オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

ヤマケンさんの車両。

車検は本日無事に合格です!終わってからオイルパンの作業を開始。

 

これに気が付いたのは週末なんですが(本人さんと電話で確認したら前回お預かりの時に

お伝えしていたのでその時か。)恐らく前回がギリギリ締め付け出来た最後で、今回は

クルクル回り続けてしまう状況だった。

引っ掛かる所はあったのでそこでボルトを止めれば漏れないギリの所だったけど

走行中に漏れたら大変なので応急処置として、漏れ止めのシールを使ってギリ固定って感じで

不本意だが抜いたオイルをもう一度入れて今日は走行。どうせまた抜くし。

 

シール材でも漏れないようには出来ていたようで今朝出勤して確認。

冷間時でも漏れはなく、暖気で暫くエンジン掛けても大丈夫だった。

ただずっとその状態にするのも気が引けた訳で・・・

 

オーナーさんの了解を経てお試しした部品。

タップボルトのドレンプラグ。

便利な物があるのですが、これで懸念されたのはアルミオイルパン用と言う所。

JZA70はスチール製です。

 

早速試したものの、やっぱりダメ。

これでは噛まないし新しいネジ山を形成する事は出来なかった。

スチールは堅いからなぁ。。押し込みながら数回試したが結局諦めて。

 

 

 

・・・持っているタップで新しく切ってみた。

 

ただM12でピッチが1,75なのでドレンプラグでそんなサイズは無く

近所のホームセンターで手頃なボルトを買ってきて装着。

 

やや緩い感じだけど手締めで締まる。

純正のガスケットは装着可能。

最後の締め付け、これをやり過ぎるとまたナメてしまうので慎重に締め付けた。

このボルトに今後は毎回、シールテープ使うと恐らくほぼ大丈夫なのではないだろうか?

19mmの頭になったけど。

 

とりあえずすぐに新しいエンジンオイルを入れるのはやめて

ここで一番粘度が低いオイルは?と言うと、フラッシングオイルがあったので

先にフラッシングを。(WAKO,Sのものです。)

 

暖気状態で約30分。

リフトに上げて確認したら、あれだけ粘度が無いフラッシングオイルでも漏れはない。

 

今日はこのまま冷やして明日もう一度ドレンを抜いて、シールテープと共に締め付け予定です。

 

 

これでダメだったらオイルパンごと交換するつもりでした。

新品が生産廃止で毎年数件問い合わせあるけれど、現在ここには綺麗なものはなくて

1個だけ下が潰れた中古があるので、最悪それを板金して使用予定でした。

(そのまま装着するとストレーナーを押すくらい潰れてる状態)

 

でもコスト掛かっちゃうからタップ系でなんとかなればなぁ・・・

と言う感じでの修理でした。

 

タップ切も今後の事考えるとちょっと心もとないんだけどね。。。

 

ヘリテージパーツのリクエストもあるけれど、オイルパンって割と簡単に作れるのだろうか?

これもちらっと考えたことはあったんだけど、型から作る方法が一番良いものが出来るんだけど

型代掛かるものはコストがあがる欠点があって、小ロットだと板金で製作する方法もあるようです。

あんまりコストが掛かるようだったら、部品交換よりもいったんエンジンから外して

内側からナットとかを溶接するとかの方法もあるからなぁ〜・・・

とか思ってました。

 

とりあえず今回の修理はタップ切で様子見します。

このオイルパン、それ以外は凹みもないし綺麗なので、出来ればこのまま使いたかったんだよね。

ご面倒をおかけしております。なんとか漏れがないように仕上がるのを祈っております。
from: ヤマケン | 2020/01/21 8:03 PM
ヤマケンさん。
多分、大丈夫だと思います(笑)
あと20年持つか?って聞かれたらちょっと心配ですが、方法は幾つかありますので!
from: マーシー | 2020/01/22 7:01 PM
はじめまして。いつもブログを読ませて頂いてるのですが、コメントするのは初めてなので…。
オイルパンの件ですが、自分も一度潰したことがあり交換したのですが、品番は変わっていたものの、新品が出ましたのでそちらを取り付けました。
from: A | 2020/01/24 5:27 PM
Aさん、情報ありがとうございます。
コメントも気軽にお願いしますね(笑)

オイルパン(今回の部分・オイルパンと言う表現だともう1層上の部品もオイルパンになるので。)ですが、こちらから問い合わせた所では、既に価格も消されて生産廃止部品になっています。

先ほどもう一度問い合わせ掛けてみて、「品番が変わって出ているかも?」と再度検索をお願いしてみました。
今日中にFAXで返信貰えるようですが。

以前は時々新品で交換していたのですが、数年前から出なくなったので困っていたのですよ。品番変わって出るようなら新品を使いたい所です。代替え品番かなぁ?
from: マーシー | 2020/01/25 10:21 AM
FAXで返信入りました!
Aさん、ありがとうございます。
品番変わってまだ新品が入手出来ました☆

せっかく教えて頂いたので新品番も明記しますね。
元々の大品番は12102A
代替え新 12102−46031です。
価格は¥12,200(税抜き)

これは有効な情報でした!
from: マーシー | 2020/01/25 10:31 AM

Comment form