オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

何とも書かなくとも皆さんお分かりのコレ。

過去数年間の間に色々と勉強したけれど、この大きさの型を作るのと

価格とロット数を考えると私には難しかった大物部品。

 

でも国内も海外も需要は多くマーケットも大きい。

 

最近の車に使われているダッシュボードとは全然設計も素材も違うので

内装修理屋さんからも断られるタイプだったりするけれど、全く同じ物が再販されなくても

ある程度のクオリティを満たしていれば充分なんだけどなぁ〜と言う感覚で思ってて、

最近の車のように薄いプラスチック素材等を張り付ける方法を提案してくれた

企業もあったんですが、それでも開発コスト使ってダメだったら厳しくなるよなぁ、、と考えてました。

 

もしこれがヘリテージで復活することになるとめっちゃ反響大きいと思うので

今回是非トヨタ自動車さんには頑張ってほしい所ではあるんだけど・・・

型が不要な状態で生産する方法が確立されれば可能性は高そうだよね!

 

 

数が少ないから再販は難しいかな?って考えてた部品でも

ウエザーストリップが確か発表されてたと思うけれど、ウェザーのどの部分?

って発表は無いので多分、1台分まるまる全部、新しく型から起こして再販されると予想。

例えば、サンルーフのウェザーシールとかも出るんじゃないかな?

何気にエアロトップのウェザーはまだ出たりするから、素材確保は問題無くて

これに関わる型代だけの話だと思ってたり。

 

 

 

 

色々と話は伺ってたけれど、ターボプレッシャーセンサー。

そう、これが壊れるとかなり痛い。物を修理することは私には難しいのだけど

現状、違うシステムに変更して対応してきたけれどそれはそれで費用の負担が大きくなってしまう。

回路事態はそんなに難しくないと思うのだけど制御なのかセッティングなのか

そっちがどんな部品が必要で、令和2年現在でそれらの代替え品でも入手可能なのかどうかがポイントかな。

電気や回路の専門知識のある人が携わってくれれば意外にスムーズに進行する可能性も

あるかもしれません。

 

 

これらが再販されればオーナーとしては相当心強いし、

やっぱり私個人では全く叶わない事を実現してくれるな〜って思います。

 

 

 

 

 

昨日書いたブログの中に

「でも・・・いつになったらタイヤが無くなって浮くんだろう?(笑)」

って書いたんですが、

今日のヤフーニュース見てたら

トヨタ「空飛ぶ車」事業参入

って言うニュースが出ていてびっくり!

 

なんかそれ見てたら、ダッシュボードとかターボプレッシャーセンサーとか

簡単に実現してくれそうな気がしてます。

これらは新しい物ではなくて既に世の中にあるモノですからね。

 

メーカーさんなので流通経路とか梱包とか細かい計算が必要だろうけれど

供給に当たって価格が幾らになるか、どれくらい販売を見込めるか、と言う

シュミレーションが大事になるのだろうけど、ダッシュとかを型を不要として復刻出来て

ある程度の利益が見込めるのならば、今度スープラだけでなく同年代のレジェンドカーの

部品の復刻も考えてあり得そう。

 

ですので、こんな提案を。

スープラを実験台として開発予算を組んで下さいよ。

それが多岐に渡って他車種にも活用出来る内容になるのならば

後から大きな利益が付いてくるかもしれませんよ、って。

 

 

 

 

 

 

海外からの興味や反響も当店にたくさん届いております。

ここで面白い情報を頂いたので書きますが、

70スープラのサンルーフ情報。

最近モーターが壊れて動かなくなったと言う話もチラホラと。

これらはレクサスのSC300/400のモーターが使えると言う情報頂きました。

むろんまだ試してないのでそのままボルトオンなのか加工が必要なのかは分からないですが

アメリカって車検が無いから基本ワンオフって考えの人が多いので

最近お互いに情報交換をしていて直近で教えてくれた内容でした。

SC300/400って日本で言う30ソアラですね。

こっちだとまだ部品は出るのかな?

 

 

 

ヨーロッパの80スープラのオーナーズクラブ(JZA80グループって言うらしい)からも

色々と連絡頂いたりしています。

 

 

最近のSUPRA LINKは大きな世界に思えて来てます。

Comment form