頭に来てたんですが、会社のTOPの方針が変われば物事こうも動くものなのだなぁと。

逆に考えると、私のような小さな存在では何も変える事が出来なかった。

今までの苦労も努力も「力無き存在」だったと言う一言で現された感じかな。

 

なんかこの10年くらいの記憶が色々と蘇ってきてますが・・・

 

 

 

ここいらでようやく一休み出来るかな。

詳しいことはわかりませんが、きっとマーシーさんのこれまでの努力のうちいくらかは今回の復刻につながったのではないでしょうか。色々と動いていたのを知った誰かが携わった可能性もあるのではないでしょうか。
今すぐにこのうちのどれかが必要ということはありませんが、ペラシャやドアハンドルはマーシーさんに聞いたり読んだりしていたので少なくともその点ではほっとし、嬉しく思います。
もっと復刻されればさらにいいですね。
from: フレンドリー | 2020/01/09 11:45 PM
フレンドリーさん。
あ、こっちは日本語だ(笑)
例えばペラシャやドアハンドルにしても、私個人で動くと予選的制限の壁に割と簡単にぶちあたるんですよ(笑)
そう言う時に毎回小ささを感じてきたかなぁ〜
それでも壁に当たると這い上がろうと言うチャレンジ精神で頑張れたけど、なんとなく今は壁が無くなった感じで気が抜けてる感じかも?

作り手側の苦労も少しくらいは分かるけど久々にオーナー気分で自分も言いたい。
「もっと出せ!」ってw
まぁそんな悪態付いても何も良いこと無いので前向きに考えてる事だと、北米オーナーさんたちも奮い立たせて、現存している国内だけでなく海外も含めた総数で再販の要望をする方向にシフト、、かな!?

もう少し頑張らせて頂きます☆
from: マーシー | 2020/01/10 10:46 AM

Comment form