オートメカニック 2019年5月号 [雑誌] :  : 彼女のカレラRS (1) (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 彼女のカレラRS 0 (バーズコミックス) : 麻宮騎亜 : 歴代セリカXX / スープラのすべて (モーターファン別冊) :  : オットー OTTO 1/18 トヨタ スープラ 2.5 ツインターボ R 1986 ブラック A70 :  : 彼女のカレラRS (2) (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 彼女のカレラRS 03 (バーズコミックス) : 麻宮 騎亜 : 我がマーシーオートが取材協力しております。70スープラ登場してますよ! ジャパニーズ ヴィンテージ シリーズ TOYOTA 初代 スープラ (Motor Magazine Mook Japanese Vintag) :  : オールモスト・アンプラグド [DVD] : ヨーロッパ : EUROPEのDVDです。<br />
09年11月発売。<br />
これも超お勧め! 1/43 43774 トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボR 1990  ダークグリーン :  : トップガン(デラックス・エディション) : サントラ,オーティス・レディング,ジェリー・リー・ルイス,ライチャス・ブラザース,ケニー・ロギンス,REOスピードワゴン,MR.ミスター,ヨーロッパ,スターシップ : I LOVE A70&80 TOYOTA SUPRA 改訂新 (NEKO MOOK 1128 I LOVE series) :  : トヨタ・スープラ 70&80 :  : 実は私が写真付きで登場しています・・・当時23歳くらい(笑) トヨタ・スープラ No.2 (2) (ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vo) :  : トヨタ・スープラ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ) :  :
 トヨタの今年のモータースポーツ活動内容が発表されました。

LEXUS Racing 、TOYOTA Racingって言う二つの位置付けよりトヨタで良いのに。。

ル・マン24時間レースを含む世界耐久選手権(WEC)、アメリカのNASCAR、国内トップカテゴリーのSUPER GT、スーパーフォーミュラに参戦する。ほかに、ダカールラリーに参戦するトヨタ車体を支援する。

WECには、新型車両「TS040 HYBRID」 を投入し、2台でシリーズ全戦に参加する予定だ。6月に行われる伝統のル・マン24時間レースでは、念願の初優勝を目指す。

ドライバーは引き続き、アレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴、ステファン・サラザン、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミが務め、新たにテストドライバーとして、マイク・コンウェイの契約を発表した。


去年はWEC車両が途中で1台になって更にまた途中から2台に戻りましたね。
あの時はレース部門の資金が足りなくて、スポンサーさまのおかげって言ってたけど
現在は上方修正の内容も大きいし大丈夫なのだろうか?
今日の株価は地合もあって大きく下げて久々に6000円台を割っちゃったけど。


国内のトップカテゴリーのGTとSFは継続は分かるとして・・・


豊田章男社長は、「わたしが社長でいる限り(F1)復帰はない」と語った。
・・・あ〜あ。もうレクサスRCもFT-1が出てもモリゾーくんが社長の間は買わないw
(FT1は出ないと思うけど)
ほんとに自分が乗れない車には興味無いのかな?
なら2シーターのF1作って楽しめば。。
って、ただの愚痴ですね。
今の業績ならばF1にエントリーする事は悪い事じゃないと思うんだけど。
自動車メーカーとしてね。
技術競争が市販車に活かせないのは分かるけど
世界のトップフォーミュラを無視し続けるのは会社の規模からして
幅が狭いなぁって感じてしまう。
自動車メーカーという立場じゃなければ費用をじゃぶじゃぶ使うF1の場において
結果が出せない事がどれだけ無意味な事かは分かるんですが。

とは言え、今日の日経平均の落ち具合を見る限り、参戦発表したらそれこそ
冷や汗ものだったかもしれませんけどね(汗)

個人的に至極残念。

ootaki
大瀧選手が来年のカレンダーを持って挨拶に来てくれました。

表紙のページの車両の真ん中にMAIのロゴが入っていますが
表紙なので即効で見る機会が無くなってしまいます(笑)

まぁページをめくっても何度か登場するんですけどね!

今年もS耐久で表彰台を獲得出来たし、今までとは
違ってフル参戦とかをしていた年度ではないですが
レースを楽しみながらサーキットを走れたのではないでしょうか。

今年の営業もあと1週間で終了予定です。
あっという間に過ぎ去りました。。。
まだ残っている仕事も早めに片付けて冬休みは
ちょっとゆっくりする予定です。

明日は冬至ですね。
1年で一番日が短い日になります。
これから少しずつ明るい時間が増えていきますね。
仕事する事においては助かるので次は暖かくなる日が待ち遠しいです。
ミハエルRoC
レース後に着替えて出てきた時のミハエルの画像です。

F1の時とは違い、穏やかな表情で寄ってくるファンに気軽にサインに応じてました。
割と長い時間。
今年で2度目の現役を引退した彼なのでこうやってレース後に囲まれてサインに
応じると言う事は最後なんですよね。
そう考えると私も妙に寂しい気持ちになりました。

準決勝でグロージャンに負けなかったらなぁ。
土曜の国別対抗では勝ったのに。

RoC自体がユニークなレース方式でどちらかと言うとタイムトライアル的な競技に近い
戦い方なので運にも作用される事も多いですが、個人戦でミハエルの勝利も見たかったです。

決勝まで行って負ける事が多いので今年も期待してないながらも
期待してしまうと言う矛盾が見ていて・・・

これで今年の私のレース現場行きは終了です。

気が付いたらもうすぐ今年も終わりですね。
 RoCって言うカテゴリーのレースを見にタイへ行ってました。
昨日帰国です。
カメラを自宅に置き忘れてきたのでちょっと写真が無いのですが。。。

色んなカテゴリーのチャンピオン達が集まって色んな車に乗ってレース
(トライアル方式)するので知らない人が見てもそれなりに面白いと思います。
私は今回で2度目なんですが、もう少しトーナメントの進み具合をモニターで
表示して欲しいなぁ。。

国別対抗
優勝はドイツチームで
F1ドライバーのミハエル・シューマッハ&セバスチャン・フェッテル組が優勝。
準優勝はグロージャンとオジェのフランスチームでした。

個人戦
優勝はグロージャンで準優勝はトム・クリステンセン


この結果が影響したのかグロージャンのロータス残留が発表になりました。


中途半端ですが今日はこんな感じの日記で。。
午後から来たF君が友達連れてきててさっきまでお話してたら時間がなくなってしまった・・・
 今日から鈴鹿で開幕のWTCC。
とっても行きたいんですが・・・今年は残念ながら既に仕事の予約が詰まっていて
行けそうにありません。。

格闘技のようなレースなんて揶揄される事も多いのですが
レースファンとしてそのような表記はやめて、もっと良い表現が無い物かと思ってしまいます。
格闘技みたいなって言うのは接触やクラッシュが多い所から使われているのですが
確かにクラッシュは見た目は派手なんですが危険が付きまといますので
それを目当てに見に行ってもらってスムーズなレース展開の際に「なんだぁ・・・」って
思われたくないですし。

ドイツのDTMなんかでも接触は多いし最近ではペナルティも出やすくなったのですが
以前はそれほどでもなく、ドライバー達が車を使って繰り広げる 前へ出る! 戦い
が存在する所がこの辺の箱車のレースの面白さの一つだと思うのですが。

とか言いつつも、去年のレースは1コーナーでいきなり多重クラッシュがありましたので
そう言われても仕方ないか。。

世界でも多くのカテゴリーのレースは存在しますがこのWTCCはFIA管轄のレースです。
参戦費用は思ったより高くクラッシュしてマシンの修復代なんかも考えると他の箱車のレースに
比べて結構掛かっちゃう世界です。大変な世界だ。。。

今年からHONDAが参戦。
今までF1のエンジンの某所の開発者だった友人が今はこのWTCCのエンジンをやってました。
(既に次の仕事に取り掛かってますが)
今年は他にも友人・知人がパドックに多いので是非とも行きたかったんですが。。。



さてここで関連付けで。
鈴鹿のレース、スーパー耐久とWTCCの同時開催となっております。
これは去年も同様。
そのあいまにオーナーズクラブのパレードランが行われます。
GT-RのクラブとかNSXとか、その他たくさん。

実はGT-Rの方から連絡頂いたりしてたんですがスープラのほうにはお声が掛かっていませんねぇ。。
来年開催時にはスープラも呼んで頂けるように頑張りたい物です。。
2012Stai
すっごく遅くなりましたが今年のスーパー耐久開幕戦の画像をUPしました。

HPの更新自体も久々の物になっちゃいましたね(苦笑)
ブログを書き始めるとフォームが決まっているので楽になって
ついついこっちばっかり更新になってしまいがちで、
アクセスもそろそろ抜かれるのではないでしょうか。

と言う訳で実は今年のスーパー耐久開幕戦に大瀧賢治がエントリー致しました。
スポット参戦なんですけどね。
久々のレース復帰でしたが結果は見事3位表彰台を獲得。

車両はVitsです。
フロントバンパー左右にMAIのロゴが見えてますね♪

シーズン開幕前に鈴鹿で行われたテストは私も現地まで足を運んだのですが
肝心のレースはF1と同日だったので行けずでした。。せっかく表彰台を獲得したのに残念。。

日本ではモータースポーツは相変わらず下火なんですけど
僕らが乗っているようなスポーツカーの場合はこのS耐久が一番近いチューンドカーの世界のレースだと思います。
こちらも盛り上がって欲しいとは思いつつ、人気はやっぱりスーパーGTですね。
あれはあれでメーカーが参戦しているレースでしっかり根付いている世界ではありますが。

Fポンも人気無いしF1ですら地上波の放映も無く寂しい。。

同じスポーツでもサッカー人気の凄さに少々嫉妬しますw

モータースポーツも色々と人気再燃してくれれば良いなぁ。
色んな企業が昔のようにスポンサードするような世界に戻って欲しいです。



全く遅くなりましたがHPの更新のお知らせでした。
企画ページに入ってますので興味ありましたらどうぞ♪
S耐久
今年のスーパー耐久の開幕戦。
見事?3位表彰台を獲得致しました。
分かりにくいですがこのヴィッツのフロントバンパーのさきっちょ下の
黒い部分にうちのステッカーが張ってあります(笑)

ドライバーの大瀧君、今日顔を出してレース報告をしてくれました。
今の所は開幕戦のみの参戦予定だったので今後は分かりませんが、
何か続報があればまたUPしますね!


今日は常連の70のオイル交換。
その後くらいに学生さんがスープラを見にやってきました。
問題はご両親の説得が上手く行くのかどうか(笑)
ほほえましいですね!
就職がトヨタディーラーに決まったようなので車を購入するお許しが出たのかな?
元々は80が欲しかったようなんですが、今は70で考えているようです。
親御さんからみればもう古くて距離も走ってて色々と心配点が多いと思いますが
来年からトヨタディーラーのメカニックになるのであれば、ここで古い車も触って
色々と修理したりトラブルシューティングしたりする事は絶対に仕事に役立ちますからね。
そんな視点で見守って欲しい所です。
たまたまリフトに載せてある状態だったので下回りもちゃんと見てもらいました。
当然の事ながらメンバーの割れも無く程度も自信ある車両です。

最近そう言う車両も減ったけど、知らずにそのまま売っているお店もありますからね。。
変な意味で基準にされてしまうのでそこは困ったもんだ。
今日は午後から石野サーキットに行ってました。
カートレースだったんですが、ゲスト参加で大瀧賢治選手と吉本大樹選手が出るって言う事でちょっと遊びに。

本日の予約仕事があったのでそれが到着するのをじっと待つ。
ちゃんと時間を約束していた訳じゃなかったので電話で早めに来て〜
とお願い(笑)

70のフロントブレーキパッド&ローターの交換だったんですが、
最近はもう慣れたもので・・・
さくっと終わらせて石野に向かいました。
午後2時半くらいに出発しまして3時過ぎに到着。

現地でお話して表彰式とかを見てコーヒー飲んで帰りました。

カートはかなり盛り上がっていて良い感じ!

もう1人来るって前日に電話を貰った人がいたんですが、
実は来ないって直感していたのでそちらは放置で。
結局本当に来なかったみたいなので結果オーライ。
待ちぼうけで嫌な思いをせずに済みましたし♪
まぁ来てもらっても今日は作業出来なかったので問題無いんですけどね。
預からないと先に進めない症状なのにいつまでたっても預かれない。
それはこちらも無理ぃ。
数日預かれば直ったはずの故障ですが、予定の代車は火曜の予約客に変更致します。

さぁ明日は休み!
もう風邪とはおさらばしたいので明日もゆっくり休みます♪
色々やり終えた部分も多いんで精神的にゆっくり出来る〜。
大瀧賢治090311
レーサーの大瀧賢治選手。
今日今年の活動報告等のために来ていました。
今年もスーパー耐久にフル参戦が決定です。

彼との付き合いももう10数年になってしまいました。
お互い年取ったけど若い頃の夢はあまり変わっていない所がミソ。

かつてはミドルフォーミュラで敵無しと言われたほどの逸材です。
資金不足の為ヴィッツレースにエントリーした事もありましたが
あの特殊と言われたヴィッツでも優勝してますしね。
その後、箱に進むのですが、参戦初年度からスーパー耐久で優勝も経験済み。
去年はシリーズチャンピオン獲得です。

メーカー系からのお誘いもあったんですが、そのメーカーが急に元気を無くしてしまったので・・・

でもお互いに今でもこれからも頑張っていく事を誓ってます。
K4GP記念写真

お盆休みに出たK4GPと言うレース。
軽自動車だったのですが、なかなか速くて楽しかったです。

最後にヴィヴィオに9人乗り込んでパレードラップ。
富士スピードウェイを1周。
腕が痛かったけど9人も乗れるんですね!

楽しかったです♪