オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :

現在の経過等を少々。

 

まずは、スピードメーターケーブルから書き起こします。

こちら、現在「完売」になり注文は停止しております。

複数の方からオーダー頂いていましたが、一旦キャンセル扱いにさせて頂きました。

 

当初の予定では遅くても4月には再入荷・・・の予定で都合していたのですが

この3か月間で動きがありまして、現状では次回入荷が未定と言わざるを得ない状況になったのです。

 

最初は構成部品の確保が厳しい〜と言う状況から、現地工場がなんとか複数台確保出来そう(実数45台分)

なのでそれでも良いか?と言う連絡が入ったので、ひとまずそれで対応予定だったのですが

国際送金問題とか(これは単に手数料の話だけど)発送に掛かる送料の問題とかが出て

それなら今月実際に現地に取りに行く(台湾渡航)と言う準備をしていたんです。

 

風向きが変わった原因の一つがコロナウイルス。

なんとなく大きな騒ぎになりそうな予感だけは話題に上がり始めた初期段階から

本能的に感じていましたが、これを書いている今日、この日本もイベント開催が危ぶまれたり

テーマパーク等も暫く営業中止とか外出に関しても推奨されない状況に陥りました。

先週私も渡航を断念。(4月の台湾渡航も現在悩み中。関係ないけど今度の月曜に北海道旅行も予定してたけど

中止に。)

 

それよりも大きな悲報は、ケーブルの工場が恐らく火事で焼失してしまった事。

原文ママ

「The whole factory was seriously destroyed, we aren’t sure when can recover from this. Your cables were gone in the fire too.」

 

これにより現地よりお詫びの連絡が入って、工場再開のメドも立たないので

入手不可能と言う連絡が入ったのが今月14日でした。

 

部材の確保、次なる工場探し・・・早ければ4月には出来ると思っていた所を

それも未定だし、さぁてどうしたものか?と言う状況に。

 

それからも現地スタッフとは連絡を取り続け、まだ未定だけど

思ったより早く工場を移転して操業を再開するかもしれない?

と言う連絡を貰ったのが今月22日。

 

私もお世話になった身分ですので、工場再開に関して出来る事はしたい。

値上げも提案されたけど部材の確保が関係するならば発注数を増やすことも検討している、と連絡。

 

 

そして今に至る、と言う感じです。


 

このような状況のさなかですので、一旦頂いているオーダーはキャンセルさせて頂きました。

ほんと申し訳ない。

 

実数が50台分弱で完売に至るまでの年数は約3年。

これが良いのか悪いのかの判断は皆様にお任せ致しますが、私は失われた部品が入手出来る

所に喜びを感じていました。部品が無いから直せないって言うのが実際に触る立場からすると

一番のストレスになりますからね。ただ商売としてはリスクの方が高かったかもしれません。

 

今月22日の返信より、今日までまだ連絡は入っておりません。

一日も早い現地工場の再開を願っている所です。

(本当に再開に至るのか、このまま操業をやめてしまうのかは分からないので。)

 

 

 

 

今回のような災害による操業停止と言う事例は私にとっては初めての経験で

しかしながら受け止めなければならない事実なんですよね。

色々と勉強になりました。

ですのでスピードメーターケーブルは、現状で「完売」扱いです。

次回入荷は未定。再開する事になったら価格は現状維持の予定。

また動きがありましたら何かの形で発表致します。

 

 

 

 

 

詳細を書く部品は今日はこれだけですが、部材の確保と言うのは他にも大変な事がいっぱいありまして。

最近投稿したとある部品が好調と表記したのですが、それらも部材確保でちょっと問題が出たりとか(苦笑)

こちらの販売数が予想以上だったらしく、先日在庫が尽きたようで。(これは良い事)

大きな工場は年間予定とかが決まっているので割り込ませるとかってなかなか難しいのですよ。

とは言え、年内無理とかになると色々困る。今回は何とか割り込まして頂きましたが

この辺の発注数が絡む物は生産廃止に至る重要な材料となるのです。

 

今、提供出来ているとある部品も、オリジナルパーツとして提供していなかったら

普通に生産廃止にされている所だったな・・・と実感。販売数が確保出来ている実績から判断して頂けた

珍しい部類に入るかもしれません。

出来る限り供給出来るよう頑張りたいですが、突然無くなってしまう物もあるかと思いますのでその際はご了承下さいませ。

 

 

このような事例も?

今はなんとかなっていますが、当店のマフラーとフロントパイプ。

こちらも実は一度、工場が閉鎖してしまった事例もあったりします。(その間は在庫分でなんとか・・・)

あの時は流石に私も焦ったけれど。。

工場の社長さんを後に業者間のツテで発見。再操業出来るメドが付いたので

今では生産する工場は変わったものの、もう一度販売に至る事が可能になった、と言う経緯もあります。

(この例はある意味奇跡に近いかも・・・)

 

とかく世の中、全てが都合の良いように動いてはおりません(笑)

 

 

全く逆の例。

最近、日本国内よりも海外向けに販売がそこそこ伸びている部品なのですが、

そこは提携当初よりも大きく飛躍しているようで、現在では現行保安基準に対応出来る

ほどの所に成長。つまりは経営が上手く行っている例ですね。

ただそうなると私にとって不利になる案件も出て来てまして、

それまで1台分ずつのオーダーを受けてくれた所が、発注の際に最低ロット数を提案してくるものなんです(笑)

 

 

 

 

現在発表済みのヘリテージパーツ。

これはメーカーさんが実際に動いて、そのサプライヤーさんの協力を経て販売される事になるのですが

当時の部品の生産と言う事になると我々が思っている以上の困難に当たっている部分も多いかと。

最初に思いついたのは、やはりロット数かな。私のような小事業ではないので新車規模までは

求められないかもしれないけれど、それなりの個数の確保を提示されるでしょうし、

部材として保管する場所の問題とか、想像すると頭が痛そうな事案が次々に想像されます。

また、メーカーさんが品番を付けるとなると、現行の保安基準も無視出来ない部品も出てくることでしょう。

 

こんなの簡単でしょ?

って思える所が予想以上に難しい(むろん、その逆も然りだけど)

様々な紆余曲折を経て発表に至る所は評価したいと思っています。

 

このようなのも時代の流れ。

私も部品の販売の立場(これは続きますが)から今度は購入側にも回る立場になりますので

ある意味中間の位置に立てる訳です。

要望と不満が一番分かる立ち位置になるかもしれません。

 

 

 

本当に時代や環境の変化が目まぐるしく、いつまで経っても気が休まりません(笑)

 

これら部品業務は、実際に皆様の車両を触らせて頂いて

本能的に私が必要だ、、と感じる部品を順序選択している感じです。

これからもそう言う感性を磨き怠らないようにお付き合いさせて頂ければ幸いです。

 

Comment form